2008年11月20日 (木)

たとえ世界が明日滅亡しようとも・・・・。

「たとえ世界が明日滅亡しようとも、今日私は林檎の木を植えるだろう」

これは誰の、いつの言葉なんだろう?

どうしてこの言葉が気になったか、というと、この1週間の間に観た話題の映画の試写で、同じセリフを耳にしたからなんです。公開時期も近いであろう2作品の中で、かなりのメッセージ性を含むこの言葉が使われたことは、どうなんだろう?と。

少なくとも、作家や脚本家が生み出したオリジナルの言葉ではない。だからこそ、期せずして同時期公開の2つの作品で同じセリフが使用された。ということは、この言葉は、監督に選ばれたセリフであるはず。でも、重なってしまうと、なんか弱さを感じてしまう。引用という弱さ。やっぱりオリジナルの持つパワーとは違う。

感染列島」と「フィッシュストーリー」で、この言葉は使われていました。「ウイルス感染」と「5時間後に地球滅亡」、という、どちらも未来が見えない危機的状況。「たとえ世界が明日滅亡しようとも・・・」は、その作品の中では、リアルに直面してる問題。

でもね、このセリフ、今回初めて聞いたって感じはしなかった。既にどこかで聞いたことがあったと思う。いつだったかなぁ。思い出せない。誰が言ってたんだろ?

ねえねえ、あのセリフって、誰が言ったの?

・・・と、友達に聞いてみた。そしたら友達も、「あれ?誰だろ?」と一緒に悩み出した。

夜中に届いた友達からのメールには、あれから気になって調べたけど、ドイツの宗教家、マルティン・ルターの言葉らしいよ、と。でも諸説あって、東欧(ルーマニア)の詩人、ゲオルグのものとされることもあるらしい。

ネットで調べてみると、開高健がよくこの言葉を書いていた、ということもわかった。

マルティン・ルターはドイツ人だから、元はドイツ語だよね。どういう時代背景のもとで、この言葉が生まれたんさろう? 

一体誰が翻訳したんだろう。

いろいろ気になるのでした。。。

2008年11月20日 映画 |

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183317/43159536

この記事へのトラックバック一覧です: たとえ世界が明日滅亡しようとも・・・・。:

» 山下智久 トラックバック 芸能ファンブログ大集合
「芸能ファンブログ大集合」と申します。すばらしく充実したこのサイトを、ぜひとも当方のブログで紹介させていただきたく、お願いに上がりました。一度ご確認いただければ幸いに存じます。... [続きを読む]

受信: 2008/11/20 21:41:15

コメント

「芸能ファンブログ大集合」と申します。すばらしく充実したこのサイトを、ぜひとも当方のブログで紹介させていただきたく、お願いに上がりました。一度ご確認いただければ幸いに存じます。

投稿: えいじ | 2008/11/20 21:43:36

コメントを書く





絵文字を挿入