2009年2月22日 (日)

映画「腐女子彼女。」試写。

試写に行ったのに、まだブログで何も書いていない作品がたまっています・・・。これも先日の現実逃避の弊害、、、反省。

「バーン・アフター・リーティング」、「ホノカアボーイ」、「ウルトラミラクルラブストーリー」、「ヤッターマン」・・・急ぎアップしますね。

さて、次号の「side b」のシネマ・セレクションで紹介する作品をセレクトしている時、、、気になる試写状が届きました。「腐女子彼女」。むむむ・・・これゎ!「腐女子」と書いて「ふじょし」と読む。はい、皆さん付いて来てますか~?「BL」(と書いて「ボイーイズラブ」の略)好きだったり、執事カフェ好きだったり、秋葉原や池袋好きだったりする女子のことを示しています。あ、この説明もザックリしたものです。

主演は、その腐女子役が、「仮面ライダー電王」の佐藤健の姉役の松本若菜。彼女を好きになる男子は、現在ドラマ「レスキュー」で活躍中の大東俊介。「憧れの2コ年上の彼女。・・・フジョシでした」ってキャッチコピー。遂にフジョシは映画にもなったのか・・・と。

途中2ケ所、明らかに声をあげて「アハハッ!」と笑ってしまいましたよ。あまりのフジョシっぷりに。最後まで、微妙な寸止め感、、、これもまたフジョシな感じなんでしょうか。

この作品、ひたすら大東演じるヒナタが偉いよ!!たぶん、フジョシは、こういう彼氏の登場を待っているよ。フジョシと聞いても引かない、理解しようとしてくれる彼、アニメの声優イベントにも付いて来てくれる彼、コスプレも優しく見守ってくれる彼・・・。完璧にジョシ目線の憧れ(妄想)ですね。でも、物語の中では、その妄想シーンがオモシロいんですよ!思わずアハハ!と笑ってしまったのも、ソコです。でもまあ、こういう延長上に、ドラマ「メイちゃんの執事」とかもあるんだろうし、ボーダーがなくなってきてる昨今、ですね。

確かに周囲にBLコミック大好きな女子、、、いるもんなぁ。で、そういうBLコミックに拒絶反応を見せる男子もいるもんね。両者の言い分、わからないでもない。そんな、別にいいじゃん的な中途半端なスタンスのkiyoriは、面白かったですよ!執事カフェに行くシーンも、へえぇ~!って覗き見するような感じで。あとね、フジョシと呼ばれるジョシが、キュンとなったり、萌え~となるポイントが描かれてて、なるほど~!と感心しましたよ。

ヒロイン気質(物語の主人公)のジョシ目線の作品は、可愛く甘~く出来ていて、アレコレ考えずに楽しめました。

2009年2月22日 映画 |

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183317/44138504

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「腐女子彼女。」試写。:

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入