2009年1月22日 (木)

映画「赤い糸」

331400view003ドラマ「赤い糸」と、映画「赤い糸」のシンクロ関係がオモシロい試みですよね。といいうのも、ドラマが進行すればするほど、なるほど、映画のあのシーンには、こういう背景があったのか・・・と、あらためて納得する、というか。

映画を見てから時間が経ってしまいましたが、今ドラマ見てる人は、映画も観ておいたほうがよろし。

映画はスピード感がギュッと凝縮されているんだけど、現在放送中のドラマは、クラスメイトの仲間とのやりとりや、それぞれとの関係なんかも深く描かれています。また、映画のシーンをドラマでは別角度の映像でも見れたりする面白さがあります。で、映画のラストは「つづく」ですからね。ドラマでどういうエンディングに至るのか、確かめたくなる、という仕組み。ドラマが好評で、その後映画化、とか。映画はドラマのスペシャル版とか、ドラマと映画は別のキャストで、などの連動企画は今までいろいろあったけど、同時期に連動しつつ、エンディングはドラマで、という今回のパターンは初めてのケース。

「赤い糸」を観てると、楽曲の持つ力の大きさも感じますね。音楽って、作品とハマッた時は、ものすごいパワーを発揮するね。

幸せになって欲しいものです。

で、心に残ったセリフは、「(簡単に別れるくらいなら)信じる、とか簡単に言わないで!」てみたいなセリフ。その通り!って、言いそうになりました(笑)。

さて、赤い糸という存在を信じるか?信じたいけど信じれない・・・かなぁ。ってことは信じてないってことじゃん!あちゃ~(笑)

2009年1月22日 映画 |

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183317/43815903

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「赤い糸」:

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入