2008年11月16日 (日)

映画「感染列島」試写

アメリカのドラマシリーズ「24」を見ていたからか、オバマ大統領が、アメリカ初の黒人系の大統領だということも、あまり不思議な気がしなかった。UFOや宇宙人や超常現象なども、映画でいろいろ観ているから、もし現実の事件になっても、突然、という不安はないかもしれない。いや違う。不安はある。でも、受け入れることが出来るんじゃないかと思う。

そういう意味で、「既視感」って、次にやってくるかもしれない時代への心構えというか準備ができる。

さて、「24」でもウイルステロはテーマになっていたが、「HEROES」のシーズン2でもウイルスによって世界の人口93%が犠牲になる、という未来が描かれている。今クール人気のドラマ「ブラッディ・マンデイ」もウイルステロとの闘いだ。

そして「感染列島」。物語の中で3000万人以上の日本人が今まで出会ったことのない殺人ウイルスに発病し、1000万人以上が犠牲になる。その過程、病院での医師(妻夫木聡)たちの死闘が描かれている。

軽く咳き込んで飛び散ったウイルスの病原菌が、感染していくスピードが早くて、恐怖を感じた。

現実でも、ウイルスによる大惨事が、刻一刻と近づいているのだろうか?不安になる。そして、もしその時が来ても、あぁ、こんな景色、映画で何度も観たよなぁ・・・なんてことを言ってられるだろうか。・・・無理だ。

でも、どの物語の最後も、人類は絶滅はしない、ということだ。ウイルスに対して、必ず抗体ワクチンが発見される。それも人間の力だ。

「感染列島」では、新宿や渋谷のいつものメインストリートが静まりかえり、東京の見なれた景色を一変させる。観終った後、普段からマスクをして街を歩いた方がいいんじゃないか、と思った。

最近の映画やドラマのテーマに、これほど多くのウイルスが扱われていること。それは来る未来への警告で、世界のどこかでもう既に何かが始まっているのだろうか? 絶滅した村があっても、ニュースが情報操作されてて、私達には知らされていないだけなじゃないか?なんて、言い知れぬ恐怖を感じてしまう。

2008年11月16日 映画 |

映画」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「感染列島」試写:

» 安心・安全な商品であることをお約束いたします。 トラックバック 究極の成功術
このマニュアルは、情報商材を再販売し収益を最大限に上げる方法を詳細に記載したものです [続きを読む]

受信: 2008/11/16 11:58:11

» 貴方の周りにもお困りの方いませんか? トラックバック グルメ掲示板&口コミ情報
おなかの調子、肌荒れ、アトピーの強力な助っ人!飲むヘアサプリで、抜け毛予防。髪を成長させる! [続きを読む]

受信: 2008/11/16 13:06:32

コメント

コメントを書く