2009年2月25日 (水)

映画「クローズZERO Ⅱ」試写

いやぁ~カッコいい!ホント、カッコいい!もうヤバイなぁ。なにこれ、カッコ良すぎなんですけど!!喧嘩のシーンは、最近の邦画の中でナンバー1じゃないかなぁ。迫力、スピード、ボリューム、痛そうなところ・・・。喧嘩の始まる前の全員揃うところ、とか、喧嘩の後のボロボロだけど、爽快な感じで帰るところ、とか、実際はこんな荒れてる高校なんてないと思うけど、もうなんか、全員カッコ良くて、男だったら、このくらいヤンチャでいいんじゃないか?と思ったり。で、映画の中では高校生だけど喫煙シーンがあって、これは映画だからね、とか、ホントはダメなんだよ、とか、個人的には普段はタバコ吸う人は苦手だったりするのに、のに、のに、映画だからね(何度もくどい・笑)、これがまた、カッコいいしぐさに見えるんですよ。特に小栗旬。今回は、他校との抗争なんだけど、相手の鳳仙高校の制服が、ちょいお坊ちゃん風に洗練されてて、なのに、坊主頭でイカツイんですよ。1年生の美藤役に三浦春馬。出演者全員ワルそうなのに、彼だけ若くて美しい系!?それでケンカ強いんだから、、、困りますね。鳳仙高校のトップ。鳴海役のRIZEの金子ノブアキが、素晴らしい存在感!彼の演技、イケますね!「抗争と信頼」がポイントの作品なんだけど、この映画を観たら、若手の俳優だったら、俺も出たい!って思うんじゃないかなぁ。作品に参加出来たことが自慢できるような、男が憧れる世界なんじゃないかなぁ・・・と、想像してみるが。Zero2 で、渡されたのがTHE BLACK MAGAZINEっていう、ポスターマガジンみたいな、内容が濃くてデザインクオリティがものすごく高いもので、ここでも完璧に映画の世界観とリンクしてて、その徹底ぶりに感動。全てに手抜きなし、って感じに圧倒されました。それにしても、どうして、ワルイ(けど男の友情に熱い)男はカッコいいのだ!?

2009年2月25日 映画 |

映画」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183317/44172520

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クローズZERO Ⅱ」試写:

コメント

コメントを書く





絵文字を挿入