2009年1月23日 (金)

side b休刊。

次号3月10日発行の「side b」vol.34で、約6年半続いたside bは休刊します。

31Simokita30CoffeePhoto_3Coco2002年夏に創刊。当初は実験的な発行でした。タイトーのゲーム施設に設置していた「TILT」というタイトーのPR誌がありまして、これも私が編集長をやっていたのですが、この時期、「TILT」をメイン誌とした時に、「プライズプレス」と「side b」、という位置づけで新創刊しました。

「TILT」は不定期の季刊誌だったのですが、ゲーム施設でクレーンゲームを楽しみにしているお客さんにとっては、次にどんな新しいプライズ(景品)が投入されるのか、は重要情報。だったら、隔月定期発行にして、プライズの新アイテム紹介だけを独立冊子にしよう!と思い、創刊したのが「プライズプレス」です。現在使用しているロゴマークもディレクションしました。

「TILT」がゲーム会社の本誌とした場合、それとは違うチャンネル、全く別のアプローチで、ゲーム施設以外の場所に設置する冊子・・・A面が「TILT」なら、「side b」はB面、という考えでスタートしました。配布場所も映画館やカフェなど、日頃タイトーのゲームとは馴染みのない人にも、ケータイゲームや、スペースインベーダーの商品情報を届けたくて!

当初は3誌全ての編集長をやってました。目が回る忙しさ!

「プライズプレス」を「TILT」から抜き出して独立冊子にする案は、なかなか賛成を得れず、結構強引に創刊にこぎつけました。今では人気のフリペに成長して、旅立っていった子供のようです(笑)。当初「プライズプレス」はジャバラの斬新なデザインでした。昔の手紙みたいな感じ? サイズは今と同じだけど、1枚の紙を折ってる作りなので、デザインで遊べるというか、商品を大きく見せたいときは大きくスペースを取れるという、メリハリのきいた作りだったんですが・・・ジャバラ印刷は「折り」の印刷代がかかってしまうんですよね。というワケで、数冊発行後に中綴じに落ち着きました。その後、プライズを製作しているセクションと店舗のチームに製作を引き継ぎ、現在に至る。

「side b」も、「TILT」が男性向けならば、その反対。配布先も別。というように、住み分けがされてりました。

・・・が、柱として存在していた「TILT」が2007年に休刊になってしまったのです。

そして「side b」も、残念ながら2009年3月10日発行号で休刊。

世の中のフリーペーパーの多くが1~3年の寿命のモノが多い中、約7年ですからねぇ!頑張りました。

そんなワケで、今日からブログで、「side b」最終号の製作バックステージを細かくレポートしていこうと思います。

既にたくさんの読者の方から、おハガキいただいており、1枚1枚じっくり読んでおります。

では、3月10日まで、お付き合いくださいませ♪

2009年1月23日 書籍・雑誌 |

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183317/43826219

この記事へのトラックバック一覧です: side b休刊。:

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入