書籍・雑誌

2009年3月27日 (金)

雑誌大好き(2)

Photo今週もいろいろ買った雑誌+コミックなどの中から、まだ読んでないものたち。週末、時間作って読もう♪ 

GIENGER・・・創刊号チェッカーなので、迷わず購入。表紙のモデルが誰か?ってことも、ファッション誌を買う上で重要ですよね。まだチラ見段階ですが、モード誌ですね。巻頭の広告がヴィトン、GUCCI、アルマーニですから。でもね、中のコーディネイトは、OLターゲットだよね?

anan・・・年に数回買う感じ。「美女養成レシピ136」にひかれて、、、って、その前に電子レンジと炊飯器を買えって話ですよね。

ViVi・・・トレンドチェックのため。

世界小娘文学全集・・・書籍。高円寺文庫センターで面出しされてて目に止まったんですが、そのポイントは黒猫と、このレトロモダンな装丁デザインですね。ガーリィーな世界の小説の超ななめ読み、みたいな本のようです。

片恋の日記少女(中村明日美子)・・・高円寺文庫センターのコミック売場は、サブカル系コミックとか、アート系とか、独自のセレクトに徹してるので、世間で大ヒットしてるからといっても置いてないケース多数。そのセンスが面白いので、平置きしてるコミックを買ってみました。どんな感じか、前情報ナシなので、先入観なく読んでみます。

2009年3月27日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

雑誌大好き。

Cid_01090321150406_____d705idocom書店に立ち寄り、気になる雑誌やコミックを見つけると、とりあえずKEEP。最近、図書カードをたくさん頂いたので、興味がある本に出会ったら、即買いしてます。

が、読むのは時間ができた時、、、なので、どんどん雑誌がたまってしまうんです。

さて、最近買って、まだ読んでいなかった雑誌の一部はこんな感じ。バラバラ・・・(笑)。

SWEET・・・ファッションチェックのため。

Snidel・・・最近コレ系の1ブランドに絞って付録を付けたムック本、多いですね。つい買ってしまいます。cherとかね。

カフェをはじめる本・・・真剣に考えているので。

腐女子彼女。・・・GWに公開されるミニシアター系映画「腐女子彼女。」のコミック。映画は大東俊介+松本若菜がピュアに熱演してて好感持ちました。その世界の専門用語を知る上で、コミックを読むと、理解度アップします。

この作品に限らず、映画の原作は、機会があればなるべく読みたいところ。

ELLE girl・・・海外ヤングセレブの最新ファッション情報をチェックするため。この本のサイズが好き。

ネットマネー・・・お金に関する雑誌も「Zai」とか「あるじゃん」みたいに初心者向けからいろいろあるけど、表紙を見て、気になる内容が特集されてたら購入。今回気になったのは、「所得の保障保険」と、「100円株大作戦!」。

週刊世界百不思議・・・創刊号。TVスポットで「隠されたUFO事件を暴く!」とかって煽りがあって、買ってしまいました(笑)。

他にもファッション誌はジゼル、グラマラス、ELLE、Samrt、メンノンなど、山積み。TV誌はTVブロス。

早く読まないと、どんどん増えちゃう(汗)・・・・。

2009年3月21日 書籍・雑誌 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

コミック「BAKUMAN」

Bakuman現在2巻が新刊で出たところ。「DEATH NOTE」の原作・大場つぐみ×漫画・小畑健が描く、リアルな青春漫画家ストーリー。

コレ、編集者とのやりとりとか、漫画賞の受賞の裏側のやり取りとか、妙にリアルで・・・実際はいろいろ気を配ったりしているんだろうけど、集英社が舞台だし、ジャンプの編集部が舞台だし・・・読んでて、うわぁぁあ・・・ってなります。出版社に打ち合わせで行った時の受付で名前を記入して~などのやり取りや、打ち合わせブース、、、リアルだわぁ。

そして、高校生でデビューを目指す2人組。原作と漫画を描く2人が、大場×小畑チームの実際もこんな感じなのかなぁ、なんていろいろ想像できて、オモシロい!特に、ラフの部分まで原作者が指定して渡してるところに、へぇ~と思いました。

若けりゃいいって問題でもないけど、若いから話題になることや、若いから期待値が高いことってたくさんあるから、主人公が高校生になったばかりの2人、というのも興味深いデスよ。

2009年3月20日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 8日 (日)

本が完成~!

Photo 毎日書いてるココログの「side bブログ」がココログ出版で本になりました!(非売品)表紙もオリジナル版!サイズはside bのひとまわり大きいサイズ。可愛い出来です!

やっと完成!全98♪主に2008年3月から12月までのブログを収録したんですが、ブログはほぼ毎日更新してるし、結構長い文章も書いているので、全部を収録できず、厳選して1/5くらいを収録しました。

昨年3月から自分の中の環境や目標、つまりは流れが変わって、そこから今に至るまでの方向っていうのかな、外の世界に目を向けるきっかけになった時期を、岐路からスタートした時点からまとめました。

そして皆さんも気になっていると思いますが、「side b」が3月10日で休刊になったら、このブログはどうなるのか、ということ。

はい。終わりがあれば、始まりがある!というワケで、新しいブログがココセレブとしてスタートします!タイトルもいい感じで決まっているのですが、発表まで少しお待ち下さいね。

新ブログは、デザインや構成など、今以上にパワフルでオシャレになってスタートする予定です。内容やデザインについて、先週までMTGを重ねて、気持ちもかなり上がってきています♪

「side b」の終着点がなんとなく見えた頃・・・半年くらい前ですね、ブログを本にまとめておこう!と思いました。こうしてココログ出版で本という形に残せたことで、一つの区切りになったと思います。卒業、みたいな感じです。

Photo_2Photo_3

2009年3月 8日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

side b 最終号。(6) 発送準備。

Cid_01090307132520_____d705idocom10日に納品されたら、すぐに配給会社や、地方で設置してくださっているカフェなどに届くように、事務所では発送準備が始まりました。

今日から発送完了まではデスクを離れて、肉体労働デス!

ダンボールのサイズに合せたエアクッションを敷き、後は送り状を入れて、届け先のラベルを貼ったら完璧!

音楽流しながら、頭の中空っぽにして、もくもくと作業するのも結構好きです。ガムテープは黄色にしよう♪ 春だから。

Cid_01090307150757_____d705idocom 買ってきた花も黄色☆

2009年3月 7日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

side b 最終号。(5) 表紙

H13月10日発行の「side b」vol.34の表紙です。

女のコが、ワクワクするような未来を見つめているイラストは、イラストレーターのCocoちゃんによるもの★

今回のイラストは、kiyoriのお気に入り表紙イラスト・ベスト3に入るくらい大好きな作品です!

ところで、「side b」はフリーペーパーです。vol.34で休刊が決まっているので、最近では問い合わせも多くて、早めになくなってしまうかもしれません。この表紙を見かけたら、即GETしてくださいね!

2009年3月 6日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

side b@渋谷

081215140248081215142837081215144030 渋谷エリアのカフェや雑貨屋さんに置かれている「side b」。

2009年2月18日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

日経WOMAN

Photo_3本日発売の「日経WOMAN」に1pでドカンと出ました。お部屋紹介のページです。キレイに撮影してもらった画像がたくさん使用されてて、嬉しいデス。 (^-^)

テキストは基本おまかせ。「友達を呼んでパーティーを開くことも多い」ってキャプションあって、ウケました。DJパーティーを頻繁に開催できるように頑張りマスよ!

たくさんメールありがとう。

ちなみに、部屋を媒体に紹介されるのはカレコレ4回目くらいか。既に上京して11回も引越しをしているので(ここ3年は毎年違う部屋)、どの取材も別の部屋でしたが、フジテレビのお部屋を紹介する深夜番組にも出たことあったなぁ。思い返してみれば、その時の部屋にあったもので、今も持っている家具・家電はほとんどないですね。パソコンなんかは当時でっかいMACのタワーでしたもん。ダイニング用のテーブルと椅子は、ファンキーパンキー東京ハウスにあげちゃったし。ソファーも引越しの度に買い換えていたけど、ここ3回の引越しは「カリモク60の3人掛けソファー」と「コルビジェの1人用ソファー」は、連れて来ています。お気に入りとの出会いは大切です。

空間のディスプレイとか、整理整頓とか、ものすごく興味があります。

Reception_a0613_2 タイトーのエントランスの空間ディレクションもkiyoriが担当したんですよ。行く機会のある方は是非見てください。バックライトを使って北欧っぽくシンプルに白木系でまとめました。

狭い事務所をキレイに片付けたいとか、そういうお仕事もご依頼とあれば、喜んで♪・・・というのも、先日、夜TV番組で(番組タイトル忘れてしまいましたが)、中村うさぎさんの自宅が公開されていたんですが・・・足の踏み場のない状態。驚きました。床にシャネルのジャケットとか放りっぱなし。うわぁ、、、片付けたい!あれだけ部屋数あるなら、ああやってこうやって・・・と、片付いた後の様子が頭の中に浮かびました。片付けて、リサイクルに持っていくものを仕分けしたら、かなりスッキリするんじゃないかなぁ。世の中には、片付けが苦手って人もたくさんいますよね。片付けってね、うまく言えないけど、コツがあるんですよ。・・・なんて熱く語ってしまいました。

2009年2月 7日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

side b休刊。

次号3月10日発行の「side b」vol.34で、約6年半続いたside bは休刊します。

31Simokita30CoffeePhoto_3Coco2002年夏に創刊。当初は実験的な発行でした。タイトーのゲーム施設に設置していた「TILT」というタイトーのPR誌がありまして、これも私が編集長をやっていたのですが、この時期、「TILT」をメイン誌とした時に、「プライズプレス」と「side b」、という位置づけで新創刊しました。

「TILT」は不定期の季刊誌だったのですが、ゲーム施設でクレーンゲームを楽しみにしているお客さんにとっては、次にどんな新しいプライズ(景品)が投入されるのか、は重要情報。だったら、隔月定期発行にして、プライズの新アイテム紹介だけを独立冊子にしよう!と思い、創刊したのが「プライズプレス」です。現在使用しているロゴマークもディレクションしました。

「TILT」がゲーム会社の本誌とした場合、それとは違うチャンネル、全く別のアプローチで、ゲーム施設以外の場所に設置する冊子・・・A面が「TILT」なら、「side b」はB面、という考えでスタートしました。配布場所も映画館やカフェなど、日頃タイトーのゲームとは馴染みのない人にも、ケータイゲームや、スペースインベーダーの商品情報を届けたくて!

当初は3誌全ての編集長をやってました。目が回る忙しさ!

「プライズプレス」を「TILT」から抜き出して独立冊子にする案は、なかなか賛成を得れず、結構強引に創刊にこぎつけました。今では人気のフリペに成長して、旅立っていった子供のようです(笑)。当初「プライズプレス」はジャバラの斬新なデザインでした。昔の手紙みたいな感じ? サイズは今と同じだけど、1枚の紙を折ってる作りなので、デザインで遊べるというか、商品を大きく見せたいときは大きくスペースを取れるという、メリハリのきいた作りだったんですが・・・ジャバラ印刷は「折り」の印刷代がかかってしまうんですよね。というワケで、数冊発行後に中綴じに落ち着きました。その後、プライズを製作しているセクションと店舗のチームに製作を引き継ぎ、現在に至る。

「side b」も、「TILT」が男性向けならば、その反対。配布先も別。というように、住み分けがされてりました。

・・・が、柱として存在していた「TILT」が2007年に休刊になってしまったのです。

そして「side b」も、残念ながら2009年3月10日発行号で休刊。

世の中のフリーペーパーの多くが1~3年の寿命のモノが多い中、約7年ですからねぇ!頑張りました。

そんなワケで、今日からブログで、「side b」最終号の製作バックステージを細かくレポートしていこうと思います。

既にたくさんの読者の方から、おハガキいただいており、1枚1枚じっくり読んでおります。

では、3月10日まで、お付き合いくださいませ♪

2009年1月23日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

散歩の達人

Photo発売したばかりの「散歩の達人」の今月号で高円寺が特集されている。高円寺の本屋さんでは平積み!1冊買って、商店街を歩いていたら、元アンドンカフェの店長で、今は「ちょろりや金魚」のオーナーやってるステキ女子とばったり!彼女のつくる食事はなんでもおいしい!そしてなぜかいつも同じ場所でバッタリ会う(笑)。

「散歩の達人」で、お店が紹介されてることや、最近の高円寺のよくいくカフェやレストランについての情報交換をしつつ、話はカフェについて。

やっぱりアンドンカフェがなくなってから、たまり場的に通うカフェがなくて淋しいよね~、なんてお互いに思ってて・・・近い将来(3年以内に)、一緒にカフェをやろうよ!と盛り上がる。

「アンドンカフェでやってたメニュー(アジアン風)のカフェ、やりたいんだよね」「じゃあ私、投資するから、カフェの年間パスポートちょうだい!」「いいよ!3年以内にカフェをオープンさせたいなぁ。こうして口に出して言ってると、モチベーションあがるしね!」「うん、本気でやろうよ~!-----なんて立ち話で盛り上がりつつ、じゃあ、またね、と別れる。

実現したいなぁ。実現出来るように、ガンバロ!

2009年1月20日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

デスクワーク。

Desk1Desk3本日、デスクワークday。

2008年の収支のまとめて、今年の「自分経済白書」ノートを作って、家計簿つけて、領収書入れファイル(電気、水道、ガス、docomoなどに分類分けされている)を作り、財務会計ソフトに入力し・・・。

集中してると時間があっという間に過ぎていきます。

Desk2試写状もいろいろ届いているので、順次観に行こうと思ってますが、驚いたのは映画「GOEMON」の完成報告記者会見の招待状のデカさ!ポストに折り曲がって入ってましたから。

2009年1月14日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

年末年始の読書。

Cid_01081220151808_____d705idocom「このミステリーがすごい!」の海外編1位に輝いた「チャイルド44」を購入しました。上巻を読み始めたばかりだけど・・・人が、信頼していた人を信頼しなくなる瞬間、、、心を閉ざす瞬間を、恐ろしく冷静に描いていることに驚きました。読み進めるのが怖いです。

Cid_01081230010819_____d705idocomミッチーが「読め」と、置いていった「NARUTO」も、お正月に一気に読もう!

2008年12月30日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

ココログBOOK

Cocolog 毎日毎日、発表することが多すぎますね。

あまりにも多くのことを並行して動かしているので、その1つ1つが、どれも自分にとって重要なことなのに、感動の度合いが薄れているような気がします。

映画で感動しても、次の日にはまた違う映画で、また違った感情に支配されている。

いろんなことに感情を持っていかれないように、いや、いくら揺り動かされても、自分自身の芯の部分はブレずに、ドッシリ構えていたいな、と。

さて、ココログのセレブとしてブログを書き始めたのは2006年8月1日。あれから丸2年以上、ほぼ毎日ブログを更新してきました。そして今回、にゃんと!ココログBOOKとして1冊にまとめることになりました~!!!

今日は表紙のデザインが上がりました。

ステキ、ステキ! 気持ちも上がるね~!!

もう少しで完成デス!

2008年11月27日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

浅野いにお。

Cid_01081108151446_____d705idocom Cid_01081101153701_____d705idocom

日曜日の昼下がり、札幌GREEN-fmの番組「キヨッチーの東京は晴れなのら~!」の生放送。カレコレ32回目の放送。番組を始めた当初は、どうなることかと不安いっぱいだったけれど、最近は、なんとか自分達らしさが出せる番組になってきたなぁ~と思う今日この頃。

番組の中でキヨッチー=kiyori&mitctyは、毎週トレンド情報を独自の視点でお伝えしています。コンビニの新作のお菓子だったり、映画、コミック、ゲーム、DVD、東京のトレンドスポット、イベント、都市伝説などなど。

番組終了後、ミッチーと「最近読んだコミック」についてオシャベリ。ミッチーは「NARUTO」の大ファンで、最新刊を読んだ、と。NARUTOの魅力を熱く語り、kiyoriにも読め、と1~10巻をわざわざ持って来て、置いていった。アハハ。ま、こういう機会がなきゃ、「NARUTO」を読むこともないだろうから、トライしてみます。

そしてkiyoriが最近読んだオススメ漫画家は・・・浅野いにお

「おやすみプンプン」①~③巻と、「世界の終わりと夜明け前」を読んだんだけど、浅野いにお・・・この作家そーとーヤバイ。恐るべき才能!

描かれている世界は、想像の世界で、現実とは違うコミックの中の出来事なのに、切なくてリアルで、これは紛れもなく今だ!今を描いている!って信じれる何か強烈な感情が胸に突き刺さってきて、痛い痛い痛い痛い・・・。可笑しくて滑稽で一生懸命で残酷で・・・こういう果てしない未知のセンスを作品として見せられてしまった日には、自分がいかに想像力も才能もない普通の人間であるかを思い知ることになり、でも、私だったら表現出来ない「今の先」を見せてくれる才能に出会えたことを、ものすごく嬉しく思うのです。

「おやすみプンプン」の帯には、羽海野チカ、銀杏ボーイズの峯田、伊坂幸太郎など、「今」を表現する第一人者たちが賞賛のコメントを寄せている。

なんだかよくわからないけど、ドキドキが止まらなくなって、明日何しよう、みたいなことを真剣に思い巡らしてしまうみたいな作品。想像と現実とのボーダーラインがいつの間にか消えて見えなくなったしまったような、不安で、でも好奇心いっぱいの自分に戻っていくような感覚。

大推薦デス。

2008年11月10日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

別冊宝島。「JUN SKY WALKER(S)と青春ロック80'Sの大逆襲」

Cid_01081022213325_____d705idoc_2発売になったばかりの別冊宝島の「音楽誌が書かないJポップ批評56/JUN SKY WALKER(S)と青春ロック80'Sの大逆襲」で原稿を書いています。完成した本が送られてきました。シリーズ56冊目なんですね。

Cid_01081022213407_____d705idocom表紙を見てビックリ!うわっ!「松本きより」の名前がデカく表紙に書いてありました!

そして本をめくってみて、さらにビックリ!!

巻頭数ページだけがカラーページなんですが、にゃんと、そこに松本きよりのテキストがオールカラー4pで掲載されてました。

Cid_01081022213455_____d705idocom提出した80年代のいろんな資料も満載です!

どういう経緯で音楽ライターになったか?当時は毎月ジュンスカの取材をやってたんだけど、そのエピソード。そして週5日はライブを観に行ってた当時のスケジュール帳や原稿料の一覧など・・・眠ってた資料大放出。

本全体をまだ読んでないんだけど、懐かしいような、再び新鮮って感じ。ジュンスカの曲が青春の1ページだった人や、80年代の青春ロックと言われるバンドに興味のある方など、面白く読めると思います。

そして今回、表紙に大きく名前まで書いてあった「松本きより」・・・自分自身なんだけど、なんて言うんでしょう、ものすご~く客観視してるトコがあって、松本きよりって音楽ライターは自分のことなんだけど自分じゃないみたいな感じで捕らえてるトコがあって、なかなか上手く表現できないんですけどね、80年代後半のバンドブームの中で、松本きよりはある役割を果たした1つのアイコンだったんだな、なんて思ってるんですよ。

そしてその経験は私にたくさんのすごく幸せな体験を与えてくれて、今回別冊宝島がピックアップしてるジュンスカが、若く輝いてた時間をリアルタイムで見てこれたり、当時の様子や話を聞きたがってる人たちが大勢いるという2008年の現実も、嬉しく感じているんです。

ホント毎日駆け回っていたあの頃。輝いてた日々。その延長上に今があるんだなぁ、って思います。だから、言ってることやってること、自分を形成するベーシックな部分や考え方が、あの頃と今で変わっていないんです。

ジュンスカもメンバー全員音楽業界の中で頑張って今日まで続けてきてるからこそ、再び集まる機会に恵まれたんだと思う。音楽から離れてしまったメンバーがいない奇跡が、再び熱狂のシーンに自らを立たせてくれているんだと思う。そんなミュージシャンも、そして自分も、なんか誇らしい!って素直に言える気分デス。

2008年10月23日 書籍・雑誌 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

DVD「カイくん日和」

Cid_01080929151008_____d705idocomソフトバンクのホワイト家のお父さん犬で大人気の「カイくん」のDVDが9月10日発売になりました!

タイトル「カイくん日和」。

ホワイト家のお父さんの大ファンなので、迷わず購入!

そして・・・・・・

いやぁ、ヒドイ。こんなヒドイ内容のDVDは久々観ました。恐ろしく低予算。いや、低予算が悪いんじゃないんですよ。素人の自主制作映像でももうちょっとマシなものが作れるんじゃないのか? そう思わせてしまうくらいの内容ですよ。

出ている役者もまったくの演技素人さん?あまりにも・・・。ヒドすぎました。

そこにカイくんがいる、という、ただそれだけが救いで、あまりにもお粗末な内容と編集に、驚きました。

中にはカイくんのスチールを使ったハガキが3枚とカイくんのシール入り。いずれもカイくんのアーティストパワーっていうのかな、可愛いです。

Cid_01081010105428_____d705idocom 今回思ったのは、ディレクションの力、です。カイくんは普段は人間の言葉をしゃべるワケじゃないけど、ホワイト家族のコンセプトや家族設定、会話の内容やエピソードが、カイくんの魅力を引き出していたんですね~。改めて思いました。

このDVDの中での吹き出しのセリフやカイくんの行動は、カイくんをまったくつまらない犬にしてしまいました(涙)。ディレクションでしょうね、問題は。全然魅力が引き出せていないどころか、ロケーションや吹き出しの陳腐なセリフにがっくり。大安売り、という感じの内容でした。カイくん人気に便乗して、こんなショボイもの作っちゃイカンよォ!

う~む・・・。

ホワイト家族のCMは何度も見たいと思うのにね、このDVDは1回で終了。ホワイト家族の犬のお父さん、というコンセプトがものすごいんだなぁ・・・と改めてリスペクト。

2008年9月29日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

本「A型 自分の説明書」

大ヒット中!と聞くと、とりあえず読んでみようと思う。批判するにしても推薦するにしても、噂だけではアテにならない。自分の目で見て、感じて、どう思うかが大事だと思うから。こういうのもA型なんだろうか? まあいいや。他人に「A型?」って、真っ先に言われたことってないから。大抵が「B型?」とくる。

A_002 話題の「自分の説明書」のA型を購入しました。

中をペラペラと見てみると、なるほど、チェック式か・・・という具合に、本を見るときに、その「構造」が気になってしまうのもクセ。

その中で、気になったチェック項目がコレ。

□ よく人にぶつかる。

過去に2回、男の人に注意されている。一緒に歩いてる時に、CD SHOPのディスプレイの角とか、すれ違った人にぶつかるkiyoriに、「周りが見えてないでしょ」と。これってA型の1つの特徴なの????

A チェック項目の該当すると思われる箇所は、全体の2割程度でした。どっちかと言えば「え~、ありえない!」「まさか!」って項目の方が多くて心配になりました。アハハ。

この本が売れる、というのは、誰もが自分自身のことをもっと知りたい、と思っているからだろう。自分探し、なんて大袈裟じゃなくても、自分のとってしまう行動についてや、失敗の原因など、理由を知りたいのだ。あなたは元来性格上・・・と本が語ってくれることで、安心する人もいるだろう。現にkiyori。ここまで本に書かれているA型像と当てはまらないと、あれ?ホントにA型?なんて、親に確認してしまったりするのだ(笑)。

買って、1時間くらいで読み終わり、その日の夜には本のリサイクルSHOPへ持って行きました。

2008年9月25日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月24日 (木)

都市伝説。

Cid_01080724095920_____d705idocomこの本、すっごく売れているんですよね~!ハローバイバイの関暁夫の「都市伝説」。帯に80万部突破!って書いてあるので、とりあえず1冊買ってみて、面白かったら第2弾も買ってみようかな、と思い、気軽にペラペラ流し読み。

文字も大きいし、画像も多いから、あっという間に読めちゃうよね。聞いたことのある話や、結構信憑性のある話(!?)や、バカバカしくて笑える話もあって、楽しく読めました。巻頭カラーの猫画像は、猫好きには結構ツボです♪

先日、ネイルサロンで足にカルジェルやってもらってる間、持参したこの本を読んでいたら、ネイリストのコも興味津々!「オモシロいネタあったら、教えてくださいね!」ってことで、ほとんど声だして読みましたよ!そして、「ありえない~!」「うわっ、怖い!」なんて、1つ1つのネタについて感想を言い合って盛り上がりましたね。

そんなワケで、第2弾も買ってしまいました(笑)。まんまと・・・。

ハローバイバイってどんなお笑いやってるのか知らないけど、稲川淳二みたいになるんじゃない?都市伝説と言えばこの人!みたいな存在に。本を出版したことで、前より情報が集まりやすいみたい。第2弾の内容が充実していました。カラーページも増えてたし。あ、メロイックサインにも触れられてました!

古くは「口裂け女」とか「人面犬」とか、口コミで小学生から爆発的に広まった噂など、いつの時代も都市伝説って、なんか惹かれちゃいますね。第1弾は笑いながら読める都市伝説が多かったのに対し、第2弾は読後笑えないです。ちょっと重いですね。詳細は書きませんが、世間が求めてる方向とは違うような気もしたけど、どうなんでしょう。

2008年7月24日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月18日 (金)

X-JAPAN メモリアル・フォト・アルバム

Cid_01080621104928_____d705idocom 10年以上前、X-japanの豪華写真集が発売された時、その中で、ライブレビューと、メンバー全員のパーソナル・インタビューをライターとしてkiyoriが担当しました。

その本が、今年になってから、知らぬ間に再発されていました。出版元の音楽専科社からは、原稿料の二次使用料は貰ってません・・・っていうか、出ていることすら知らなかったのですから。

もしかしたらテキストは違うライターが書き直したとか?なんてことを思いながらも、確認のため自費でアマゾンで本を購入。3500円!高ッ!そしてやっぱりkiyoriがインタビューして書いたテキストそのまんま再録でした。本が再び発売されることは凄く嬉しいことなんだけど、知らぬ間に・・・というのがどうも釈然としません。でも、作品は愛おしい。う”っっ・・・(葛藤)。

Cid_01080621105227_____d705idocom 改めて自分の書いたテキストを改めて読んでみたけど、YOSHIKIとHIDEのインタビューは自信作です。何度もインタビューしてる相手なので、いい距離感で話を聞けているなぁ・・・と客観的に見てしまいました。メンバーそれぞれ、撮影のセットも大掛かりなので、個別に1日づつスケジュールを出して、スタジオで1日がかりで撮影してインタビューしたんだった。

2008年7月18日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

現場に行かなくちゃ!

Cid_01080612120025_____d705idocomside bの最新刊!

無事、31号完成しました!いろんな意味で、kiyoriにとって思い入れの深い1冊になりました。表紙は猫カフェ。

巻頭特集は、スペースインベーダー生誕30周年に関する最新情報満載!どこよりもスペースインベーダーの最新情報は充実してますよ~!!

ここ数日、「忙しい」ばかりを言い訳みたく言ってて、カッコ悪いなぁ・・・kiyori、と猛反省。時間がない時でも、10分でも時間を作ってブログアップすることを続ける!そのことに意味があるんだよね。継続することが、何かに繋がっているのかもしれないし。「何か」は今はわからなくても、どんなことでも、やらない人よりやった人の方が言葉が重い。やらないで文句言うなら、やって後悔することもあっても、その方がいいよね。「忙しい」なんて、言ってる場合じゃないですね。反省。

さて、そんなワケで。一昨日深夜、「side b」発送作業チームの手伝い。午前2時頃終了。昨夜はラジオ収録。そうだ、昨日は映画「花より男子 ファイナル」の試写も観てきました~!詳細は後日アップします。昼間はCD製作のためのいろいろな準備や調整。年内に出せるといいにゃあ。それと秋公開の映画作品の試写会の企画も進行中。WEB製作についてもいろいろあって、後回しにしちゃってて、今週なんとか企画書に落とし込まなくちゃ!

そんなこんなでバタバタしてますッ!

1つ開眼したっていうか、ちゃんと気持ちを入れて動いてみよう!と思ったことは、ラジオの1コーナー「東京トレンド情報」。読んで字のごとく、最新の東京トレンド情報を、kiyoriが調査・体験レポートするというコーナー。ライターで、こういう記事書いてる人ってたくさんいると思うけど、企業や情報発信元から貰った資料を読んで、抜粋して記事を書くリライト方式の人って多いんですよ。だって、映画レビューだってそうでしょ。資料抜粋のレビューコーナーって多いから、情報誌のレビューって、書いてること似てるよね。だけど、「side b」は、必ず試写に足を運んで、ライターの感想を書くようにしています。だから「side b」の映画レビューは、クラスメイトや仲良しの友達に「あの映画見た?どうだった?」と聞いたとき、映画を観てきた友達が感想を教えてくれるような感じでしょ?

そのポリシーを自分自身が忘れかけてました。

東京トレンド情報」でピックアップする最新情報も、新聞やネットで知った情報を垂れ流すだけだったら、意味ないな~と。先日行った「シャネル・モバイルアート展」で、あぁやっぱり自分で見て、感じないと、この面白さは伝わらないな、と。自分のフィルターを通して、感じたコトを自分の言葉で発信する、というコトが重要なんだなって。体験する人によって、ピックアップする場所が違ったりするでしょ。そこに着眼するのか!?ってね。でも、その着眼点のセンスが、kiyoriの信頼されてる部分だったはずだもの。ここで手抜きは絶対ダメ!

実は今まで、東京トレンド情報コーナーを、自分で作っておきながら、毎週ネタ集めるのってちょっと面倒だなぁ~なんて思っていたんです。でもね、「現場に行く」というコトが、どれほどの刺激と新しい感情を自分に与えてくれるのか! そしてその刺激が、どんどん新しいアイディアをkiyoriの中から生み出してくるパワーになっているということ。

毎週10分の1コーナー。だけど、考え方や取り組む姿勢が少しだけ変化したら、あぁ、あれも行ってみなきゃ!あのことも調べてみよう!・・・と、ワクワクがあふれ出してきました。ノートには、新聞の切抜きもペタペタ貼り始めました。

見たいこと、聞きたいこと、興味は尽きません。

2008年6月12日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

東野圭吾と綿谷りさ

Cid_01080429095641_____d705idoc_2 1週間のうち、4~5日は本屋さんに寄ってしまう。買いたい本が決まっていなくても、のぞいてしまう。そして、ついつい気になった本や、いつか読もう!なんて思う文庫本を買ってしまう。この2冊もそうだ。

本は、一度読み始めると、面白ければ一気に最後まで読んでしまうが、最初の数ページで興味が持てない場合は、それ以上無理して読もうとは思わない。

先週、買ったまま置いていた文庫本・東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」を読み始めて、昨日読み終わった。なぜ東野圭吾の文庫本を買ったか思い出してみると、気楽に気分転換できるから。仕事のいろいろな問題や現実から、ちょっと頭を切り替えるのに使おうと思った。次の現場に移動する間、前の現場のアレコレを引きずらないように、ちょっと頭の中を別な世界にポーンと移動させておいて、また新鮮な気持ちで次の現場に入りたいな、と。そのために本の力を借りようと思った。

これは大正解♪ 電車の移動時間や、人を待ってる間、頭の中をリフレッシュ。そのためには本にも流れとスピードが心地よいものを求めてしまいます。東野圭吾の作品は、たぶん誰が読んでも、スラスラと流れていくんだろうな。感動とかそういう重いモノは残らない、その感じが逆に気分転換にはもってこい。

今週から読み始めた綿谷りさは、微妙に読みにくいですねぇ。流れがスイスイいかない、というか、1つの文の流れが、行ったり戻ったりの微妙な倒置みたいな書き方がちょいkiyoriの感覚とは合わないかも・・・と思いつつも、物語の設定が面白くて、今のところ読み進めています。

そうそう!久々に本を読み始めて、思い知らされたことがありました。kiyoriはコンタクトレンズを使ってマス。ワンデーってやつです。眼科で視力を測定して、コンタクトを購入するとき、車の運転に便利なように、遠くがよく見える設定にしてたんです。この設定だと、近くのモノを見るとき、若干疲れる感じ。というワケで、ノーマル設定に変えました。

2008年4月29日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月23日 (日)

リレー小説「午前2時」(最終回)

「ミユキ、だれと喋ってるんだ?」

もこみち風がアケミに言った。

「この猫よ。」

オレの頭を撫でながら言った。

「風邪こじらせてんだから、猫を入れちゃまずいだろ。毛!咳き込むだろ。」

もこみち風が汚いものを見る目でオレの方を見た。

「猫ってたまに何もない宙をじっと見ることがあるの。それって幽霊とか何かが見えてるかららしいわよ。」

「ふーん。っていうか、この部屋前々から気持ち悪いって言ってただろ?やっぱ何かいるんじゃねえの?俺さあ、こう見えていろいろ感じる体質なんだよ。さあさあ、とりあえず猫は外に出しとくぞ。」

乱暴にオレを抱えて、ドアの外にほっぽり出した。

「だからァ、今日は深夜まで仕事が残ってるって言ってただろ・・・」

ドアの向こうからもこみちの半分あきれた声が聞こえてきた。

それにしても、ミユキっていうんだな、あの女は。

人が動物に勝手に名前つけるように、俺も勝手に「アケミ」ってつけてたけど、惜しかったな。

3文字ってとこは合ってたし。

はあ~。

今から恋人同士の時間ですか。

7人に見られながら。

(上村)

2008年3月23日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

リレー小説「午前2時」(5)

5.

もこみち風の男は土足で上がり込み、

オレを通り抜けアケミに近づく。

「ミユキ!なんてことをしてくれたんだ!午前2時って言ったじゃないか!」

。。。ミユキ?

いやいや、アケミだろ。

しかし周囲の7人もミユキと認識しているようだ。

何が起こっているのか全く理解できない。

男達とアケミ関係、午前2時、、、

ぶつぶつ考えていたその時、

一瞬にしてアケミ、もこみち風、オレの3人は7人の男達に完全に囲まれていた。

さっきまで青ざめていたはずの7人は不適な笑みを浮かべながら、じりじりと距離を詰めながらその輪は狭くなっていくではないか。

オレは急に怖くなって、もこみち風の男が話しているのも無視してアケミに近寄った。

「アケミ!なんなんだこの男達は!こいつら誰なんだ!」

「アナタにも見えるのね。」

アケミの顔が一瞬笑ってるようにも見えた。

(ミッチー)

2008年3月23日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

リレー小説「午前2時」(4)

4.

「あ、」

と少しばかり驚いた表情を見せたが、

すぐに何事もなかったかのように、俺に部屋の中へ上がるように促した。

「今日はやけに冷えますね。」だの

「会社の人たちは何か言ってましたか?」だの、

気まずい時間を取り繕うかのような会話を、間髪入れずにしてきたのは多少面食らったが、次の瞬間、あまりの驚きで一歩後ろへ飛びのいてしまった。

広めのリビングに7人の見知らぬ男がいた。

「こ、これは・・・」と思わずつぶやいてしまったが、

誰も答えてくれる人はいなかった。

見ると、全員何かを恐れるように青ざめていたが、

その時チャイムが鳴った。

扉の外からは男の声で

「ミユキー!」と呼ぶ声。

青ざめていた男達がのそのそ立ち上がった。

なんだ?何が起こるんだ?

(上村)

2008年3月23日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月23日 (日)

リレー小説「午前2時」(3)

3.

そこへ、背の高い「もこみち風」の男がやってきて、

オレの目の前でアケミの部屋の番号を押した。

留守なのに・・・心の中でオレがつぶやくと同時に、

「・・・ケンちゃん?今開けるね」と、アケミの声。

待てよ、モニターで居留守使ったのか?

それよりも気になったのは、アケミの声が震えていたことだ。

何かあったのか?

オートロックのドアが開くと、オレはもこみち風と一緒に中へ入り、

ヤツがエレベーターに乗るのを確認する前に、

猛ダッシュで階段を駆け上った。

アケミの部屋に先に着かなければ!

なぜだか全身の血が騒いでいた。

アケミの部屋のドアを叩くと、ガチャとドアが開き、

青ざめたアケミが立ちつくしていた。

(kiyori)

2008年3月23日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

リレー小説「午前2時」(2)

2.

マンション入り口の、オートロック解除の為に、部屋番号を入力する機械のところで手帳を開き、アケミの部屋番号を確認した。

番号入力に手間取っていると、

後ろからピザのデリバリーに訪れた男が

「先にいいですか?」

と声をかけてきた。

「あっ、すみません。どうも慣れなくて。お先にどうぞ」

と答え後ろに下がった。

「男と女の友情」とはいえ、今から女の部屋へ入ると思うと、嫌が応でも俺はやっぱり男だと実感するのであった。

ピザ屋の男が入るのを確認し、

女の部屋に入るという、ちょっとした期待も抱きつつアケミの部屋番号を入力した。

ピンポン。ピンポン。。。

何度も鳴らすが返事が無い。

こんなことならピザ屋と一緒にオートロックをかいくぐれば良かったのか。

(ミッチー)

2008年3月23日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

リレー小説「午前2時」(1)

1.

会社の後輩のアケミが二日続けて無断欠勤。

普段から顔色は良くなかったが、かといって休みがちなタイプでもない。

そこで白羽の矢が立ったのがオレ。

まあ、仲がいいというか、正直、オレの方はマンザラではない。

でも、アケミはそれを知ってか知らずか、

「ここから入らないで」オーラを出すのだから、手も足も出ない。

そんなワケで「男女の友情」っていうのは成り立っていたのであった。

「アケミの様子を見てくる」という責務を負ったオレは、

会社が終わると、早速彼女の家へ向かった。

夜の10時。

ぜいたくにも都会のど真ん中に部屋を借りている彼女だが、

マンションの前まで来ると、部屋の明かりが見えた。

(上村)

2008年3月23日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

甘スポ1号

20080317223237 大阪の5DAYSで0号を配布した「甘スポ」!明日配布の1号が完成しました。

現在大急ぎでプリントアウト中。インクがどんどんなくなります~。

チーム甘い罠書き下ろしリレー小説「午前2時」もお楽しみに!

2008年3月17日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月14日 (金)

2冊同時に配布開始!

20080314105539「side b」vol.30と、別冊スペースインベーダー号が、2冊同時に完成!今週末から配布が始まりました~!

いやぁ~今回はハードだった。何もかもが重なって、大変でした。それだけに、こうして形になったものを見ると、ホント嬉しいです。

今日のところは、お疲れさま~!!

2008年3月14日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 1日 (月)

大学祭の協賛(2)

このブログを読んで、タイトーからの物品協賛希望の大学数校から連絡いただきました。タイトー広報宣伝部からの絶対条件は「side b」の配布です。

この週末、荷造りして、発送手配しました。

□熊本大学 □羽衣国際大学(大阪) □大阪大学 □専修大学 □立教大学 □成城大学 □城西大学(埼玉) □明治大学・多摩 □慶応大学・日吉

各大学の実行委員の皆さん、大学祭、盛り上げてくださいね!

あと4校くらいだったら、協賛対応できますので、このブログを読んで、うちにも!と思われた実行委員の方は、タイトー広報宣伝部まで、ご連絡ください。FAXで企画書を送付していただけると、話は早いです!メアドもお忘れなく。

2007年10月 1日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

甘い罠読本②完成!

Photo「甘い罠読本②」が完成しました!

前回に比べて、活字の量が1.5倍に増量デス。さて、気になる内容は・・・。

★対談(上村×ミッチー)・・・前回好評だった企画の第2弾。特に好評だった「キーワード解説」も健在!今回から、2人にキャッチコピーがつきました!「思春期エロックボーカリスト 上村拓」と、「マイナス思考の女王様 mitchy-」です。アハハ!

★リレー小説「ヌード」・・・タイトルだけ決めて、それぞれが250W以内で話をバトンタッチ。次に回って来たときは、予想外の展開になっていて、書きながら楽しめた企画。

★アルバム・・・超目玉!超危険!ともすればアーティスト生命の危機!?(笑)だって、赤ちゃんの時の写真から、小学生、制服姿、クラブ活動の様子など、ビックリの連続写真!水泳部でインターハイに出場したミッチーの水着姿や、詰襟制服姿の上村クン。めがねにスカートのミッチー。ストレートのサラサラヘアーで全裸の赤ちゃん時代の上村クン、、、と、こうして書いてるだけでも冷や汗モノのお宝(!?)写真満載。こんな風に、全く別の人生を歩んで来た2人が、2007年、甘い罠を結成しているんです。ホント人生って不思議。そして、甘い罠の「隠すものなどないさ」精神が、衝撃を巻き起こすでしょう、たぶん(笑)。

B ★Q&A・・・20の質問に答える甘い罠。お互いをどう思っているのか?

★ライナーノート・・・CDのジャケットの中のスリーブには、上村拓による全曲解説が掲載されています。そこで、読本ではミッチーによる全曲解説を掲載。2人の記事を読み比べてください。

★レコーディング・バックステージ・・・レコーディング期間のそれぞれがやったこと、感じたことをダイアリーのように公開。なんだかんだで1ヶ月かかってるんですね~。と言っても、深夜の24時くらいから3時くらいまでの空き時間に集まって録音する、というイレギュラーなレコーディングだったので、実際の総時間は短い。

今回は、画像も多い!前回以降、撮影してきた画像が、この半年の歴史みたいに甦る。隅から隅まで、穴があくくらいジックリ見て欲しい「甘い罠読本②」は、ライブ会場のみの限定販売。売り切れ次第終了です。ちなみに前回の読本は完売しました。

2007年9月19日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

発送作業

Cid_01070912013410_____d902idocom 「side b」、送付致しました。

2007年9月11日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

リレー小説「ヌード」

思いつきで「リレー小説書こうよ♪」と、言ってみた。ルールは簡単。1人250w以内で書く。タイトルは「ヌード」。前の人の話の流れを受けて展開する。それだけ。

さっそく上村クンからミッチーへバトンが渡された。。。コレね、かな~り、面白いことになってます!!何度か原稿が2人の間を行き来して、自分の予想してた展開にはならないので、それがまた予想外の面白さ。

「ヌード」が読めるのは、「甘い罠読本2」だけ!(笑)10月1日から、ライブ会場のみで販売予定。

さっ、明日は札幌。既にスケジュールは分刻み。おいしいもの食べて、しっかり仕事してこなくちゃ!

それよりも、今日はステキな知らせが舞い込んだ☆ 夢を見ているのかな?私。夢でもいいや。でも、もう少しだけ覚めないで。最高に気分がいいので、料理もしちゃいましょ。食後はアイス。これが幸せ♪ 間違ってないよね。うん、この道は、間違ってない。だから堂々と胸を張って、もっと高く、遠くへ、ぶっ飛びたい! この気持ちを分かち合えるって、幸せなんじゃない? ありがとう。そう言いたい気分。

2007年9月 1日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月22日 (水)

甘い罠読本2

4月にライブハウス限定販売して、大好評のうちに完売した「甘い罠読本」。

今回、10月17日に全国リリースする、甘い罠のニューアルバム「甘い罠」を記念して、甘い罠を、よりDEEPに理解してもらうべく、「甘い罠読本2」の製作を決意しました!

メンバーそれぞれ忙しいので、例によって深夜のplanet 3rdで作戦会議。本を1冊作っちゃうんですから、大変な作業量です。内容や企画を考え、ザックリ台割のたたき台や、印刷屋のセレクト、予算などの、雑誌で言えば編集長がkiyori。ミッチーはデザイン+印刷屋への入稿作業。上村クンはリードテキストを書いたり。

とりあえず、甘い罠で今流行っているのは「ついに~!」と「ヌード」(笑)。誰が脱ぐか?っていうか、、「甘い罠読本2」では、封印されていたヌードが見れるかも!ついに~!(笑) さらに!上村クン、ミッチーの「制服姿」公開!コスプレじゃないですよ、中学~高校時代の制服姿で、マニアも大喜び!・・・の、はず。ミッチーは水着姿もいっときます!攻めです!自らカードを切ってきます!(笑) それに対抗するには、上村クンもスポーツやってた頃の部活画像を探しています。果たして、どんなお宝写真が発掘されるのやら・・・。思うに・・・たぶん甘い罠の2人はドMの変態なので(≧∇≦)、自らをピンチに追い込むような、過去の写真を公開することで、ドM魂に火がつくんですね、きっと。

楽しみ、楽しみ♪

2007年8月22日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

運気

雑誌で見たのかな・・・かの人気占い師・鏡リュウジ氏が、イマイチ運気が良くないと思った人は、運の良い人と一緒にいることで、自分の運勢もアップする、と。それを読んでkiyoriは思いました。今、自分は幸運の波に乗れているような気がする。だって、今年の頭に、こんなことしたい!と願ったことがほとんど全部実現している。じゃあ、そんなkiyoriが、負のオーラ、もしくは電磁波(笑)を持った人に寄ってこられたら、自分の運気が下がってしまうのではないしょうか!?そんなのイヤだ!(笑)・・・というワケで、「怪しい電磁波(VAIOも、録音機も壊れてしまった)を出さないでね!」と、相棒に言ってみた(笑)。

今日も深夜25時過ぎ、トリアノンの「たまごたっぷりプリン」を、神戸に旅立つ前に立ち寄ったファンキーパンキーに差し入れ&お見送り。行ってらっしゃい♪

さっ、kiyoriは仕事仕事!「side b」の台割を作らなきゃ。

甘い罠の詞も、ミッチーから届いたけど、「イマイチ暗いよ」と、返却。希望や未来を感じるような詞をよろしく!

本日の新しい出会いは、映像クリエイターKさん。1人でCG作っちゃうフリーランスの人で、音楽にもすごく興味がある、ということで、椎名林檎とも仕事してたりの男子☆ なんか仕事一緒に出来たらいいなぁ~。

明日は早起きして、物撮り。ギターとかノートとか、レコーディングに使用したアイテムをデジカメで撮影。大掛かりなライティングとかないから、明るい時間に撮影しちゃわないと!

2007年8月 2日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

大学祭の協賛。

株式会社タイトーの広報でも頑張ってるkiyoriです!

本日は、大学生の皆さんへお知らせ!最近、広報宛に、「大学祭への協賛お願いしたいのですがぁ。。」と、各大学祭の実行委員会の人たちなどから、TELがきます。もう、そんな時期なんですね。タイトーで「大学祭りの協賛窓口」をやっているのはkiyoriです。・・・っていうか、2年前まで、そういう窓口なかったので、自主的に始めました!(また?笑)

まず第一に!タイトーでは金銭による協賛は行っておりません。インベーダーのノベルティや企画商品、ゲームなども若干・・・そういったアイテムを、物品協賛として提供することは可能です。そのかわり!「side b」を学内で配布して欲しい♪というのがマスト条件。それだけです。「side b」は、映画情報など満載なので、楽しんでもらえると思いますよ~!

昨年は、明治大学、早稲田大学、専修大学、城西大学、近畿大学、東京経済大学、日本工業大学、東京工科大学、に協賛致しました。

というワケで、今年も受付始めました。現在、6校ほどから問い合わせいただいています!このブログを読んで、うちも!と思われた大学祭実行委員の皆さん、コメント欄にて連絡お待ちしております。もしくは、タイトーの広報宛にTEL下さってもOKですが、kiyori・・・なかなか座席にいることないので、つかまえて下さい。

2007年7月28日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

「side b」新規配布先<大阪>

次号の「side b」6月10日発行です。そして、関西エリアの「side b」ファンの皆さん、お待たせしました!今号から、大阪エリアの配布先がちょっとだけ増えます。新しく配布が決まったのはライブハウスにカフェなど♪ 映画館に行かない人も、「side b」が入手しやすくなりますよ!

<大阪>

cafe パラボラ

大阪市北区中崎西1-7-36

MONGO SHOWER Cafe

大阪市中央区西心斎橋1-4-5

 御堂筋ビルB1

Cafe+BAR 巣ばこ②

大阪市北区大淀南1-2-20

WHO‘S WHO GALLERY 梅田店

大阪市北区中崎西2-4-20

 チェルシーマーケット内

ライブハウス シャングリ・ラ

大阪市北区大淀南1-1-14-1

ESAKA MUSE

大阪府吹田市豊津町10-15

 東急ライブプラザブーミン 5F

OSAKA MUSE

大阪市中央区

心斎橋1-5-6 ミューズ389ビル

SPICA record

大阪市浪速区恵美須東3-4-36

 フェスティバルゲート408

LIVE SQUARE 2nd LINE

大阪市福島区福島7-11-37

クルール

大阪市北区浮田1-1-18

骨董カフェ 和み屋

大阪市北区浮田

町1-1-16

美容室Brilliant

大阪市北区浮田1-1-14

Juen delicafe

大阪市北区浮田1-1-13

2007年5月16日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

「甘い罠読本」完成

Cid_01070411141716_____d902idocomo_1  CDの完成に合わせて、そのガイドとなる「甘い罠読本」を作っちゃいました!ゲームで言うところの、攻略本です。

内容は、7pの巻頭企画「甘い罠」対談。かなりのぶっちゃけ発言が飛び出しています!さらに、その対談を読み解く上で、会話の中のキーワードを、メンバーが解説しています。なんて親切!

歌詞も、それぞれにメンバーの解説付き。プロフィール、アンケート、プロダクションノートなど全20pで内容盛りだくさん!

イメージは映画のパンフレットですね。プロダクションノートもまさにソレです。

が、今回特筆すべき点は、パンフレットでも通常の印刷物でもない、ということ。それは何か? はい、実は、同人誌専門の出版社に印刷してもらってるんです。コミケ対応の印刷ですよ。小部数でも印刷できるので、初トライしたのですが、これがなかなか素敵!そして新鮮でした。

今までいろんな印刷物を作ってきましたが、発注書の中に「遊び紙」が当たり前みたいに入ってたりして、ウキウキですよ~!遊び紙というのは、表紙を開いたときに、1枚ホント遊び紙が入ってて、甘い罠の場合、ピンクの紙を挟んでみました。エロスってことで!?

表紙のインクは「メタルブルー」を選びました。最近メタル・・・メガデスが気になってるので(←ウソ)。う~ん、それにしても、なぜ、And Aでお洒落なメガデスTシャツ・・・!?(脱線)こうして完成した表紙!これがまあ、絶妙な色で、ご覧のような完成品が届きました。

3ケ所のライブ会場でのみの販売なので、売り切れちゃうかも・・・とドキドキ。

2007年4月11日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

白樺派・・・

side b主催の試写会「明日、君がいない」の試写会への応募〆切が近づいています。

4月13日、渋谷シネカノン試写室にて18時会場、18時15分上映。試写後に、30分ほどのトークイベントあり。トークゲストはside bで映画レビューを担当しているファンキーパンキーウエムラ君。10代しゃべり場みたいに、観た映画について感想を言い合いましょう!

参加希望の方は、ハガキでも応募可能です。住所、氏名、年齢、職業を明記の上、以下の住所宛に申し込んでください。発表は招待状の発送をもってかえさせていただきます。

102-8648

東京都千代田区平河町2-5-3  

株式会社タイトー 広報チーム

「side b」試写会参加希望係宛て

さて、ここから本題。タイトルに「白樺派」と書いてはみたものの、たいした話じゃありません・・・。少し前のことですが、ファンキーパンキーのメンバー全員と下北沢Queに向かっていました。なぜだったか、その日は電車でした。あれ?なんでだろ。いつもは車なのに。電車の中で、くだらない話で笑いあったりしていました。そのとき、どういう流れでそういう話になったのか忘れたけど、白樺派という言葉が飛び出しました。白樺派って何だっけ?えっ!?誰がいた?・・・と、大きな声で話しつつ、全員テキトーにしどろもどろ。。。電車の中に、受験生とかいたら、「そんなことも知らないの?」と、呆れきってるかもしれない・・・が!センター試験なんて、もう忘れたよッ!って開き直り集団ですよ(笑)。「で、白樺派って誰がいるの?」と質問が飛び、ヒネ君「ボクと・・・」 え~!?ボクと!?全員爆笑。そうか、ヒネ君、白樺派かぁ(ウソ)。そうこうしているうちに電車は下北沢に到着。

気になったkiyoriは、帰宅後、講談社のクロニック日本全史で、白樺派を調べてみたのでした・・・。

2007年3月23日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

「のだめカンタービレ」

今クールもコミックからのドラマ化多いですね~。それってどうなんでしょうね。オリジナルでオモシロいストーリーを書ける脚本家がいないってことなのかもね。北川江吏子脚本の「たったひとつの恋」も・・・主演の2人、亀梨+綾瀬が結構スキなkiyoriは観てるんだけど(*^▽^*)・・・エピソードが陳腐なんですよね。っていうか、エピソードが「2006年の今」にそぐわない。だから、「リアル」を感じられないっていうか・・・ね。まっ、このドラマについては、また別の機会に~。

本日は「のだめカンタービレ」。コミックの16巻を読みました。ドラマも見ました。

コミックFANのkiyoriとしては、微妙な感触(笑)。意外にメンバーいいんだもん。のだめ役の上野樹里は、たぶん今、他にこの役にハマる役者はいないだろうなぁ~と、納得させられちゃうトコあるし、ティンパニーの真澄ちゃんには軽く衝撃!この前までカッコいい男を演じてた小出恵介!?キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!! 瑛太も峰役がハマッてるんだか、なんなんあか???このドラマ、ホント判断できない(笑)。

でもね、こればかりはkiyoriの好みの問題だからどうしようもないんだけど、千秋役が玉木宏っていうのがなぁ・・・違うんだよなぁ。もっとスラッとしてて、ホントにピアノが上手い人にやって欲しかったなぁ。そう!例えば、外山啓介クン(現役の芸大・大学院生で、日本音楽コンクール1位のピアニスト♪)とか!背も高くてスタイルいいし・・・でも、演技できるかなぁ~(笑)。忙しくしてるかな。

コミックは、舞台が海外に移ってから、kiyoriはちょっと気持ちが離れて来ているんですよ。ストーリーのメインも、のだめより千秋のオーケストラの指揮の方へ比重が移行してるし・・・。でも、千秋のちょっと屈折してる性格がすごくスキなタイプです!(笑)

コミックは、どこまで続くんだろう?この話、続けようと思えば、千秋とのだめが音楽を続けている限り、ずっと引き伸ばすことができそう・・・。どんなにヒットした作品でも、1番難しいのは終わり方、ですよね。

Dsc01932 そういえば、コミックの15巻には「限定版特典 マングースぬいぐるみ付き」というのはあって、つい予約してしまったkiyoriです(笑)。あ~完璧のだめFANですね、痛いデス。このマングースぬいぐるみ、身長15センチくらいかなぁ。おへその白いボタンを押すと「ギャボ!」って鳴く?んです。日頃、ぬいぐるみとかほとんど興味ないのに、なんかこのキャラのほんわか具合がモダンペットにも似てない?ってことは、そういう系がkiyoriは好みなのかも。

ドラマでは、演奏シーンが厳しいですね。あきらかに弾けないですもんね。。。

2006年10月28日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年10月24日 (火)

著書紹介(1)

Dsc01305_2Dsc01310_1 仕事部屋を紹介したので、ちょっとずつ、著書の紹介なんかもやってみようかな、と。ちょっと恥ずかしいけど・・・まあ、いいや。

●天使のざわめき

BUCK-TICKの本です。当時「GB」という音楽専門誌と「オンステージ」というライブ専門誌でインタビューしたり、ライブレビューを取材してたので、それをまとめた本ですね。かなり思い入れたっぷりなんですが、当時雑誌で書いたライブレビューは、どれも自分で気に入っています。

●SHAPOO BOOK「デリシャス」

ロンドンのコギャル系アーティスト、シャンプー!日本で「トラブル」って曲が大ヒットしました。ヒステリックグラマーやスーパーラヴァーズの洋服を好み、つまらないと「ボーリング!」と文句ばかり言うワガママ娘2人。kiyoriはかなりの仲良しで、一緒にショッピングに行ったり、クラブに行ったり、当時彼女達が一緒に住んでいたロンドンのフラットにも招待され、フラット内の写真も雑誌で初公開したりしました!そんなシャンプーとの密着ロンドン⇔東京のカラフルな日々の写真集。本のデザインは、東京事変やアジカン、スピッツのジャケットワークでも有名な木村豊クン。その後kiyoriが出した著書のほとんどが、彼のデザイン。

本日、東京は終日雨降り。。。とても寒い1日でした。思わず、今年初のエアコンを暖房にしてオン!だって11月中旬の寒さ、らしいです。こんな日は、外には出かけず、ジックリPCと向き合って仕事します。電話がかかってきて、それに対応しつつ、メールをチェックしてレスするだけで、あっという間に時間が過ぎていきます。

この前ブログに書いた、演劇集団はえぎわの下北沢スズナリでの公演には、今週の土曜日観に行くことにしました。楽しみデス!

2006年10月24日 書籍・雑誌 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

コミック「ハチミツとクローバー」最終巻

大阪に向かう新幹線の中で、買ってたのに読むヒマがなくて放置してた「ハチミツとクローバー」の10巻を読みました。

なんですか?この終わりは・・・。イマイチ気分がスッキリしないんですが・・・。天才的な絵の才能を持っているはぐちゃんは、同じく天才肌の森田を好き。LOVEです。はい、ここまでは前回までで納得の流れです。はぐちゃんは手に致命傷的な怪我を負ってしまう。リハビリを懸命に続けても、元の状態に戻れるかわからない。絵を描きたいという、自分の夢が消えそうなる・・・。

はぐちゃんが怪我をして病院に入院している間も、辛いリハビリを続ける間も、大学で絵を続けている間も、彼女のアーティストとしての才能を認めて、いつでもそばにいてサポートしてくれているのは修ちゃん(美大のセンセで幼なじみ)。

で、10巻を読み始めてすぐに展開が・・・!!えっ、森田じゃなく、修ちゃんを選ぶの!?ですよ!!!ビックリですよ。今まで修ちゃんからも、それらしい気配(はぐのことをスキらしいという素振り)もなく、なのに、はぐちゃんは、森田に別れを告げ、修ちゃんに「修ちゃんの人生を私にください」「一緒にいて、最後の最後まで」と伝える!えええっ。はぐちゃん!アナタの好きな人は森田だったのでは??

はい、つまりは・・・はぐちゃんは、アーティストだった、といことのようなのです。

ミュージシャンや芸術家、クリエイター・・・自分の感覚や才能を信じて生きている人たちは、ホント自分のことだけで精一杯みたいなんです。人のことまで面倒みきれないというか、むしろ自分のことを面倒みて欲しいって感じなんだと思うんです。実生活でもいろいろな人を見てきたけど、天才と思われる域に近いアーティストほど、そんな感じです。社会性も著しく欠落している人も多いし。それでもいい、って、周囲を納得させてしまうだけの才能がある人は、そうやって自分の道を---生き様である自分の作品を生むという道を歩んでいくんでしょう。でも、そういうのって、結構男の人に多いパターンだと思ってきました。女性はやっぱり恋愛を選んでしまったりするから。

だけど、はぐちゃんは天才アーティスト系だったんですね。自分が作品を生み出していく道が、自分にとっての1番大切なことで、選んだ男の人も、その自分の生き方を支えてくれる人・・・自分自身を犠牲にしてでも、はぐちゃんを必ず支えてくれる修ちゃんを選んだ、と。なかなか言えないセリフですよ。「あなたの人生をくれ」だなんて。私は絵を描きたい。だから私に尽くしてくれ、と言ってしまうなんて!女性が言うには、かなり珍しいセリフだと思います。森田自身も天才肌だから、お互いがお互いの才能を認めることはできても、その才能に魅かれることはできても、生活はできない、というジャッジなんでしょうか。森田も、冷静に見たら、彼のことを支えてくれる人が必要になってくるのかもしれないしね。

アーティストとして生きるか?女性として生きるか?

う~ん。わかるよ。わかるんだけど、女性としては、恋に生きて欲しかったような。まあ、修ちゃんもカッコいいから、当然好きは好きなんだろうけど、森田との一時の恋よりも、家族のように積み重ねてきた愛を選んだ、とも考えられるワケですね。

はぁ・・・凡人のkiyoriには、到底「天才」の気持ちはわかりません。「私のために生きてくれ」と言うコトと、「あなたのために生きる」と言うコト・・・いろんな生き方があって、いろんな愛情表現があるのね。

なにはともあれ、それぞれの道を歩き出して、おしまい。そうね、10巻で終わってちょうど良かったんじゃないかな。人気があるからと言って、無闇にストーリーを延ばして、最後はつまらないエンディングを迎えてしまうコミックをたくさん見てきたから、ここで終わるのは、正解だったと思いマス。でもね。。。

完璧に納得のいくエンディングのコミックなんて、なかなかないよね。読者は勝手なことを言うだけだし、ね。「NANA」はどういう風に終わるのかなぁ。

2006年10月 7日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

「side b」配布先映画館

明日から2日間、高円寺はお祭りで大変な騒ぎです。そして、このお祭りの終わりが、夏の終わりでもあります。いつもなら駅から歩いて2~3分で家に帰りつくのに、お祭りの間は交通規制が厳しくて、駅から迂回しなくちゃなので、たどり着くまでに20分以上かかります。オマケにこの2日間は車は出せません。はぁ。でも、夏祭りは楽しいよね。ものすごい数の屋台とか、いろんなお店が出るから、食べ歩きで満腹になりますよ♪

ところで、質問をいただきました。

「side b」はどこに置いてあるのか?と。

お答え致します。映画館では、東映系シネコン「T-joy」、松竹系シネコン「MOVIX」なら確実に入手できると思います。あとはミニシアター系でも、置いてある映画館多いですよ。渋谷はカフェやCD SHOPなどにも置いてます。配布先は、毎号増え続けて、現在12万部発行しています!

<side b 配布映画館リスト>

T・ジョイ新潟万代、T・ジョイ大泉、T・ジョイパークプレイス大分、T・ジョイリバーウォーク北九州、T・ジョイ久留米、梅田ブルク7、広島バルト11、鹿児島ミッテ10、MOVIX仙台、MOVIX利府、MOVIX亀有、MOVIX昭島、MOVIX橋本、MOVIXさいたま、MOVIX三郷、MOVIX川口、MOVIX宇都宮、MOVIX伊勢崎、MOVIX清水、MOVIX三好、MOVIX堺、MOVIX六甲、MOVIX檀原、MOVIX倉敷、MOVIX日吉津、MOVIX周南、MOVIX京都、梅田ピカデリー、丸の内ピカデリー、

シネ・アミューズ、パルコ調布キネマ、厚木テアトルシネパーク、シネセゾン渋谷、テアトル池袋、テアトル新宿、柏シネマサンシャイン、北島シネマサンシャイン、茂原シネマサンシャイン、シアターキノ、小山シネマロブレ5、シネマロサ、スガイシネプレックス札幌劇場、ディノスシネマ、シネマ太陽帯広、盛岡ピカデリー、盛岡名劇、宮古シネマリーン、movie on シネマ旭、会津若松栄楽座、Q-AX、上野スタームービー、ポレポレ東中野、町映グリーン劇場、藤沢オデヲン、長野シネマポイント、長野千石劇場、佐久アムシネマ、京都シネマ、梅田ガーデンシネマ、舞鶴八千代、塚口サンサン劇場、津山明宝会館、鳥取シネマスポットフェイドイン、萩ツインシネマ、本渡第一映劇、シネマパニック宮古島

お近くの映画館で見つけてくださいね~!!

2006年8月25日 書籍・雑誌 | | コメント (0) | トラックバック (0)