2007年1月の記事一覧


2007年1月29日 (月)

未来*:.。. .。.:*・゜

いつでも考え事をしている。そんな風には見えないかもだけど、ほとんどの時間を考え事してるような気がする。大きく見てしまうと、「で、次にkiyoriは何をしたいの?何をするの?この道はどこへ向かうの?」みたいなこと。そのために今出来ることを頑張るしかなくて、そう、ひたすら頑張るしかなくて、そこでズルとか楽して抜けようとかって道はなくて、自分の行きたい先が高い山だとしたら、道も険しくて。そんなの辛いじゃない? そうでもないんですよ。途中からチラッと見れた夕日がキレイだったとか、遠くの景色を見たら、うわぁ~!って気持ちになれたり、感動や喜びもたくさんあるんです。

頑張ったら必ず報われるとか、頑張れば夢は叶う、なんてキレイごとは全く言うつもりもなくて。どんなに頑張っても夢に到達できない人もたくさんいるのは知っているし、才能や努力だけではない「チャンス」や「運」や「タイミング」みたいなものが、実は運命を大きく左右することも肌で感じて知っている。

チャンスや運は、瞬時で過ぎ去ってしまうことが多いから、常にkiyoriは、「YES」か「NO」、「好き」か「嫌い」かを、ココロの中で自問自答する。これをやる自分はYES(あり)かナシか?パッとココロに聞いて、「あり!」と思えたら、迷わずにGO!大抵のことはそれで決めているから、結構シンプルな思考回路だと思う。

チャンスや運を掴むには、それに気づくアンテナが必要だと思う。そういう意味で、kiyoriはいつでも、気になることや、ピンときたコトに対して、いろいろ考え事をしている、というのが正確なところ。でも楽しいんですよ。だって、好きなことのために頑張るのって、当たり前だから。楽しい期間や、好きなことをやってる時間はあっという間に過ぎてしまう。いつもそれです。日々が、年月が、あっという間です。

最近、上京するファンキーパンキーのことをふと考えたとき、「上京」って、何なんだろう?とか、10代の受験で上京したときは、とにかく東京行きたい!そんな勢いだったなぁ・・・とか、年齢が上がるに従って、動くことが面倒になり、難しくなり、いつの間にか増えてしまった荷物が重くなり・・・なにかをあきらめてしまう人もいるでしょう。でも、そうやっていつも選択しているんですよね。「上京」することを、彼らは選んだんだから、動ける勇気、変化を恐れない勇気を私はものすごくカッコいいと思っています。常にkiyoriもそういう自由で、水のように形をかえながら流れている人間でいたいと思っています。

それにしても、「東京」って何なんだろう?

そんなことをアレコレ考えてたとき、ブラー(UK)のボーカ、デーモンが言ってたことを思い出しました。
「初めてきた時は、映画で観た『ブレードランナー』の世界だ!これは近未来都市だ!と思ったよ」

ああ、そういえば、インベーダーの25周年企画CDでケン・イシイさんと話してるとき、
「子供心に、インベーダーゲームを初めて観た時、
あぁ、これが未来だ!って思った」
と、言ってました。

未来。

なんて甘美な響き。未来を知りたいよ。そう、だからね、選択肢の答えは決まってて、「ステキな未来」、それこそがkiyoriのYES!だから、そのための「今」なんでしょうね。

デーモンとケンさんから聞いた「未来」という言葉は、全くの違うシチュエーションでの発言。現代の時間にいる状態で、目の前にあるものを「未来だ!」と思うって、実際はオカシな話なんですが、ヒットを作る人のキャッチするアンテナの中に、今を生きながら、リアルに未来を感じるモノに敏感である、というのがあるような気がしています。

何のヒントかわからないけど、自分の中で、「これは私の思い描く未来だ!」と思えるものに出会えた瞬間は、迷わず行っておけ!というヒントかなぁ・・・なんてことを、クルクルクルクル、ハムスターが回り続けるみたいに、kiyoriの頭の中は稼動中~。

2007年1月29日 日記・コラム・つぶやき | | コメント (2) | トラックバック (2)