音楽

2009年3月14日 (土)

VAMPSの「trouble」♪

Shampoo3つけっぱなしで画面を見ていなかったTVから、懐かしいメロディが耳に飛び込んできて、思わず「えっ!?」と声をあげて、TV画面に目を移しました!

HYDEのユニット、VAMPSのTVスポットで「trouble」が流れてきました。この曲に反応したのは、Shampooのカバーだったからです!

3/13にリリースしたVAMPSの2ndシングル「I GOTTA KICK START NOW」のカップリング曲が「trouble」なんですね。

この曲をセレクトしたVAMPSのセンスにも、おぉ!と感動しましたが、ここに来て再びShampooの楽曲がこういう形でピックアップされて再評価されるのが、すっごく嬉しいデス。

Shampoo2 1995年くらいのことなんですが、Shampooの取材を国内で1番やってたのがkiyoriです。キャリーとジャッキーの2人とは友達みたいに仲良くなって、ロンドンの彼女たちの住むフラット(画像)にも遊びに行ったり、フリマを案内してくれたり、夜も彼女たちにクラブに連れてってもらったり・・・ハジケましたね~。

彼女たちが来日した時に、雑誌「CUTIE」と「Zipper」の表紙をコーディネートしたり、ヒステリックグラマーのプレスから洋服を提供してもらったり----キャリーもジャッキーも、ヒステリックグラマーや、スーパーラヴァーズの洋服のファンだったんですよね。「CUTIE」のUK版出して欲しい~!って、よく言ってました。----スーパーラヴァーズのクラブイベントのファッションショーに出たり、とにかく買物やクラブへは付き合いまくってましたね。日本で発売したCDのライナーノーツもkiyoriが書いてます。

trouble」がUKで大ヒットした当時、まだキャリーが17才、ジャッキーが19才で、ナマイキな言動が話題になり、日本でも「ロンドンのコギャル」みたいな紹介のされ方が先行したけど、曲はパンキッシュだけどカラフルで良質でした。

それまでマニックスの追っかけで、ファンジン作ったりの女のコが、いきなり大ヒットしちゃって、周囲からの扱いも変わり、有名になってしまったので、大変だっただろうなぁ。キャリーもジャッキーも可愛いモノ大好きで、自分たちのセンスに自信を持っていたので、大抵のことを「クール!」か「ボーリング!」って言葉で、ズバッと切り捨ててた(笑)。

Shampoo1995年に「Shampoo BOOK」(オリコン刊)を出しました(画像)♪

今回、「trouble」がVAMPSによってカバーされたことが、すっごく嬉しいデス!なんでしょう。昔からずっと、その時その時やってることに自信を持ってるんだけど、時を経て、その時関わってたことやアーティストや楽曲やムーブメントやいろいろが、「やっぱり、あれ、いいよね~!」って評価されると、ホント嬉しいです。自分の感覚を信じてこれて、良かったなぁ、という気持ちになれて、幸せです。

そんな彼女たちも・・・キャリーは今年で32才!随分会ってないけど、どうしているかなぁ。元気に、ナマイキにいてくれたら、いいな。

★オマケのエピソード

Shampooが当時住んでいたフラットは、ロンドンのシェファードブッシュという駅の近く。そこから程近い場所に「A COOKE」というパイ&ミールのローカルなお店があって、彼女たちのお気に入りということで、案内してもらって、そこでスペースシャワーTVのコメント撮影をしました。「A COOKE」は、映画「さらば青春の光り」の撮影で使われた、モッズ必見のロケ地の1つでもあります。ステーキ&キドニーパイとマッシュポテトはイギリスのごく普通の家庭料理。Shampooの2人はここの常連客。なのに彼女たちときたら、「もう、ここのパイもあきちゃったわ。ファッキン・パイよ。やっぱりバーガーキングの方がいいわよね」だって(笑)。こ~んな感じの彼女たちが、大好きでしたよ!

2009年3月14日 音楽 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ドラムサークル②

Cid_01090117234822_____d705idocomkiyori周辺にはドラム系打楽器に興味を持っている女性が、ざっと数えて3人いる。モチロンkiyori以外でだ。

そんな彼女たちを引き連れて、ドラムサークルに参加。30数名がジャンベとか叩きまくる。

画像の手前の白いのが、本日私の叩いた楽器。

オモシロいんだろうなぁ・・・ってことはわかります。参加者の表情見てればね。でも、どうも私には向いてないっぽい(笑)。

人にはそれぞれ自分流の「集中の仕方」とかって無意識のうちにありますよね。その感覚が、ドラムサークルのそれとは違うっぽい。

でもね、大勢でポコポコ叩くのって楽しいんですよ。何かの波長がハマレばいいのかも。。。また気が向いたら参加してみます。

2009年1月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

ミュージカル「RENT」

Cid_01081227190943_____d705idocom突然ですが、コレ何だと思いますか?コレというのは、画像手前に写ってるワイングラスのミニチュアみたいなやつ。ルネッサ~ンス♪とかじゃないですよ(笑)。答えは後ほど・・・・。

さて、東宝版「RENT」です。森山未來主演なので、観よう!と決めてました。彼の職人っぽところが好きです。ダンスなど、本当に基礎から積み上げていかないと、昨日今日で出来るものじゃないので、そこいらのカッコいいだけの俳優とは違うスキルと力を持ってるところが好きです。来年公開の映画「フィッシュストーリー」でも、カンフーっぽいアクションも、彼だからこそ出来るワケだし、実際そのシーンの素早くキレのいい動きを見ると、ほぉお~!と、見惚れてしまいます。ついでに話逸れると、来年公開の映画「ドロップ」の水嶋ヒロのケンカのシーンの動きにも、並々ならぬ運動神経の良さを垣間見て、ひゃぁあ~!となります。

実は、昨日ミュージカル「RENT」を観るのは2回目。公演期間が長い舞台やミュージカルは最初と最後で変化してたりするから、2回観るケースも多いんですが、海外版も含め今回「RENT」初体験。いつものように事前に何の情報も持たず行ったら・・・初めて観た時は、何を言ってるのか?何を歌ってるのか?ほとんど聴き取れなくて、伝わらなかった。伝わらないということは、これでいいんだと信じてる製作者サイドの自己満足?或いは、出演者のファンが何度も足を運んで、理解してくれることを想定している甘え?・・・と感じてしまい、観る側に対して優しくない作品だなぁ・・・と思いました。早口だから聞こえないとかじゃなく、リズムへの言葉の乗せ方も独特な強弱があったりで、耳がこのミュージカルに慣れていない人には、疲れてしまうでしょう。普段の生活で日本語は普通に耳に入ってくるけど、海外に行った時は、英語を「聞こう!理解しよう!」と、神経を集中させてるでしょ。そういう聴く側の心構えがないと、自然には耳に入ってきにくい作品。

物語の舞台はNY。ロフトで暮らし。夢はあるけどお金はなく、周りはゲイのカップルやHIV感染者ばかり。死さえも身近な毎日。未来に期待が持てず、とにかく今を精一杯生きるだけの若者たち。

前回一緒に行った人は、前半途中で観る気が失せてたし、大雑把なストーリーを感じることは出来ても、それぞれの関係や人物背景などはほとんどわからなかったのです。出演者がそれぞれ歌が上手いんだなぁ、ということはわかるし、森山未來クンが熱演してるのも踊ってるのも、ものすごく好感持てるんですが、ですが・・・悲しみの背景、歓喜にわく背景が、よくわからないまま終了しました。隣の席の2人も休憩時間に、「ビックリした!全く何言ってるのかわかんねぇ。ミュージカルならちゃんと歌詞わかるようにして欲しいよね~」とプリプリ。

だから、前回観た時、その感想を書こうという気持ちになれずにいました。楽しめなかったから。サウンドもね・・・っていうか、生演奏と声のバランスとかも微妙だったかな。最近、映画館とかでも音がすごくいいでしょ。試写室もどんどん新しくなってる。いろんなシチュエーションで音を聴く環境レベルがどんどんアップしてる中、演劇する場所の音響が、まだまだ時代に追いついてきてないような気がします。ストレス感じました。あ、シアタークリエのトイレは機能的で美しく、最高レベルの満足度。。。

そして今回。1人で行こうと早くにチケット取ってたので、余計に迷っていました。楽しめないなら時間の無駄になってしまう・・・オークションでチケット売ってしまおうかなぁ・・・とか。でもね、前から3列目の席だから、役者の表情の細かいところもよく見えるし、それだけでも新しい発見があるかなぁ・・・と。

Cid_01081227191036_____d705idocom迷いながらも開演ギリギリの13時に有楽町のシアタークリエに到着。すると入口は閉まり、舞台のトラブルがあり、開演が遅れているとのアナウンス。なんと開演が14時15分になるって発表されると「え~っ!」と不満の声が上がりました。チケットの払い戻しも行う、と。

正直、払い戻して帰ろうかな、と揺れました。そこまでして観たいか?と自問自答。夜の用事がもう少し早い時間にセッティングされてたら、間違いなく払い戻ししたなぁ。でも、最後まで舞台を観てからでも、次の予定にギリで間に合う。うぅううむ。覚悟を決めて観よう!(笑)実際払い戻してる人は20人いたかいないかくらい。

突然ですが、、、インタビューのテープ起こし、という仕事があるんですが、録音されたものを聞きながら、言葉を書き起す作業で、1回目はとりあえず音を流しながら、聞きとれた部分を書いていきます。2回3回と確認しながら聞き取りにくかった箇所を集中して聞くと、ようやく理解できて、テープ起こし完了。・・・・「RENT」って、そんな感じ。2回目だったので、1回目はほとんどわからなかったけど、今回は前よりは聞き取れました(苦笑)。聞き取れたことによって、ははぁ、そことそこはそういう関係だったのか、など理解も深まる、と。残念ながら肝心なところで、なぜロジャーはNYを去ろうとしたのか?そしてなぜ戻って来たのか?ゲイでもないマーク(森山)と仲間とのスタンスや苦悩などが、モヤモヤしたまま終わった。きっと、3度4度足を運べば、感動のエンディングを味わうことができるのかも知れない。役者たちが一生懸命演じていることがわかるだけに、一見さんに伝わりきらないもどかしさを感じますね。

一部の途中、マークが客席に飛び込んでくるシーンがありました。通路を挟んで隣の空席にちょこんと腰掛けるマーク。次の瞬間、くるりとこちらを見ています。見ています。見ています(時間経過)そして立ち上がり、顔をのぞきこまれ、あわわっとなってるkiyori(笑)。右のひじのとこをグイって掴まれたような感覚が残って、マークはステージに戻って行きました。ん?ひじのところにグイって・・・と、左手を持っていくと、ちょうどひじの曲がってる角のとこに、冒頭で紹介したグラスがちょこんと置かれてました。っていうか、埋め込まれていました(笑)。

??????よくわからないけど、持ち帰ってしまいました。プラスチック製のオモチャみたいなヤツです。演出なんでしょう、たぶん。ルネッサ~ンス♪

それと舞台の使い方に、もう一工夫、サプライズが欲しいかな。セットやその動きに驚くとか感動する、という場面はなかったので。結局、数回通わないと理解出来ない内容・・・というのが非常に残念ですね。メッセージ性のある舞台なのにな。役者の人たちの動きは個々には素晴らしいものを見せてくれるんだけどな。何度も足を運ぶリピーターのファンに支えられて公演が続いていることは素晴らしいと思うけど、初めて観た人にもヒヤリング出来て、物語を理解できて、楽しませて欲しいものです。

2008年12月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

ミュージカル「グリース」

生田斗真主演のミュージカル「グリース」を青山劇場で観たのは、11月の頭。昔、ジョン・トラボルタ主演の映画で観た記憶がある。その時の曲と同じなんだね。あと何となく全体的に、あぁ、こんな感じだったなぁ・・・と思い出すような感覚でした。

あまり前情報もないまま観に行ったので、ヒロインが神田沙也加で、不良少女グループのリーダーがミキティ藤本美貴だったのを知って、なるほどアイドル作品なのか、と。

50年代のアメリカのハイスクールが舞台で、転校生のお嬢様と不良のリーダーの恋物語。はい、青春、ですね!青春、いいね♪・・・・と、これくらいしか感想が出てきません。時代や国など、設定が50'sですからね、リアルとかそういうことを求めても難しいので、歌って踊る青春物語のラストがハッピーエンドで良かったね、と、そんな明るい内容でした。

2008年12月24日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

カラオケ~♪

忘年会第1弾はカラオケで盛り上がりました~。いやぁ、楽しかった。

歌った曲は、いきものがかり「気まぐれロマンティック」、Hey!Say!Jump!「真夜中のカウボーイ」、flumpool「OVER THE RAIN」、青山テルマ「ここにいるよ」、嵐「Beautiful days」、中島美嘉「ORION」、

今クールのドラマの主題歌ばっかり!意外に最近の曲いけました♪

2008年12月24日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月 7日 (日)

ドラムサークル

Cid_01081206195007_____d705idocom懐かしいお兄ちゃん的な人から、「久しぶり~!元気?」と突然電話が来たのが数日前。近況報告兼ねて会おう!ということに。指定された場所へ行くと、そこは未体験ゾーンの「ドラムサークル」でした。

ジャンベという打楽器を、インストラクターみたいなナビゲーターに合わせて、みんなで丸くなってたたくんだけど、こんな爪長くてでどうよ?私は今日は見学してるよ、と言う間も与えられず・・・なんか仲間に入れてもらいました。完全に転校生の気分です。(*^。^*)

本日kiyoriに与えられたジャンベと、その上に乗ってる「りんご」にしか見えないモノは、中に砂みたいなのが入ってる楽器なんです。カワユス♪

参加したのは後半の20分くらいだったけど、打楽器って体力いるんですね~。意外にぐったり。でも、皆さん楽しそうにたたいてて、しかも初心者の転校生にも優しい。

なにこれ?コミュニティーや優しくされることが苦手なkiyoriはもうドギマギmaxですよ~。

「こうやってたたくと、いい音でますよ」って、隣の人が教えてくれて、ポコポコってたまにいい音が出るようになってくると、ジャンベが可愛いヤツに見えてきました。

Cid_01081206194807_____d705idocomCid_01081206194840_____d705idoc_2終了後、みんなが使ったジャンベをお片付け。集合したら、これまた可愛い。

で、箱に入れられたりんごの形の楽器は、出荷するりんごみたい!気に入ってしまい、しげしげと観察してしまいました。

そして誘われるままに、みんなで遅めのランチ。うわっ、サークルみたいじゃん!・・・って、ドラムサークルだもん、そっか、こういう感じなんだぁ~、と緊張しっぱなし。でもたぶん、そんな風には見えてないだろうな。

日頃、出会わないコミュニティーでは、日頃耳にしないような話をいろいろ聞けて、ヒントもいくつか貰えました。・・・ってやっぱり仕事につなげちゃうんだなぁ。

世の中には、自分が通過していない「知らない世界」がたくさんある。覗いて見たら、面白い世界もたくさんあるね。

そしてドラムサークルに誘ってくれた人は、昔もおにいちゃん的な世話好きで行動派で、みんなを引っ張ってく人なんだけど、変わってなくて、長いこと会ってなかったのに、信頼はそのまんま。最近忘れかけてたベーシックなことを、いろいろ気づかせてくれました。

2008年12月 7日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

CD「SPACE INBADERS 2008」③明日発売!

Cid_01081122224437_____d705idocom明日は新宿Flagsのタワーレコードと、渋谷HMVは絶対見に行くよ♪

CD「SPACE INVADERS 2008」(avex)、いよいよ明日発売!

SHOPにCDが並んでいることと、ジャケットのスタッフクレジットに名前が入ってるのを確認するのが嬉しかったりして。

2008年12月 2日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月30日 (日)

11月最後の日にいろいろ思う。

早いですね。昨日ブログに書いたマックの新ブランド「クォターパウンダー」を食べました。kiyoriはマックのチーズバーガーより好きな味ですね。シンプルに「肉!」って感じがするし。

Image0211高円寺にヴィレッジヴァンガード、通称ヴィレバンが出来たよ!いやぁ~ますます住みやすくなってしまう。そしてなんと!CDコーナーで大プッシュを受けてたのがピアノジャック!!!!うわぁ!ミッチーと盛り上がりましたよ!!実は今年夏前にピアノジャックと上村クンがコラボCDを作るプランがあったんですよ。レコ発ライブも企画してたんだけど、上村クンが音楽を辞めて大阪に帰ったので、このプランは夢で終わりましたが、ライブでは一度コラボやってて、かなりカッコ良かったんです。ピアノジャックの若さと勢いと、2人の息の合った演奏(鍵盤とカホン)は見てる人を魅了するので、ぜひライブを体験して欲しいですね。・・・しかしこのCDの平積みっぷり!!凄すぎ!

週末、東京に来ていた両親を新宿駅でお見送り。昨晩、日頃よく行く中華のお店で夕食を食べました。この店は、中華だけど、日本人好みの味で、しかも上品な味が気に入ってます。既に常連のkiyoriが「両親なんです」と、お店の女将さん(?)に紹介したら、「家族で食事出来るって、幸せですね~。私は、そうしたいと思った時には、もう両親が亡くなってしまいましたから」と、優しい笑顔で言われました。本当にそうだな、と思います。ちゃんと成長した姿を見せ、一緒に料理をシェアして談笑しながら食事が出来る幸せ。こういう時間をこれからも大事にしなくちゃ。

両親が上京する前日までは雨が降っていたので心配していたけど、この2日間は気持ちのいい青空!なんかよくわからないけど、「頑張ろう!」と思いました。

過去に、弱気になってる時、うまくいかにことが多い時、仕事や恋愛で挫折した時、母親は「いつでも帰って来ていいからね」と言ってくれました。でも、優しいその言葉があるからこそ、「頑張らなきゃ!もう少し、東京で頑張ろう!」という気持ちになれました。母の言葉に甘えて帰っていたら、今こうして、両親を東京に招いて、一緒に幸せな食事の時間を持てなかったような気がします。

ラジオは最終回を無事終えました。最後のフリートーク、札幌のディレクターから「最後4分ありますので、きよっちーで締めてください」と、ヘッドフォンから指示が聞こえました。そして最後のコーナーの曲・・・甘い罠の「SUNDAY MORNING」のイントロが流れてきて、キューが出ました。久しぶりに聴く曲。

この曲は、元々はファンキーパンキーが2年前の年末に発売したDVDのエンドロール用に書き下ろしてもらいました。そのDVDをkiyoriがプロデュースしたから。期間も予算もキツキツだったので、何も今作らなくても、またいつかタイミングが合う時に作ればいいんじゃないか?大きいライブハウスで、照明もキレイな場所を選んで収録すればいいじゃん?という意見もありました。でも「またのタイミング」っていつ?と、思っちゃうんです。またのタイミングは、その時また作ればいいじゃん、と。過去に本やCDや映像もいろいろ発売してきて、「またの機会に~」と見送ったものが、実際「またの機会」がやってきてリリース出来た経験って、ほとんどないですから。

DVDのエンドロールのイメージが明確にkiyoriの中にあったので、イメージを伝えてリクエストして作ってもらいました。歌詞はナシ。DVDの完成前のラッシュを観た時、感動して泣けました。その曲を去年、甘い罠で歌詞をつけて完成させ、CD「甘い罠」に収録しました。

日曜日の昼下がりに、寝坊してまだベッドから出たくないような可愛い詞が気にいってます。そして、ラジオも日曜日の昼下がりにオンエアー♪ ラジオの最終回の最後のトークだからでしょうか?曲のイントロが流れただけで、これだけのことが走馬灯のようにサァ~と頭の中を流れていきました。

「皆さん、またどこかでお会いしましょう!」って言いながら、またっていつ?と心の中で自問自答。うん、確かにそうだ、そうだよね。必ず再会出来るようにしなくちゃいけない。

Cid_01081130075823_____d705idocom 頑張ることが多すぎます。頑張って頑張って・・・ずっと頑張り続ける人生なんだろうなぁ。でも、それが苦痛じゃないんです。モチロン楽しいことばかりじゃない。むしろ頑張る時間ばかりって気がする。ただ、頑張ることも楽しめるから、大丈夫!

2008年11月30日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月28日 (金)

マニックスのリッチー・エドワーズ(g)に死亡宣告

1995年に行方不明になった英人気ロックバンドマニック・ストリート・プリーチャーズのギタリスト、リッチー・エドワーズさんについて、裁判所が死亡を宣告した、とバンドの広報担当者が24日明らかにしたことが伝わってきた。

1995年2月、27歳で行方不明になり、英国とウェールズの境界に近い場所で車だけが見つかっていたので、自殺説などいろいろ浮上していたが、13年経って死亡宣告。

マニックスは、kiyoriがUKの仕事で密に関わっていたShampooの2人が大ファンだったなぁ。お手製のファンジン作ってたよね。そんなことを、ふと思い出しました。

2008年11月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

CD「SPACE INBADERS 2008」②サンプル到着!

Cid_01081122224437_____d705idocomやったぁ~!完成しました。

12月3日、全国のCD SHOPで発売するCDのサンプル盤が届きました!あんなにタイトなスケジュールだったのに、間に合うものですねぇ~。

蛍光グリーンとブラックのデザインが目立ちますね。

2008年締めくくりの仕事としては上出来ですね。こうして形になって、世に送り出せたことに幸せを感じます。

さっ、聴いてみよっ♪

+++++++++++++++++++++

★スペースインベーダー生誕30周年記念、スペシャル・コンピレーション・アルバム発売!

発売したPSPソフト「SPACE INVADERS EXTREME」で使用されているSUGIURUMNWALL FIVEDJ AKIのオリジナル音源6曲と、大ヒットした25周年CD「スペースインベーダー大作戦」(2003年・東芝EMI)からKEN ISHIICO-FUSIONKAGAMIMALAWI ROCKSらの選りすぐり5曲に、今回新たに、HIFANAQ;indiviの新曲を収録した究極のスペースインベーダー・クラブサウンド♪

【収録曲】

1 SPACE INVADERS 2003/KEN ISHII vs FLR

2 INVADER HOUSE CLUB MIX/SUGIURUMN

3 GAME OVERDIE RAKETEN vs KAGAMI

4 SPIRAL FLOWDJ Aki

5 DEFENDER (EARTH ATTACK MIX)/KO KIMURA vs E-MALE

6 SKID KID/WALL FIVE

7 THEME FROM SPACE INVADERS/MALAWI ROCKS vs K-SOBAJIMA

8 EASY FUNKSHIP 106/ALTZ

9 COSMOPARTICLEFUNKATOM TM & MASAKI SAKAMOTO

10 DIGGING MY SCENEWALL FIVE

11 I.N.V/CO-FUSION vs REBUS TAPE

12 FamiVador/HIFANA

13 OVER(ESHERICKS SPACE INVADERS REMIX)/Q;indivi

□発売日:2008123

□価格2,548 (税込)

□品番:AVCD-23715

今年2月に

2008年11月22日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

偶然の再会!

Cid_01081121232307_____d705idocom 新橋にあるちょっとレトロなTCC試写室で試写を観た後、別冊宝島の編集担当Fさんと、食事をしよう♪と入ったお店。オシャレ中華ダイナーって感じかな。

フカヒレ入りの小籠包子( ショウロンポウ )と、真鯛のカルパッチョ、ハーブのチキンなどオーダーして食べながら、最近、試写室で男の人が泣いてるのをよく見る、という話で盛り上がってたら、「きよりさん?」と、突如声を掛けられ・・・一瞬、何が起きたのか「?」だったんだけど、2秒後には、声を掛けてくれたお店のスタッフが、ヒネ君(元ファンキーパンキー)であると判明!!

Cid_01081121232043_____d705idocom「うわぁ!久しぶり~!!」と、偶然の再会を盛り上がり、黒酢の酢豚を食べ、なんとデザートをヒネ君がサービスしてくれました。バナナアイス、杏仁豆腐、マンゴープリン、あんことバナナをクレープみたいに巻いて揚げたやつ、ごまアイス。そしておいしいお茶もね。どれも美味しくて、ペロッと食べちゃいました。

日頃、新橋ってなかなか行かない場所なんだけど、その店のある高架下の通りは、オシャレな食べ物屋さんが並んでました。

その中で、偶然入ったお店での再会。

東京の人口って1200万人もいるんだよ。その中で、ホント偶然会う確率って、いったいどのくらいなのかなぁ・・・。スゴイ偶然!って、こういうことを言うんだ、と思いました。

精神的にも仕事的にも、いい状態にいる人は、表情がパアッ!と輝いているし、パワーを感じます。反対に、イケてない人は下を向きがちだし、表情も暗く、パッとしない。
ヒネ君は、すごくいい表情してたので、いい精神状態で生活しているんだなぁ、と思い、嬉しくなりました。東京で元気にキラキラ、ちゃんと生きてる!ってリアル感が、力強く心地良かったデス!髪が伸びててビックリだったけど。過去に何をやってきた、とか、そういうことはどうでもよくて、全部吹っ飛んでました。まぁ、kiyoriがそういうことに全くこだわらない、というのもあるんだけど、お互いに「今」が一番大事なんだよね。今、ちゃんと、やりたいことをやって、やりたいことために頑張ってる!という自信が、笑顔に表れてました。
私も頑張ろうッ!!って、思いました。私も周囲の人に、イキイキ楽しそうにしてる、って見られてたら嬉しいな

2008年11月22日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

CD「SPACE INBADERS 2008」①ジャケット完成!

Cda12月3日にavexから、CD「SPACE INVADERS 2008」をリリースします!収録曲は全13曲。kiyoriはその中の11曲をコーディネート。収録曲などの詳細は後日アップします。

というワケで、CDの発売日まで、どんなことをやってきたか、などのバックステージ的なことも、ここで書いていこうと思います。今日はジャケットのデザインについて。

デザイン担当はavexのデザイナーさん。かなりノリノリで、ゲームキャラにデザインイメージを触発されたみたいです。

ジャケットの表1にタイトルは入れていません。帯に入ります。このカニキャラを見れば、誰もが「あ、スペースインベーダー!?」ってわかると思うので。

色校は先週でした。kiyoriは「少しグリーンの色が浅いので、も少し濃く、ビビット感を出して欲しい」と、戻しました。そんなやりとりもあり、完成したジャケットは、3ツ折りのカッコいい仕上がり!

2008年11月 7日 インベーダー, 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

散歩。

CDを作ってます。avexから12月3日、リリースします。ジャケットデザインや中のブックレットのデザイン監修も無事終わり、今回一緒のチームで頑張ってるタイトーのT君は連日深夜まで確認や校正や契約など・・・細かいことから大きなことまで大忙し。kiyoriは13曲収録のそのCDのうち11曲をコーディネイトしてるので、アーティストへの確認など、これまた気を使う作業。

本日、CDに収録されるHIFANA(T君担当)の事務所に、プロモートについてMTGに行ってきました。都内某所の閑静な住宅街。チームHIFANAはクリエイティブ集団という感じで活動しています。「side b」用にコメントをいただくことになりました。

Cid_01081105200623_____d705idocom約束の時間より、少し早めに現地に到着したので、事務所に行く前に、ちょっと近所をお散歩。

神田川、ですね。犬の散歩や走るのに最適な遊歩道が続いています。

Cid_01081105200551_____d705idocom あ、カマキリ発見!・・・のどかですね~。って、ここ、ホント区内??カマキリなんて久しぶりに見ました。本物!?生きてる??って、少々ビビリながらも撮影。静かな場所で、コンビニもありません。自販機もなかなか見つかりません。すっかり便利生活に慣れてしまってる私は、のどかで素敵なエリアだけど、ここには住めないな、と思うのであった。

2008年11月 5日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

J-WAVE「PLATON」生放送終了。

日付が変わったから、もう昨日のコトになっちゃうけど、22時~なんと約2時間!J-WAVEの「PLATON」という生放送の番組に出演してきました。ナビゲーターはアンジャッシュの渡部健さん。

今回のテーマは「バンドブーム」ということで、ゲストはJ(S)Wのカズヤ君と松本きより。

まずね、何が凄いって、渡部さん。月曜日~木曜日、毎日1つのテーマを深める「PLATON」という番組のナビを、生放送で2時間続けているということ。超リスペクトです!1つ1つのテーマを知りたい、という好奇心がないと、自分の言葉でしゃべれないと思うし、好奇心を持ち続けることの大変さって、お笑いも音楽も同じだと思うけど、モチベーションを持ち続けるのって簡単じゃない。とりあえず生放送だし、やっちゃおうぜ~!的なお気軽な感じは全くなくて、渡部さんは紳士的で、探究心いっぱいの少年のままみたいで、大事に大事に自分の番組を作っていることがわかりました。本番前の打ち合わせの時点で、伝わってきました。

そしてカズヤ君!会うのは10年ぶりくらいなのに、その間全然会ってなかったのに、会った瞬間に「お~!」って、すぐに昔に戻ってた。10年くらいの時間を飛び越えて、以前、毎月数回はインタビューやライブで顔を合わせていた頃みたいに、世間話に入っていく。この不思議な感覚は、たぶん、ザックリとお互いが信頼できる間柄なことを感じてるからかなぁ。マイクがオフの間も、いろいろ話し続けていた。持っていった雑誌のスクラップファイルを見たり、当時のセットリストを見ながら。J(S)Wがメジャーデビュー後にホコ天でライブをやった時の雑誌記事を見ながら、モニターに貼られた手書きのセットリストの写真を差して、「1曲目、全部このままで、だ」なんて確認したり。

オンエアーでも話していたけど、カズヤ君が当時プリプリと呑みに行ったりしていたとは・・・はい、知りませんでしたよ(笑)。

そして、今年はJ(S)Wと、JET-KI合わせて年間128本のライブをやるんだって!128本。3日に1本ライブ、ですよね。考えられません・・・。20代とかじゃなくて、今になって、そんなにライブ漬けのスケジュールに挑戦できるカズヤ君の強さとマジメさに、ホント驚かされました。kiyoriが日頃「忙しい」なんて言ってるのは、忙しい部類に入らないな、と。

カズヤ君がやってるJET-KIは、最近「解散」を発表したそうです。そういう大事なことを、ラジオの中でどうやって話そうか?短い時間で伝わるだろうか?本番前に、真剣にカズヤ君は考えてた。ファンと正面から向き合おうとしているから、大事な一言一言を真剣に考えるんだ。変わってないなぁ。

2時間の番組は無事終わり、「また近いうちに会いましょう!」とカズヤ君は片手をあげ、別れました。

J(S)Wが再結成できたのも、こうして松本きよりがカズヤ君と再会できたのも、今日までずっと、それぞれが「音楽」に携わってきているからだ。やってきたことは別々だけど、音楽というフィールドの身近な場所でやってこれたこと・・・それって実は奇跡だと思うよ。胸を張って再会出来ることって幸せだなぁ、と思いました。

J-WAVEのスタッフの方々が、これがまた柔軟な対応とアーティストへの優しさを持ってる方ばかりで、なんかホント癒されました。呼んでくれてありがとうございます♪

Cid_01081031005736_____d705idocom 六本木ヒルズのJ-WAVEのある階からは、キレイに光り輝く東京タワーが間近に見えます。生放送が無事終わって、ビルの1階に降りながらメールをチェックすると、最近全然会ってなかった友人からも「聴いたよ~!」など反響が結構あって、驚きました。

★オマケ:渡部さんとカズヤ君に、「スペースインベーダー・エクストリーム」のソフトをしっかり渡してきました!渡部さんにPSPソフト、カズヤ君にはDS。

2008年10月31日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

本日22時~J-WAVE出演。

告知デス。

本日22時から、J-WAVEの「PLATON」という番組にジュンスカのカズヤ君と松本きよりがゲスト出演します。番組のナビゲーターはアンジャッシュの渡部さん。

テーマは「バンドブーム」ということです。番組HPから、メッセージよろしくですぅ。

2008年10月30日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

宝島ナイト

Cid_01081029191526_____d705idoc_2土曜日深夜、渋谷Lamamaで別冊宝島「ジュンスカイウォーカーズと青春ロック80'sの大逆襲!」の発売を記念したイベントが行われるので、遊びに来ませんか?とお誘いを受け、深夜23時30分スタートのイベントに顔を出しました。ダイノジ、まちゃまちゃなど、ジュンスカイウォーカーズ大好き!の人たちが集まって、コピーバンドを組んで演奏したり、80年代のバンドブームの曲をDJまちゃまちゃがかけて盛り上がったり?、トークショーだったりの内容でした。久しぶりに聴く曲ばかりで、懐かしいなぁ、と思いつつ、途中で退散して、編集担当Fさんとお茶して朝4時くらいに帰りました。

2008年10月26日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

J-WAVE。

別冊宝島の「音楽誌が書かないJポップ批評56/JUN SKY WALKER(S)と青春ロック80'Sの大逆襲」の巻頭ページで原稿を書いた余波!J-WAVEから番組出演依頼のオファーをいただきました。

10月30日(木)の夜、、、確か夜22時過ぎの番組に、ジュンスカイウォーカーズのヴォーカル・カズヤ君とkiyoriがゲスト出演、なんですって。当時の音楽シーン全般についてトークするみたいです。J-WAVEと言えば六本木ヒルズ♪ 行ってきま~す。

カズヤ君に会うの、久しぶり (^▽^)

何かを発表した後の、こういう思いがけない余波というか、サプライズ。こういうのが楽しいんですよね。自分の中では知ってることでも、世の中の人は、発売されたもの・発表されたもの(ブログもね)で初めて知るコトって、いっぱいあると思うんです。そこから返ってくる反響って、発信する側には予測不可な部分もあるので、自分から発信したのに、自分を驚かせてくれる!ってスゴイなぁ・・・と、ずっと以前に気づいてて、だから「形にして世に出す」ということには人一倍こだわりたい部分でもあるんですよね。

モチロン全てのコトに反応が返ってくるワケでもありません。頑張って世に送り出したモノでも、あまり認知されなかったり、はぁ?って思われることだってあります。で、受け入れられない経験をすると、次の機会にちょっと臆病になってしまうんです。クリエイターの人たちは皆さん経験アリでしょう。で、それが続くと、閉じてしまうコトもあったりすると思うんです。

でもね、そういう時でも、たった1人の「良かったよ!」とか「おもしろかったよ」とか「アレってどうなってるの?」みたいに興味を持って質問してくれることとか、、、そういう言葉1つで、あぁ、やっぱりやって良かった!なんて、ポジティブになったりね。

原稿を書いたことで、「その話をもっと詳しく聞かせて」と言ってくださる方がいて、なんか良かったです。

ちなみにラジオと言えばGREEN-fmの「キヨッチーの東京は晴れなのら~!」は、26日の日曜日は14時から生放送です。

http://www.greenfm.co.jp/

↑ココにアクセスしてね。生放送中の映像も見れますから。事務所からミッチーと30分間生放送します~!

2008年10月24日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

Jポップ批評。

1日オフのはずが、「side b」の入稿でバタバタしている間、いろんな問い合わせなどにちゃんと対応できずにたいので、大至急「side bの媒体資料」製作からスタート!

過去の資料や、以前のアシスタントがまとめてくれたデータを改めて見直して修正したり、こういう作業は時間に余裕がある時にしかできないので、なんか楽しい♪

発注してた大量の文具がフォーレストから届く。新しいステーショナリーを見てると、やる気がまた出てくるから不思議です。「side b」を入荷したばかりで疲れてることも忘れてしまいます。

夕方からヘアサロン。リフレッシュして夜は張り切ってお出かけ。

つかの間の息抜きの翌日は、色校が上がってきました!

その前に、宝島社に次号「Jポップ批評」の原稿依頼を受けてMTG。やっぱり80年代ブームなんだよねぇ。80年代後半~90年代初頭、kiyoriは宝島で毎月かなりの量で原稿書いてました。

ソニーマガジンズの音楽誌「GB」ではバクチク、レピッシュ、ジュンスカ、リンドバーグのインタビューを毎月。SFCの「オンステージ」ではTHE BOOM、筋肉少女帯、ジュンスカ、ユニコーン、X-japan、レピッシュなどのライブレビューを毎月、音楽専科社の「アリーナ37c」ではプリンセスプリンセス、THE BOOMやホコ天系バンドの取材を、「SHOXX」というビジュアルバンド系雑誌ではX-japanやかまいたちの取材を、宝島社の「バンドやろうぜ」と「宝島」では、ブルーハーツ、リンドバーグ、BAKU、バイセクシャルなどのインタビューを・・・これら全部を毎月やってました。1日2本インタビューとかは普通でしたし。雑誌ごとに、1つのバンドのメインライターとか決まってくるので、ジュンスカ、バクチク、レピッシュ、リンドバーグ、X-japanはほぼ毎月会っていましたね。

あの頃、かなり仕事を深くやってたことが、今こうして再び仕事につながってるんですね。でもね、90年代のはじめの頃、宝島社で「1960年」とか「1970年」とかのカルチャー本を作るお手伝いもしたけど、「60年代や70年代は日本のサブカルは凄かった!伝説がたくさんあった!なのに80年代は何もなかった」みたいな会話が、雑誌の編集者の間でもよく交わされてました。渦中にいた者たちは、60年代や70年代に憧れ、そのときの今(80年代後半~90年代初頭)は実につまらないものだ、なんて嘆いていたのです!

ところが、最近、たま~に、その頃のバンドの話や、バンドブームやレコード会社の話をすると、今バンドやってるミュージシャンが、「羨ましい!」って言うんです。伝説の現場を目撃してるんですね~みたいにキラキラとしたリスペクトの眼差しで!(笑) そ、、そうなんだぁ。いつの間にか、あの頃の生活や仕事のエピソードが武勇伝みたいになってるみたいで、まあそんなワケで今回執筆することになりました。

MTGで久々に昔話をしたことも楽しかったです。

夜はデザイナーとそのアシスタントの茨城ガールと「side b」の打上げ&重要ブレスト!今晩また、新しいプロジェクトが発足したのです。これは、作品を必ず発表出来る日が来ると思います。また報告しますね。

「音楽」、「文章を発表すること」、「サブカル」---これらの仕事がいつもkiyoriをワクワクさせるんだな、って自覚する。

また20年も経てば、2000年代は凄かった!とかって思うのかもね。いつでもシーンの先頭で何かを発信しようとしているクリエイター(ミュージシャン、デザイナー、小説家、漫画家な)は、その時点の自分になかなか満足できずにもがいたりしてると思うんだけど、でも、その時を必死に生きて自分のベストを尽くしていたら、何年か経って振り返った時に、過去の悩みもジタバタしてた自分も、全ていとおしく輝いて見えますから!

充実した日々。幸せだな、って思う。

2008年8月29日 音楽 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

「五右衛門ロック」@新宿コマ劇場

Cid_01080716175216_____d705idoc_2先日、新宿コマ劇場で現在上演中の話題のミュージカル「五右衛門ロック」を観劇してきました!去年観た「メタルマクベス」が面白すぎたので、劇団☆新感線は観ておきたい!と思ったのです。

(*続きは夜アップします~)

2008年7月23日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月30日 (月)

吉祥寺。町田俊行。

Cid_01080629165909_____d705idocom 吉祥寺。結構近所なのに、意外に立ち寄らない街。吉祥寺に行くなら新宿、渋谷、表参道に行ってしまうから。

北口の「スターパインカフェ」に初めて行きました。青山のライブハウス「月見ル君想フ」に造りが似ていますね。日曜日の昼間のライブなんだけど、お客さんで座席は埋まっていました。町田俊行クン、初めまして!グランドピアノでの弾き語り。ステージに現れた彼は、オシャレめがね男子でした!ライブ後に聞いたら、目が悪いワケじゃなくて、おしゃれメガネだ、と。町田クンは、ホントに若い!ピュアって言った方がいいのかな。これからの人なんだなぁ、と可能性をたくさん秘めていました。曲はもっとバリエーションが出てくるでしょう!(期待) 中盤からのMCから曲への流れがスムースで良かったですね。最近一人暮らしを始めて~という話を聞きながら、次の曲の詞で、一人暮らしを始めたからこそわかった親への感謝や愛情みたいな気持ちが伝わる歌詞で歌う町田クンが、年相応の男の子らしくて、そこから曲を聞き入ってしまいました。

5月にデビューしたばかりなので、キャンペーンで忙しいみたいだけど、ワンマンも決まっているとかで、キラキラしていました。ピュアとか、キラキラって、やっぱり「若さの特権」ですね。年齢と共に「経験」や「自信」はプラスされていくけど、「ピュア」や「キラキラ」は、どうしたって失っていってしまう。町田クンの真っ直ぐな視線と背筋の伸びた立ち姿が眩しかったです!

7月4日のライブよろしくね♪と話して、ライブハウスを後にしました。

Cid_01080629165837_____d705idoc_2洞窟みたいなカフェ「くぐつ草」でお茶して、7月4日のお客さんへのプレゼントを探して歩きました。

2008年6月30日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月26日 (木)

永遠のフェイバリット♪

数ヶ月前に約600枚のCDを処分した。手元に残した500枚くらいのCD・・・不思議なことに、それら全てに愛着を感じなくなってしまった。全てというのは大袈裟だけど、kiyoriにとって本当に必要な音楽は、もっと数少ないんだなぁ、なんて思って、ホントに繰り返し聴きたいCDのみを残すことにした。

今から聴きたいCDをどんどん買おう!って気分になっている。

Cid_01080622174310_____d705idocom でもね、先日行った試写の始まる前に流れた予告編で、スーパーグラスの「コウト・バイ・ザ・ファズ」が流れていて、あぁこの曲、ものすごく好きだった。今も好き。なんかロックの初期衝動っていうか、いてもたってもいられない気持ちを思い出す。帰宅して、久しぶりにスーパーグラスのCDを聴いてみた。ちゃんと残しておいたんだ♪

スーパーグラスはデビュー直前から1~2年の間、何度もインタビューした。ロンドン、ダブリン、オックスフォード・・・彼らといろんな場所へ行った。

壁に立てかけるタイプの移動可能なCDラックを見つけた★

整理する一方で、大事な映画作品はDVDを購入しよう!と思い、まずはキャメロン・クロウ監督作品を揃えた。あ、「あの頃ペニー・レインと」はkiyoriのフェイバリット作品の1つです。相当スキです。好きなバンドに熱中してた経験のある人にはぜひ観て欲しいな。夢のような時間を過ごしたあの頃、、、でも楽しい時は永遠じゃなくて、それぞれが成長していく・・・ちょっと切ないけど、キャメロン・クロウ監督の傑作です。

「セイエニシング」、「あの頃ペニー・レインと」、「バニラ・スカイ」を購入しました。

2008年6月26日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

7/4 @下北沢440

Ppp_2

フライヤー完成。配布手配に大忙し!

2008年6月12日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

発表!7/4@下北沢440

6月最初の日に、重大報告。

イベント開催しますッ!

★日時>>

7月4日(金) @下北沢440 

18:30 OPEN/19:00 START

★イベントタイトル>>

chimera presents PUMP UP The PARTY!》

Photo_2Lotusguitar

★出演>>

Be.

町田俊行

LOTUS GUITAR

海老沢タケヲ

<<イベント開催について>>

甘い罠が下北沢の440というライブハウスを東京の拠点としてライブを行っていた頃、いろんな場所で出会う数多くのミュージシャンに、「僕たちも440に出たいんだけど、どうやったら出られるんですか?」「一度音送ったけど、審査厳しいですよね」というような話を何度も聞きました。甘い罠は幸いブッキング担当のGさんに気に入っていただき、レギュラーでライブ出演させていただいたのだけど、440で金曜日、土曜日の週末に出演したいとなれば、4ケ月~5ケ月先のスケジュールが埋まっているのが当たり前という状況なのだ。

そんな440のGさんから、7月4日(金)のライブ・ブッキングを、kiyoriがしていい、ということで枠をいただくという、とてつもない素敵なプレゼントをいただいたのです!

「カッコいい男の人たちに出て欲しいな」と、思いました。カッコいい、というのはいろいろです。音楽への姿勢、楽曲、スタイル、ビジュアル・・・そして、一緒に何かやろうよ!って気持ちで、仲間になれるアーティストに出会いたいし、つなぎたいな、と思いました。

メジャーデビュー直後の町田俊行クンは、その旬の勢いとか繊細な部分で、今まさに見ておきたいアーティストだと思います。LOTUS GUITARの伊藤大助さんはクラムボンのドラムとしても活躍しています。

たくさんの方に、遊びに来て欲しいな~と、心から思います。近況なんかオシャベリしたいし、素敵な音楽、素敵な人たち、楽しい雰囲気、楽しいお酒♪

7月のこの週末は、下北沢は街をあげての「北沢音楽祭」期間で、ワイワイしていると思います。この期間、音楽好きだったら下北沢にいるだけで楽しいと思うよ。 

チケットの予約はココをクリック

2008年6月 1日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

サザンオールスターズ活動休止

朝から繰り返しワイドショーで伝えている。サザンオールスターズ、無期限で活動休止かぁ・・・。事実上の解散、とアナウンサー。30年という活動期間・・・ひょっとしてサザンは、もうずっと永遠にバンドを続けていくんじゃないのかなぁ、なんて思ってたけど、やっぱりそういうもんじゃないんですね。公式に発表されると、やっぱり重いですね。

桑田さんは楽曲提供も多数・・・と、中村雅俊の「恋人も濡れる街角」や、研ナオコの「夏をあきらめて」がシングルジャケットと一緒に紹介されてました。シングルジャケットが時代を感じさせますねぇ。この2曲、すっごく好き。桑田さんが歌う「夏をあきらめて」とか、すごく好き。そしたら、両方とも1982年の作品で、アーティストって作品を生み出す波ってあると思うんだけど、この時期の桑田さんは、発信したいものが自分自身の中に溢れていたんでしょうね。サザン自身のアルバムも1982年は「NUDE MAN」だもの。オリジナルアルバムの「熱い胸さわぎ」から5枚目「NUDE MAN」まで、結構聴いたなぁ。

最近はアーティストのアルバムを繰り返し何度も聴いてアルバム収録曲全てが口ずさめる、なんてコトはあまりないけど、80年代に活躍してたアーティストのアルバムは、結構聴きこんでいたんだなぁ~って、最近になってしみじみ思います。

桑田さんのサザンに対するモチベーションが上がらない、ということが理由にあげられてるけど、これはねぇ・・・納得せざるを得ません。むしろ30年間、モチベーションを持ちつづけてきたことをリスペクトします。桑田さんがどういう形でも、音楽をつづけてくれること、作品を聴かせてくれることで、たくさんの人たちが幸せな気持ちになれる。。。音楽の持つパワーって、凄いなぁって思います。

初期のサザンの曲を聴くと、その頃の自分の姿や、その頃の気持ちまでもが甦ってきます。時間は後戻りできないけど、音楽や思い出は、一瞬にして自分自身を過去のある時点に連れ戻してくれます。見てた景色、付き合ってた人、話してたこと・・・。音楽や映画や文学って、kiyoriにとってはそういう存在。

活動休止。kiyoriがプロデュースしてた「甘い罠」は今年3月に解散してしまったけど、ライブがなくなるって、1つの「場所」がなくなるということなんですよね。そういうことを今しみじみ思います。次の約束をしなくても、ライブに行けば会える顔のコたちに、もう会うことがなくなってしまった。ライブ当日、ライブハウスに「おはようございま~す!」と荷物を持って入って行く時のワクワクした気持ちを味わえる場所がなくなってしまった。階段を下りたところにあるいつものリハスタも、あれ以来、そのドアを開けたことはない。リハスタに遅れて行くと、ガラス部分から中にいる2人が歌ってる姿が見えて、曲が終わるまで外で待って、重いドアを開けて「遅れてごめ~ん!」って入ると、2人が笑顔で迎えてくれてた。そういう「1つの場所」がなくなった。それまで甘い罠に費やしてた時間は、他の何かにいつのまにか変わっていったけど、ライブも、リハも、仲間だけの会話も、その代わりがない。だから時間は1日24時間同じように過ぎていくけど、あの時の笑顔やワクワクを埋める代わりのものはないのだ。

サザンオールスターズも、彼らの音楽や存在を埋める代わりは存在しないだろう。

だけど私たちは音楽を聴く。いつの間にかいろいろ耳にする。でも、サザンの代わりはないし、甘い罠の代わりもない。他の何かで埋められないものは、そのまま心の中に1つの空洞として、残っていくんだろうなぁ。

サザンオールスターズの公式サイトを見ると、活動休止について、ここ数年話し合ってきたらしい。時間をかけて話し合った結果なら、アーティストの決めたことに間違いはないよ。・・・そんなことを思いました。

>>追記

kiyoriは音楽ライターをやっている間、300アーティスト以上のインタビューをしてきたけど、サザンオールスターズの取材をする機会はありませんでした。既に超ビッグアーティストで、頻繁に取材を受けるような感じじゃなかったような感じでした。

今回の発表に「スタッフ」という表記が見られることに、思うこともいろいろあります。サザンみたいに大きな富を生み出すアーティストに関わって仕事をしていると、それが生活の基盤になってしまう人たちがいっぱいいるよね。ライブスタッフ、音源製作スタッフ、ファンクラブの運営、マネージメント、webスタッフ、デザイナー、スタイリスト、カメラマンなど・・・そういう全てのスタッフを巻き込みながら、大きなビジネスになっていたと思うから、バンドが活動を休止することで、収入に影響してくる人もいるだろうから、きっとそういうことも考えて、ちゃんと一度区切りをつけたんだろうなぁ・・・なんて思いました。サザンをアテにするのではなく、自分の足でそれぞれが立っていく区切りにするための、発表でもあったんじゃないのかなぁ、なんて思います。

それにしても、いい曲ありすぎ♪ 夏のライブのチケット争奪戦は大変なことになりそうですね。

2008年5月19日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月12日 (月)

スマステーション

80年代の邦楽アーティストの番組独自のベスト20を紹介していた。懐かしい映像の数々に見入ってしまいましたよ~。

で、本日さっそく番組を見た友人とあ~だこ~と、初めて行くカフェでトーク。

「80年代って言ってたけど、ちょっと幅があるよね~。井上陽水とかユーミンって、あの中に入れちゃダメだよね~」「だったらサザンはどうなるんだ?ってなるしね」「レベッカは、今見てもいいよね。ノッコかわいかったね」「聖飢魔Ⅱとか見たかったなぁ」「ゲストの友近って、SHOWYAがどうして入ってないのか?ってコメントしてたけど、SHOWYAって・・・プリプリよりも世代前だよね。あの人いくつ??」「リンドバーグとか入ってなかったね」「レコード会社の名前が変わったりもわかって、時代を感じるよね」などなど。

バンドとソロアーティストと、80年代前半のアーティストと、後半のアーティストがごっちゃ混ぜだったので、オフコースはどう考えても70年代では?とか言いたいこと山ほど!

でもね、こういうランキングとかカテゴリー分けって、結局はそれを作る人の趣味で出来るんだよね。

80年代って、今振り返って見ると、個性的なアーティスト多かったんだなぁ。司会の香取クンが「なんですか!このパワーは!」と驚いていたけど、改めて見ると、ビジュアルだけでも楽しませてもらいました。80年代前半はPVとか今みたいに当たり前に作られていなかったみたいで、ものすごくショボイ画像が、妙にリアルでカッコいい。チェッカーズみたいに大ヒットしたアーティストでも、PVはちゃんとお金かかったの作ってなかったんだね。バービーボーイズの映像なんて、スタジオの白ホリで撮影しただけ?って感じだもの。

1位に輝いたBOOWYのラストライブの映像や、氷室のMCに対して香取クンが「漫画みたい!」って言ってたけど、あ~わかるわかる。漫画に出てくるヒーローのボーカリストみたいだよね。ラストライブの武道館のチケット11万枚が10分で完売!って言ってたけど、そのライブ、行きましたよ~!あとね、今の都庁の土地かな、都有3号地とかって更地が期間限定でライブできた時期があって、そこでも見たような気がするんだけど、記憶曖昧でゴメン。あ、ストリートスライダーズも見た。尾崎のライブも行った。レベッカも、X-JAPANも、ユニコーンもブルーハーツもプリプリもライブ行った。kiyoriはレベッカ、好きでしたね。渡辺美里、バービーボーイズ、TMネットワークなどのエピックソニー系アーティストは行く機会なかったかも。

昔の音楽映像って、なかなか見ることないので、新鮮でした。

2008年5月12日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月 7日 (水)

PRO TOOLS♪

Cid_01080508104016_____d705idocomまさかkiyoriが、プロツールスを使う日が来るなんて、あんまり想像していませんでした。楽曲製作やデモ製作に役立てばいいなぁ、さらに映像編集もグレードアップしたい!なんて思って購入したものの、気づけば・・・ラジオ番組を持つようになってからというものは、プロツールスなくして東京での番組制作はありえない!というくらい必需品になってました。

でもね、私が使いこなせなくても誰かがやってくれる状態だったので、お任せ~って感じで今日まで来たのです。

が、いよいよ4月から自分のラジオ番組を自分で製作しなくてはいけない窮地に追い込まれ・・・ミッチーに講義を受け、学生みたいにしっかりメモを取りながら、深夜の時間を削って試行錯誤始めました。

はぅぅ・・・。

なんとか、なんとか初めて自分で1コーナー収録してみました。こういうの、少し始めてみると、結構いろいろ知りたがりなので、面白い!MACにも突然愛着がわいてきました。よし、頑張ろうっと♪

連休明けもいろいろ問題勃発。価値観って、ホントいろんな面で重要なバロメーターなんですよね。自分にとって価値のあるものが、他の人にとっては何でもないことだったり、自分が大事に守ってきてる基準と、他の人の基準が違ったり、イエスかノーのジャッジラインが違ったり・・・自分と違う価値観でジャッジする人とも仕事をやっていかなくちゃいけない状況はいっぱいあるワケで、その時私はどうする?ってコトなんですよね。勉強になりマス。

で、打ち合わせの合間、ほんの少し時間が空いたので、南青山のカフェで友達呼び出してお茶して気分転換。やらないで後悔するなら、やって後悔した方がいいな、って気持ちが固まったところで、急にやる気アップ。単純だなぁ・・・kiyori。

そんなkiyoriに、ミッチーがカピパラさんを10コ連れてきてくれました(笑)。引き続き募集中です~。Cid_01080508104055_____d705idocom たくさん集まったら、カピパラさんを使って、いろんなアート(?)を作って発表してみようかな、と。カピパラアート。その第一弾。「ピラミッド」。

2008年5月 7日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

マスラヲコミッショナー

昨年末で解散していたんですね、知らなかった。

離れてしまうと、そういう情報もわからないまま、ある日人から聞いて知る、と。というよりも、kiyoriとは違う場所で頑張ってるんだと勝手に思ってた。なんかずっと続いているんじゃないか、なんて当たり前みたいに思い込んでた。レーベルはおもちゃ工房だし、安心してた。

そっかぁ・・・解散したんだ。

20080405104941_2 kiyoriが彼らのCDを企画したのは2001年だったと思います。彼らが世に出たファーストです。曲もkiyoriが「この曲でいきたい!」とメンバーに提案して、意見が一致してレコーディングしました。

彼らとの出会いは2000年冬。ある日スノーボーダーから貰ったスノーボードビデオを見ていたら、中に1曲、音はすごく荒いんだけど、いい曲があって、うわぁ!これ誰なんだろう?って驚いて、そのスノーボーダーに聞いてみたら、「20歳くらいの若いコたちだよ」とケータイの番号教えてくれて、連絡してみたら遠藤クンだった。

さっそく高円寺のGEARだったかな?とにかく高円寺の直近のライブを観に行ったら、お客さんは10人いなかった。でもね、3ピースのそのバンド、マスラヲコミッショナーはいいライブをしてた。ライブの後、メンバーと初めまして(笑)。彼らはカセットのデモしかなかった。なので、「CD出そう!CDリリースしようよ!」と、たった1回ライブを観て、挨拶したばかりなのに、「私に任せて!」と言っていた。

それからレーベルを探して、メンバーとは週に2~3回は集まってMTGしていた。それぞれコンビニとかマックとかバイトもしていて、時間をやりくりしながらだったけど、いいチームだったなぁ。

「B-29」、「夕立」、「守る責任があると思うんだ」の3曲入りマキシシングルをリリースすることになって、アートディレクションはkiyoriなので、ジャケットは当時「トランスワールド・スノーボーディング」でイラストを描いていたトモ君に依頼しました。彼らの若さと勢い、疾走感じとかギリギリのところで必死になってる姿を絵にして欲しい、とオーダーしました。今見ても、好きなジャケットです。

レコーディングは当時ポリスターの恵比寿のレコーディングスタジオを使いました。ほとんど一発録り。でも、今までクリックに合わせて演奏なんてしてきていないので、かなりナーバスになって苦労していました。

CD発売日、CDがSHOPに並んでいるか確認した後、夕方メンバーと合流して、乾杯しました。やったね~!とか、どこどこのSHOPでは面出ししてあった、とか、もう嬉しくて嬉しくて仕方なかった。

レコ初のライブは、既にもう大勢のファンの前で演奏できるようになってました。一気にファンが増えました。CDも予想を上回る枚数売れました。

そこからいろいろあって、kiyoriは離れることになりました。事務所として活動していたのではなく、彼らの活動窓口的な立場で、一緒にいろんなことを相談しながらやってきて、メンバーのこと大好きだったので、これからは大きな事務所に所属して、大ヒットして羽ばたいて欲しい!って、願ってました。

この経験を通して、もし次に「このアーティストだ!」と自分が信じれるアーティストに出会ったら、絶対最後まで責任持って関わろう!と思ったんです。アーティストの手を途中で絶対離さない。どういうきっかけで売れるのかはわからないけど、絶対売れる!ってヒラメいたら、その自分の感覚を信じて、そのアーティストだけにトコトン付き合おう!って。

マスラヲコミッショナーは、最初に、バンド名もいいな、と思いました。書いたとき、文字で見た時の字面がカッコいいなって。3ピースっていうのもいいよね。そうかぁ、解散しちゃったんですね。詳しい事情はわからないけど、それぞれ音楽は続けていくのかな? またどこかで会える日が来るかもしれないね。

彼らが世に出るきっかけを作れたこと、今もkiyoriは誇らしく思えます。

2008年4月 5日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

X-JAPAN

凄いですね!10年を経て復活ライブを行っても、東京ドーム3日間のソールドアウトさせて、開演が2時間以上押したとか、YOSHIKIが失神したとか、数々の伝説をさらに生み出してしまうバンドパワー!ホント凄いなぁ、とニュースを見ながら思いました。

kiyoriは今回のライブには足を運んでいませんが、かつて音楽ライターをやっていた頃、X-JAPANのインタビューは何度もしました。主にYOSHIKIとHIDEのインタビューをすることが多かったです。音楽専科社が限定で製作した豪華写真集の中で、文章を書きました。

今回の復活を機会に思い出してみれば・・・

★HIDEの撮影+インタビューは「SHOXX」などの雑誌で数回やりましたが、撮影に熱が入り、いつも予定時間を大幅に過ぎるため、インタビューは撮影後に六本木の居酒屋でやりました。シャイで優しい人だったなぁ。

★YOSHIKIと筋肉少女帯の大槻クンの対談を「ON STAGE」という雑誌で企画して実現しました。

★X-JAPANと一緒にLA出張しました。

★YOSHIKIのインタビュー待機で、年末年始を東京でひとりで事務所からの時間を待っていた・・・。

★YOSHIKIのPV撮影だったかジャケ撮影だったか、水にYOSHIKIが浮く撮影のスタジオ取材がありました。なんか寒かった記憶が・・・。

----いくつかの記憶がよみがえってきました。ライブレビューは何度も書いたなぁ。でも、仕事で会うことより、HIDEとはデビュー当初ご近所さんだったので、よく食事するお店で会いました。なんかお互い「あ、どうも」なんて感じで、インタビュー以外の場所で会うとテレくさかったですね。懐かしいな。デビュー前の短い間、TOSHIがソニーミュージックでバイト(?)なのか、勉強なのかわからないけどいて、kiyoriは販促部の社員だったので、何度か会社で、X-JAPANのライブ映像を一緒に見ました。

復活出来るって、スゴイことだと思います。彼らのライブをまた見たい!と願う人たちがたくさんいて、その情熱が10年経っても消えることなく続いていた、ということですから。ホント凄い!しかも現役のアーティストだってなかなか出来ないドームを3日間も!

去年から今年にかけて、当時のバンドが次々に復活ライブや再結成ライブを行いますよね。kiyoriがジャストで音楽ライターをやっていた頃によくインタビューしていたバンドは、筋肉少女帯、ジュンスカ、レピッシュ、リンドバーグ、BUCK-TICK、THE BOOM、X-JAPANなどですが、ミュージシャン、皆元気ですね!!あの頃のバンドブームは、ずっと未来の今に続いていたんですね~。

2008年4月 1日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

ラジオ番組収録。

札幌南区のグリーンFMで、去年9月から放送している「上村拓のこれでいいのだ!」が、今月末29日オンエアー分で終わる。というワケで最終回の収録。

毎週東京で番組製作をして、収録音データを送付するというやりかたのため、事務所でプロツールスを使っての収録にもやっと慣れた。

Radio5 最終回のラストソングは「ひとりきりの革命」を上村クンが弾き語りで歌った。この曲、ひとりでギター弾いて歌うの初めて!自分にとって音楽とは・・・的な話もしつつ、音楽活動を締めくくった。

お疲れさまでした♪

4月からは、新番組「キョッチーの東京は晴れなのら~!」の番組製作が始まる。ミッチーと深夜のファミレスでMTG。まずはタイトルとジングルから作ろう!と。番組は生きてるので、やりながら、いろいろ変化して、最終的に自分達らしさが出せたらいいなぁ。

2008年3月25日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

after PARTY!

Photo ライブ後も慌しかった。たくさんのメールが届き、ひたすら感謝の気持ちでいっぱいです。「また新しい事をイキイキと始めるのを、なんかワクワク待ってます」って、クマちゃん、ありがとう。クマちゃんのその優しさが、多くの人を惹きつけるんだね。うん、待ってて!

当日スチール撮影をしてくれたセヌーからライブ画像がドドッと送られてきた。自分が見ていた角度とは違う甘い罠を見ながら、もう昔のことみたいに感じてしまう。さっそく何点か紹介しますね。いくつかのベストショットはオーダーCDRを注文してくださった方へサイン入り特典としてプレゼント♪ そんなワケで画像をセレクト。

ライブ本番前、いつものようにミッチーは緊張で手に汗をかき(笑)、上村クンも珍しく緊張していました。最後のライブだから、歌詞を間違えたくないという思いが緊張を高めてしまうみたいで、「まあ、間違えたら間違えたで、気にしないでいこうよ!」なんて会話を交わしつつ、最後の2人の衣装はカジュアル路線。上村クンは春の人気色イエローを差し色に♪ミッチーはお気に入りの55DSLのTシャツ。

Img_0073セットリストは以下の通り。

1 甘い罠
2 二重人格
3 フロイトの夢
4 Mebius Ring(FURS)
5 スペシャル・ボーイフレンド(ゴーバンズ)
6 ひとりきりの革命
7 セカイのグルリ
8 恋愛疑似録
9 ドライブスルー
10 全力疾走
アンコール BLACK JACK

Img_0193Img_0209

2番目の演奏者なのに、アンコールをやらせていただきました。セットリストを決めてから、「あ、NEW DAYSが入ってない」とか、気づきつつも、現時点の甘い罠ベストセレクションかな、と。「国内最速のハモリ」をキャッチコピーにしつつ、歌が生きるための曲作り、ハモ、そして大事な歌詞など、なんとなく生み出すのではなく、真剣に突き詰めてやってきました。

MCで上村クンが言ってたけど、「ひとりきりの革命」は、歌詞についてかなりディスカッションしました。彼が気持ちの奥で鍵をかけてしまってた言葉を、ひっぱり出してきました。だから、本当に思ってることで、本心だから少し気恥ずかしくて、でも本心だからこそ伝わる作品になったと思います。「全力疾走」、「Sunday Morning」も、そんな風に作りました。ライブ当日、FURSと森若さんが、「ひとりきりの革命」と「Sunday Morning」を選んでくれたことが、嬉しかったですね~。共感してもらえたのかな、なんて。

落とし穴が意外なところに!\(>。<)/上村クンのギターソロ♪ありぁ~。でも、こういうのも含めてライブの醍醐味ってことで。帰りの車の中、「いつも間違えないのに、あそこでキタかぁ~!って思ったよ」ってkiyoriが言うと、「所詮オレは・・・」と言いかける上村クンに「あれ?ネガティブ発言!?(^▽^)」とミッチー。「ああゆう時って、どうか音が目立たないように小さく出ますように!って思うなぁ」と上村クンが言い、「私なんていつもそう思ってるよ!」なんてミッチー。なんの変哲もない、いつものライブ後の会話。自然な会話。

あんなに楽しそうに歌を歌うのに、あんなにいいライブをするのに、あんなにいい曲がたくさんあるのにね。

そしてもっと大事なのは、聴きたい!と言ってくれる人が、たくさんいることなのにね。必要としてくれる人たちに応えたいし、必要とされることがどれほど幸せなことか、人生経験の中でkiyoriは痛切に知っているので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ライブ後、FURSのスガ君(ミッチーの大学同級生で同じサークル仲間!)が楽屋に来て、「本当に辞めちゃうの?素晴らしい演奏だったよ!いろいろ学ぶところが多くて!」・・・と、ストレートな感想を上村クンにぶつけてくれた。同パートのアーティストに言われるのって、嬉しいんじゃないかなぁ、なんて思いながらkiyoriは見ていた。

その後も多くの関係者、今まで甘い罠を見てきてくれた方々から、「今日のライブ良かったね」という言葉と、「どうして?もったいない」の言葉をたくさんいただきました。

そうそう、ファンキーパンキーのキタ君、ヒネ君も来てくれました。kiyoriさんバカだね~、上村のためにこんなにやってあげたのに、バカですね~と、ヒネ君。甘い罠のことは良く思ってなかったんです、とキタ君。久しぶりに会うなり、その言葉。ちゃんと終われなかったから、恨み言が残ってしまったんでしょうか。ずっと言い続けそうですね。私はバカなのかもしれない。でもそれは今じゃなく、2年後くらいに、甘い罠に関わった時間を後悔している自分がいたら、バカだったと思うのかもしれないけど、いずれにしてもそれは私自身がどう思うか、だ。失礼な発言だなぁ。たぶん2年後、あの時、もしあのまま続けていたら、もう少し楽しい経験できたかな、とか、もっと上に行けたかな、もったいなかったよなぁ~なんてことは思うかもしれないが、まあ、それも含めて頑張ったな、と納得できてる気がする。今そう思えるのだから、きっとそうだろう。現時点で充実した濃い時間と、たくさんの感動の瞬間、大笑いしあった楽しい時間を過ごせたことは、本当に輝いててかけがえのない時間だった。何度も言うが、この結果が最良とは思ってない。ベストを尽くす、という意味では、甘い罠は途中リタイアをしてしまったのだから。もっと先の景色まで一緒に見たかった。ビジネスを考えるなら、励まして頑張れるなら、無理にでもそうしたと思う。でも、それ以前にチームで、仲間だからね。一方の気持ちを尊重することが、もう一方の気持ちを殺すことになったけど、「甘い罠」を大事にしてるから、甘い罠に依存しないために、こういう道を選んだのです。安易に休止とか、その場しのぎの答えでお茶をにごさず、またいつか笑って会えるために、キッパリと決断して、お互いが前に進むことを選んだのです。早い段階での公表は、応援してくださった皆さんと一緒に、ミッチーもkiyoriも、この現実を受け止めていこう、という厳しくも前向きな決断です。

チーム甘い罠だけの打上げ。最後の打上げは、チームだけでやろう、と数日前から話してました。「甘い罠で緊張したライブベスト3は?」なんて会話。上村クンとkiyoriは同じ意見で、最初のクラブジャングルと、キャナルと、ミナミホイール。「最初のライブがダントツで1位」だって。ミッチーは「ミナミホイールが1番リラックスできてた」と!?それ以外全部緊張したらしい・・・(^。^;) 上村クンは「地下にあるライブハウスは、なぜか緊張する」ということとが判明。QUE、エッグマン、クラブジャングル、心斎橋ルイード・・・(^ー^)ノ ひょっとして前世は鳥だったんじゃないか!?あぁ、だから「NEW DAYS」の歌詞!なんて、他愛のない、とりとめのない会話。

Img_0216 こんな日々が、きっと将来懐かしくなるでしょう。また会いたいな、また一緒に音を出したいな、と思う日が来るかもしれません。モチロン来ないかもしれません。

でも、未来のことは誰もわからない。わからないから、素敵な未来に出会えるように、今を一生懸命生きていくしかないんですよね。今の一分一秒を、大事にしたいですね。

2008年3月20日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月19日 (水)

さあ、次へ!

2008031910155020080319111206甘い罠ラストライブ。

たくさんの方が駆けつけてくださいました。本当にありがとうございます!演奏もイベントの雰囲気も、出演者もお客さんも、誰もが楽しめた日だったように思えます。みんなが笑顔だったから。

最後のライブは、みんなが笑顔で終わりました。

YOUTHプレゼンツという名称になっていましたが、実際のところ甘い罠仕切りのイベントでした。企画は甘い罠が取りまとめ、同じレーベルメイトの森若さん、FURSに、お互いの曲をカヴァーするプランに乗っていただきました。この時点で、今回のイベントは楽しいものになるんじゃないかなと思いワクワクしました。

もし甘い罠がこの企画を進めたくても、共演者に、そんなの無理とか、時間ないとか、断られてしまったら成り立ちませんでした。実際、それぞれのアーティストには活動があり、この1日のライブのために、スタジオに入り、耳コピして、練習する時間を費やすことって、大変です。一緒に盛り上げよう!って気持ちがなかったら、出来ないことです。

16時過ぎに森若さんのリハから始まり、甘い罠の「ひとりきりの革命」を演奏し終わった時に、チーム甘い罠から大拍手と「ありがとうございます!」の声が飛び、森若さんは少しテレたように笑い、雰囲気は既にいい感じでした。うまく言えないけど、ミュージシャン同士のリスペクトがあって、お互いが「自分たちの生んだ楽曲が、独り歩きする姿を、楽しんで見ることができる」親みたいなやさしい目線がそこにはあって・・・。確かに自分たちが作った曲なのに、森若さんが歌うと、もう別の命を吹き込まれた楽曲になってる。そして、客観的に「いい曲だなぁ。いい詞だなぁ」って、思える不思議。逆に、甘い罠がFURSの「メビウス・リング」を演奏した時、FURSのメンバーから「カッコいい!俺たちよりカッコいいんじゃない?」なんてニコニコ言われたり。FURSも、自分たちの曲が独り歩きして甘い罠風になってる姿を誇らしく思ってるのがわかるから、お互いニコニコしてしまうんですよ。

そのFURSは、甘い罠の「Sunday Morning」にトライしてくれました♪ そしたらやっぱり、彼らの曲になってた。ボーカリストって、自分が表現することで生きる曲を無意識のうちに選んでるんですよね。それぞれが、自分に引き寄せて歌ってて、あぁ、今回の企画、やって良かったなぁ、と思いました。

リハの間も、お互いの演奏に聴き入っている熱い時間になりました。

開場前から440の前には、お客さんが並んでいました。

本番は、最後までお客さんが帰らずに、オープンから最後まで、たくさんのお客さんで440は溢れていました。どこを見ても笑顔。でも、甘い罠のライブの時は、涙をそっと流している方もいらっしゃっいましたね。その涙の意味とか、わかるだけに、kiyoriは手が腫れるまでリズムに合わせて拍手をしました。そういう応え方しか出来ず、ごめんなさいって気持ちでした。

ずっと見守ってきてくれたファンの人たちも、「解散」という結果については、誰ひとりとして満足も納得もしてないけど、(モチロンそれはミッチーもkiyoriも)、でも、「この日のライブに関しては、最善を尽くしている」という姿勢を受け止めてくれたんだと思いました。本当にありがとう。そして、ごめんね。

kiyoriは・・・この日までの約1ケ月、ちょっとでも立ち止まったりしたら、ガラガラを崩れ落ちてしまう自分が恐ろしくて、頑張らなくちゃ!頑張らなくちゃ!と何度も何度も自分に言い聞かせてきました。一緒に堕ちてしまったら、誰も引き上げてくれない。底は深くて暗くて見えない。トンネルの暗い穴を背にして、懸命に前へ走る子供のような気持ちでした。トンネルの中で迷子になりそうなミッチーの手を引いて、「振り向くな!」と励ましながら全力で走りました。崩れそうなギリギリのバランスは、例えばブログを1日でも休んでしまったら、一気に呑みこまれてしまうような、、、そんな不安と張りつめた気持ちの日々でした。

でも、ちゃんと伝わってるんですね。皆さんから、やさしい言葉をたくさん貰いました。泣きそうになるのをこらえました。無理してでも頑張って良かった!と胸を張れる自分がいたこと、kiyori自身が笑顔でいられたことに、ホッとしました。

そして、甘い罠がちゃんと終われたこと、これがアーティストにも応援してくださった方にも大事なことだと思いました。ちゃんと終わるから、さあ次へ!と進める。ちゃんと終わるから、大切で愛おしい思い出になる。・・・とはいっても、それはこれから先のことで、今はまだそこまでスパッと割り切れないけどね。でも、ちゃんと終われたから、いつかきっと再会もできる。そしてその時もたぶんお互い笑顔で会える。そんな風に思えました。

最後のライブの日も、いつもと同じ。チーム甘い罠で食事して打上げして、「またね」と別れました。

2008年3月19日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年3月17日 (月)

カヴァーしよう♪

明日は、出演アーティストがそれぞれお互いの曲をカヴァーし合う、という企画イベントです。簡単そうに聞こえるかもしれませんが、これってホント大変なことなんです。

だって、この企画のために、時間をさいて耳コピして、練習しなくちゃいけないんですから。出演者が、僕らはやりたくないな~なんて言えば、企画自体がダメってことになるので、今回こうして3アーティストが、お互いの曲をカヴァーして楽しもう♪という企画が成立したのは、森若香織さん、FURSのメンバーの理解と協力と、レーベルメイトという仲間意識と絆があったからだと思います。ありがとうございます。

それぞれのファンが、最後まで楽しめると思いますよ!

甘い罠は、ゴーバンズの「スペシャル・ボーイフレンド」、FURSの「メビウス・リング」を演奏します。

そして森若香織さんもFURSも、甘い罠の曲を演奏してくれるんです!嬉しいなぁ。楽しみだなぁ。

2008年3月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月17日 (月)

午前2時。

316d甘い罠は18日のライブが最後になる。いったんそこで終わる。

去年4月に3本だけライブをして終わる予定の期間限定ユニットだったが、多くの人たちの応援で、なんだかここまで続けてくることが出来ました。当初、ホントに3本だけで終えるつもりだったから、それ以降のオマケの期間が長くなった幸せなユニットです。

本日、最後のライブの前の、最終リハを行いました。いつも使ってる「R」というコンクリート打ちっぱなしの壁がカッコいい、リハーサルスタジオ。甘い罠のスタートと、このスタジオの誕生が同時くらいで、新しいスタジオを共に1年間歩んできました。

セットリストの流れでランスルー。最後のセットリストは、甘い罠ベスト・セレクション♪って感じでしょうか。自画自賛じゃないけど、甘い罠って、いい曲&いい詞が多いなぁ、なんて思います。自分たちの作品に自信が持てるって、なんかいいよね。詞については、上村クンと向き合い、内面まで掘り下げる作業をかなりやったなぁ。つまり詞を書く人は、自問自答しなくちゃいけないワケで、なかなかへヴィなことだったりするんですよ。でも、「全力疾走」、「ひとりきりの革命」みたいないい詞が生まれて、大事に歌ってきたことが、喜びでもあります。

未発表のままで終わってしまった新曲(!)「シンコペ王子(仮)」は、完全に仮タイトルのまま、発表する機会もないまま終わる(笑)。完成させたかったな。「恋愛擬似録」タイプの曲になったかもしれないね。

316b リハ後、スタジオの入口付近の階段で、ラストライブへの意気込みを語って、撮影してみたり。この映像は、後日「甘い罠ラストライブ(仮)」みたいな内容で編集して、通販しようか、なんてことも、移動したカフェで食事しながら話し合ったり。アンケート用紙は上村クンが作って、「甘スポ」はミッチー製作。甘スポといえば、今回の目玉は、リレー小説「午前2時」。250w書いたら次の人へバトンタッチ、という方式で3人で書いた。自分の予想してた展開にならないのが面白い。最初と最後が上村クン。エンディングは2パターンあって、別パターンは、オーダーCDRを注文した方への特典として送付します。

甘い罠は、最後までいろいろアイディア出し合って、遊んだなぁ。ホントいろいろ挑戦したなぁ。

2008年3月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月15日 (土)

仲間。

314i314c314f314j           

夜になって雨が激しくなってきました。

事務所の3Fで甘い罠は18日のライブのためのリハーサルをやりました。今回のイベントは甘い罠が仕切ってますが、YOUTHプレゼンツで、同じレーベルのゴーバンズとFURSが集まり、お互いの曲をカヴァーしあいます。

そんなワケで、ゴーバンズとFURSの曲の練習など。

なんだろう。解散するのに、リハは楽しいんです。イントロどうしようか?ハモは?なんて意見だしあったり、突如上村クンが鼻血出して大笑いしたり、セットリスト決めたり、ファンキーパンキーの「メッセージ」を歌ってみたり、いつもの、今までと同じ仲良しのチーム甘い罠なんです。

今日、kiyoriは仕事でちょっと凹むことがありました。さっきまでのそういうイラッとした感情や現実を忘れてしまうくらい、楽しい時間。それって現実逃避なのかな?なんて、ふと思ったりするんだけど、なんだか不思議で複雑な気持ち。どうして音楽辞めちゃうのかな、って、もう一度聞きたくなってしまうくらい、今までと同じ風景です。

でも、「全力疾走」を演奏し終えたら、ミッチーが泣いてしまいました。「ホントいい曲だなぁ。詞もすごくいい」ってつぶやきながら、ボロボロ泣いていました。この曲は、完成した当初から、甘い罠1番の名曲かもしれない、と思った曲です。

2時間ほどのリハを終え、おなかすいたね、とピザを注文し、3人でキャッキャッ食べました。これも今までと同じいつものシーン。こんなに普通なのに、こんなに楽しいのに、どうして今のままではいられないの? もういいよ、別に上を目指すとか、そんなこと。今が楽しい、それでいいじゃない? 今日それぞれが、どんな1日を送っても、集まったら楽しい、って、そういうのでいいじゃない。ただこうして、仲間として、笑いあえて、一緒に音楽を楽しむ時間が持てれば、もうそれだけでもいいじゃん、と思いました・・・。また、やろうよ♪

24時を過ぎた頃、さあ、帰ろうか、とそれぞれの現実へ。

外は雨が降り続いていました。

2008年3月15日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月12日 (水)

上田現さん、永眠。

TVのニュースで知りました・・・。驚きました。レピッシュのキーボーディストの現ちゃんこと、上田現さん。肺ガンで亡くなったそうです。本当に驚きました。

kiyoriが知っている現ちゃんは、レピッシュの現ちゃんです。元ちとせの「ワダツミの木」を作ったずっと前・・・「GB」(ソニーマガジンズ)という音楽誌と、「オンステージ」という音楽誌があって、松本きよりは毎月、BUCK-TICKとJ(S)Wと、レピッシュのレギュラーライターとして2誌で会ってきました。月に2回、インタビューやライブレビューなどでメンバーに会ってました。デビューから毎月、何度もインタビューし、何度もライブを見て、地方のライブにも取材で行きました。それらの記事はクリッピングして保存してあります。

一生の中の、何十時間かはインタビューを通して、同じ時間を共有した仲間。なんだか子供じみたことを言ってしまいますが、死んでしまったなんてウソでしょ?と、本当に信じられないんです。レピッシュは、記憶の中では全く色あせずにいます。だから、あれから何年も時間が経過しているなんて、信じられないくらいリアルな映像や声が、すぐにも甦ってきます。好きな曲がたくさんあります。

昨年、レッドシューズでDJするマグミ君と再会し、レピッシュのCDをひっぱり出して聴きなおすきっかけになりました。彼らの音楽は、今聴いても全く古臭くかんじない、それどころか、なんて素晴らしい音楽を当時からやっていたんだろう!と驚くばかりです。

現ちゃんのキーボードを弾く姿をいろいろ思い出しました。カッコ良かったなぁ。

素敵な音楽をありがとう。

お悔やみを申し上げます。

2008年3月12日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月 5日 (水)

i-TUNES配信。

甘い罠のi-TUNES配信がいよいよ始まります。しばしお待ちください!今まで、「配信して欲しい」というメッセージをたくさんいただいていました。これからはi-PODで持ち歩けますよ~♪

2008年3月 5日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

甘い罠のオーダーCDR

3月になりました。2008年、2ケ月が終わったばかりだというのに、もう1年分くらいの仕事はしたよ。

3月、また新しい企画満載です!

甘い罠は、今までやったことのない企画オーダーCDRというのをやってみます。

Photo_2先日、甘い罠のポイントカードの1枚40ポイントがたまったファンが2人も出たんですよ!さすが国内最速!?でも、早くて驚きました。ライブにたくさん足を運んでくれたんですね、ホント感謝です。そこで、チーム甘い罠でMTGして、世界に1つだけのDVDを作ってプレゼントしよう、ということになりました。ポイントカードがいっぱいになった方に、甘い罠の曲1曲のリクエストを聞き、それぞれのためだけに、1曲演奏してビデオに納めました。コメントもつけてね。盤面には名前をプリントして、応援してくれてありがとう、の気持ちを込めて、440のライブの日に渡しました。

ものすごく喜んでもらえたみたいで、こちらもハッピーな気持ちになりました。その時ヒラメイタんです。

甘い罠は新曲をトライアル的にどんどんCD-Rで限定枚数出しているんですが、会場限定なので、ライブに来れなくて聴けていない~!という方もたくさんいます。みなさんに音を聴いて欲しい!だったら、オーダーCDR作ってみようか!と。う”~面倒だぁ・・・と一瞬葛藤もありました。あえて面倒なことを背負い込む性格が、自分の時間をどんどん削ってしまいます。おかしいな、日頃「ドS」と言われているのに、Mっぽい(笑)。

スニーカーブランドが、個人オーダーの色の組み合わせでスニーカーを作ってくれるというサービスをしてるとこあるでしょ。その辺もヒントになってます。

①恋愛擬似録、ドライブスルー、Winter memories、セカイのグルリの4曲の中から、お好みの曲をチョイス(1曲200円)
②盤面の色は、こちら指定の12色から選べます。
③盤面にはアナタのお名前をプリント
④甘い罠サイン入りポートレートと、「限定甘スポ2号」と一緒に送付(送料一律200円)致します
注文の受付は3月10日まで。
発送は20日から。
メルマガ会員にお知らせしたらすぐに、数件のオーダーのレスいただきました。初めてのトライですが、やってみます。
メルマガ会員じゃなくても、甘い罠の新曲聴きたい!という方は、気軽にご連絡ください。

2008年3月 2日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

DVD「関学ナイト」

20080225115552編集しました。2月15日に大阪・心斎橋クラブ☆ジャングルで行われた、甘い罠の5days「五重塔」の最終日が「関学ナイト」というイベントの模様です。

5日間のイベントを終え、ライブハウスのスタッフ全員から拍手に花束、ケーキまで用意していただき、胸が熱くなるシーンからの始まりにしました。

このイベントのために、関学に取材に行った上村が、1人で映像を撮りながら、「アジダス」と呼ばれる幻の人気メニューを探したり、かつて所属した軽音サークルを訪問したり、そこで、10年ほど前に書いた連絡ノートの中の自分の名前を発見したり・・・青春時代にプレイバックする感じ。

大学のキャンパスなんて、卒業以来、行かなくなってしまうもの。っていうか、行けなくなってしまう感じもあるよね。今回、イベントで流す映像のために、上村は母校を訪問する中で、変わってしまったものと、そのまま残っているものを再確認しながら、時間の流れを感じ、懐かしくても、その時点から10年分歩いて来た現時点を誇らしく思ったんじゃないかな。学生のころの、じれったい時間があったから、今があって、イベントは大成功。そういう五重塔のクライマックスの日を、タイムスリップしたドキュメント風にまとめてみました。

映像編集は、やりだすと、どこまでも追求してしまいそう。でも、いつも〆切があるので、そこまでの中でまとめているが、結構面白い作業でもあるし、もっとやってみたい仕事の1つだったりします。

2008年2月25日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

26号線は246じゃないよ。

タイトル読んで、そんな当たり前のこと言うな!と怒りの突っ込みをしている方もいるでしょう。ごもっとも。こんなこと話してるのは、今夜24時近く、アンドン・カフェでの会話です。

メンバーは甘い罠と→Pia-no-jaC←。25日のライブ前のリハーサルの後、深夜のカフェで、オムレツやサラダやベトナムコーヒーを健全に飲み食いしながら、パクチーは苦手だとか(上村)、レコーディングの仕方とか、ネガティブ風邪うつったとか、グランドピアノのあるライブハウスは?とか、聴いたら気分が滅入るほどのマイナーなイメージの曲を作るとどうなるか?とか、ヘンテコな詞の話とか、ラップ現象体験とか、曲を作る時のイメージとか・・・音楽の話から、どうでもいいような話まで、まったりフレンドリーに。

ハヤト君(鍵盤)は海や、月を見て、そこから曲をイメージする、というロマンチストな話から始まって、実家がかなり田舎(?)らしくて、イノシシが出るって話題になって、そこへの道路が「26号線」らしいのですが、kiyoriとミッチーは、「26号?246じゃなくて?」と、イメージしてるのは、青山から渋谷を抜ける246(ニーヨンロクと発音)の夜景。

いろいろ会話している中で、お互いの共通項を見つけたり、コラボレートする時のヒントを掴んだり。→Pia-no-jaC←のある曲に、詞をつけて歌ったら、面白いんじゃないかな、なんて話も弾み、25日がますます楽しみになってきました。

→Pia-no-jaC←×上村拓。

この日のテーマは、「恋愛擬似録」という、甘い罠が一度完成させた曲を、このメンバーで新しく構築すると、どうなるか?という面白さ。

スタジオでは、ボッサでやってみよう、から始まって、ラテン、メジャーコードは?など、いろいろ試してみつつ、ボッサには引っかかりつつ・・・迷宮の扉は開けれず(笑)。じゃあ、ロックンロールは?と、ムチャぶりをする上村にも、瞬時に応える→Pia-no-jaC←、恐るべし!っていうか、ロックンロールは、結構ツボでした。が、本番でやるのは、ロックンロールではありません。

いろいろ考えていても、音を出したら解決する。そんな感じがしました。

気になる方は、25日、下北沢440に遊びにきてください☆

2008年2月24日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

マイスペース速報②

いつだったか「マイスペース速報」ってタイトルでブログ書いてたので、速報②、ということで。これからもたまに「速報」書こうと思います。

去年、3月24日に甘い罠のマイスペースをスタートさせて、1年弱。フレンドは現在5200人を超えました。そして、今日、甘い罠初の最高ランキング、インディーズのアコースティック部門で13位!にランクされました。

毎日、いろんな方からのコメントが書き込まれ、先日の5daysにも、マイスペースで興味を持ってくださった方が足を運んでくださったり・・・なんかまだ未体験ゾーンって感じで、マイスペースの可能性の面白さを感じ始めています。

最近になってマイスペースを始めるアーティストも多くて、5daysの間、結構いろいろ聞かれたり、話題にのぼった、と上村クンが言ってました。

・・・って感じで、甘い罠は、何でも、他より先にトライする傾向あり。これはkiyori自身の傾向でもあるけど、いい面もたくさんあるけど、報われない面も多々あります。ゼロから初めてやるので、試行錯誤しながらなんとかやったことでも、後からやる人はサクッとやってしまったりするから。でもやっぱり、自分で道を開拓していく方を選んでしまうから、仕方ないんですね。これ性分。

で、1日最低20分はマイスペースのために時間を使おう!と、自分の中で習慣化させようと努力している今日この頃。

2008年2月20日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

ANDNOW

Andnow 甘い罠の5days最終日の「関学ナイト」に出演したANDNOW。上村クンがファンキーパンキーになる以前に所属していたバンドだ。関学のバックスバニーという軽音サークルで誕生し、今回8年ぶりの一夜限りの再結成ライブを行いました。

が!恐るべしANDNOW!もの凄く盛り上がったのです!

kiyoriもこの日初めて見たのですが、何がカッコいいって、3人がハモるシーンの迫力!ギターの堀川クンは、ホント歌えるギタリストなので、曲に表情が出て、厚みが増します。

ドラムのカジ君は・・・憎めない甘えキャラ!? 今回のライブのためにボンゴっていうの?パーカッションを購入。堀川クンもアコギ用ピックアップって言うの?それを購入して、リハに登場したんだって。そこに、今回の彼らの本気度が感じられます。上村クンも、すごく嬉しかった、と言ってたけど、ブランクを感じさせないくらい、息が合ってました。

「ANDNOWは全員が歌えなきゃいけないんですよ」と、打ち上げの席で堀川クン。彼は、以前から甘い罠のライブに足を運んでくれて、その度に、自分はいつでも準備が出来てるから、呼んでくれ、と言ってたんだけど、そう言うだけのことはありましたよ。

「誰のための夜に」、良かったですよ♪

しかし・・・衣装がいただけません(笑)。当時来ていた衣装をひっぱり出して着る、というコンセプトだったみたいですが・・・8年前、あのような服がどこで流行っていたのだろうか?と、上村拓のセンスに問いたいところ(^-^*) だって、宇宙からやって来た感じなんだもの。まあいいや、今年はUFOの年だから!

打上げも同窓会っぽくて楽しかったなぁ。関学の話や、サークルの夏合宿で幽霊を見たとか。当時、カジ君のアパートに行ってリンゴを食べたとか、思い出話にはなが咲きました。

心地よくいられる仲間、笑顔でいられる仲間。また、一緒にやりたいね。大好評につき、「関学ナイト2」なんてのも、あってもいいかもしれないね。その時は、今回スケジュールが合わなかった倭ジェロさん、橘いずみさんも、出て欲しいな。

*オマケ*

上村拓の自宅から発見されたANDNOWのデモは、現在ほぼ死滅しかけているカセットテープ!記念に1本購入させていただきました。保存状態は万全と言ってたけど・・・。

2008年2月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

五重塔完全攻略マニュアル

Cid_01080217115402_____d902idocom20080217115221甘い罠主催の5daysイベントの為に製作した「五重の塔 完全攻略マニュアル」。映画や演劇でいうとことのパンフレットです。出演者全員の紹介やアンケートの解答、コラボレート詳細、カヴァー曲の紹介などなど、全28pの冊子は、全て甘い罠製作。

「企画とクオリティが高い!」と、クラブジャングルからもお褒めの言葉をいただきました。

オトナになればなるほど、ほめてもらえる機会が少なくなるでしょ。でもね、人って、いつまでも、ほめられたら嬉しいし、けなされたら悲しい。そんなもんですよね。

作って良かったデス。

editor : kiyori /designer : mitchy- /writer : taku uemura

2008年2月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年2月16日 (土)

5daysイベント「五重塔」終了。

200802152330572008021523440320080216030751甘い罠の5daysイベントが終わりました。

クラブ☆ジャングルでは、過去に2daysをやったアーティストはいたけれど、5daysは初めてである、と、記録樹立と、この命知らずなチャレンジに対する勇気を誉められました。

どんなことでも1番最初に道を作る人が大変だけど、今回の企画(しかも毎日全く違う内容)を大絶賛していただきました。企画以上に重要なのが、出演者の皆さん。「ライブハウスが行うブッキングでも大変なのに、よく5日間も、これだけのメンバーを甘い罠(実質、ブッキングは上村1人の作業)さんだけで集められましたね~。これからのアーティストは、企画+ブッキング+製作など、全部をトータルで出来ないと、今の音楽シーンで残っていくのは困難だと思います。今回、甘い罠さんがやったことは、僕らがいろんなバンドに伝えていかなくてはいけないと思っています」と、上村クンの苦労した日々が報われるような、ココロ暖まる言葉もいただきました。

こちらこそ、こんなチャンスを下さってありがとうございます!感謝しています♪

「五重塔」というイベントタイトルのパンフレット的な「完全攻略マニュアル」という冊子を作ったことは、出演アーティストにも喜んでもらえ、一体感を得られたような気がしています。クラブ☆ジャングルからは「製作物のクオリティが高い!」と、これまた絶賛していただき、最終日のラストに、不思議な気持ちです。

これでいいのだろうか?と、悩みながら、お客さんを楽しませたい一心で、手間ヒマかかることを、あえてやってきました。時間との戦いで、寝る間もなかったです。

やり始めてみたら、あまりにも大変で、チーム甘い罠もイラッとし合ったり、ギクシャクしたりの、山アリ谷アリの、試行錯誤な日々でした。

20080211173914Photo_2期間中、ステキなお花が届けられ、嬉しくて写メ撮りました。ANDNOWからの花は、「甘い罠をイメージして作ってもらったんですよ」と言われ、泣きそうになってしまいましたよ。セヌーからの花は、初日に届きました。セヌーは、甘い罠のWEBサイトを製作してくれています。忙しい彼女が、気にかけてくれていたことが嬉しくて、やっぱり泣きそうになってしまいました。

たくさんの方の優しさに支えられて5daysを終えることができました。毎日来てくれたファンの方もいました。遠く福岡から来てくれたファンや、マイスペースで知って、初めて見て下さった方も!

甘い罠は、幸せなアーティストだな、って思います。

全部が終わって、甘い罠とANDNOW(どちらも上村がボーカル)とお店のスタッフだけになったとき、いきなりライブハウスから、ケーキと花束が甘い罠にプレゼントされました!これにはホント驚きました。クラブ☆ジャングルの皆さんの優しさを感じました。まるでバースデーパーティーみたいです!

そういえば、甘い罠はアットホームなパーティーが好きで、今までにも数回やってきました。でもね、今夜のパーティーは、お祝いしてもらう側でした。上村クンとミッチーがケーキのローソクの火を吹き消して、みんなで乾杯♪

5days、やって本当に良かったな。

もう1回やってよ、と言われたら、今は即答できないけど(それくらい大変なんです)、でもね、経験できて良かった。期間中、バレンタインには、甘い罠特製のガトーショコラを用意してもらい、最終日の関学ナイトでは、関学で人気だった「アジダス」というお好み焼きサラダクレープみたいな料理を、再現してもらったり、クラブ☆ジャングルのスタッフの方々が全力でサポートしてくださったことで、思い描いていたメニューを再現出来ました。しかも、アジダス、名前はヘンテコなのに、味はサイコーで、途中で完売する人気!甘い罠が企画したフードメニューが完売・・・。ジーン。

15日。最終日は「関学ナイト」。kiyoriは、関学を撮影してきた上村画像を編集しました。演奏の転換時に、それを流し、それぞれが関学に想いを馳せたり・・・。5日間中、1番コンセプトが固まっていた感じかな。関西学院大学出身アーティストによる演奏。転換時の映像は現役の関学生の軽音部のコたちからの応援メッセージや学校内の映像。フードメニューには「アジダス」。「関学ナイト」のパート2とか、やらないかなぁ。

この日の打ち上げは、甘い罠とANDNOWで3時過ぎくらいまで行いました。ANDNOWについては後日書こうっと。

また、何かやりたいね。ワクワクすること計画したいね。

ホテルに戻り、ブログをこうして書く。今回5日間に、東京と大阪間を3往復しました。そして、パソコンを持ってきて、夜中に仕事を続けました。

何かは絶対得られた5daysだけど、今はその「何か」はわからない。でも間違いなく、5days前の甘い罠より、今晩の甘い罠の方が、いいライブをしたと思う。

2008年2月16日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

五重塔 4日目

Photo 3日目は、ちょうど真ん中の日なので、こういう5日のイベントじゃなきゃ出来ない、普段だったらなかなか挑戦できないことをやってみよう!という日でした。「かのうとおっさん」という演劇ユニットに上村拓が参加して、約1時間のお芝居(3部作)を演じました。アドリブでのセリフなど、テンポ良く、笑いあり。

そして、「カワい罠」という特別ユニットは、九龍のカワイ君と甘い罠とのコラボレート。ボーカルをチェンジして、意外性を見せたり、刺激的なシャッフル企画。

さあ、本日は4日目。バレンタインデーです。甘い罠がプロデュースしたチョコレートケーキも出ます☆ 甘~い夜になるように、LOVE SONGをカヴァーしたり、ラブレターの公開朗読したり、アットホームでハッピーな雰囲気になるといいなぁ。

画像は、先月上村が、京都・東寺まで行って撮影してきた五重塔。この日は冷たい雨が降り、暗く寒い日だったのですが、なんか逆行の五重塔に後光がさしてるような荘厳さ!カッコいいね~五重塔。なんか心がサラサラになるみたい。ザワザワした外野の声も聞こえなくなるみたいな、そんな気分。静寂LOVE。

それでは皆さん、甘~い、バレンタインを!

2008年2月14日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

ニュースタイル

Photo 甘い罠のニュースタイル。本番前の楽屋裏の画像がミッチーから届きました。上村クンのJKはナノユニバース・グランドフロアーの春モノ新作。メガネ男子UKバージョンのイメージ。ステージでメガネかけるの初めてって言ってたなぁ。

ミッチーは代官山の、なんてブランドだっけ?なぜか私たちは「元気いっぱい」スタイルと呼んでいて、「じゃあ、2日目は元気いっぱいでいこう!」なんて言ってます。

ファッションって、面白いですよね。違う自分になれたり、演じてるみたいな気分になれたり、新しい服だと自然に気分は上がるし。

ライブを見た方からいただいたメールの中にも、衣装について「似合ってた」とか「オシャレでしたね~」なんて文章を見つけると、やっぱり嬉しい!

kiyoriは最近「milly」のワンピがお気に入り。オンラインショッピングで海外購入しています。

2008年2月13日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月12日 (火)

五重塔 2日目

準備には1ケ月くらいかかるのに、ライブの日は一瞬で過ぎてしまう。刹那ですね~。だからいいんですよね。

そんなワケで、1日目のライブを無事終え、なんとなく自分達の中に確かな感触を残して、今日は2日目。kiyoriは朝イチの新幹線で東京に戻り、本日も仕事山積み。

初日の出演者は、やまかし、アシガルユース、→Pia-no-jaC←、ナイトな夜、そして甘い罠。タイトルが「ゴキゲンYO!!」ってことで、転換時を使って、出演アーティストと、テレビの「ごきげんよう」みたいにサイコロトーク。実は、♪なにがでるかな~のメロが直前までなかなか見つからなくて、苦労しました。

→Pia-no-jaC←と上村拓のユニットで1曲披露し、転換時の司会をやって、続いて甘い罠のライブ~と、大忙しの上村クン。楽屋裏では、ラジオのコメント収録したり、フル稼働で、全く気を抜く時間がなかった1日が終わった頃には、クタクタの放心状態。

でも、まだ始まったばかり。

今日は、上村拓の春先のおニューなファッションにも注目してくださいね。メガネ男子UK編ですから!

2008年2月12日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

明日から5days!予告編

昨晩、大阪に前乗りする上村クンを見送った後、東京は大雪に見舞われ、車で帰る時、ビクビクしながら、背筋伸ばして運転しました。雪道怖かったぁ。

そのまま高円寺のアンドンカフェで、ミッチーと合流。タイ風焼きそばとジャスミンティー飲んで、気づけば25時過ぎ。

5daysを目前に、それぞれやることが目いっぱいで、たぶん各自あまり寝ていない・・・はず。上村クンは、演劇とANDNOWの最終リハのために前乗りしつつ、イベントの総合監督なので、各アーティストとの連絡や、毎日のタイムテーブルの作成、クラブ☆ジャングルとのMTGなど細かいところまで、1人でやってくれている。ホントありがとう!大阪で行うイベントを、東京に住む甘い罠がやることは、想像以上に大変でした。上村クンが何度も大阪に足を運んで、1つ1つ形にしました。

その間、ミッチーは「五重塔完全攻略マニュアル」のデザイン製作、新曲のCD-Rへのコピーとジャケデザイン、アンケート用紙の作成、甘スポのデザインなどなど、主にデザイン関連を一手に引き受けている。

甘スポのアイディアや、アンケート用紙付けた「毎日違うクイズ」などはkiyoriのアイディア。甘い罠は、誰がアイディアを出しても、それに全員で乗っていけば、それでいい、という感じでやっています。

たまにはコミュニケーション不足で足並みが揃わなくなったりする場面もあるけど、その都度、問題をそのままにしないで、ちゃんと考えていることを互いに伝えるようにします。

さて、クイズは、期待してて欲しいなぁ。「甘い罠カルトクイズ」を作ったんですよ!3人でクイズ問題を作りながら、「それってカルトだよ~!」とか、「あ~それは初級問題!」など、時間かけながら作りました。kiyoriでも不正解の超難題もあります。クロスワードパズルロジックも、自分達で作りました。ロジックはミッチーの案で、ミッチーが問題も作ったんだけど、上村クンも私もロジック初体験。自分たちも楽しみたいけど、お客さんと一緒に楽しみたいんですよね。そのためには時間を惜しまない、と。

アンケート用紙のクイズに答えて、物販席に持っていくと、すぐに答え合わせして、正解するとポイントを貰えちゃう。もし、もしもカルトクイズの全問正解者がいたら、なんか特別なプレゼント考えなきゃね~。

新曲「セカイのグルリ」については、明日にでも。あ、この曲は明日初披露ですね~!グルリですからね、ぐるぐる目が回るようなカオスなハモを堪能してください。ミッチーって、こういうの得意だよねぇ・・・感心感心。

5daysの通し券を予約購入された方には、上村拓が京都・東寺まで行って購入&お払いしてきたクリスタルっぽい五重塔ストラップを特典として差し上げます。甘い罠とおそろいです!

11日(月)のお楽しみは他にもたくさんありますよ!→Pia-no-jaC←と上村とのコラボレー。先月、東京でリハーサルやりました。初めて一緒に音を出したんだけど、素敵すぎてドキドキしました。「NEW DAYS」が、今までとは全く違うジャジーな曲になりました。オトナの色気!?

さらに!甘い罠はファッションも春の装いを取り入れつつ・・・。イベント企画の中のサイコロトークの司会は上村。小道具の手配など、やる事多過ぎだったので、もしかしたら、何か忘れてることもあるのかなぁ。

今日は「甘スポ」のコピーをしたり、段取り確認したり、衣装探しに行ったり、走り回ってバタバタです。大阪に、無事「五重塔完全攻略マニュアル」が納品された、と連絡を受けました。ギリギリセーフ! 出演バンドの皆さんにも喜んでもらえるといいなぁ。5daysのパンフレットみたいなものですから。

明日(というか、もう、今日)の新幹線のチケットも大至急で購入して、衣装チェックのために、ミッチーと合流。くるくる着替えつつ、上村クンとのバランスを考えながら、決めました!持って行く荷物をパッキンして・・・ようやく今、am4時半過ぎ。今から2時間くらい寝たら、出かける準備しなくちゃ!

東京での仕事もたくさんあるので、この期間kiyoriは大阪と3往復くらい覚悟しています!でもね、絶対損はさせないイベントになりますよ!楽しみです☆

では、本日夜、大阪・心斎橋クラブジャングルで!

2008年2月11日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

甘スポ!?

20080207040718甘い罠新聞「甘スポ」、作ってます! 

普通のフライヤーにもあきちゃったし、1色刷りのチラシもなんだかなぁ。

何か面白いもの作りたいな~、というワケで「甘スポ」を作ることにしました。

現在、急ピッチで製作中!ライブ会場で配布します。

2008年2月 7日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

音を楽しむ。

音楽って、音を楽しむことだよね。そんな当たり前のことが、なかなか自由に出来なかったりするから不思議。公務員とかサラリーマンじゃなく、自由に自分を表現したい!なんて思いを抱いてミュージシャンやクリエイターになったのに、意外に拘束されたりして、楽しむことを忘れそうになってしまう。

去年の夏、大阪出身の→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)を、飯田橋で初めて見ました。カホンと鍵盤の男子2人組。スピード感とパワフルな演奏に、一瞬でひき付けられました。一緒に見に行った上村クンと、演奏を終えた2人が立ち話しながら、「機会があったら、何か一緒にやってみたいね」、なんて会話をした。

こういう会話は「今度呑みに行きましょうよ!」と同じで、なかなか「今度」はやってこない・・・。が、今回、、→Pia-no-jaC←の東京でのライブの合間に、一緒にスタジオに入ることになりました。上村クンの歌に、鍵盤とカホン♪ ちょっとジャジーにやってみようか、とか、リズム変えてみる? なんて感じで、聴いてて楽しくてワクワクしました。

2月11日の大阪・心斎橋クラブジャングルと、2月25日の東京・下北沢440でのライブで披露します。

見慣れない組み合わせが起こす化学反応。それぞれの音楽スキルがあってこそ飛び出すヒラメキ。音楽って、やっぱり楽しいなぁ。なんか音が溢れ出てくる感じ。お互いに刺激を与え合って、あっという間に、2時間のリハーサルは終了。

彼らは明日、小田原でライブ。

→Pia-no-jaC←と別れた後、夜中から甘い罠のリハ。新曲、選曲したカヴァー曲をやって、音をめいっぱい楽しむ1日になりました。

2008年1月27日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

シャッフル76'

当初、甘い罠だけでやる予定だった2月13日のライブの2部。企画を変更して、九龍のカワイ君に声をかけ、今までやったことのないコトにチャレンジしてみよう!と、盛り上がりました。

お互いの曲をカヴァーしようか、というアイディアからスタート。もし、ボーカルが入れ替わったら!?ミッチーがいつものようにギターを弾いて甘い罠の曲を演奏してるんだけど、ボーカルはカワイ君。うわっ!なんか想像しただけでソリッドな2人(笑)。カワイ君とミッチーって、実は共通点も多いと思うなぁ。プロツールスを操り、デザインもやるあたり、似てる点もたくさんあるような気がしてるので、お互いに刺激受けるんじゃないかな。甘い罠の曲の中で、何をカワイ君が歌いたいかは、現在カワイ君の選曲中~。

そしてもう1つのユニットはギターがカワイ君で、ボーカルが上村クン。楽曲は九龍。これまた新鮮な2人組!結構カッコいいんじゃなぁい?見るの楽しみ!!

さて、九龍の曲、何を歌いましょうか。

今回の5DAYSも、新しい試み満載!そのために新しく覚える曲もたくさんありますが、毎日違う企画で頑張りマス!

2008年1月26日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

五重塔

一生懸命作った資料を忘れて、事務所に取りに戻ったので、税理士さんをお待たせしてしまいました。手ぶらでミーティングに参加するとかって、出来ない性格なので、必ずたたき台になる提案書や、企画案を、準備してから行きます。メールでほとんんどのやり取りや仕事が片付く時代なのに、せっかく時間をやりくりして、顔を合わせてミーティングするんだから、その貴重な時間を無駄にしたくない、と思っちゃうからです。約束の時間に少し送れてアセッて、ものすごい勢いでバタバタ走って行ったら、そんなに走らなくても大丈夫ですよ、と(笑)。

美人の税理士さんとの時間はあっという間です。お金の話は、ホントおもしろいなぁ・・・と、いつも思います。いろんな知らないことがありすぎて、何を聞いても新鮮で、もう質問攻めです。もっと知りたい、勉強したい、って好奇心が刺激されます。

ランチして、週末なのに、こんな早い時間に自宅に戻るなんて、珍しい!たまには、ちょっとゆっくり考える時間が欲しいな、と思っていたので、ちょうど良かった。

で、明るい時間に、のんびりお風呂に入ることにしました。なんかいろいろゆっくり考えよう、と思ったのと、カリカリしないように、リラックスしよう、と思ったから。

コミュニケーション不足で、なんかお互いの思ってる方向に進んでいないことでも、ちゃんと向き合って、話して、理解しあって、軌道修正できる。でも、修正できる時ってのは、お互いを必要としてて、諦めてなくて、ケンカしたとしても気持ちを伝えたいと思ってて・・・まあ、だから、言い過ぎちゃったかなぁ・・・なんて反省したり。でも、わかって欲しいし、相手の考えもわかりたいし、もっと聞かせて欲しい、って思うから、意見の衝突も仕方ないんです。相手を知るためのぶつかり合いは、それを避けてちゃ、前に進めない。いずれにしても、信頼してるから、本音で話せる、というのもあるけど----なんてことから、あの資料、どうやってまとめようかなぁ・・・ってことや、今年は雪が降ってるみたいだから、スノーボードに行こうかなぁ、とか、とりとめのないことを、ぼんやり考えながら、のぼせた (◎_◎;)

日頃、時間があまりないので、メイクの研究とか、お試しなんてやってられない。たまには~ってことで、雑誌見ながら、メイクを試してみた(笑)。ふむふむ、なるほどね~!って。

息抜きもそこまで。夜、甘い罠のRECとMTG。RECは、「セカイのグルリ」という上村詞+曲の作品。グルリをひらがな表記にするかカタカナ表記でいくかにもこだわる。ボーカル録りの後、2月の5DAYSについてMTG。カヴァー曲の選曲では、候補曲を5曲くらいにまで絞って、軽く合わせながら、イメージを掴んだり、やれそうかどうかを話したり。

Cid_01080120180413_____d902idocom あ、5DAYSのタイトルは「五重塔」。ってことで、先日上村クンが京都・東寺の五重塔まで行って、オリジナル五重塔ストラップを購入して来ました。お払い済み(^-^)/ これは5DAYS通し券を予約された先着10名様への予約特典にしよう!と、決定。甘い罠ともお揃いです♪ 小さくてクリスタルっぽくて、可愛いヤツです。「買ってきたよ」と、恐る恐る上村クンが見せてくれた瞬間、ミッチーとkiyoriは、わぁい!の歓声!

その夜、甘い罠宛に仰天の嬉しいメールが届いた話は、また今度お話します。

2008年1月21日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

五重塔 ~甘い罠の5日間戦争~

2008211日(月)~15日(金)

□大阪心斎橋クラブジャングル

大阪市中央区東心斎橋1-18-11

 ISO心斎橋ビルB1 TEL.06-6282-1120

211日(月)  「甘い罠のゴキゲンYO!!

<出演者>

やまかし  http://yamakashi.com/

アシガルユース  http://youth.ashigaru.jp/

ナイトな夜  http://www.naiyoru.com/

<物販の新商品>

    冊子「五重塔 完全攻略マニュアル(仮)」

    CD「セカイのぐるり/Winter Memories」(2曲収録)400円 30枚限定

*ゴキゲンYO!!といえば・・・サイコロトーク!お楽しみに。

212日(火) 「朝まで生ジャングル」*朝までやりません

<出演者>

Foggy Melancholic http://foggy.mods.jp/

AKIRA http://sound-akira.com/

amidacoat http://www7b.biglobe.ne.jp/~namidacoat/

平田達士  http://www.msweb.or.tv/hirata_tatsuji/

     世の中の問題について、出演者が激しくパネルディスカッション!

13日~15日の詳細は、近日中に発表します。

1ドリンク、1フード付きで1日2000円。5日間通し券だと8,000円。食事だけでもお得!

  通し券購入者には、特典あり!

2008年1月16日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月15日 (火)

2008甘い罠始動。

今週は周辺がざわついています。活動が活発ということですね。kiyoriも今週は大きな企画を実施に向けて落とし込むという重大なポイント。

そして甘い罠は2月のイベントと、その先の活動についても、真剣ミーティング。自分たちがどうなりたいか、そのために今何をする必要があるか。

目の前のことに向かい合うのは、比較的皆スンナリとやっていることだけど、ちょっと先の未来の自分を想像して、そのための「今」を考えるって、なかなか簡単には出来なかったりするんですよね。まだ時間あるからいいや、なんて思ってしまったり。人と会う約束や、見たかったライブなど、また機会あるからいいや、なんて簡単に先送りしない方がいいよ。ちょっと無理してみる、くらいがちょうどいいかも。

でもね、計画をガチガチに固め過ぎてしまうと、何か突発的なことが起きた場合に、予定が狂ってしまって、対応出来ずにボロボロになってしまうケースもあるし。

だから理想は、少し先の自分のなりたいイメージだけはブレずに持ち続け、そこへの行きかた(道のり)は、いろんなパターンがあるので、その時の状況で臨機応変どういう道を通っても、行き先だけは変えないことが大事。と思います。

甘い罠の2月の5daysの詳細は、昨日のMTGでほぼ決まりました。まとめてWEBにアップしますが、楽しいものになりそうです!ワクワクしてきました。まず自分たちが、面白そう!と思えると、なんかアイディアもどんどんまとまってきますね~。毎日違う企画で5日連日ですからね。

カヴァーあり、演劇あり、サイコロあり?、新曲あり、映像あり、討論あり!?、チョコレートあり、特製フードメニューあり、ラブレターあり!?

お楽しみに!

2008年1月15日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

マイスペース速報

甘い罠のマイスペースをリニューアルしました。

★甘い罠http://www.myspace.com/amaiwana 

12月にやった東西ワンマンの会場限定販売したCDの新曲「恋愛擬似録」と「Winter Memories」も聴けますよ~♪ 

そして、アコースティックのインディーズで、甘い罠が17位にランクアップしました!過去最高順位です!

2008年1月13日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

「ジャングル☆ライフ」1月号

_dsc0404 先日行われた大阪心斎橋クラブジャングルのライブレビューが、1月1日発行の「ジャングル★ライフ」に掲載されました。初公開ジェニファーの画像もッ!!

コチラ

ここで紹介している画像はカメラマンの杉山さん撮影による、下北沢BASEMENT BARでのライブの模様。ジェニファーの画像は、年明けにでも、公式WEBで。

_dsc0205_dsc0259_dsc0651_dsc0497

2008年1月 1日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

2007年ライブ総括

音楽は大好きだし、できれば生涯、何かに関わって仕事をしたい気持ちはある。が、一方で、音楽がなくても全然平気。仕事・・・特に原稿を書く時や企画書のアイディアを練る時など、音楽は邪魔に感じる。静寂の方が落ち着く。街に出れば、流行の曲は自然に耳に入ってくる。音楽を流していないSHOPはないからね♪ そんな風に、音の溢れる生活の中で、ライブハウスにわざわざ行くという行為は、その音楽を選んで出掛けていくのだから、かなり好き、ってことになるのかな。

■1月・・・11日FP(新横浜Bells)、12日FP(新宿LOFT)、13日加藤+コータロー(東高円寺UFO CLUB)、23日FP(下北沢QUE)

■2月・・・3日FP(代々木ザーザズー)、9日FP(高田馬場ファーズ)、16日たむらぱん(渋谷eggman)、21日FP(名古屋ellFITS all)、22日FP(岡山クレイジーママ)

■3月・・・2日FP(大阪ファンダンゴ)、4日FP(京都たくたく)、7日FP(新横浜Bells)、16日FP(名古屋得三)、17日FP(下北沢QUE)、30日FP(浅草クラウッド)

■4月・・・1日筋肉少女帯(恵比寿リキッドルーム)、4日FP(下北沢QUE)、12日甘い罠(大阪クラブジャングル)、21日甘い罠(福岡ビブレホール)、24日FP(大阪ファンダンゴ)、26日甘い罠(下北沢440)

■5月・・・7日FP(大阪シャングリラ)、13日FP(上野センセーション)、16日FP(新宿LOFT)、21日knows(渋谷o-nest)、24日FP(新横浜Bells)、25日FP(高崎clubFLEEZ)、31日FP(渋谷エッグマン)

■6月・・・7日FP(高円寺ライナー)、9日FP(浅草クラウッド)、17日FP(大阪セカンドライン)、23日FP(下北沢QUE)

■7月・・・13日ピアノジャック(飯田橋新)、14日太陽族(高田馬場ファーズ)、15日FP(西麻布レッドシューズ)、19日FP(下北沢QUE)、26日上村dj(西麻布レッドシューズ)

■8月・・・4日FP(渋谷eggman)、25日FP(新宿LOFTプラスワン)

■9月・・・8日片山ソロ(高円寺ライナー)、9日ゴンダソロ(渋谷7thFLOOR)、16日筋肉少女帯(横浜BLITZ)、29日FP(下北沢QUE)

■10月・・・1日甘い罠(下北沢440)、3日SACON(三軒茶屋へブンスドア)、8日甘い罠(下北沢BASEMENT BAR)、18日甘い罠(大阪クラブジャングル)、20日甘い罠インストア(札幌音楽処)、24日FP(新宿レッドクロス)、28日甘い罠ミナミホイール(大阪心斎橋ルイード)、31日甘い罠OA(下北沢BASEMENT BAR)

■11月・・・1日甘い罠OA②(渋谷eggman)、5日甘い罠OA③(渋谷440)、11日甘い罠インストア(福岡キャナルシティHMV)、12日甘い罠OA④(渋谷7thFLOOR)、14日甘い罠(渋谷O-WEST)、18日FP(渋谷QUE)、20日甘い罠OA⑤(下北沢BASEMENT BAR)、21日FP(新横浜Bells)、22日甘い罠OA⑥(新宿レッドクロス)、24日FP(上野センセーション)、27日甘い罠OA⑦(新宿レッドクロス)

■12月・・・12日FP(大阪ファンダンゴ)、13日甘い罠ワンマン(大阪クラブジャングル)、16日甘い罠インストア(足立区FRONTE)、19日甘い罠OA⑧(渋谷LUSH)、26日甘い罠ワンマン(下北沢BASEMENT BAR)、30日ワタナベフラワー(渋谷O-WEST)

Kiyorineko <まとめ>赤字は自分がブッキングやマネジメントとして関わったライブ。FPのエッグマンや、EMIの加茂さんから誘っていただいたお笑いとの融合ライブ(猫ひろしなど)の新宿LOFTなどはkiyori担当。エッグマンでは、ロイヤルオーダーとのコラボレートが楽しかったな。FPと甘い罠と筋肉少女帯以外は、仕事上のお付き合いで見に行ったケース。

去年は、大阪に何度も足を運んでFPのライブを見に行った。今年はそこまでして彼らのライブに行こうと思わなかった。新鮮さや懸命さや変化を感じ取ることができなくて、目指している先もわからなかったので、大阪どころか、都内のライブもあまり行かなくなってしまった。

甘い罠は、kiyoriの思いつきからスタートした。上村拓というボーカリストの歌の上手さや幅を、別の表現方法で見せることができないだろうか?と考えていた。いろいろな表現方法を想定してみた。その中の1つがミッチーのギター。kiyoriは、かつてSWEETSをソニーからデビューさせるための担当だった。今ミッチーがどうしているのかな?から始まった。女性がギター、しかもロックで、ハモリも高度だったら面白いだろうなと頭の中で想像していたことが、数ヵ月後、形になった。当初頭の中で想像したいろいろな表現方法のうちの別の方法は、来年早々に試してみることも決まっている。

とりあえず3回のライブにCD製作を1セットとして、期間限定でやってみようよ!と始めた甘い罠。もう1回やってみよう!と活動再開したのは、多くの人の「もっと続けなよ」「もっと見たい」の声が後押しになった。ミナミホイールの出演が決まったことも大きい。このメンバーで、やりたいコトがまだあるうちは続くのだろう。なくなったら無理に続けなくていい。純粋に全力で音楽に向かい合あってると、そういうもんじゃないかな、なんて思う2007年年の瀬でした。

あ、画像はブログ始まって以来初のkiyori画像公開(汗)。日頃、撮影されるのイヤで逃げまわってるkiyoriですが、LOFT楽屋で、「にゃ~!」だけは積極的にやってしまったのでした。

2007年12月30日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月23日 (日)

札幌→小樽

グリーンFMの番組「上村拓のこれでいいのだ!」1時間特番の収録、同じラジオ局の年末特番「昭和」特集2時間番組の収録&出演、CDショップ音楽処への挨拶、映画館スガイシネプレックスへの挨拶、ライブハウス「ベッシーホール」と「コロニー」への挨拶、小樽築港のウイングベイ小樽の下見、タワーレコードへの挨拶・・・と内容盛りだくさん。

7towerrecords 札幌には雪が積もっていました。感激したのは札幌大通りにあるタワーレコードPVOT店に、甘い罠のCDが入っていたこと!さっそく上村クンがカードにコメントを書いてきました。が、そのカードが特大サイズ!入魂。

グリーンFMの番組収録は、kiyoriもゲスト出演してしまいました。そして3時間分の収録。いつも現地アテンドしくれる元気者・天野さんがパーソナリティを担当している番組があって、その中の人気コーナー「昭和探し」をテーマにした2時間の特番を収録することになってました。そこに我々がゲスト出演して、TVアニメやドラマ、音楽、出来事など昭和の思い出をり合い、収録が終わる頃には24時過ぎ。ふぅ~働きました。

食べ物がホントおいしい札幌。ジンギスカン、札幌ラーメン、創作料理のおいしい店に連れて行ってもらいました。中でもジンギスカンがおいしすぎて、ビールも久しぶりに呑んで、酔いました~。

小樽は初めて。ロマンチックな街ですねぇ。坂道の多い、レトロな街並みがステキでした。この前インストアライブをやらせてくれた音楽処の店長石川さんから、ウイングベイ小樽でライブをやらない?とお誘いを受け、下見に。札幌から急行で40分くらいなのね。最寄駅は小樽築港。そこは福岡のキャナルシティに似ていて、見たらライブをやりたくなってしまう場所でした。

Otaru9 会場を下見した後、ちょっと観光気分で運河沿いをお散歩。横道を入ったところで、猫たちに挨拶。全ての仕事が終わってから、天野さんの案内してくれたおいしいお店で、お疲れ様の乾杯。いつの間にか、日頃はあまり話さないような深い話をしていました。いろんな価値観、それぞれの不安や執着など、なんか珍しく自分自身のダメだなと思ってる部分まで、話してしまいました。。。

2007年12月23日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

GO-BANGS 20周年

甘い罠と同レーベル「YOUTH」の社長から、本日、元GO-BANGSの森若香織が新宿ロフトでワンマンをやるので、見に来ませんか?とお誘いのメールをいただきました。

GO-BANGSのデビュー20周年ライブ、レコ初ライブです。

実は甘い罠は来年、レーベルのイベントで森若さんとご一緒する予定もあります。そんなワケで新宿ロフトに行ってきました。

ちょっと遅れて行った会場には、かなり大勢の80年代からのファンが押しかけていました!そして久々に見る森若香織さんが、昔のままで、声もしっかり出ていて、ポップなGO-BANGSの曲を楽しそうに歌っていました。ソロになってからの歌や、アコーステックや、いろいろ新旧織り交ぜてのライブでしたが、「スペシャルボーイフレンド」と「会いにきて、I NEED YOU」は大ヒット曲なので、やっぱり、わぁ!って場内が盛り上がります。やっぱりヒット曲の力ってスゴイなぁ。

ダブルアンコールや、そのアンコールの呼び込みのファンのお決まりのコールが、20年ぶりなのかな?なんか本人もテレながら喜んでいたけど、ベイシティ・ローラーズのコールをゴーバンズ版にしたやつ。いいね、そういうの。一瞬で時間をすっ飛ばして、気持ちが1つになれて。

打ち上げにもチラリ参加しました。

実はkiyori、森若さんと知り合いです。森若、とか香織ちゃんと、呼んでました。GO-BANGSブレイク前から、香織ちゃんとは共通の友達を介してお茶したり、ライブ見に行ったり、一緒に遊んでた時期もありました。

で、今晩久々の再会。しかも今、同じレーベルに御世話になっている。久しぶり~♪と、挨拶して、懐かしくて嬉しくなりました。音楽の現場以外で偶然会うんじゃなくて、音楽シーンで再会できるってことは、お互い音楽に関わってきた証拠。だから誇らしい気分になります♪ 今度ゆっくり話そうね。

今年はそういう再会がホント多かった1年でした。ちわきまゆみさん、レピッシュのマグミ君、森若香織さん、ミッチーもね。点と点がつながって、1本の道になってきたんだなぁ~と、しみじみ思うのでした。

2007年12月19日 音楽 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

甘い罠公式WEB

甘い罠公式WEBサイトが密かに充実してきている。まずは一度見てください。漢字でも行けちゃいます。

甘い罠公式WEB

http://amaiwana.jp   

http://甘い罠.jp

特に注目して欲しいコンテンツの1つが、「甘い罠メルマガ」のバックナンバー。創刊号からメルマガ会員に登録していない方も、これで過去のテキストも読めますよ。なんと言っても、アーティスト自らが書くメルマガでは、国内最速の配信ですから!たぶん(笑)。

甘い罠は、文章を書く、ということを鍛えられる集団です。作詞、ブログ、メルマガ、フライヤー、曲解説・・・など、発信する形はさまざまですが、毎日何らかの言葉を放っています。

今日現在で、メルマガは#80を超え、年内に100通の目標もクリアしてしまいそうです。

さて、公式WEBサイトのTOPページが、アクセスするたびに違う画像になるってお気づきでした? 甘い罠のカッコいい最新画像はココで見れます!

少しづつブラッシュアップして、コンテンツも充実させてゆく予定です。お楽しみに。

2007年12月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

甘い罠の物販・東京編

12月26日のワンマン(下北沢BASEMENT BAR)での物販最新情報です!大阪のワンマンを終え、いくつか軌道修正。

①CD「恋愛擬似録/ドライブスルー」(サイン入り生写真付き) 400円(20枚限定)
②CD「恋愛擬似録/Winter Memories(vo:mitchy)」 400円(20枚限定)
③DVD「動く甘い罠 ver.2.5」 500円(20枚限定)
④Tシャツ 2300円(10枚限定)

★DVDには12/13に撮影した魅惑のジェンダー交換シーンを緊急収録!
★Tシャツは好評につき、東京限定色を追加発注しています!

お楽しみに!

2007年12月16日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月15日 (土)

甘い罠ワンマン・大阪編②

kiyoriは、感覚派です。自分の感覚・・・直感を信じています。感覚だけで、今日まで来てしまった、と言っても過言ではなく、手に職のある人、確かなスキルを身につけている人を、ホントに心底羨ましがっています(笑)。

kiyoriの思いつきは、甘い罠の2人をたびたび地獄近くまで(地獄ではない、たぶん)(≧∇≦)落としかけてしまいます。でも、必ず2人は、kiyoriからの難題を、どうにかこうにか自分のモノにしてしまいます。

「あのね、これジャスト・アイディアなんだけど!」とか「あ!ヒラメイちゃった!」とkiyoriが言うと、甘い罠の2人は明らかにドキッ!という顔しますもん。また、何をヒラメイタんだ!?って感じ。

例えば・・・「ブラックジャック」の3番、上と下のパートチェンジしようよ、とか。「ドライブスルー」のブリッジの部分、2人でハモるんじゃなくて、最速の掛け合いにしようよ♪・・・とか。kiyoriの提案に共感してくれた時は、すぐに実行に移してみます。そして、チャレンジしてみると、あぁ、やっぱりやって良かったなぁ、と納得。

同じことをただ続けたくなくて、どんどん新しいことを取り入れたくなってしまうんです。

さて、甘い罠のワンマン。物販デスクは活気がありましたね!ポイントカードを渡したり、フライヤーを2種類持って来てくれた人にはサイン入りの生写真セットを渡したり、ファンの方と接点があると、ワクワクしますね。

が、楽屋裏は、戦場でした・・・。拓子改めジェニファーが、拓からジェニファーになるための変身時間はわずか14分。その間、お客さんには、ミッチーの声の場内アナウンスと、ラジオ番組の特番を聞いてもらっていました。楽屋に戻った拓(男)が服を脱ぎ捨て、下着から女性にチェンジ!胸にパッド、服を着て、メイク、ウイッグ、つけまつ毛、ネイルチップの装着・・・と、ファッションショーの楽屋裏をTVで見たことあるけど、あんな感じです。外国人モデル風のジェニファー、なかなか可愛かったと思うんだけど、見た人はどう思ったのかな。数日前までは、マスカラを使っていたんだけど、時間もかかるので、つけまつ毛に切り替えてみたら、女度がグーンとアップ!まつ毛の威力ってスゴイなぁ、と思い、なぜか翌日から自分のメイクもマスカラに気合が入るkiyori。

常に、新曲が1番いいね、と言われたい、ですよね。そこが甘い罠のこだわりの1つかもしれません。常に前を見て、全力を尽くす。過去と比較しても、今やってることが1番楽しいしいいね、と思いたいし、言われたい。

うん、言われたい!

そして、一度自分たちが決めたことでも、もっと良くなる道を見つけたら、迷わずそっちに進もう!というフレキシブル対応が出来るところが実は重要。

Amaiwanat2 ライブ後、ミッチーがメインで歌った「Winter Memories」の評判が良かったので、じゃあ、レコーディングしよう!って、なる。Tシャツがほぼ売り切れしまって、東京会場で売るTシャツがないのは淋しいよね~、という会話から、少なくてもいいから、追加発注しよう!となる。どうせ作るなら東京限定カラーにしよう!ってワケで、突然ですが、こんな感じのTシャツを発注しました。

ワンマンを終えた翌朝。7時半には関西空港に集合。天気が良くて、富士山がきれいに見えました。

2007年12月15日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

甘い罠ワンマン@心斎橋クラブジャングル(大阪)

ジェンダー革命」というタイトルをつけた日から、ワンマン当日まで、なんだかアッという間だったなぁ。そして、想像の中だった拓子改めジェニファーは、ホント外国人モデルみたく背が高くて、可愛い妹に変身しました☆ 一方mitchyは、想像通りの男前で、miniジェームス・ディーンに変身。男が女になって、女が男になったら・・・?なんて思いつきからスタートした企画だったけど、やってみよう!ってノリで、ここまできてしまいました。こんなこと真剣にやってる甘い罠って、楽しいなぁ。

ワンマンだから、自分たちも楽しみたいけど、お客さんにも楽しんでもらいたい。皆に、甘い罠に参加して欲しいし、どんどん新しい面を見せていきたい。そうやって突き詰めてゆくと、自らハードルを上げて行くことになります。

やっぱり新曲を発表したい。それも今ある曲以上の作品を。そうして始めた新曲作り。新曲をお客さんにもちゃんと聴いて欲しいから、CD-Rで販売しよう。じゃあ、大急ぎでレコーディングしなくちゃ!

CD盤のデザインは?ケースは?特典の生写真は?ポイントカードは?Tシャツ、今から間に合うかなぁ。アンケート用紙も用意して、告知のチラシもね。物販デスクがわいわい盛り上がってるといいな。

そうそう、国内最速の感じを、お客さんにも体感して欲しいね、とか、着替えの転換時間には、ラジオ番組を作って流そう!とか、DVDも上映したいね、とか。発表することもいっぱい!新曲もいっぱい!着替えもいっぱい!・・・と、超盛りだくさん。

ワンマンの為の準備に、ものすごく時間をかけました。

これだけ仕掛けや着替え、新曲が多いと、ミスをしてしまうかもしれない。まあライブだから、それも1つの醍醐味というか、ライブならでは、良しとしましょう。ミスをしても、カッコよければOKなのです。

kiyoriは当日のフロア・ディレクター。SEのタイミングや、DVDへの切り替えの指示、ジェニファーの着替えまで、やること山積み!

(つづきは明日)

2007年12月14日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

DVD「動く甘い罠 ver.2.1」

数日かけて、DVDの製作をしました。常日頃からビデオカメラを回しているので、甘い罠の2人も、カメラが回ってるから、なんてことをいちいち気にすることもない様子。

kiyoriが撮影し、画像チェックをし。必要な画像を集め、編集し、タイトルを入れたり、キャプチャー画面を作ったり・・・いやはや、結構大変。

撮影した画像を全部チェックして、ピックアップしたいシーンを見つけたら、そのタイムを書き出しておく、と。同時に、頭の中で、ストーリー展開を考えるんです。これが楽しい☆ あっ、このシーンをエンディングにしようかな、とか、文字を入れるタイミングとか、ね。

当初、インストアライブの特典として製作したDVDはバージョンが1.2まで。ミッチーに「いつまで1なの?」と聞かれ、よし、大幅にリニューアルして、次はバージョンを「2.1」に上げよう!と決めました。

前回のver.1.2から、70%は新しい画像。コメントやコーナータイトルも再撮。

さて、今回kiyoriが1番気に入っているのは、エンディングの映像です。上村拓の思春期と、映画「グミ・チョコレート・パイン」のティーンエイジャーの妄想部分をクローズアップさせた感じ、というべきか。。。ちょい萌え、です(笑)。

自信作です。

■動く甘い罠 ver.2.1 /約20分/500円/限定20本

2007年12月12日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 9日 (日)

「ジャングル★ライフ」12月号

20071209181456 12月1日発行の「ジャングル★ライフ」新刊に、甘い罠のインタビューが1pで掲載されています。今回のインタビューには、「甘い罠読本」みたいに、言葉の解説がたくさん書いてあります。編集長の山中さん、渾身の作!ありがとう♪ その中で、kiyoriは「ドS」とキッパリ断定されています。ありがとう♪・・・・!?にゃ~す!!!

01 さて、今号のページ。テキストも撮影も山中さんです。今回もデザインに気を使っていただいたみたいで、上村クンの身体のラインにそって段の文字数を減らしていくという、面倒なデザインをしてくださっています。・・・が!なんか画像の切り抜き、甘いです~。というワケで、確認用にいただいたステキな元画像を掲載してみます。kiyori的にはかなりお気に入りなんだけどな。甘い罠のたまり場《dogberry》店内です。photo by yamanaka

2007年12月 9日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

大阪日帰り

20071208174101

大阪に行ってきました。クラブジャングルで行われる甘い罠のワンマンの詳細MTGをしました。少しでも良くしたい!という思いが、いろんな意味で激しいディスカッションにつながりました。

心斎橋のルイード前を通ったら、甘い罠のフライヤーが貼られていました。うわぁっ!ありがとう♪ ミナミホイールの時、出演させてもらって以来・・・。

お好み焼き食べて、帰ってきました。

2007年12月 9日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

エアリーミュージック

タイトーで1年半前まで、短い期間だったけど、いくつかのアーティストを世に送り出したレーベルが《エアリーミュージック》。現在このレーベルからのニューリリースはないけれど、kiyoriはエアリーミュージックから、たくさんのミュージシャンと出会いました。

昨年の春と初夏の2回、渋谷のライブハウス・チェルシーホテルにて、レーベル主催のライブも行われました。そこに出演したバンドが、名古屋の九龍(クーロン)と、ワタナベフラワーファンキーパンキーの3バンド。

あれから1年半が経ち・・・なぜかここ最近、3つのバンドのライブを別々の場所で見る機会があり、感慨深いものがありました。それぞれの近況を知り、いろんなことを考えました。って言っても、ファンキーパンキーは結構身近で見てきたので、今日は割愛。

ワタフラは、クマちゃんたちがフリーになってからのお付き合いなので、ちゃんとライブを見るのは、先週のO-WESTのワンマンがチェルシーホテル以来。・・・なのに、既視感、コレって何? 気持ちの上であまりブランクなく見れました。しかもお客さんがたくさん!盛り上がってましたね。ホールの一番後ろの列のお客さんも、最前列と同じ気持ちで楽しんでるのがわかります。これって、スゴイことです。以前より演奏力というかバンド力が数段アップしてました。ライブをかなり経験してきた良い結果ですね。たぶん、本人たち、この日のワンマンは大満足で、打ち上げではおいしいお酒が呑めたでしょう。ライブ中盤、アコースティックで1曲演奏しました。その試みと変化が、いい流れを生んでいましたが、が!惜しいのはベース。アコーステックになった時、ベースも工夫してみて! kiyoriがデザイン・ディレクションをしたCDもブックレットも、キレイにパッキングされてて可愛くて、飛ぶように売れてるのを見て、感激しました。クマちゃんは、バンドのメンバーも、ファンも、スタッフも、みんなを引き連れて、先頭切って走ってる感じでした。うん、それがいいよ。倒れるまで、それで行ってください!

ワタフラのワンマンの前日。場所も渋谷のOシリーズのO-CRESTで、九龍のライブを見ました。九龍も1年半ぶり。この1年間、かなりのライブ数を経験してきただけあって、良くなってましたね~。特にボーカルでギターのカワイ君!以前より声量も声の安定感も格段アップ。3ピースっていいな、と思います。そのシンプルでカッコ良さが、もっと曲に反映されたらいいのになぁ~なんて思いつつも、頑張ってる姿を見れて嬉しくなりました。カワイ君もコンピューターを駆使して、全部自分でやっちゃう人なんですよね。録音もプロツールスだっていうし、デザインも全て彼がやってるんですって。kiyoriは個人的に、カワイ君がweb上に発表してるgifアニメが好きです。ものすごい本数のライブを行うことは、気持ちの上でもお金の面でも、喪失感が伴うこともあると思います。それでも、何もやらないより、やった方がいい、お金がなくなるまでやってみよう!と、本番前にカフェでオシャベリした時に言ってて、かなり共感。甘い罠のオープニングアクトの精神にも似てるから。お客さんなんていないかもしれないけど、聴いてくれる人もいるかもしれない。初めての出会いもあるかもしれない。だったら、やらないよりやった方がいいじゃん!という気合、というか覚悟。

みんな頑張ってる。精一杯やっている。必死で、ベストを尽くしてる人に会うと、気持ちいい。それぞれ、好きな音楽や、極めたい世界観は違うだろう。でも、自分のやってることに迷いがないなら、それが1番だと思う。自分自身を信じれる時は、どんどん前に突き進んで欲しい。

2007年12月 4日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 1日 (土)

「恋・恋・恋」ワタナベフラワー

Koi_1109そんなワケで、前からブログに書いていた、ワタナベフラワーのCDジャケットのディレクションと、冊子の製作をしました。これはジャケット!今までのワタフラのコテコテな雰囲気から一変して、スタイリッシュに可愛いさが混在したジャケットが出来ました。自信作です!

本日、ワタフラのワンマンライブ、渋谷O-WESTで発売!

が、kiyoriはまだ貰ってないのですよォ!今日は完成したジャケットと冊子を受け取れることを楽しみに行ったんだけど、スタッフの方も皆、大忙しだったせいか、たらいまわし。「後で2Fに持っていきますね」、「あっ、下で渡します」、「待っててください」・・・などなど。たぶん忘れられてるので、ショボンと帰りました。チラッとのぞいた物販が盛況だったので、安心しました。

2007年12月 1日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月30日 (金)

九龍インタビュー

昨日は朝までプレゼン用の企画書や見積書などを作ったり、「side b」の最終の校正をしたりで、またまた朝になってました。床暖房のカーペーットの上で寝そうになったくらい疲れ果てて、数時間仮眠したら、タイトーでプレゼン。

用意した資料が役立ち、無事いい感じにプレゼン終了。

PhotoPhoto_2渋谷に移動して、久々のご対面ってことで、九龍(名古屋)のラジオインタビューの立会い。カワイ君はホント一人で何でも出来る人で、遠くからずっとブログとかチェックしてたので、1年以上も会ってなかったとは思えないほど。彼らはタイトーのエアリーミュージックというレーベルから、1年半前にCDをリリースし、初めて会ったのは、kiyoriがリリース資料を作るために、町田のレコーディングスタジオを訪ねた時です。懐かしい!

移動してアパレルとのコラボレーションでスペースインベーダーのTシャツについてのMTG。ダッシュでタイトーに戻って、「side b」の色校チェック。デザイナーと印刷屋さんも集合。次号のスケジュールも確認して、色校終了。

再び移動して、渋谷でパスタとお肉とゴルゴンゾーラのリゾットとカプレーゼを食べて、あぁ~やっとおいしい食事にありつけたぁ!O-crestで九龍のライブを見て、事務所に戻り、朝まで作業。1日外出していると、メールをチェックしてレスするだけでも時間がかかる。「side b」の発送用の配給会社リストを整理したり、バックナンバーの発送したり。

今、いろんな作業を前倒しで片付けているから、こんなにヘトヘトなんだよね。時間なくて、ネイルサロンにも行けないから、なんかもう爪がボロボロで、納得いってないですぅ・・・。

2007年11月30日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

ビートルズ。

今さらなぜビートルズ?って気もしたけど、今日、深夜のラジオ収録で、ビートルズの「ドライブ・マイ・カー」の演奏をするとこを見てて、やっぱりいいね!ロックだね!って久々ビートルズのCDを聴きたくなったのでした。

で、ビートルズ。ちょっと自分の中のビートルズを思い出してみた。kiyoriは、ごく一般的な平均的なビートルズのリスナーだと思う。だってCDも5枚くらいはあったと思うよ。

ビートルズのことは当然ながらリアルタイムでの体験ではないのですが、中学生の頃、クラスメイトの男子でビートルズ好きなコがいて、それまで洋楽なんて全く聴いたこともなかったkiyoriが、ビートルズを聴いてみて、そのシャープでロックなカッコ良さに感動しました。さっそくピアノで「レット・イット・ビー」とか弾き語りしてました(笑)。

借りてきたビデオで「HELP!」とか、観たなぁ。「ビートルズがやって来る!ヤアヤアヤア」のタイトルのカッコ良さにもやられてました(笑)。当時のロンドンの街並みや、熱狂して失神するファンの姿にも、カッコいぃ~と思ってました。

先日、映画「PEACE BED」の試写を観たので、ビートルズに関して久々思い出していたとことなんですよね。さっそく家にあるビートルズのCDをひっぱり出して、聴いてみました。「ガール」とか、なんであんなに切なくてカッコいいんでしょうね~。勢いのある曲は「デイ・トリッパー」とかもいいね~。あらためて聴くと、どれも2分くらいの短い曲なんだけど、ギュッて詰まってる感じ♪

2007年11月29日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年11月27日 (火)

甘い罠の曲作り

深夜、上村クン、ミッチー、kiyoriが、それぞれPCに向かって作業をしている。上村クンは、ラジオ番組の製作。しゃべって、録音して、編集して、まとめる。ミッチーは自宅で録音してきた新曲のオケを披露するために、DJセットのスピーカーから音の出力中。kiyoriは、ラジオ番組の台本を作ったり、上村クンが、こういう音源欲しい、と言うのを探したり。

ミッチーの準備が出来たら、それぞれ手を休めてスピーカーの前に集まって、音を聴く。カッコいいオケに、にやにやしちゃって、聴きおわると感想を言い合う。

「じゃあ、あとギターを録音する」と、別室に移動してRECするミッチー。

上村クンは、歌詞の準備。考えてきた歌詞をプリントアウトして、kiyoriと言葉の吟味。すごくひっかかる言葉発見!これをもっと大々的にフューチャーしようよ!などとディスカッション。新しいハモリについても、思いつきのアイディアを、すぐに試してみよう!となる。

さあ、歌入れの時間です。別室に移動して、ミッチーと上村クンはレコーディング作業。もれ聴こえる音をBGMに、kiyoriは山のような仕事を整理中。あれ?なんかハマってる?

何度も同じところを繰り返し歌っているので、打開策のヒントを伝えに行く。すぐに試してみる。

お弁当の買出しに行って、歌入れを休憩して、食事タイム。とんかつ弁当、しょうが焼き弁当、みそカルビ弁当、それにコロッケとサラダ。

その後も歌録り。全てプロツールス。甘い罠は意外にも電脳集団なので、ミッチーも上村クンもそれぞれのMACでプロツールスを操る。ミッチーの方が経験値が高いので、いろいろなテクを教えあったりしながら、ハッキリ言って、今パソコンがなかったら、作業止まります。

つづいてミッチーの歌入れ。上村クンは休憩しつつ、2曲目の難題曲の練習。速いし、息継ぎする場所ないし、高速の新提案も盛り込まれているから、こんなこと誰もやってないよね~ということに挑戦するのもなかなか大変だ。

「1曲終了!」とミッチー。さっそくみんなで聴いてみよう♪ うわぁぁ!!これはいい!!

ジャケットどうしようか、なんてことも話しながら、くつろぎながら2曲目の歌のチェック。

「録っちゃおうか!」と上村クン。別室に移動して、約2分の曲と格闘。

こうして朝5時過ぎ。作業終了。

2007年11月27日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

ハード・デイズ

この1ヶ月と言ったら、人生の中でも1番くらいに忙しい日々でした。っていうか、1ヶ月の間に、これ程多くの製作物を入稿&ディレクションしたのは、初めてかも・・・。さすがに倒れるかも・・・とチラリと頭をよぎりましたが、明けない夜はないのと同じで、終わらない仕事はないんですね~。ゴールが見えてきました。

スペースインベーダーのカレンダーから始まり、年賀状、ポスター、ワタナベフラワーのCDジャケットと20pの冊子、PSPとDSのゲームに入れる音源のコーディネイト、甘い罠のwebやフライヤーのディレクションと、アパレル企業とのコラボレートのMTG。「シティボックスまつもと」の映画コラムのテキスト、札幌のラジオ番組の台本、約20分のDVD作品の編集、来春のイベント企画書制作、メルマガ配信、そして「side b」の製作。

ふと考えたら、ミナミホイールから、まだ1ヶ月も経っていないんだなぁ。

甘い罠は12月のワンマン会場でのみ限定販売するCDのレコーディングを行いました。想像以上にカッコいい楽曲に仕上がって、甘い罠、こうきたか!と驚く人がたくさんいると思います。今まで誰もやっていないような高速ハモリ。そのスタイルや発想は自由です!

2007年11月27日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

上野センセーション

昨夜、仕事の合間を抜けて、上野のライブハウス「センセーション」に行ってきました。

ライブハウスに着いたら、転換の時間で、ホントにいいタイミング♪ファンキーパンキーの2007年の都内で行われるライブは、これが最後になるので、やっぱり最後を締めくくっておきたいな、と思って、行ってきました。12月末にkiyoriブッキング窓口の案件もあったんだけど、出演者の変更などでファンキーパンキーが出ないことになったので、都内はこの日で〆め。都内と言っても、上野方面・・・山手線の半分より右側は、日頃なかなか行かないエリアなので、街に馴染みもなく、遠く感じてしまうんですよね。横浜に行くのと同じくらいの感覚です。普段は行っても銀座とか東京、目的もほとんどが試写だもの。

さて、ファンキーパンキーのライブは、客観的に、もしkiyoriがかつてやってた音楽ライターとして観たとしたら、「ワンマンよりも、先日の新横浜よりも、良かった」、とレビューに書いたでしょう。クール&ソリッドなバンドサウンドとパフォーマンスが、ライブハウス後方までも伝わってきました。きっと久しぶりに彼らのライブを観る人には、洗練されたオトナの雰囲気が心地よく感じたのではないでしょうか。

ワンマンの時、喜多クンの声ってほとんど聴こえなかったんだけど、でも見れば歌ってる風だし・・・声出てないのかなぁ?なんて思ってましたが、この日は、ちゃんとしっかり声出て歌ってましたね。最近、歌のシェア率が高くなってきて、それが結果としてバンドサウンドの幅を広げていると思うのですが、できれば、根本から発声の勉強して!そしたらもっと良くなるよ♪

ワンマンではバラバラだった演奏も、この日のセットリストが良かったのか、シャープにまとまってましたね。表現方法やバンドアプローチに、関西的とか東京的とかって、ありそうでなさそうで、実はあったりすると思うんだけど、この日のライブは東京的だったと思います。どこが?って聞かれると説明難しいんだけど、サウンドの構築の仕方や見せ方の切り口とかね。と言っても、モチロン彼らは無意識だとは思うのですが、歌を聞かせる、という本質に添ってきたのかな。初めてファンキーパンキーのライブを観た人が、すっと入って行きやすい流れと空気を持っていました。音が1つのかたまりになって迫ってくるのではなく、1つ1つのパートが立っていました。ちょっと原クン、元気なかったけど。

不特定多数の人が、気になったら音源を手に取ってみる、という点を重要視した場合、個人的な意見ですが、今回の彼らのCDジャケット「フェイス」のアートディレクションはどうなんだろう?と、疑問でした。誰もが手に取るには、激しすぎる(笑)。最初から購入を決めているファンなら迷いはないはずですが、ジャケットが主張しるぎることで、音楽性を限定して伝えてしまうのではないか?と。ファンキーパンキーの音楽って、kiyoriはホント大好きで、唯一無二のポジションを持ってると思うんです。だから、間口を広くして、誰にでも聞いて欲しい!極端にディフォルメさせたビジュアルで、イメージを先行させない方がいいのでは?と思ったり。

・・・なんで今日はこんなに冷静にライブ分析しているのでしょうか?(笑) 昨日のライブのクオリティが高かったから、嬉しかったんですね、って、音楽ライター目線というよりも、プロデューサー目線なのかな。

ライブ後、ダッシュで事務所に戻って仕事!3連休はフルで仕事しました。休むヒマは、当分なさそうです。

side b」のテキストをせっせと書きながら、デザイン確認したり、校正したり、12月の甘い罠の大阪の移動予約したり、松本市のタウン情報誌「シティボックスまつもと」の映画コラムを書いたり、甘い罠メルマガを配信したり、「ジャングル☆ライフ web」にテキストと画像を入稿したり、タイトーのPSPとDSの新しいゲームに入れる音源が上がったので送付したり、マイスペースの画像を大量更新したり、ブログアップしたり、請求書や見積りの整理したり、甘い罠の新曲のディレクションだったり、「のだめカンタービレ」読んだり、着せ替えしたりメイクしたり、札幌のブッキングしたり、ノベルティのマグカップ製作についてやり取りしたり、映像のコンテ考えたり・・・そんな3日間でした。

白馬のスキー場がオープンしたって!今年は雪多そうだよ!って。甘い罠を放って、滑りに行っちゃおうかな~。あ、これがネコ派と言われちゃうトコですね、反省。

2007年11月26日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

マネージャー

アーティスト(バンド)のマネージャーをやってもらえないか?と、打診された。平均年齢20歳くらいの若いバンドと、今メンバーが1人足らないバンド、これも若い、らしい。クリスマスまでにはメンバー固まるので、来年に向けて~というワケだ。両バンドとも、来年期待できるので、今からプロモート施策や、年間の活動計画など、しっかり考えて、売っていきたい、というレーベルの社長の願いがあるようだ。

で、kiyori?

世の中のメジャーバンドのほとんどにはマネージャーという人が付いていて、バンド同様、マネージャーもいろいろ。万年、マネージャー不足、と言われている。有能な人はウワサにもなる。

何が評価されたのかはわからないが、マネージャーをやって欲しいと誘われるのは嬉しい。

2007年11月25日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

楽しい甘い罠④Sexy編

甘い罠の完全にエロ思春期な日々。。。

ハッキリ言っておくが、今回の該当者にkiyoriは含まれない。ナチュラルにエロい詞を書く上村拓と、書いた本人以上にエロ解釈をしているミッチー、このエロ2人組は現在、新曲にトライ中。

ミッチーがリスペクトする岡村靖幸にインスパイアーされて出来た新曲は、今こそ上村拓(敬称略)が歌うべき楽曲の予感♪ これは大変!ヴォーカリストとしてまた新境地を開くことになるでしょう。かなりヤバイなぁ。もう、思春期とか言ってる場合じゃないくらいデス。満を持して、等身大のジャストフィット・エロ!(笑)

でも、皆さんに披露する前に、歌い方など「ドS」(ジャングル☆ライフ公認)kiyoriから厳しいリクエストが出ると思われます。そしてきっと、ワンマンでこの曲を歌う上村拓(妄想中)にキュンですよ!(*^▽^*)~♪ 

今から楽しみです。

2007年11月24日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月24日 (土)

楽しい甘い罠②法律事務所編

甘い罠のバカバカしくも真剣な日々。

12月のワンマンで新曲を数曲準備中の甘い罠。やはり「国内最速のハモリと言えば甘い罠」と、全国に定着させるためには、最速ハモの新曲が欲しい!というワケで、スピード感溢れる新曲が完成しそうです。イメージとしては、F1とか、スノーボードで山のピークから斜面を一気に滑り降りる感じ♪途中、息継ぎする場所がない難曲を作ったのはミッチー。

曲についてディスカッションしてる時、kiyoriは、どうしても譜割りの悪さが気になる箇所が1箇所ある、とミッチーに言うと、「え~!気になるように、わざとやってるのに~」と反論するミッチー。「だって、言葉のノリがイマイチじゃない?う”~好きになれない~」とkiyori。「うそぉ~可愛いじゃん」とミッチー。

平行線です。そこで、どっちの主張が正しいか、甘い罠の行列ができる法律事務所にジャッジを求めることに。で、丸山弁護士はどう思う?「・・・オレ?オレが丸山弁護士なの?」と上村(敬称略)。

「サザンの曲でいう、♪今何時?(勝手にシンドバット)・・・ってところとか、あるからね。オレはこれでいいと思うけど」と甘い罠の丸山弁護士。

ミッチー「わぁい!!」 kiyori「うわぁ・・・敗訴だ・・・」

チーム甘い罠は3人で全て決めているので、多数決で必ず答えが出ます。

2007年11月24日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

楽しい甘い罠①ヌーブラ編

甘い罠のおかしくも真剣な日々。

12月のワンマンのタイトルは「ジェンダー革命」。性別などに象徴されるボーダーラインとか、カテゴリーやルールみたいな、そういったいろいろを全部飛び越えてしまおう!という心意気デス!見える形の概念もひっくり返したい!で、上村拓は女になる、と(≧∇≦) 

彼は現在、屈折した二度目の思春期満喫中なので(笑)、女性になる自分にさえも、妄想膨らませてる傾向あり!ライブとかで、「笑いナシで、女になる。女装じゃない!」と言い切っているけど、たぶんお客さんは、「え~!?絶対女装でしょ~」と、ココロの中でつぶやいている人多数・・・だと思います。あはは。まあまあまあ。

でもね、真剣に取り組んでるんですよ。・・・ってワケで、前回PJ(ピーチジョン)の下着や、ニーハイを試着し、女性の服の窮屈さを知った上村(敬称略)。今回挑戦したのは「ヌーブラ」です!わぁ~い☆ 先日、片山ブレイカーズや倭ジェロの皆さんとO-WESTをエンジョイした日、女化を日夜目指す上村に、ファンの方からヌーブラのプレゼント♪うわぁ~お。

胸がなくてもヌーブラは付くのか?

最初は、そのままぺタとくっけたけど、バスト部分の中は空洞のスカスカ。しばらく経つと、カパッと落ちました。あはは!やっぱダメか。続いては、女性が胸を大きく見せるために、バストを寄せて上げるでしょ。あの手法を試してみました。肉を集めてヌーブラに入れ込む!!「吸い付く~!」など、もう、ギャース②大騒ぎです。

あ~楽しい!!

結局、ヌーブラは不採用に決定しました。

2007年11月23日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

甘い罠ニュース速報。

なんでこんなに次から次へと、お知らせしたいことがあるのでしょう!それは、活発に動いているからなのかもね。深夜24時を回った頃、リハーサル終了。現在、新曲に挑戦中。来週あたりのオープニングアクト・ジャックから、新曲も披露していこうかな、なんて調子♪しかも、メインボーカルがミッチーの曲!つまりメインギターが上村クン。彼は最近、ギターが上手くなってきましたね~。結構弾いてますもんね。

では、最新情報を!

甘い罠の公式webサイトが、近日中にオープンします。お楽しみに~!

http://amaiwana.jp

②12月のワンマン「ジェンダー革命」の内容や曲も見えてきました。新曲多数です!お楽しみに~!!曲が完成するまで、仮タイトルで呼んでたりするんですが、「岡村ちゃん」とか「シンコペ王子」とか・・・。いやいや、ワンマンまでに、ちゃんとカッコいいタイトルになりますから!

③そのワンマン「ジェンダー革命」で、新音源を販売します。ワンマンのみ。限定数・・・しかも先着順で売り切れたら販売終了。

④さらにワンマンで、インストアライブの特典として配布していたDVD、「動く甘い罠」→「動く甘い罠Ver1.2」から、さらにバージョンアップしたDVD「動く甘い罠Ver1.5」を販売することになりました。これはもう、大幅にバージョンアップです。20分くらいの作品を予定しています。

⑤甘い罠メルマガ会員のポイント制を始めてみました。ライブの予約してくれたらポイント1、とかね。ポイントがたまったら、素敵なコトを企画中。一緒に楽しみたいな~という感覚で、いろいろやってみよう!と。メルマガも国内最速!ですから(笑)。

さて、ワンマン「ジェンダー革命」では、上村拓が女性に、ミッチーが男性になるシーンを準備していますが、今日は、ファンの方から「ヌーブラ」をいただきました~!わぁい!キャイキャイ。さっそくイタズラしたくなるkiyori。練習スタジオの部屋を出たところに、バンドマンがわいわいいる中、「上村ク~ン!ヌーブラ、忘れてるよ~!」と、わざと言ってみたり(笑)。

それから、上村拓の新連載コラムがスタートしました!「ジャングル☆ライフ」のweb版で、映画紹介のコーナーが始まりました。タイトルは「上村拓のエアシネマ」です。エアギターがギターがあるかのように演奏するみたいに、あたかも映画を観た気にさせるエアシネマ!

[JUNGLE LIFE]

http://www.jungle.ne.jp/

2007年11月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

福岡キャナルシティ HMVインストア

11_25kiyoriの夢がまた1つ実現しました。福岡の巨大複合施設で観光名所でもあるキャナルシティの噴水前広場でライブをやる甘い罠の姿を見たい!・・・そう思って7ヶ月。夢のステージが現実のものとなりました♪

キャナルシティの噴水前広場は、HMVキャナルシティのインストアライブでもあるのです。ちゃんと全国流通でCDをリリースしていないと、そこで演奏することはできません。甘い罠のCDを全国流通させるために頑張れたのは、キャナルでライブさせたい!という思いもどこかにありました。だってホント、すごく気持ちのいい場所なんです!

すり鉢状の円形のステージの後ろは噴水。すり鉢状は、その角度から、イメージ武道館ですよ!ミュージシャンは、ここで演奏したら、ものすごく気持ちいいと思うんです。kiyoriはミュージシャンではありませんが、結構キュンとなる場所なんですよ。

クリスマスのイルミネーションと、噴水の芸術。その1つ1つが合わさって、甘い罠も融合されちゃって、映画のシザーハンズの世界や、ブラウン管の向こうのベストテン番組の公開ロケみたいな、ちょっと架空のメルヘンなシーンに突如入り込んだような場所でした。

7曲30分のステージは、あっという間に終わってしまいました。ライブの後は、CDの即売です。HMVのスタッフの方が、声を張り上げて、甘い罠のCDを売ってくださる姿にジーンとしてしまいました。自分たちのCDを自分たちで宣伝して売る・・・当たり前のこと。でも、自分のCDじゃないのに、こんなに一生懸命声を出して売ってくださるHMVの方。

目標だった枚数を超えるくらいCDは売れました!用意していった特典DVDも、数枚しか残りませんでした。

夢が現実になる。しかも、かなりのスピードで。

疲れているけど、心地よい疲労感。ライブ後、日曜日の最終便のエアーで東京に戻ってきました。こんな経験が出来る自分は幸せなんだろうな・・・きっと。

2007年11月12日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

3枚のフライヤー

3colors_2 明日から配る甘い罠の新しいフライヤーがあがりました! 今度のフライヤーは、メインのロゴがkiyoriの大好きな黄色です。追加されたライブやオープニングアクトのスケジュールなどが裏面に書かれています。

最初のフライヤーは文字が銀色でした。2枚目はミナミホイールで配布するために作ったもので、文字は赤。そして今回の3枚目のフライヤーは、イエロー♪

さて、この3枚のフライヤーを全部持ってる人いるかしら?

ここからが重要情報~!2色持ってる人、3色持ってる人は、甘い罠のワンマンライブにそれを持ってきてください。何かサービスを考えています。チケットの割り引き、とかね。

今こうしてブログを書きながら、時計を見ると既に朝の6時過ぎなんですが・・・今日は午後から福岡へ行きます。

その前に、キャナルシティのインストアライブで甘い罠のCDを購入してくださった方へ、特典DVD「動く甘い罠」を差し上げるのですが、その編集をさっきまでやっていて、完成した作品を今はひたすらコピーしています。。。

前回作ったDVDに新しく追加で、10シーンくらい新しい映像を追加しました。トータルタイムでも5分くらい長くなりました!

オフショットやNG映像が充実してて、楽しいデスよ。

2007年11月10日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

甘い罠 11~12月のライブ

Img_2934Img_3011あまりにも追加ライブが多いので、自分でもわからなくなりそうだったので、まとめてみることにしました。

オープニングアクトジャック』
*ライブハウス開演直後に出演。3~4曲演奏します

『ジェンダー革命
甘い罠、初の東西ワンマンライブ! 上村拓が女性に変身する!という前代未聞のチャレンジは最初で最後のトライ!?

『甘い罠インストアライブ(無料)』
インストアライブでは、CD購入者に特典としてDVD「動く甘い罠」を差し上げます。秘蔵オフシーン満載、新曲のリハシーンも早出し!バージョンアップして、福岡からは「動く甘い罠ver1.2」を用意しています!

-------------------------------------------

★11月 5日(月) 下北沢 440
出演:高木克/COUCH(平泉光司,中條卓,小島徹也)/Kishigami Norio
OPEN 18:30/START 19:00  

★11月11日(日) 福岡@HMVキャナルシティ博多

START 18:00 (*無料 *CD購入特典、DVD「動く甘い罠ver1.2」)

★11月12日(月) 渋谷 7th Floor
OPEN 18:30/START 19:00
出演:タイフーンミニスターズ,colonge,Ingenue,Some body has the waltz

★11月14日(水) 渋谷 O-West
"渋谷酋長会議07'冬支度"
OPEN 18:00/START 18:30
ADV 2500yen/DOOR 3000yen
出演:倭製ジェロニモ&ラブゲリラエクスペリエンス
片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ/TUT1026/他


★11月20日(火) 下北沢BASEMENT BAR
OPEN 18:30/START 19:00  

★11月22日(木) 新宿 red cloth
OPEN 19:00/START 19:30

★11月27日(火) 新宿 red cloth
OPEN 18:30/START 19:00

★12月13日(木) 大阪 心斎橋 club★jungle

『ジェンダー革命』
            
★12月16日(日) 東京@竹ノ塚FRONTE

★12月19日(水) 渋谷 LUSH


★12月26日(水) 東京 下北沢 BASEMENT BAR

『ジェンダー革命』
OPEN 19:00/START 19:30
adv \2000 / door \2500

-----------------------------------

チケットの予約
amaiwana@chimeraweb.jpで受付中
*日付、会場名、お名前、枚数を記載して下さい。

2007年11月 4日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月30日 (火)

ファンキーパンキーラジオ収録。

Fpinterview1深夜24時近く。都内某所で、ラジオのためのインタビューを行った。ファンキーパンキーのニュー・アルバムについて。

オンエアーは今週土曜日の「上村拓のこれでいのだ!」内で。

2007年10月30日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

ミナミホイール終了

Mw29973無事、終わりました。今はちょっと放心状態。ルイードの照明、キレイでしたね。高速ハモリを盛り上げるかの高速点滅など、幻想的で美しかったです。後でビデオを見たら、きっと冷静に振り返れるのかな。

ミナミホイールに参加してわかることは、ココにいなくちゃ始まらない!ということ。シーンの傍観者じゃなく、積極的に関わっていかなくちゃ!ということ。

参加出来て本当に良かったデス!

2007年10月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

ミナミホイール参加中

午前中の飛行機、スターフライヤーの黒いいかちぃ奴に乗って、関西空港まで。心斎橋に移動してホテルに荷物を置いて、ランチ。ミナミホイールのパスに交換してからは、ずっとフライヤーの配布、頑張りました!

いきなり、ワタフラに会う。明日のライブの出演時間が同じなのだ。負けないゾとライバル宣言されて、途中、monobright片山ブレイカーズを見て、夕食をなんか微妙なエリアで食べて、ぐったりして、カフェで明日の作戦会議をして、高校生の頃の暴露話でリラックス?して、終了。

monobrightはお客さんの数がものすごかった!たぶん次のシークレット狙いで集まってるというのもあるかもしれないけど、BIG CATがギュウ②で、入場規制がかかって、kiyoriたちも並んで待ってから入りました~。が、入ってからは1曲半くらい見て、う・・・ん、まあ、いいか、という感じになったので、他の並んでいる人のためにも、早めに会場を出た。

片山ブレイカーズは全部見ました♪バンドの勢いというか、今がいい状態なんだなぁ~と、伝わってくる内容。やっぱりいいな、バンド。

明日は、どんなライブになるかな。上村君からビックリ発表もあると思うから、生で聞いて欲しいな。

そんなこんなで、おやすみなさい。

2007年10月27日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

ミナミホイール2007

明日午前中、大阪へ向かう。ミナミホイール2007に甘い罠が出演するからだ。28日(日)は、18時15分に、心斎橋RUIDOで、皆さんのお越しをお待ちしています!!

ミナミホイールを1つの区切りと考えて、1年を振り返ってみると、ホントこの1年はいろいろなことがあった。去年はファンキーパンキーのスタッフとして参加したが、今年は甘い罠のマネージメントとして参加する。去年はライブ後、近所の公園で缶ビールで乾杯したけど、今年は深夜バスでソッコー東京へ戻る。

心斎橋RUIDOは、先日の「クラブ☆ジャングル」でライブを行った日、リハーサル後に行ってきた。新しくてキレイなライブハウス。照明がハロゲンライト?とかで、ステージ上のミュージシャンが熱くならない配慮。

明日はフライヤー配りしています!見かけた方は、気軽に声掛けてくださいね~。

そして明後日28日(日)18時15分から、心斎橋RUIDOに出演!!見に来てくださいね~!!

2007年10月27日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

DVD「動く甘い罠」

先日行われた、札幌での甘い罠のインストアライブで、音楽処インストアでCDを購入してくださった方への限定特典として「動く甘い罠」というタイトルのDVDをプレゼントしました。

この特典DVDは、インストア限定なので、これから行われる11月11日の福岡キャナルシティでのHMVのインストアでCDを購入された方にも差し上げます。12月には都内CDショップに於いてもインストアライブを予定していますので、そこでも特典としてDVD「動く甘い罠」をプレゼントします。                                                                                 StepCarNg 

DVD「動く甘い罠」の編集は、にゃんと!kiyoriが徹夜して製作しました。当初から約10分作品と考えていたので、まずは内容のコンテをサクッと描いて、画像の切り出しと、コーナータイトルとトークを撮影。コーナーは「リハーサル風景」、「仕事の様子~ジャングル☆ライフのインタビュー風景など~」、「オフショット」、「福岡キャンペーン」、さらに「NGシーン」のオマケ付き。

映像を切って、つなげて、編集して、完成!と思いきや!!kiyoriとしたことがぁ・・・。上村クンがDJ用のCDを、事務所のライブラリーコーナーでセレクトしているシーン中、kiyoriの小さな声で「この映像、カッコいい~」って入ってます ( ̄ロ ̄lll) 編集が終わって、最後の映像チェックをするため、TVモニターで大きな音で聞いてるときに気がつきました~。はぁ・・・愕然。kiyori、日頃から撮影しているときに、構図がカッコよかったり、色がキレイだったり、そういう映像的にうわぁ~いい!と思った時に、キャッキャッ喜んでしまったり、思わず無意識にカッコいい~!と声に出してしまったり・・・そんなヤツですいません。通常、そんなつぶやきは確実にカットしてるはずなのに・・・はい、深夜の作業で感覚がマヒしてたのか、ボケボケしてて、気づかずに入れてしまったのです。。。

次回、福岡でプレゼントする「動く甘い罠」には、そのシーン、カットしましたので、入ってませんから!その分、福岡キャンペーンの未公開画像や、札幌インストアや、高円寺祭りのオフシーンやNGシーンなど、大幅に映像追加して「動く甘い罠 ver.1.2」を製作します。いや、し直します!(キッパリ)

よし、言った。言ったからやらなくちゃ!・・・って自分追い込みしてみます~。

2007年10月25日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

オープニングアクト

「オープニングアクトって何ですか?」という質問をもらいました。オープニングアクト、略して「OA」と書くこともあります。電波媒体だったら「オンエアー」と読みますが、ライブハウス業界(?)では、オープニングアクトと読みます。ライブ本編の前の、開演後のスタートを飾る演奏者のことです。演奏時間も短いので、新人の場だったりもします。

さて、来週から、甘い罠は、都内ライブハウスで、「東京オープニングアクト・ジャック」を行います!・・・と言うと、「え~!」と、笑いが起こったり、驚かれたり。そりゃそうですよね。甘い罠って、1曲が短いんですよ。2~3分で2~3曲・・・はい、10分くらいで終了です。

でもね、まだ甘い罠を全く知らないライブハウスに来ているお客さんに、自己紹介みたいな感じでやってみます。国内最速のハモリを聴かせて、へぇ~こんな人たちいるんだぁ!なんて、興味を持ってもらえたら、それだけで嬉しい☆ 新しい出会いを求めて、全くのアウェイにトライしてみますッ!!

東京オープニングアクト・ジャック

10月31日(水) 下北沢BASEMENT BAR

11月1日(火) 渋谷eggman

11月5日(月) 下北沢440

11月12日(月) 渋谷7th FLOOR

11月22日(木) 新宿レッドクロス

11月27日(火) 新宿レッドクロス

・・・まだ追加あります。全て、その日のライブ会場のオープニングです!あまりにも演奏時間が短いので、「見に来て~!」とは言えませんが(笑)、でも、会いに来て~!・・・って、なんじゃ!?

2007年10月25日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

パワーを貰う。

ワタフラのクマちゃんが上京してて、新宿で仕事の打ち合わせ。仕事♪ そう、今日から仕事仲間。頑張ってる人、必死にやってる人、今しか出来ないことをガムシャラにやってる人から、パワーを貰った。

その前に、Yさんと沖縄料理のお店で夕食&おしゃべり。Yさんはね、kiyoriの知りたかった真理のいくつかを、ズバッと言い当ててくれた。男の中には「結婚して、モテ大学を卒業してしまう人が多い」らしい。うん、よくわかります。結婚してから、おしゃれに気を使わなくなってしまう人っているから。それは、モテを卒業したんですって(笑)。なるほど。そういう「欲」から開放されたらしい。

Yさん、いつもありがとう。kiyoriはかなり彼女のサポートに助けられています。そんな彼女が、甘い罠のファンでいてくれて、パワーを与えてくれることが、ホント嬉しい。

札幌では天野さんからパワーを貰い、大阪ではクラブ☆ジャングルのPJ氏からパワーを貰った。

kiyoriからも、パワーを与えれるようになりたい。応えたい。貰ったパワーを倍にしてお返ししたい。

2007年10月23日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

ウィークリーチャート26位!

札幌から戻り、ヘアサロンでカラー&カット。そして、ライターfooと、次号「side b」の特集ミーティング。季節柄、クリスマスを意識して☆ もう少し内容が固まったら、ここで報告しますね。

さて、次号で紹介する映画作品のラインナップもセレクトしなくちゃ!

ところで、甘い罠のCDが、タワーレコードのインディーズ部門のウィークリーチャートの26位にランクイン!!!

2007年10月22日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

札幌

完徹のまま、朝からAIR DOに乗り込み、札幌へ向かった。

前の晩、DVDの編集作業が朝までかかった。エンコードが終わり、完成した映像をチェックしている時・・・いくつかの納得いかない点を発見してしまう。う”っ・・・やり直す時間はない。気づくだろうか?まあ、こういう狙い?なんて思うだろうか?気にしながらも、時間がないので、再編集は福岡のHMVキャナルシティでのライブまでに持ち越し。次回のインストアにもDVDを付ける予定だ。その映像と、今回札幌で配布した特典映像は違う部分多数あり、というワケだ。

時計を見ると朝6時前。そこから複雑にこみ入った話がいろいろあって、朝まで電話。泣かれちゃった。自分の許容範囲が今、試されているのだろうか?そこに未来はあるのか?自分は何のために・・・?そんなことを繰り返し考えさせられる。うん、この話はいったん保留に。だけど、違うなぁ、と思ってる。時間は誰のもの?肉体は?精神は?

寝ないで電車に揺られ、羽田に到着。札幌は寒い、という情報は、現地コーディネーターの天野さんから。天野さん・・・この人は、かなりスゴイ人です。札幌の、kiyoriのナンバー1カッコいい生き方をして女性です。出会いは以前にも書いたけど、「side b」へのライター募集に応募してきて、今では信頼できる仲間に。彼女がいたから、ラジオ番組を始めることができ、インストアライブをやることが出来るんですから。時間と労力を全く惜しまずに提供してくれる天野さんに、最高級のリスペクトを!! 

とかく我々は日頃忘れがちなんです。誰が自分にとって大切な人か。損得関係なく、一緒に楽しめる仲間か。こちらがお金を支払って仕事をお願いしている人が、一生懸命仕事をしてくれるのは当たり前。そうじゃなくて、自分のために時間を使ってくれる人。そういう人があなたの周囲にいますか?いたら、絶対大切にするべきです!逆を考えた時、自分の大切な時間を誰かのために費やせますか?自分のために使った方がいいでしょ。

空港に到着したら、天野さんが出迎えに来てくれていました!それだけで胸がキュンとなりましたよ。本当にありがとう。

徹夜で編集したDVD映像が、まだコピー出来てないので、札幌に到着するなり、インターネットカフェですよ(苦笑)。ひたすらコピー。食事してるヒマないので、ネットカフェでうどん(涙)。え~と、ここは札幌・・・、カニとかうにとかイクラとか、ジンギスカンとか?そういうの食べたいのに・・・。

DVDをコピーし終え、タクシーで狸小路の「音楽処」へ!そこでミッチーと合流。「音楽処」では、入口にもインストアライブの告知が!プッシュしてくださって、ありがとうございます!リハで音確認。あら、今日はいい音!衣装に着替えたらいよいよ本番。この日は5曲演奏しました。ライブハウスのライブとは趣を変えて、せっかくのインストアライブなので、ちょっとオシャベリを長めに。

ライブ、最近観た甘い罠のライブで1番良かったな~。ライブが良かった後は、サイン会も和気あいあい。そしてライブ後、大きな荷物を持ったまま、グリーンFMに移動。すでにクタクタ。そこから再び集中力を高めて、番組の打ち合わせ。19時から番組がスタートすると、1時間の生放送中にリクエストメールがどんどん届きました。そして甘い罠は生演奏で4曲も!!予定になかった1曲「ブラックジャック」は、大阪から番組を見学に来てくれたファンのリクエストに応えて♪ パッとその場で演奏できちゃうところが甘い罠のいいところ。ミッチーはインストアよりリラックス!?

1時間の番組が無事終了。再び電車で移動し、やっとホテルにチェックイン。

あ~やっと食事にありつける~。天野さんの案内で、「台所家 まる」という素材を生かした創作料理の店へ。乾杯!ホントおいしかったです。日頃はお酒を飲まない上村クンもkiyoriも、気持ちよく酔っ払ってしまいました。

深夜。店を出ると、さすがに寒いね、札幌の夜。その寒さも気持ちいい、って感じるのは、充実した1日だったからかな。ネットカフェやお店の中にいる時、時々ふと、今自分はどこにいるのだろう?って、わからなくなるコトがある。どうして自分は、ここまでたどり着いたんだろう?って。そういう時は、今立ってる場所から後ろを振り返って、自分が歩いてきた道を確認してしまう。今日1日が、幸せだったってこと、ステキな仲間と、楽しい時間を過ごせたこと、お酒がおいしかったこと、全て良かった。一緒に大笑いできる仲間がいて、本当に良かった。

でも、私は、先に進もうと思う。幸せな場所とは別の、未知のエリアを覗いてみたいから。もっと厳しい場所へ、自分を追い込んで行こうと思う。

2007年10月22日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (17)

2007年10月17日 (水)

CD「甘い罠」、本日リリース!

Wana_jacket 10月17日発売です。今日は、CDショップをのぞいてみようっと♪ やっぱり流通が全国ってのは、嬉しいですね~。

YOUTH-028   \2,000(税込み)

あらためてジャケットを紹介しちゃいますが、今回、どこへ行っても、「ジャケットいいですね~」と言われることが多くて、今までこんなに「ジャケット、カッコいいね」って誉められることってなかったので、へぇ~!って、我ながら大満足っていうか、デザイナーの大宮クンのセンスに脱帽ですよ。「ジャングル☆ライフ」の社長PJ氏にも「ジャケ買いするよ!」と誉められて、ものすごく嬉しかったなり~。そんな、大宮クンとは、来年のタイトーのスペースインベーダーのカレンダーを製作中♪

そして明日は、大阪でライブ!皆さん、期待しちゃってOKですよ。

10月18日
大阪@心斎橋クラブジャングル
甘い罠presents!
「エレキ封じ」~甘い罠レコ発ライブ~
甘い罠は21:00から。

ちなみにGRiPのゴンダ君に出て欲しくて、東京から連れて行きますから!あ、連れてく係りはミッチー(笑)。飛行機遅れないでね~!!

2007年10月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

FM802

本日、10月10日の夜23時半過ぎに、FM802で、甘い罠の曲がオンエアーされます~!!

すっごく売れてるメジャーアーティストだったら、新曲をリリースすればラジオでガンガン流れ、TVの音楽番組にも出演・・・なんてことが当たり前なんだけど、甘い罠はインディーズですからね。FM802のオンエアーリストに選曲されるだけでもビックリですし、嬉しい!!

初めてのオンエアーだからね、聴きたいなぁ。でも、東京からは聴けないから、どなたか録音して送ってくださいませ~!!!

なんて、ドキドキしてたら・・・なんと!!!先日、下北沢ベースメントバーでライブを終えた後、甘い罠の曲が18時32分、「ROCK KIDS 802」で流れた情報が伝わってきました!!え~ッ!!にわかに盛り上がり、番組のオンエアーリストを確認すると・・・ホント!流れてましたよ!木村カエラの「Yellow」の後に!オンエアーされた曲は「甘い罠」でした。ほぉう♪どなたが、どこで、甘い罠を見つけてくださったのでしょうか。

あぁ、いろいろな人の見えない力に後押しされてる!・・・そんな不思議で心地いい気持ちデス。

2007年10月10日 音楽 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

東京オープニングアクト・ジャック

Flyer 先日、取材をしてくださった「ジャングルライフ」編集部のYさんに、「オープニングアクト・ジャックをするんですよ」と、甘い罠が話すと、「アホだ!アホだアホだアホだ!!(笑)」と、誉められました。

昨夜、ライブのリハーサル後にウラニーノのメンバーと、オープニングアクト・ジャックの話をすると、「すごいアイディア!」「面白い!」と、賞賛の声。

下北沢BASEMENT BARでのライブのアンコールで、オープニングアクトだけをやるツアー(?)の発表をすると、場内笑いの渦。

オープニングアクトです。2~3曲、甘い罠の場合、1曲が短いので、まあ10分くらいの出来事です。ライブで10分押しで~なんて言ってる間にサササッと、場を暖めますよ、くらいの前座。でも、まだ甘い罠のことを一度も見たことのない人、全く知らない人と、こちらから出会いに行きたいな、という気持ちから思いついた無謀企画。

甘い罠だから出来た、というか、甘い罠じゃなきゃ出来ないような企画です。通常バンドだと、セッティングに時間がかかり、音のチェックとか、結構それだけで時間を使ってしまいます。が、甘い罠は、ギター1本と歌う人、これだけあれば充分です!って感じなので、リハ?なくてもいいですよ。マイクなくても出来ますよ。くらいのザックリ感覚。どこでも出来ますよ~って気楽なスタンス。

新しい出会いを楽しみたいですね。

2007年10月 9日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

甘い罠ライブ@下北沢BASEMENT BAR

甘い罠下北沢BASEMENT BARでライブを行いました。しかも自主企画イベント「エレキ殺し」。

会場には大勢のお客さんが集まってくれました。男女、年齢ともに、幅の広いお客さんに囲まれ、親しいウラニーノの山岸クン、福岡からラグシティ、シナトラのクロイワトキオ君が出演してくれたイベントは、打ち上げまで楽しく終わり、その後、チーム甘い罠だけで打ち上げして、さっき6時に帰宅。

緊張の1日が終わり、ほっとすると同時に、ぐったりです。なんせ今日は、いろいろあり過ぎました。自主企画なので、DJタイムも、上村クンとミッチーがDJを行ったり、ミッチーが考えたレシピのカクテルを販売したり、甘い罠物販は、行列が出来るほどの大盛況だったり、本番前に、茶沢通りで甘い罠のアーティスト撮影を行ったり、新しい衣装がお披露目だったり、ワンマンや、東京オープニングアクトジャックの発表をしたり・・・。

詳細や画像はまた明日にでもアップします。

2007年10月 9日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 8日 (月)

甘い罠@下北沢

Saki4403Saki4408Saki44011

                  

明日は・・・っていうか、今日ですね、毎日夜更かし生活なんで、今から寝るところなんですが、もう朝なので、今日の夜、ということになりますが、下北沢ベースメントバーで、甘い罠のライブが行われます。「エレキ殺し!」というタイトルの自主企画イベント、10月17日に全国リリースする甘い罠のアルバム「甘い罠」のレコ発ライブです!遊びに来てね。見どころ満載ライブです。発表することもたくさんあるしね!ミッチーオリジナルの、この日限定のカクテルもあるし、オープンと同時に、上村クンのDJタイムで始まります!彼のDJプレイもじっくり見てやってください。何やら選曲にこだわってましたから。

目で見て、音を聴いて、そしてMCで・・・(笑)、すべて驚きの連続だと思いますよ。

画像は、1週間前の下北沢440でのライブの模様。大阪から手伝いに来てくれたさきちゃんが撮影してくれました。ん?撮影の腕上げた?

さて、本日も甘い罠、面白いことを企画しました!リハの後、キメラお気に入りの和風中華みたいな家庭的な中華屋さんで食事をしながらミーティング。そこで、今までになかったようなメルマガを、ちょっと実験的にやってみたいね、と盛り上がりました。期間限定で始めてみようかな、と。甘い罠に興味のある方はモチロン!どういう人たちなの?と、まだ遠巻きにウォッチされてる方、期間限定のメルマガに登録してみませんか?

甘い罠メルマガ希望者ココにメールしてくださいね。

それと、今までマイスペース登録者にしか見れなかった画像を、マイスペースのTOPの動画の下の部分に、ランダムで見れるように流すことにしました!ぜひ一度見てください。

甘い罠マイスペースコチラ

2007年10月 8日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

甘い罠、newグッズ

20071007110349 ギターを弾く人なら、自分のピックが欲しいなぁ、と思うことありますよね。

はい、甘い罠オリジナルピックを作りました!色はキミドリ。珍しいでしょ。kiyoriは1枚、お守り代わりに(?)サイフの中に入れました。これで、いつどこで、急にギター弾かなくちゃって時でも、ピック持ってるから安心・・・って、ギター弾けないから!v(≧∇≦)v

8日からのライブで、販売します。

■「甘い罠読本」 300円(限定数なので、売り切れ次第終了)

■甘い罠ピック 200円

■甘い罠ステッカー 2枚100円

2007年10月 7日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

「ジャングルライフ」取材

Jl14Jl22ライブハウスには必ずといっていいほどしっかり置いてあるフリーペーパー「ジャングルライフ」。甘い罠が「ジャングルライフ」の取材を受けました!

編集部のYさんと、高円寺駅で待ち合わせ。イキナリ、ゲリラ撮影をやってしまおう!って作戦です。まあ、ストリートライブをやると思えばなんのその。甘い罠の2人は、ま新しい衣装を初公開。メンズのファッション誌をよく見てる人なら、おおっ!やるね!と、気づいてくれるかな。流行色の黒を基調に、今年の秋のモードを意識してドレスダウンさせたセクシーとカジュアルの融合ファッションの上村クン。ミッチーは、元気だけど上品なロックテイスト。最初はおとなしくポーズをキメていた2人ですが・・・次第にミッチーがギターを弾きだし、そしたら上村クンが歌いだし・・・いつに間にかハモってる2人♪ 楽しく撮影終了。

カフェに移動してインタビュー。これが、なんと!盛り上がって1時間半!インタビュー後も雑談で盛り上がって、話はいつまでも尽きません。Yさんが、ものすごくCDを聴きこんで、「甘い罠読本」も読み込んで来てくださったので、なんかもうそれだけで嬉しかったですねぇ。10月17日リリースのアルバム『甘い罠』について、かなり深い話もできたんじゃないかな。インタビュー中、何度もYさんに「あほやぁ~!!」と驚かれましたが、Yさんの「あほやぁ!」は、ものすごく共感してくださってることが伝わってきました。そうなんです、あほなんですよ、甘い罠って!(笑)だって、ギターと歌だけで、アルバム作ってしまったんですよ。無謀とか、そんなことも考えずに、「CDを全国リリースしたい!」って、初期衝動のまま現在に至る・・・という感じ。

ジャングルライフ」の掲載は11月1日発行号デス!

2007年10月 7日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

FM802

速報です。スゴイよォ!!

甘い罠の楽曲が、来週水曜日23:30~FM802でon-airされます。

関西方面の方、聴いたら、どんなだったか教えてください~。だって東京じゃ聴けないんですもの。

ついでに甘い罠のマイスペースの「写真」に、先日の下北沢440の画像をアップしてみました。見てね!

2007年10月 6日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年10月 4日 (木)

陣中見舞い。

スペースインベーダーのライセンス商品「ニューエラ」の新作サンプルが上がってきた!わぁお!!カッコいい。インベーダーが正しく使われているか、確認作業をして、京橋に移動。

映画「やわらかい手」の試写を観た。詳しくは後日書くけど、主演はマリアンヌ・フェイスフル。昔、60年代のロックカルチャーの写真集を見るたびに、憧れたミューズのポップアイコン・マリアンヌが・・・小太りのおばあちゃんになってました。ショック。老いとは残酷ですねぇ。かつて浮名を流した相手、ミック・ジャガーは今でもカッコいいロックスターなのに・・・。

朝から、愛車POLOを、車検に持って行って預ける。本日も、大学祭の実行委員の方から、協賛の件で、数本電話をいただきました。が!大学生諸君よ!ビジネス会話を勉強してくれ、とまでは言わないけれど、あまりにも要領を得ない会話があり、ビジネス会話が苦手なkiyoriでさえ、いくらなんでも・・・とビックリすること複数回。「2個口で発送します」の「2個口」は、結構わかる人少ないんで、驚きました。

新宿Flagsで待ち合わせして、下見してたブーツを購入。大満足♪ カフェ・ラテよりカフェ・オレ派のkiyoriが最近1番気に入ってるカフェ・オレを出すカフェへGO。場所は新宿ルミネ2の中。

その間、電話でもMTG。来年のカレンダー製作、デザインについて意見交換。デザインの方向性って、それぞれのセンスだったりするから、ホント難しい。自分だったらこうするのに、とイメージがある時は、なおさら難しい。

そうしてる間に、あれれ!?ケータイの画面が真っ赤になってしまったよォ!!どういうこと?? 驚いてドコモショップへ駆け込む。そろそろ買い換えようかな~なんて考えてたから、仕方ないのかなぁ・・・なんて弱気に行くと、保障期間なので、修理か、同型の新品に交換してくれる、というので、交換してもらうことに!買い替えどころか、新品。でも、もう型は古い。嬉しいような悲しいような、切ない気分。でもケータイはピカピカ♪

20071003200709 夜20時半過ぎ、三軒茶屋。ソニーミュージックでkiyoriが働いていた時の上司が現在プッシュ中のアーティストのライブを観た。

ライブ後、黒部和牛を食べて、談笑。

おなかいっぱいになったところで、駒沢方面へタクシー移動。時計の針は23時を回っている。チャーのやってるEDOYAが建設したスタジオで、現在ファンキーパンキーがレコーディング中。陣中見舞いに行くことにし、デザートを購入して、タクシーに。

到着したら、ち20071003230725 ょうど上村クンが歌を重ねていました。あの曲の歌詞が変わっていました。恐ろしくテンションの高いスタジオ内の雰囲気。製作中の音源は、ライブ盤っぽい感じのようですね。彼らの現在のライブをパッキンした感じ。あと、1年9ヶ月ぶりのアルバムということで、ここまでの1年9ヶ月の集大成的なアルバムになるのかな、と。ドラムの音がデカくて驚きました~!(笑)。

ちょっと見学してスタジオを後にしました。

以上、カレコレ30時間くらいの出来事でした。

2007年10月 4日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

甘い罠@下北沢440

4404_34402644018_244014_24402244010_344025440544020         1年間の中で、うわぁ~緊張したけど楽しかったぁ!なんて気分で1日を幸せな気分で終われる日が、何日あるだろうか? 間違いなく10月は、そんないい気分で幕を開けました。

下北沢440で甘い罠のライブが行われました。

何もかも、新しいことづくし。どんどん新しいことに挑戦したい派の甘い罠なので、メンバーそれぞれが、やらなくちゃいけないコトが増える一方。ギターをパーカッションに見立てたり、高速でピタリとハモったり、ギターソロを弾いたり、お経を完全暗記してハモったり、ポエトリーリーディングしたり・・・。休むヒマがありません。

演奏は、これからもっと良なくっていくと思います。ライブは楽しんだ者が勝ち。真っ先にステージ上の2人が、楽しんでいるみたいでした。

10月17日発売のCD「甘い罠」が、会場限定で、先行発売しました!そして、次回ライブでは、甘い罠のオリジナル商品が追加で登場!衣装もガラリと新しくなります!お楽しみに♪

2007年10月 2日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

甘い罠、本日ライブです♪

PhotoWana_jacket甘い罠が今夜、下北沢440から、シーズン・セカンドをスタート!今夜は21時15分から出演します。

何となく気になってる方、かつてのSWEETSのファンの方、よし、国内最速のハモリってどんなんだろう?と疑心暗鬼な方、女がギターで男ボーカル・・・ふむふむ、と思ってる方、上村拓はバンドとどう違うんだ?と興味津々の方、偵察の方、kiyoriの顔でも見に行くか、という方(笑)、下北沢440でお待ちしておりま~す!!

チケットの予約はコチラまで。

2007年10月 1日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

CD「甘い罠」完成!

Cdok_210月17日全国リリースする甘い罠のアルバム「甘い罠」の見本盤があがりました!渋谷のレコード会社ユースに、ミッチーと受け取りに行ってきました。ユースのT社長と、インストアライブのことや、音楽配信について立ち話しつつ、来週1日のライブ会場で先行販売するCDを受け取り、駐車場まで、ダンボールを抱えて歩いたけど、キツかったぁ。重いダンボールを途中で降ろしたくなくて、2人で意地の張り合いで、歩きました(笑)。

疲れ果てたまま、いつものカフェplanet 3rdで一息。サンプル盤の見所はですね~、CDを取り出した時の、盤面下のデザイン・・・そこには見てはイケナイ心の闇の扉が・・・。お楽しみに!上村拓による全曲解説もね。裏ジャケで描かれているのは、上村’sギター。可愛いイルカ模様のタカミネです。

個人的には、CDの盤の色がかなりお気に。ヨーロッパのチョコレートみたいな色だから♪

早く、たくさんの人の手に、このCDが渡りますように。ライブに来れない方は、CD SHOPでお求め下さいね。

さて、本日の画像はサンプル盤を開けて、嬉しそうなミッチー。kiyoriのブログの登場回数2位!なのに、顔出しは初めてですね。高速アコギを弾く女性デス。彼女のギターを弾く姿、かなりカッコいいので、見に来てください!

2007年9月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

甘い罠ライブ

甘い罠の東京でのライブが近づいて来ました。今日もリハーサルだったけど、前回以上にパワーアップした演奏を披露できること間違いなしです。kiyoriのブログを読んで下さってる方で、甘い罠に興味を持った方、ぜひお待ちしております。チケット予約受付ます~。

そして、会場で限定販売する「甘い罠読本②」売り切れ次第終了)は、必ず手に入れて欲しいデスね~。未発表写真満載で、競泳水着フェチにもドキドキのミッチーの水着姿だったり、坊主頭で制服の上村クン。あ、赤ちゃんの2人は、ホント可愛いですよ~。・・・って、そんな写真が見れるのも「甘い罠読本②」だけ。

■10月1日(月)下北沢440
開場18:30/開演19:00
前売2,000円/当日2,500円(D代別)
出演④21:15から
w)AQUARIUM/橋本裕弥/Waves
[
WEB予約]

■10月8日(
下北沢BASEMENT BAR
"エレキ殺し!~甘い罠レコ発ライブ~"
w)クロイワトキオ(Fromシナトラ)/山岸賢介(ウラニーノ)/RAG CITY
[
WEB予約]

2007年9月25日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

映画「サディスティック・ミカ・バンド」試写

最近、バンドの再結成が多いですね~。筋肉少女帯、レピッシュ、J(S)Wは、kiyoriが音楽ライターをやってた頃、ものすごく人気があったバンドなので、なんかものすご~く不思議な感覚。再結成出来るってことは、解散後もメンバーが、音楽を続けていたんだなぁ~って。そして、再結成ライブのチケットがSOLD OUT!って聞くと、それもスゴイなって思う。きっと、もっと続けようかなって気持ちになるんじゃないかな。

先日、横浜BLITZで筋肉少女帯のライブを見たけど、パフォーマンスも、熱気も、当時を裏切らないっていうか、え?時代が彼らに追いついたの??みたいな気分になりました(笑)。

さて、今回観てきた作品は、2007年3月8日に行われたサディスティック・ミカ・バンドの一夜限りのスペシャルライブ。その模様と、その日に至るまでのドキュメントとメンバーのインタビュー。

サディスティック・ミカ・バンド---名前はYMOくらいに知ってるけど、両方とも、音楽体験として全く通過して来なかったなぁ。でも、バンド名がカッコいいなぁ。そうそう!バンド名。何年経ってもカッコいいバンド名って大事ですよね。バンド名が気になるだけで、音を聴いてみたくなることもあるから。

この作品を見るまで、サディスティック・ミカ・バンドのことはほとんど知らなかった。ギターに高中正義氏がいたことも。そうなんだぁ。70年代当時、音楽作りと同じくらい、ファッションやヴィジュアルにまで力を注いでいた、という点に、激しく共感。

高橋幸宏氏はいつでも最新のことが好きなんだって。そして、最新のことに興味がなくなったら、音楽もやめるだろう的なことを言っていた。なるほど。これまた同感。一方、加藤和彦氏は最高級が好き、と。ほ~う。セレブ!?で、ベースの小原礼氏は、知る人ぞ知る、ってものが好きらしい。こういうバンドのキャラの住み分けというか、個性がキッチリ確立しているから、バンドとして集まったとき、光を放つんでしょうね。

中でもkiyoriが、おぉ!カッコいい~!!と思ったのは、メンバーが高中正義氏もことを語るとき。彼は絶対サイドギターを弾かない、とか、いつの間にか帰っちゃう、とか。何をしたって彼以上のギタリストはいない、というような、天才に対するリスペクトと愛情いっぱいの発言。そうよね~。生まれ持った才能のある人を前にしたとき、たとえその人が社会性がなくても、金銭感覚がイマイチでも、いいよいいよ、そんなの!私が代わってやってあげちゃうよ!・・・なんて思ってしまう(笑)。

ライブは、木村カエラの歌が上手くて驚きました。堂々としてて、ハマってた!

2007年9月23日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月22日 (土)

クラムボン・伊藤大助さん

63

    札幌グリーンエフエムの番組「上村拓のこれでいいのだ!」の人気コーナー「トーキョーミーティング」、第3回目のゲストはクラムボンのドラマー伊藤大助さん

東京は仕事をする場。自分のやるべき仕事がある、と言われた。うん、なるほど同感。

太陽族、BUSY CRAXONE、そしてクラムボンの伊藤大助さん・・・と、北海道出身のアーティストのインタビューに行き、「あなたにとって東京とは?」の質問を最後に投げかけてきたが、答えの方向は、かなり近いものがあった。上京して頑張っているアーティストは、東京に勝負をしに来ているのだ。地方でも音楽は出来る。出来るか出来ないか、なら、出来る。でも、東京には、もっと上の世界がある。果てしない夢のつづきがある。だから皆、ここ(東京)で、自分だけの何かを見つけたくてやって来る。探していたものは見つかりましたか?

kiyoriも同じだ。探したものは見つかったのか?欲しいものは手に入ったのか?自問自答してみる。・・・わからない。わからないけど、なんか面白いものはまだまだあるなぁ~と思う。もっと②いろんなクリエイターの方たちと出会って、一緒に何かを作り上げたい!自分のまだ知らない自分自身の可能性を、形にして行きたい。

でも、東京は本当に厳しい街だと思う。お金がないと夢も見れない---そう思ったことも何度もある。だけど、負けたくない街だ。

だから、「まだ、戦える。自分はまだここで頑張れる!」と思えるうちは、夢を追いかけていたいなと思う。

---「トーキョーミーティング」で、アーティストの話を聞くたびに、彼らの答えが、自分自身を見つめるヒントになる。

クラムボンの伊藤大助さんは、3つのバンド(ユニット)を同時進行させている。実に興味深い。タイム・マネジメントや、プライオリティなど、インタビュー後の雑談時に聞いてみた。全てを楽しめれば、出来る、と言っていた。・・・全てを楽しむ。これも簡単そうで難しい。

2007年9月22日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月21日 (金)

フライヤー完成

                                   Photo_2    

さあ、バラ撒こう!・・・ってくらい大量に作ってないんですよね。いやむしろ、えっ、それだけ?ってくらい・・・。万が一どこかでGET出来たら、おおぉ!です。どこでGETしたか報告して欲しいなり~。

2007年9月21日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

甘い罠、ミナミホイール出演決定~!!

甘い罠、MINAMI WHEEL 2007 出演決定~!!

ふぅ~、ビックリしました。関西では知らない人はいないと言われている大イベント、ミナミホイールに、甘い罠の出演が決まりました~!!夢みたいな話だけど、夢ではありません。10月26日~28日の怒涛の3日間。心斎橋のライブハウス18ヶ所で、300以上のアーティストが出演。

出たくても簡単には出れない、何度もトライしてやっと出れた!と言うアーティストの話を何度となく聞いてきました。そのミナミホイールに、甘い罠が初出演を決めました。

出演が決定してから、メンバーで集まって乾杯しました。今でもまだドキドキしています。何のコネクションもない甘い罠を、選んでくれて本当に感謝デス。その期待にきっと応えるライブが出来ると思います。だって国内最速のハモリ!ですから(^-^)/

ドキドキとかヒリヒリとか、そんな緊張感を、一緒に分かち合いたいデス。

皆さん、ぜひぜひ見に来てください!

★甘い罠の出演・・・10月28日(日)18:15~ @RUIDO

゜゚・*:.。..。.:*゚・*:.。. .。.:*・゜゚゚・*:.。..。.:*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・゜゚・*:.。..。.:*゚・*:.。.

今日は、もう1つ、お知らせしたいことがあります!

甘い罠、札幌「音楽処」でインストアライブ決定!!

★10月20日(土) 16:00~ @音楽処(札幌)

ふぅ~、インストアライブですよ。以前から、やってみたかった事の1つです。やりたくても簡単に出来ません。だってアコーステックが原則だもの。今回は音楽処インストア限定のDVD「動く甘い罠」も、特典としてつけてしまいます。

しかも、この日は、19時から、グリーンエフエムの番組「上村拓のこれでいいのだ!」の生放送もアリます。ここのスタジオがね~見学可能なんですよ。ガラス隔てて、ブースが見える、と。ってことで、10月20日は、16時から狸小路のCDショップ「音楽処」でインストアライブを見た後、南区へ移動して、19時からグリーンエフエムの生放送を見学する、というコースがおススメです。

゜゚・*:.。..。.:*゚・*:.。. .。.:*・゜゚゚・*:.。..。.:*゚・*:.。. .。.:*・゜゚・゜゚・*:.。..。.:*゚・*:.。.

甘い罠、10月はライブラッシュ!

ふぅ~、大変なことになりました。10月はライブ月間になりそうです。先のことは全くわかりません。10月を精一杯やってみるだけです。無欲で頑張りマス!

Wana_jacketPhoto_2   

                                         

 10月1日(月) 東京・下北沢 440  w)AQUARIUM/橋本裕弥/Waves

10月8日(月) 東京・下北沢 BASEMENT BAR
         「エレキ殺し! ~甘い罠レコ発ライブ~」
         w)クロイワトキオ(Fromシナトラ)/ウラニーノ/Lag City
★10月17日(水) アルバム「甘い罠」リリース  YOUTH-028
10月18日(木) 大阪・心斎橋クラブジャングル
         「エレキ封じ!  ~甘い罠レコ発ライブ~」
          w)ゴンダタケシ(GRiP)/シュトウケンイチ/寺前未来
  
10月20日(土) 札幌・音楽処 インストアライブ  16:00~
10月28日(日) 大阪・MINAMI WHEEL 2007
          @心斎橋RUIDO 18:15~

2007年9月19日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

横浜。筋肉少女帯。

休日だったので、珍しくお昼から甘い罠のリハ。kiyoriはこれまた珍しくリハ終わりでメンバーと合流。成果あがったかなぁ~とか、自分がいない間にスゴク面白いことが起こって、見逃しちゃったら悔しいなぁ、なんて思いながら「今日はどの曲やったの?」「何か変化したトコある?」など質問するが、ミッチーはなかなか教えてくれない(笑)。

いつも夜中に行くcafeも、昼間行くと景色が違って見えるから不思議。窓際のソファー席でノートを広げて10月のスケジュール確認。そして11月・・・福岡に再び行こうか、どうしようか、と検討。お金が無尽蔵にあるなら絶対行きたい!限られた予算の中で、何を最優先させるのか?どのタイミングで何をすべきか?プライオリティについて真剣MTG。

時間もお金も人間も、限られた中でベストを尽くす。ミッチーがしみじみ言う。「甘い罠の、このメンバーだから出来るんだよォ。普通だったら無理だと思う」・・・確かに。今、kiyoriを含む3人がそれぞれやっている内容と量、これはスキルと信頼がなければ出来ない。それほど、膨大な時間を犠牲にしなければ出来ないことばかり。MTGは、ちょっとした企業の会議みたいなんですよ(笑)。「リハのスケジュール確認します」とミッチー。「次に私から~」と、エアーやホテルの手配状況を報告。「じゃあ、僕から~」と、ライブについて報告とタイトルの議題提出。そして、それについて意見を出し合う。ものすごくシンプルに建設的。が・・・途中、脱線することもお約束。

午後は、晴天の中、第三京浜を使って、車で横浜までドライブ。実は車で横浜に行くの初めて。しかも、この日なぜかナビがご機嫌斜めで、ジャッジが不安定。Uターンしたり、迷ったり。ナビも心が揺れる秋なのか・・・!?

偶然止めたパーキングの近くだったので、初めて訪れましたよ!「横浜初めて物語」。はい、タイトーのゲームセンターです!中華街で食事したかったんだけど、なんかもう腹ペコで、挫折。コスモワールドにも行きたかったんだけど・・・。

横浜BLITZ、初めて行きました!筋肉少女帯のライブ、新人ツアー初日です。

昨年末だっけ?再結成ライブを中野サンプラザで見て以来、恵比寿リキッドルームと合わせて3回目!先日レピッシュのマグミ君とも再会したけど、バンドブームの時kiyoriは、音楽ライターだったので、結構いろんなバンドのインタビューしてて、モチロン筋肉少女帯のインタビューもしてるし、ライブも見てるんだけど、再結成後、昔と変わっていない、というか、昔の気持ちを裏切らないライブを見せてくれる筋肉少女帯はスゴイなって、ホントそう思います。

3本見て、再結成から新人ツアー開始までを振り返ってみると、1番ドキドキしたのは最初の中野サンプラザ。とにかく幕が上がるまで、どんな風になってるのか、心配だったり、期待したり。ドーンと幕が上がって、大槻君が髪を立てて、筋肉少女帯と大きく背中に刺繍された特攻服みたいな衣装を着ていたとき、そう!これこれ!とキャイ②しました。ヒット曲オンパレードだったので満足しつつも、「サンフランシスコ」やってない~!聞きたい~!と、ゴネるkiyori。

恵比寿は箱の大きさと密集感と熱気が、すごかった。やっぱり座席があるより、オールスタンディングの方が盛り上がるね。そして横浜BLITZは、その大規模バージョン!

Cid_01070916221539_____d902idocom 2000人くらい入れてるのかな。1500番代のチケット持ってる子たちは見たから。気合の入ってるゴス系やロリ系のファッションの女性たちもいました。ヘドバンの激しい女性にも圧倒されました。「釈迦」でラスト♪ 「釈迦」ってタイトル聞いた瞬間、ブッ飛びました!(笑)キャーッ!って。終わってしまえばアッという間。楽しかった。橘高さん・・・あの方は、素晴らしいですね。生涯サイドギターになり得ない方ですね。はぁ・・・勉強になります。3本見た中で、今回のドラマーが1番好みでした☆ 邪魔にならずに自分の色を出す、みたいな。佇まいも好み。

でもね、全体的にちょっと前2本よりバンドの雰囲気が落ちついてた(笑)。ツアー初日のギクシャク感はあったにしても、こなれてきたというか。落ちついてること、安定してることを責められちゃ、バンドマンも大変だと思いますが・・・見る側って、スリリング感を求めてしまったり・・・勝手よね。

筋肉少女帯の歩んできた時間軸の中で、インタビューや、ライブの時間、過去から現在までに、何度か自分の時間とクロスする。クロスした時、それを点として、気持ちは今に繋がってきている。

帰宅後、かつてkiyoriがインタビューした雑誌の切り抜きのファイルを引っ張り出して読んでみた。これだ、とハッキリ何かを言えるワケではないけど、何かがkiyoriの中で蓄積されてて、それは大きくは「全てよかった」「全て今に繋がってる」、という嬉しい答えを導いていた。

2007年9月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

BUGY CRAXONE

Bgc0914dBgc0914f                   BUGY CRAXONEのインタビュー。

札幌市南区のグリーンエフエム、土曜日19時からオンエアーの「上村拓のこれでいいのだ!」。この番組内に「東京MTG」というコーナーがあって、北海道出身のミュージシャンで、東京で活躍している人たちに話を聞きにいく企画。

BUGY CRAXONEのインタビューは、彼らの事務所バッド・ミュージックで行われました。ものすご~く久しぶりにバッドミュージックを訪問。ドキドキ。

東京MTG」は、毎回最後に「あなたにとって東京とは?」の質問で〆ます。この答えを聞くのが楽しみになってきています。そうだよね~と、完璧に共感できたり、やっぱりね~と思ったり。そして今日1番笑ったのは、バンドのメンバーと親しいスタッフで集まって、秋刀魚を食べる(?)「秋刀魚ソニック」なるイベントを開催して楽しんでいるそう。

詳しくは9月29日のオンエアーをお楽しみに!

2007年9月15日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

太陽族

Taiyouzoku2_2Taiyouzoku5                                                 kiyoriがディレクションする札幌のラジオ番組のゲストコーナーに太陽族が出演してくれました。大枠としての進め方や構成を提案し、番組パーソナリティの上村クンが、アーティストのブッキングやインタビュー内容まで細部を詰め、都内スタジオにて、収録が行われました。

北海道出身のアーティストで、東京で活躍している方にお会いして、話を聞くコーナーです。が、北海道出身のアーティストについての情報集めからスタート。次第に、へぇ~あのバンドも北海道出身なんだぁ~!と、情報が集まり、1回目のインタビューが実現しました。

太陽族。まず、なんて真っ直ぐな人たちなんだろう!と。

ラジオ収録という場があるから、初めまして~と挨拶した後すぐに、核心の会話に入っていける。これがライブの打ち上げだったり、人の紹介だったりしたら、イキナリ曲作りや、メッセ-ジについて、正面から話すことなどないだろう。

コーナーの〆は、「あなたにとって東京とは?」。興味深い答えが聞けました。

この日、短い時間の中で、なるほど~!!と、共感できる言葉がたくさん聞けました。

2007年9月14日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

ラジオ番組収録。

Radio14台風の中、キメラ事務所で、ラジオ番組収録。先日、札幌のグリーンエフエムで始まった番組製作を自分達でやっているのです。そして今回のゲストはミッチー。おしゃべりコーナーの後は、生演奏♪ 甘い罠のスゴイところは、どんなところでも演奏出来てしまう身軽さ。ギターを弾く人と歌う人、この2人さえいれば、歌を伝えることが出来る。シンプルだけど、なかなか出来ないことだったりします。

さらに、現在「甘い罠読本②」という、インディーズ雑誌(?)の原稿書きからデザイン製作まで、全部自分達でやっている。プロモートも何もかも、まず自分達で動いてみる。

今日ね、「サディスティック・ミカバンド」のドキュメント映画の試写を観てきたんだけど、音楽を楽しむ気持ちの原点とか、クリエイトしていく姿勢が、彼らの言葉を通して、オンタイムで響いてきました。ちょっと胸がチクッとなった。そしてちょっと悔しく、羨ましく感じた。胸がチクッとしたのは、自分がずっと考えてることと、ミカバンドのメンバーの発言がリンクした時。悔しいような羨ましい気持ちは、私ももっと上を目指さなくちゃ!と思った時。音楽と、こんな風な距離感で付き合っていきたいな。

そしてkiyoriは、高橋幸宏氏とスタンスが似ているのかな。いつも最新のものに興味がある。新しいものを追いながら、自分自身が変化していきたい。そういう興味がなくなったら、辞めるときかな、と。

あとね、高中正義氏。生涯絶対サイドギターを弾かない男!そうメンバー誰もが言うって、スゴイ。アイツなら、それで当然だ!とか、天才だから、と許される、ほんの一握りの魅力と才能に溢れたミュージシャンなんですね~。今まであまり知りませんでした。名前だけは知ってたけど。ライブで、弦が切れても、なおカッコいい!!

個人がやるべきことをする。個人が個人のスキルを伸ばす。そんな個が集まった時、互いが刺激を与え合い、認め合い、楽しみながら何かが生まれる。憧れます。。。

2007年9月 6日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

甘い罠ジャケット完成!

Wana_jacket10月17日全国リリースする甘い罠のアルバム「甘い罠」。カッコいいジャケットデザインが上がってきました~!!!

収録曲は全9曲。①甘い罠 ②二重人格 ③全力疾走 ④昨日サイフをなくしちゃった ⑤Image ⑥New Days ⑦SUNDAY MORNING ⑧フロイトの夢(remix) ⑨ひとりきりの革命

甘い罠/甘い罠  YOUTH-028  \2,000(tax in)

なんと!先行して2曲をmyspaceで聴くことができますよ~!!!「昨日サイフをなくしちゃった」と「フロイトの夢(remix)です。アルバムの中から、どの曲を選ぼうか、結構迷いました。最速のハモリが鳥肌ものの「二重人格」にしようか? 詞も曲もアジアンなアレンジも、ポエトリーリーディングとのmixも聴きどころ満載の「全力疾走」は、ぜひアルバムを購入して聴いて欲しいなぁ、とか。「New Days」は、新しい方向をちょっと見せれるソリッドでPOPな曲。「SUNDAY MORNING」はファンキーパンキーのファンでDVDを購入された方には馴染みの曲かもしれないけど・・・まったり感がいいんですよね~。出しちゃうのもったいない曲ばかり。。。

でも、その中から、悩んで悩んだ結果、前回発売した「フロイトの夢」を大胆remixしたバージョンと、オトナのラブソングをさり気ない歌い方とメロディが重くしない自信作「昨日サイフをなくしちゃった」をアップしました!!

ぜひぜひ、甘い罠のmyspaceでチェックしてみてください。感想も聴きたいなぁ。

ライブも追加!18日に大阪、クラブジャングルでのライブも決まりました。

2007年8月25日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

CD「甘い罠」完パケました!

さっきam4時過ぎ、CD「甘い罠」(全9曲収録)が、mixを終えて、ようやく完パケました~!!

甘い罠のサウンドは、上村クンとミッチーの2人しか演者はいないんだけど、まさか!と驚くほどの迫力ある仕上がりです。2人が奏でる音は、歌声、アコースティックギター、エレキギター、ハーモニカ、打ち込みドラム・・・声だけでもいろんな幅があるしね。

エンジニアMさんがremixした「フロイトの夢」なんかもう、ホントびっくりしますよ!カオスですから!(笑)異次元の変態さん♪って感じです。「昨日サイフをなくしちゃった」と「Sunday Morning」は、上村クンの大人で甘い歌い方に注目してください。ちょっとオトナなラブソング♪・・・じゃないな(笑)、ラフソング。全ての曲のアレンジを担当したミッチー、お疲れさま!!

さて、kiyoriはチーム甘い罠のプロデューサーなんですが、何をやったか?と言うと・・・大きくは「方向を示す」というのが仕事デス。2人が迷ってる時、「こっちこっち!」と手招きして道を示す、というか。例えば、「フロイトの夢」をremixという形で収録しよう!と提案したり、「全力疾走」という曲の中で、言葉に、全く別のポエトリーリーディングを重ねる、という提案をしたり、「Sunday morning」は、最初は「おやすみなさい」というタイトルで詞を書いていたんですが、全くの方向転換したり。まあ、あとは、レーベルを見つけて、決めてきたり、ジャケットの製作窓口だったり・・・そんな感じです。

まだまだこれからやること沢山あります!でも、今日のところはバンザーイ!!

2007年8月15日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

「二重人格」

数年前にkiyoriが作詞して、ミッチーが作曲した作品「二重人格」を、今回甘い罠でRECした。たぶん、国内最速のハモリ曲じゃないかな。これだけの高速で歌いながら、ピタリと2人がハモってる楽曲は、今だかつてお目にかかっていない。

聴いたら、間違いなく驚くよ!そして、甘い罠以外にこの曲を歌いこなせる人は、そうそういないと思う。まあ、ためにしチャレンジしてみてください。難しいから。

そう、この曲誕生時にも、「最速のハモリ」を目指した。誰もやっていないことをやってみたかったから。簡単に言うが、ピタリと重なる快感は、歌い手2人のヴォーカル力量あってのこと。

誕生してから数年---現在までに、国内音楽シーンで、最速のハモリで圧倒する曲には出会っていない。kiyoriが出会ってないだけかもしれないけどね。ミッチーも、この曲を一緒に表現出来る相手に出会ってこなかった。

そして今回、何度かリハーサルスタジオで合わせて歌い、おおおっ!と感触を掴み、レコーディングした音を聴き、再び、うわぁぁ!と感動。お楽しみに!!

心に思ってることと口をついて出る言葉が違うんです

ツラツラと頭の中 流れる言葉たちを 全て声に出してみたら

それが正直ってこと? 裏表がないってことなのか?

~「甘い罠」より~

2007年8月14日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月11日 (土)

「甘い罠」10/17全国リリース!

甘い罠のアルバム「甘い罠」が、10月17日(水)、youthより全国リリースします!

youthレーベルは、THE COLLECTORSのトリビュートアルバム「NO COLLECTORS,NO LIFE」をリリースしたレーベル。リリースは10月17日ですが、10月1日と、8日の下北沢でのライブでは、ライブ会場で先行発売しますね!

さて、今日は収録曲について、ちょっとオシャベリ。

全9曲収録です。結構作りましたね~。それぞれが仕事しながら、集まれるのは23時くらいからなので、出来る範囲の限られた時間の中で、やれることの限りを尽くす・・・!と。kiyoriのよく言う「無理をする」というコトの最大限の実践でした。

無理をしているんだから、当然辛いし大変なんです。でも、レコーディングした音を聴いた時(ミックス前)、今回のアルバムは自己最高傑作かも!と予感できました。

ロックは、miniアルバムとかマキシシングルじゃないよね。アルバムを作ろう!と決めた時点で、苦労は目に見えてましたね。だって、たった2人のユニットですよ。kiyoriもメンバーみたいなものですが、ステージに立つ人は2人。歌う人とアコーステックギターを弾く人、その2人で、音楽の幅や変化を表現するのは、なかなか大変なことです。時間のない中、かなり悪戦苦闘の日々でした。

絶対ブレたくない部分は、「アコーステックだけど、ロックであること!」。甘い罠は俗に言う「弾き語り」感覚じゃなく、ロック!

では、ちょっとだけ、収録曲の雰囲気を紹介しましょう。

甘い罠(新録)・・・アルバムの幕開けにふさわしい勢いのある曲!一気にいきますよ~!

二重人格・・・超高速ハモに驚くでしょう!聴いてる人をドキドキさせまる、日本一早いハモ(たぶん)。7年くらい前にkiyoriが詞を書いて、ミッチーが作曲した曲。

全力疾走・・・上村拓作詞・作曲の新境地。傑作。ミディアムのアジアンテイストの広がりがある大きな楽曲。そこにポエトリーリーディングとのコラボが絶妙♪

昨日サイフをなくしちゃった・・・傑作。ラフな歌い方が、大人の切ないラブソング?

Image・・・4月のライブでやったSWEETSの曲。ミッチー作詞作曲。

New Days・・・ミッチー打ち込みのドラムと、エレキギターの変態度が高い疾走感溢れる曲。傑作。

Sunday Morning・・・詞の世界も歌い方も、上村拓新境地。曲は昨年末にファンキーパンキーが発売したDVDのエンドロールで流れていた鼻歌~♪ 何でもない日常のワンシーンを切り抜いた傑作。

フロイトの夢(Remix)・・・エンジニアMさんのミラクル☆☆ 元々変態っぽい作品なので(笑)、Remixでさらに際立つ!

ひとりきりの革命・・・アルバムのラストはこれ!と、当初から満場一致。4月のライブで披露した曲。

★★製作者が、いつでも「今やってる最新作」を「最高傑作!」と言えることって、素晴らしいことなんじゃないかなぁ~と、思います。過去のヒット曲とか、自分の過去の仕事の功績とかに、自分自身が縛られてしまうと、前に進めないし、新しいモノは生まれないような気がします。自分自身の歩んできた道に自信を持つことは大切だけど、自分の過去を愛しすぎ、執着しすぎると、「変われない」と思います。

kiyoriはまだまだ変わっていきたい。自分のまだ知らない面を見てみたい。

甘い罠の絶妙なバランスの面白さは、「相手を信頼してゆだねる」というシーンの多さ。それぞれに、こだわりを持ってる人間の集まりなのに、それ以上に、相手のセンスやアイデアを信頼しているので、「うわぁ~!スゲぇ~!」って、喜び合える。それは、エンジニアMさんのRemixだったり、ジャケットデザインのwebtron大宮クンのデザインラフだったり・・・それぞれが、シーンで活躍しているアーティストなので、刺激し合い、触発し合い、今回のアルバムという形になったんだと思います。

2007年8月11日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月10日 (金)

サウンドデザイナー

ハードな1日でした。

20070808153758_3Cid_01070810050711_____d902idoc_2 午前中にスペースインベーダーのe-コマースに関する打ち合わせ、というか意見交換。会議室の机の上には、kiyoriがここ数年の間に製作したインベーダー製品がズラリ!並んでいます。商品を何個作り、販売ルートは?など、発売時の反響も合わせて報告しつつ、今後製作予定の商品の説明。もっと多くの人に、インベーダーグッズが使われる日を夢見ています~。

近々では、ニューエラのキャップが登場しますよ!!デザインが上がってきたばかりなんですが、またまたカッコいいので、お楽しみに!!!

渋谷に移動して、銀行に寄ってから、映画「犯人に告ぐ」の試写。試写室に、出演者である石橋凌氏が来ていて、上映後、「良かったですね」など、評論家の方たちに声をかけられたり、握手したりしていました。この映画、すっごく良かったです!!主演・豊川悦司なんですが、もうもうっ☆男の生き様として、カッコいい役でした。映画レビューは近日アップします。

夕方、タイトーに寄って、再びMTG。そうそう、昨日納品されたスペースインベーダーのエコバックが、なかなかの評判♪ 皆に「欲しい」と言われると、作って良かったなぁ~と、嬉しくなります。そういう単純な喜びって、仕事をする上で、ものすごく励みになってるんですね。

さらに、このブログを見て連絡をしてきてくれた大学祭の実行委員の方もいました。嬉しいです!今、協賛用のノベルティなど、タイトーオリジナルアイテムをいろいろ集めています。

夜23時から、いつものカフェで甘い罠のMTG。曲順や、ライブのタイトルなどを決めて、いつものスタジオへ移動。mix確認。そこで驚愕の出来事発覚!

さて、発売したばかりのマニアな音専誌「サウンドデザイナー」が届きました。甘い罠のサウンドエンジニアMさんが、約5pに渡って取材掲載されています!甘い罠の音源を例に、音作りの話も掲載されています。ぜひ見てくださいね。

2007年8月10日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年8月 5日 (日)

ロイヤル・オーダー☆

Ro4_2Ro11Ro12Ro7_2Ro2_2Ro3_2Ro1Ro6_2Ro9                                                                                                                                       今日のライブをファンキーパンキーに勧めたのはkiyoriでした。エッグマンとの窓口をやっているので、面白い企画を聞いた時から、これは出るべきでしょ!と、プッシュ。

そして今日、ファンキーパンキーのメンバーは、総額200万円近くのロイヤル・オーダーのアクセサリーを身にまとい、楽しい時間を過ごしました。ついに~!(笑)。ロイヤル・オーダーが、ファンキーパンキーの男度をいつもより上げてました。今日のライブを、たくさんのFPファンに見て欲しかったなぁ。セクシー度4割アップでしたよ♪

リハ後、本日のステージで身につけるアクセサリーを、好きなものから選んでいい、と言われ、総額数千万円の商品の中から、メンバー4人、キャイ②楽しそうにコーディネイト。男子でも、アクセで盛り上がるんだなぁ。その楽しそうな様子を見て、kiyoriもニッコリ。衣装とか、アクセとか、身につけるものが変わるだけで、モチベーションが上がるのって、悪くないなと思います。

キタ君が1番最初に決定。赤い石のリングに、ハート型のブレス!女のコチックな繊細なセレクト。ブレスが可愛いんですよ!「あ~アクセサリーのこと考えた衣装にすれば良かったなぁ!」と、キタ君。ハラ君もセレクトの方向性が近い。さすが、エディフィス好きの2人(笑)。趣味が近いみたいね。ハラ君はピンクの石を小指に♪それはkiyoriも密かに狙っていたアイテム。いいな、いいな。「くれぐれも皆さん!演奏に支障をきたさないようにね!」と、数度言うも・・・選ぶのに夢中☆瞳がキラキラしていました!(笑)

ヒネ君は「ザ・悪」ですよォ(笑)スカルもイカちぃデザインものも似合いすぎ!ハマリすぎ!ヒネ君はブレスがお気に召した様子。が、小指のリングはダイヤ入りで「20万円くらいですね~」と軽くロイヤル・オーダーの方に言われると、ビビッてました。そして、上村クンは、この日の「ロイヤル・オーダー、ベスト・ジュエリー」賞(そんなものはない!笑)の受賞を目指す!と高らかに宣言し、ダイヤの入ったブレスや、重量感たっぷりのクロスのネックレス、バラのからまるリングなど計4点をピックアップ。

一度身につけたら、本番まで、なくさないように、つけたままでいよう!ってことになって、近くのボエムに食事に行く。そこでテーブルを囲むメンバーを見ると・・・うわぁ!!こんなにキラキラとアクセをつけて集まってる姿なんて、見たの初めて!!しかも結構違和感ないんですよ。なんか気持ちが高揚して、みんな楽しくなってきました♪

ヒネ君は総額たぶんナンバー1なので、渋谷の裏通りでボコられてアクセを狩られたらどうしよう、なんて楽しい心配していました~アハハ(≧∇≦)v

終演後、ロイヤル・オーダーの人に「今日のロイヤル・オーダーのベスト・ジュエリー賞を暫定で認定します!」と言われて、当然とばかりにご満悦な上村クン。終わり良ければ、全て良し。

こういう企画イベント、楽しいですね。ファッションとか、日頃縁遠いようで、実はみんな興味あるから、コラボって楽しいですね。いい1日でした。

実はこの日のスタート、kiyoriは最悪な気分だったのです。FPが待ち合わせの場所に遅刻し、炎天下の路上で30分近く待つ間に、熱射地獄で気分が悪くなり、いつまで待たせるんだよォ!と、ムカッとしながらも立ってる気力もなくなって、家に戻ったんデス。ライブに行く気力もすっかり失せていました。。。が、少し休んで、気を取り直して、エッグマンにタクシーで行きました。頑張って気持ちを切り替えることが出来て、ホント良かったぁ~、と思えるくらい、そこから先はワクワクする1日になりました。

でもね、思う。遅刻とか、1日の始まりの最初でつまずくと、なかなか楽しい気持ちに立て直すのって難しいですよね。今日は、自分に頑張ったなって思いでいっぱいです。

2007年8月 5日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

8月!

8月のスタートはミーティングの嵐!

本日1番重要なMTGは、ゲームで使う音源の製作について!2つの素晴らしい両極端なプランから、どっちを選ぶか?という、究極の選択をしなくちゃなのです。①大手レコード会社と、大手SHOPとのコラボレート企画。だが、参加ミュージシャンはゲーム系。②クラブ系では確かな実績を持つインディーズレーベルと、その所属アーティストで、これまたクラブ系では間違いのないアーティスト。①案と②案、どっちと組むか?と。

それぞれにメリット・デメリットがあります。①はCDの販売見込み数が2万枚くらいだし、②はその10分の1くらい。でも、音楽のカッコ良さや、憧れ指数は②の方が断然上↑。さあ、どっちを選ぶ?

kiyoriなら、迷わず②案です。が、ここは実際ゲーム製作者サイドのイメージとか、希望とか、いろいろあるので、kiyoriは2つの案を提案して、選んでもらう側。途中まで出来てるゲーム画面を見せてもらって、あ~だこ~だ。ゲクリエイティブのMTGは楽しいです♪ゲームのデザイナーも、熱い想いを語り。結果は意外や意外!②を選択する、と最初から決めていた、というのです。おおっ!嬉しい誤算です。今までのゲームがこうだから、とか、この会社の作るゲームはこうだから、とか、先入観で決めちゃいけませんね(反省)。皆、今よりもっと上を目指しているし、もっとカッコいいものを作りたいし、変わりたい!って思ってるんだな。なんだかkiyoriも俄然やる気アップ↑↑です。

2007年8月 1日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

深夜の作戦会議。

Dsc02057 予定してたミッチーのレコーディングが当日キャンセルになったので、深夜23時半、甘い罠緊急招集!カフェplanet 3rdには、ここ1ヶ月で10回は行ってるから、もう常連客。行くと必ず奥のソファー席が我らのまったり指定席。そしてkiyoriは、ここの「高円寺ドライカレー」の大ファン!

レコーディングと並行して、決めなければいけないことが山のようにあります。「収録曲順をどうするか?」、「アルバムタイトルをどうするか?」・・・あ!そうそう、今回の甘い罠のCD、シングルとかミニじゃなくて、アルバムなんですよ~!「1回のレコーディングで、こんなに多い曲やったの、初めて」と、上村クン。いろんなことが未知のゾーンに突入しています。さらに、「曲解説を書こう!」、「ジャケットはどうする?」、「自分たちで撮影するモノってあるかな?」、「フライヤーはいつ作る?」、「詞の最終確認をしよう」、「ライブの内容は?」、「ライブのためのリハスケジュールも今から確保しておかなくちゃ」・・・などなど。

画像はレコーディング中に活躍した上村クンのハープ。いい音します♪ミッチーのギターはスタジオに置いてあるので、明日スタジオでミッチーが撮影。

レコーディングの様子はそれぞれがブログに書いているけど、ミッチーのブログを読むのが、毎日ヒヤヒヤのドキドキです(笑)。だってリアル会話なんですもの。確かにkiyori、外国人っぽく歌って欲しい、とディレクション提案しました(苦笑)。

---<言い訳>。この日、上村クンは、ミッチー自信の1曲の歌入れ。スタジオに向かう途中、ボーカリストの人を前に、こんな風に歌って欲しいにゃ~と、自ら歌ってニュアンスを伝えてみたのだが・・・当然へたっぴなので、苦笑される(涙)。いや、もう変な汗ですよぅ。その提案が、外国人みたいに(≧∇≦)。っていうか、久保田利伸みたいな・・・英語が得意な人みたいな感じで(笑)。いや、待って!桑田さんだったら?・・・なんて言ってみると、その場ですぐにモノマネ(?)してくれる上村クン☆ いや~笑った笑った。すごく面白かった!そんな調子で、最終的に、外国人が日本語しゃべってる風?に歌ってみたら、ほらね!なんかいい感じ!ミッチーが「外国人って言ってるけど、きよりんの例に出してるの、全部日本人だから!!!(笑)」の突っ込みに、大爆笑のスタジオでした、とさ。

ミッチーが、ブログ爆弾を仕掛けてくるので、<言い訳>してしまった。軽く敗北感(笑)。きっと、攻撃のターゲットにされてる上村クンは、もっと言いたいことがあるでしょう。アハハ。一瞬たりとも気を抜けない、甘い罠です。

アルバムの曲順が決まりました。大体考えてることが同じなので、すぐに意見が一致します。レコーディングは残り1曲。レコーディング直前に出来たばかりの新曲です。

2007年8月 1日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月31日 (火)

甘い罠レコーディング③

夜中2時過ぎ、RECのスタジオから戻り、疲れたので、今日は早めに寝ます・・・。

今日は上村クンの歌からREC開始。なんだか喉の調子もいいみたいで、声に伸びがあっていい感じ。予定よりも早くサクッと3曲収録。その2曲目の歌い方に、「外国人みたいな感じで」・・・と無理難題なリクエストをしたのはkiyori。ちょいR&Bの雰囲気を生かして、外国人ぽく歌ってちょ♪と。さらにミッチーからは3曲目に「丁寧に歌わないで!」とのリクエスト。丁寧に歌って、じゃなく、荒く歌って、と。

途中、中目黒のデザイナーの事務所へ行って、CDのジャケットに関する打ち合わせ。アイディアを出し合って、結構面白そうな試みになりそうです。これは完成してからのお楽しみ☆

そして22時半頃、今日初めての食事。午前中、引越したタイトーへ行って、エントランスの確認。午後からインベーダーの音源製作のMTG。ジャッジは明後日まで。夜からレコーディング。そして夜は大雨!

そうそう、昨日のリハは楽しかったなぁ。上村クンがドラムで遊んで、kiyoriが歌って、ミッチーはギター!バンドみたいだぁ~!と大笑い。

2007年7月31日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

甘い罠レコーディング②

07293Rec07283甘い罠のレコーディングが始まった、とブログに書いてから日が経っていますが、リハもやりつつ、レコーディングはハードに進んでいます。

甘い罠の楽曲の表現の幅が、普段上村クンがボーカルをやっているファンキーパンキーとは明らかに違うので、日々トライアルの連続。ウィスパーでやってみよう!とかね。さらに、作詞に関しても、上村クン、ミッチー、kiyoriの3人で、常にディスカッションしながら、書き直しは当たり前、という厳しいジャッジの中で、何を伝えたいのか?そのためのどういう表現方法を選ぶのか?など、かなり突き詰めた作業を、歌入れギリギリまで、あ~だこ~だとやりあってます。そして、最後はミッチーがまとめてくれるの!(笑)

一昨日はREC終了が朝6時くらい?昨日は、リラックスソングの詞に、なぜか上村クンが1ヶ所だけ、関西弁を使用してきたので、その部分アリかナシで、食事しながらも、スタジオに移動してからも、ずっと話していました。最初は「えっ!?ナシでしょう」と思ってたkiyoriですが、繰り返し聞いてるうちに、あれあれ??関西弁マジック!?なんか気に入ってしまいそうな自分が・・・いやいや、自分の第一印象を信じるんだ!・・・と1人勝手に葛藤。上村クンはね~ワザと、こういう「トラップ」を仕掛けてくるんですよ。で、反応見て笑ってるんですね。別作品でボツになったけど、演歌歌手もビックリの「~渡り鳥♪」って歌いあげてきましたら。キッパリ、ハッキリ、「だめ!」と却下しました。極寒の岬に海の荒波がザッバ~ン!ってしぶきをあげているような絵が浮かびました。ザ・演歌。曲はPOPなのに(笑)。いずれ完成したCDを聴いたとき、一体どの曲のことか、想像して聴いてくださいね。

エンジニアのMさんのプライベートスタジオは、まだ完成してなくて、木片に歌詞をガムテで貼り付けて譜面台として使ったり、なんかそういう環境を、既に楽しんでる風の我ら。

今回レコーディングしている楽曲たち・・・甘い罠がものすごいスピードで進化していることがわかると思います。ものすごく身近な日常のエピソードを歌にしたかと思えば、広大な大地や、果てしない夢みたいなテーマで歌にしたり、カフェミュージック風のギターアレンジが昼下がりの午後にピッタリだったり、アジアンな壮大な大地が浮かぶ力強い楽曲だったり、アコースティックギターだけの世界で、自分たちが表現できる限界に挑戦しています。

外は大雨、カミナリ、そして選挙---そうした世界とは全く別次元で時間が流れています・・・。

2007年7月30日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

速報!甘い罠、10月全国発売!

甘い罠のCDが10月に全国発売決定しました!

10月にはライブも何本か決定しました!詳細は、至急まとめて、myspaceにアップしますね!速報フライヤーを見た人もいるかな。ライブはもうちょっと増える予定です。

甘い罠のCDがCD SHOPに並ぶことが、嬉しいです☆

今日もこれからレコーディング♪

2007年7月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

レッドシューズ

Reds2_2Reds9_2                  深夜24時をまわった西麻布レッドシューズ

昨夜はここで、懐かしい再会と、kiyoriの相棒のDJデビューがありました。毎月最終木曜日の深夜に行われる「Chiwaki Magumi」というDJパーティーも、なんと64回目。ちわきまゆみさんと、レピッシュのマグミくんがオーガナイザーで、今回のゲストDJが上村拓。

マイカーで西麻布へ向かう間も、ちわきさんにもマグミくんにも、会うのが久々だから、ちょっと緊張気味のkiyoriと、「自分らしく!自分の好きな曲をかけるんだ」と、ハードロック中心のセレクトでのぞむ上村クン。

到着。ザワザワしてます。フジロック前夜ということもあり(?)外国人率がいつもより高め・・・らしいです。

そして・・・DJを終えたマグミくんと、何年ぶり!?ってくらいの再会。かつてkiyoriは、彼がボーカルとして参加しているレピッシュの取材を、雑誌「GB」(ソニーマガジンズ)他でレギュラーで行う音楽ライターやっていて、ものすご~く、レピッシュやBUCK-TICK、ジュンスカなどのメンバーには可愛がってもらい、仲良しでした。マグミくんは、当時と変わらず優しくて、レッドシューズに来ている自分の友達(ポカスカジャンの人や、元ピールアウトの人とか)を、たくさん紹介してくれました。

kiyoriを紹介する時、「このコ、昔から天然でさぁ、こんなんで音楽ライターやってたんだから、周囲に負けちゃうでしょ。だから、オレらが守ってあげてたわけよ」とか、「ちょっと天然で、全然変わってないんだよォ」とか。。。マグミくんの横で、ものすごくビックリしているkiyori自身!?

(以下ココロの声)えぇ!?ちょっと待って!私って天然かぁ?マサカそれはないでしょう?今まで一度たりとも自分を天然だなんて思ったことないし、いやむしろ、自分自身を「私、天然ぽくてぇ」と言う人のことキライだし!!(笑)。え?何?マグミくん、kiyoriのこと、天然って言った?(この日、何度も言われた・・・)どういうこと?それに、私って、音楽ライター業界の中で、周囲に負けそうキャラだったんだぁ・・・うん、まあ実際、今はやってないから、そうか、負けたってことォ??

マグミくんは、「このコをよろしくね」みたいな感じで、いろんな友達を紹介してくれました。なんかお兄さんみたいでした。

そんな中、25時半をまわった頃、DJ上村拓の時間が始まりました。ちわきさんからDJをバトンタッチ。この日はイギリス人のお客さんが多いらしく、マグミくんもちわきさんも、UKを意識した曲のセレクト。特にマグミくんのセレクトは、UK大好きのkiyoriのツボにきましたね~♪が、そんな中、我が道をひた走る上村クンのセレクトは、USA→ドイツみたいなハードロック中心。男だねぇ。が、彼の行く手には、数々の邪魔が・・・外国人のお客さんに、この曲かけてくれ~!とCD渡されたり、ファンキーパンキーのサウンドプロデューサーが酔っ払ってブース内に乱入して、ミキサーを触りまくって、曲を乱したり・・・まあ、これも全てDJの神の洗礼ですね、たぶん(笑)。1時間、ちゃんとおさめました。ちわきさんがエラスティカ(kiyori、かなり好き♪)につないで、DJも交代。すると、ちわきさん、なんとファンキーパンキーの「ロンリーガール」をサービスプレイしてくれました。

ちわきさんも、実は結構以前から知ってて、わぁ~久しぶりぃ!って再会。「こんな顔の濃い人(=上村拓)、なかなかいないよね~!」と、この日数回聞きました。アハハ、そこですか?

この日の上村拓のプレイリストは後日本人のブログにアップされると思うけど、メタリカ、KISS、ディープパープルなどなど。

レッドシューズを後にして、ちょっと興奮冷めやらぬ気持ちのまま、ファミレスで軽く食事して、周囲が明るくなる頃、家路につきました。なんかね、こういう1日・・・今、東京で暮らしているんだなぁ~なんて、もう何年も暮らしてるkiyoriだけど、青春みたいな切なさと、負けないゾ!みたいな、頑張ろう!って気持ちと、いろんな人との出会いや別れや再会の繰り返しの中、自分を見失わずにいかなきゃ!なんてことを、いろいろ、ホントいろいろ思うんです。

実はこの日は、昼からずっ~と、密度の濃い現場の中に身を置いていたので、普通2週間くらいで考える量が、1日に襲って来て、脳が疲れ果てました。報告したいことがたくさんあります。それは後日にまた。

2007年7月27日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月22日 (日)

甘い罠の曲作り

自然に毎晩集まってしまう甘い罠デス!

今日は確定したレコーディングスケジュール(ほとんど深夜)の進め方についてミーティングしたあと、ミッチーが昨晩衝動まかせで作った新曲について、さて、どう料理しようか、食べずに残すか?話し合った。

甘い罠はデモをプロツールスで作ります。最近は上村クンもプロツールスを習得し、MACと向かい合いながら作業する、デジタル集団です(笑)。デモが出来るとmp3にデータ化して、メール添付で渡して、それぞれがPCで聴く、と。

レコーディングには突入しているけど、この新曲を今からでも取り組んでみよう!と一致。今夜はなんとなく事務所に集まったので、ミッチーがギターをつま弾きながら、コードを書き起し、上村クンは鼻歌で音域の確認。

で、詞はどうしようか?と、なり、それぞれが、この新曲を聴いたときに感じたイメージや、浮かんだ言葉を話す。「空が見えてる感じ。青空かな」とミッチー。「オレは今日みたいな曇り空って気がする。その中に青空が見えてる」と上村クン。「未来の自分への手紙」、「広がりのある世界」、「希望」、「冒険」、「励まし系?」・・・「アートな詞がいいな。詩集に入るような詞がいいな」と、またしても無理難題を突きつけるkiyori。

今回レコーディングする予定の曲は、この新曲を入れて8曲。7月末までに録音を終わらせる予定です。

ミーティングの後、なぜかDVD「放送禁止」2巻を皆で観る(笑)。高校生みたいなライフスタイルですね。1番の怖がりはkiyoriでした。。。

2007年7月22日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

甘い罠レコーディング開始。

Rec07204_1 チーム甘い罠のコアメンバーは、前回のレコーディングから、上村クン、ミッチー、そしてエンジニアのMさんとkiyoriの4人。エンジニアのMさんが、自分専用のハウススタジオを建設中。と言っても、決して大袈裟なスタジオじゃなくて、お茶も飲めて、録音もできて・・・という和みの小スペースなんだけど、これが手作りで楽しそうにワイワイやってるんですね。ま、なかなか完成しない、というのもありますが(笑)。

今回、Mさんの未完成のハウススタジオ・・・たぶん完成度70%くらい?で、甘い罠がレコーディングを開始しました。木片や、かなづち、釘、むき出しの床など散乱している中で、録音ブースとコンピューターだけ確保して、スタートしました!新しいスタジオのこけら落としです。こけら落としと言おうとして、その言葉が出てこなくて、「筆おろしだね~!」と言って、上村クンに、ドスケベ人間と誤解されました(涙)。そんなことだから、脳内メーカーの頭の中が「Hでいっぱいになるんだよ!」と、少しリスペクトの混ざったまなざしで言われてしまいました・・・(号泣、いや、爆笑)。

それはさておき、レコーディングです!先に別スタジオで、ギターだけ先週録音してある「二重人格」という曲の、歌入れから始まりました。ブース内はオレンジに近いイエロー。kiyori周辺の人は知ってると思いますが、kiyoriはイエロー好きです☆ケータイやボールペン・・・なんか小物系のイエローに、すぐ目がいってしまいます。なので、このスタジオのブースの色にもテンションアップ↑↑

が。。。まだエアコンが設置されていないので、汗だくのレコーディングが始まりました。上村クンが「二重人格」の歌入れ。その後、ミッチーが、「全力疾走」と「ひとりきりの革命」のギター収録。レコーディングは夜通しです。

途中、上村クンと、カフェで詞のMTGをしました。詞のMTGは、文章を書くことが好きな人にとっては、結構楽しい時間です。自分が日頃気づかすに発してる言葉から、今強く思ってることや、興味のあることを追求してみたり・・・。さらに、ロジックやスキルを勉強することで、違うとらえ方や、表現の仕方も出来るので、表現手法についても真剣に話しました。

「二重人格」と「全力疾走」は、前回の甘い罠のCD「甘い罠」を聴いてくださった方もビックリするような、未体験ゾーンへチャレンジしていますので、期待しててください。

2007年7月21日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月17日 (火)

原点回帰。

20070718150126 かつてkiyoriがソニーミュージックの社員として働いていたのは丸4年間。その時、どんな仕事をしていたのか・・・今では細かいことは覚えていないけど、音楽と関わる最初のきっかけとなったことには間違いない。

その後も現在に至るまで、「音楽」、「書いて表現すること」、この2つは形を変えながらもず~っと続けて来たという事実は、kiyoriの「やりたいこと、好きなこと」の核になる部分が「音楽」と「書いて表現すること」なんだろうなぁ、と、後付けで自己分析すれば思える。

忙しい毎日、雑多な日々の中で、時々、最初のころの気持ちを忘れそうになっていることに気づく。

あの頃私は、どんな気持ちで、頑張っていたんだろう? 何を伝えたくて、耳を傾けて欲しくて、どんな風に表現したくて、もがいていたんだろう?

引越し荷物の中から、捨てずに持ってきたkiyoriの原点ともなる手書きのレポート(フリーパーパー)のファイルが出てきました。あんなにいろいろ捨ててきたのに、これだけは捨てずに持ってきたんです。誰よりも他社のライブに足を運んでいたので、勝手にレポート作って、販促担当者に配ってるうちに、ウワサが社内で広がって、毎号200部くらいコピーするようになった幻のレポートです(笑)。

久しぶりに、読み返してみました。

嬉しさと、衝撃!・・・嬉しさは、自分自身が根本でブレていないで、ここまで来ていること。衝撃は、当時の情熱が、今以上であったこと。今でも充分、枠からはみ出して(笑)いる勢いだと思っていたけど、それはウヌボレでした。当時のkiyoriの行動力は凄まじかったのです!しかも、そんなアグレッシブな日々を、楽しんでいる自分の姿がフラッシュバックしました。

データ好きは当時からのようです。ライブ会場に集まった人の数、その男女比などまで、事細かに記してありました。また、デビュー前のアーティストの動向や、打ち上げの様子や音楽ライターや編集者とミュージシャンとの格闘ぶりまでも。

あれ?このアーティストのライブ、見たことあったんだぁ・・・!と驚く記録の山。あまりにもライブを見過ぎていたためか、印象に残ってないものがほとんどで、これって、最近の映画の試写にも似ています。映画を観るほどに、本当に気持ちが揺さぶられる作品に出会ったときの感動以外は、どんどん記憶の片隅においやられてしまいます。

先日行った西麻布レッドシューズは、かつてライブの打ち上げ会場の二次会で、よく貸し切られていました。

KISSのライブについて「ギターをたたき割った。ロックはこうでなくちゃ!」とか「ピックを200枚くらい投げてた!タオルは30枚くらい!」と、書いてあって、その豪快さに、笑ってしまいました!今読んでも、そうだな~ピック200枚くらい投げたらカッコいいよな~なんて思ってしまうんだから・・・。

ちょっと気持ちが上がりました!!このまま頑張ろう!って、素直に思えました。

2007年7月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

音楽と空間。

ショッピングモールのオープンスペースで、ストリートライブ的なライブ演奏を聴いた。買い物の途中で、足を止めて耳を傾ける人、階段に座って、一休みついでに聴いている人・・・ここはお金を払って音楽を聴くスペースではないので、演奏しているミュージシャンが気になった人たちが集まっている。

演奏が終わると、さっきまで集まっていた人たちが、それぞれの方向へ、歩き去っていく。何もなかったように、広々とした空間が残る。

kiyori自身のことを考えたとき、ショッピングしてる最中、ストリートミュージシャンが演奏している姿が目に入っても、音が聞こえてきても、よっぽどのことがない限り、足を止めて聴き入ることって、ない。新宿フラッグス前あたりでは、そういう風景によく出会う。だけど、スルーしてしまう。

だから、オープンスペースでたくさんの人の足を止めるだけの音楽を奏でるアーティストって、スゴイなって、思う。

ピアノジャックはそういうアーティストでした。

別の日、数回行ったライブハウスに、人の紹介で、気になるキーボーディストを見に行きました。雨が降っているのに、チケットはSOLD OUT。フロアも、入口付近も、人でギッシリ。まだまだkiyoriが知らないだけで、今日もライブハウスをSOLD OUTにしているアーティストは沢山いるんだな・・・と思った。思ったけど、その音楽で気持ちが揺さぶられることはなかった。目の前に大勢の熱狂しているファンの姿があっても、もしストリートだったら、足を止めずにその場を過ぎてしまっただろう。

音楽全てが好きなワケじゃないんだな、私(笑)。どんな音楽でも、その空間も含めて楽しめるワケじゃないんだな。好きな音楽と興味のない音楽はハッキリしている。

そして、気になる音楽に出会えたときは、それが音響設備がどうのこうのなんて場所じゃなくても、胸に響く。

音楽を聞くための環境が整ったライブハウスでも、そこに自分のアンテナにひっかかる音楽を奏でるアーティストがいなかったら、全然楽しめない。

ちょっとまとめれないんですけどね、整えられた環境じゃないな、その人が持つパワーの方が、今kiyoriが求めている何か、なんだろうな。なんてことを思いました。

小雨になって、ライブハウスの帰り道。台風が接近しているから、川がものすごい勢いで水かさを増して流れていました。

2007年7月15日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

エクストリーム

EMIの加茂さんに、甘い罠のデモを渡したら、さっそく聴いてくださって、感想をいただきました。そこには、もしやkiyoriの苦手なハードロックなバンドの名前が・・・っ!?

例えは古いですが、exteram「more than words」 みたいな曲が出来ればいいなと思いました

え~ん、わからないよぅ(涙)。エクストリームって何??・・・が、ハードロック110番の上村クンに問い合わせると、まるで常識問題といわんばかりのスムース回答。さっそくキメラCDライブラリーコーナーのハードロック欄を探すと・・・発見!エクストリーム。う”っ、kiyoriが自分のブログに、ハードロックなバンドの名前を書くこと自体、なぜか屈辱感(?)・・・はうぅ。中ジャケの写真は、やはりロン毛の方たち勢ぞろい。あれ?でも、なんか男前かも(笑)。

そして「more than words」を聴いてみた。・・・・・・・・・あれ?ミスター・ビッグとか、そっちの仲間?どこかで聴いたことある曲でした。なるほど。ハードロックのボーカリストは、皆歌が上手いですね~なんて、感心しちゃいました。甘い罠で大ヒット曲、生まれないかなぁ(笑)

甘い罠は今週からレコーディングに入ります。それぞれ仕事があるので、時間をやりくりしての作業です。

2007年7月10日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

クマちゃんと。

ワタナベフラワーのクマちゃん(vo)と、バーゲンでごった返す新宿で待ち合わせして、近況報告会(?)しあいました。前から声かけて貰ってたんだけど、なかなかタイミングが合わず、共通の話題が果たしてあるのかもよくわからず(笑)、時は流れ・・・ゴーインなワガママ男に弱いkiyoriは(≧∇≦)ようやくクマちゃんとの会合に参加!?クマちゃんは、kiyoriと初めて会った頃から、直感でkiyoriのことを、「オモシロい人!何か刺激がもらえそうな人!」と思ってたんだって(笑)。それは間違いですよ~。アハハ。

そういえば・・・クマちゃんと、いろんなこと、ちゃんと話すの初めてでした。たぶんお互い、そんなに遠い距離にいるワケではなかったので、間接的にだったり、ウワサで、動向はなんとなく知ってたから。それに、ワタナベフラワーのマネージャーの永島クンが、以前kiyoriがプレゼントしたスペースインベーダーのキャップを、本当に気に入ってかぶってくれてるのが、作った者としてはすっごく嬉しくて、今回も、永島クンへ新作インベーダーキャップを進呈してしまいました!やっぱり、身につけてもらえてこそ、モノは生きるからね♪

思い起こせば(?)ワタナベフラワーエアリーミュージック(タイトー)のアーティストだったんだもの!かなり至近距離で仕事してた機会もあったのです。kiyoriの半分はタイトーの広報チーム所属ですから、ね☆ でも、会うのは1年以上ぶりって感じでした。クマちゃんて、こんなにデカかったんだっけ!?と思いました。

クマちゃんと話しているうちに、「よし!やってみちゃおう!」・・・みたいな、音楽を楽しむ衝動とか、「無理かどうかなんて、やってみなきゃわかんないよ!」・・・みたいな、まず動き出すことの大事さ、「うわぁ!それって、出来るかどうかわかんないけど、面白そう!絶対オモシロいよ!」・・・みたいな、ノリや勢い----そういうのを彼らは「ワクワク」という言葉で表現しているんだと思うけど、音楽に限らず、何をやるにも、kiyori自身も大事にしてる部分なんだよなぁ~と、自己確認。

ワタナベフラワーのことは、そんなに知らないけど、現在彼らは6月から6ヶ月連続ワンマンを企画し、頑張ってる。ホント「頑張ってる」、という表現は間違ってないな、と思う。全てが思い通りにうまくいってる人なんていないワケで、彼らも、自分達で決めたこの6ヶ月連続ワンマンという計画を、自分たちのものにするために、頑張っている。

クマちゃんの笑顔に油断して(!)、kiyoriも、「こんなことやってみたいんだ~、こんなアイディアどう思う?」なんて、頭の中のフロッピーから、アイディアをダウンロードして見せてみたり。もしkiyoriからヒントを得たり、盗めるスキルがあったら、どんどん持って行っていいよ。今は、そんな気持ちのときなのです。

2007年7月 9日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

人間ピラミッド

Cid_01070627111916_____d902idocomo 本日のブログは、もう~ものすごっく少ない人にしかわからないネタばれ(!?)です。

「スコーピオンズの2枚組みのライブアルバムの裏ジャケを見よ!」と言われ・・・見て、納得!

納得する前に爆笑してしまいました。。。

もうっ、イヤッ!(>_<)

2007年6月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

「甘い罠」再始動!

4月にライブ3本、4曲入りCD「甘い罠」と、その攻略本「甘い罠読本」をリリースして、期間限定の活動を終了した甘い罠。来月からレコーディングに入り、活動再開します。

★その後の「甘い罠」

4月のライブ終了後、多方面での波紋があり、水面下ではいろいろな動きがありました。なかなかリアルタイムで書けないことが多かったのですが・・・(o^∇^o)ノ

その中の1つは、イベンター関係者Mさんから「フジロックに出ないか?」と誘われたことです!正直ビックリしました。エントリー用に資料揃えて欲しいと言われ、慌てて用意。「どこまでプッシュできるかわからないが、甘い罠のアコースティック・ロックは、他にいないし、カッコいいよ!」と、推薦して下さることに。フジロック!?にわかには信じられませんでした。出れたら夢のようだにゃ~なんて思いつつ、途中経過を待つと、「アヴァロンのステージに出れるかどうか」。

アヴァロン・・・電気をつかわないエコ系のステージ。モチロン出たい!でも、甘い罠はレコードメーカーがバックに付いているワケではないので、実際出れたとしたら奇跡だよね~なんて話をしていたけど、結果はやはり残念、でした。かなりキワキワまで残っていたんですよ。でも、そりゃあそうだよね、とスッキリ納得。約1ケ月間の夢でした。

でも、推薦していただけたことが、甘い罠にとって、大きな自信につながりました。

★曲作り

ライブ後、多くの方々から「もっと続けて欲しい」というメッセージをいただきました。でも、期間限定と決めて活動していたので、完璧に一度燃焼してしまったのです。

1ケ月が経ち、久々にスタジオに入ってみました。そしたら、上村クンもミッチーも、新曲の構想を持ってきていました。曲が生まれ始めると、いろんな衝動がフツフツと甦ってきます。

SWEETSのときの、あの曲やってみない?」「最速でピタリとハモがはまる曲、誰もやってないような曲にもチャレンジしたいね」「そういえば、あの曲に詞がついてないけど、詞をつけて欲しいなぁ」「英語詞にもチャレンジしてみたいね」・・・など、甘い罠で表現してみたいことが次々と出てきました。

甘い罠の曲作りは、プロデューサーのkiyoriを加えた3人で、オープンにやっています。詞のテーマについて追求したり、思いつきも、すぐにやってみよう!となります。詞は何度もやり直し。ハモリに関しても、上村クンとミッチーが常にアイディアを持っているので、2人が互いのアイディアを披露して、精査して、良い方を採用。声が届く作品。言葉が届く作品。そしてミッチーのギターが生きる作品。新曲を聴きながら、kiyoriにはアジアの広大な大地が見えました(笑)。

★今後の「甘い罠」

「何を目的に甘い罠をやるのか?」・・・深夜、集まっては、ディスカッションしました。「目標がないまま、頑張り続けることは難しい」と、上村クン。全員同感。期間限定で集中して頑張り続けた日々を上回る感動や衝動や集中力を持ち続けることは、本当に難しいことだと思います。神経が磨り減ります。甘い罠はそれぞれのライフワークとは違う感覚で存在していて、「トライアル出来る場所」、「新しい刺激をお互いが受けあえる場所」という感じ。チーム甘い罠には、前回mixを担当してくださったMさんも加わって、何度もミーティングを重ねました。

その中で、やはり、「トライアルする」ということに1番の目標を置くことに全員の気持ちが一致してゆきました。甘い罠はトライアルするチーム!いくつかの具体的な目標が見え始めていました。それは前回とは違い、また新しく生まれた目標です。

音をCDという形に残すこと、ライブをすること、myspaceでの表現・・・前回と同じことはしません。よりハードルは高めに設定しました。でも、最近録音したデモが、私たちに自信と勇気を与えてくれました。前に進もう!ちょっと高めの山に登ってみよう!今はそんな気分です。CDについても、ライブについても、詳細は順次発表していきますが、この時点で、「甘い罠再開!」を発表しよう、と決めたのは、甘い罠を気になってくださってる方たちに、一緒に見てて欲しいからです。一緒に楽しんで欲しいからです。目標のライブが終わった時、おいしいお酒が飲めるように、悔いが残らないように、真剣にスタートしました。

今後の展開は甘い罠のmyspaceで随時アップしていきます。

2007年6月27日 音楽 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

ファンキーパンキー

_dsc0011 夢と現実の間を、行ったり来たりしているような週末でした。

土曜日、ファンキーパンキーの下北沢CLUB QUEでのワンマンライブがありました。東京初ワンマンです。1年近く密接に彼らに関わってきたkiyoriとしては、バンドの表も裏も見てきたので、このライブは記録にも記憶にもしっかり残したい!と思っていました。・・・が(苦笑)、なんか始まってしまえば、いつも通り、いや媒体招待してたので、いつも以上に忙しくて、あれれ~という間に終わってしまいました。断片的に集中してライブを見ましたが、通して見ることは出来ませんでした。記録には・・・出来る限り映像収録しよう!と、今までやってきたのですが、それもバタバタしたままこの日は中途半端に。

でも!本番直前、カメラマンの杉山さんにお願いして、約5分間の、ありえない短い時間でのメンバー撮影を強行しました。QUEの楽屋裏通路で、本番10分前の画像です。スーツを脱いだら、すっかりバラバラ衣装の4人(≧∇≦) アリなのかナシなのか?本人達に言ってあげてください(笑)。

_dsc0028_2 本番直前なので、いい表情していますね。カメラマンの杉山さんは、現在の彼らのアー写、赤バックのメンバーの撮影をしてくれました。kiyoriの長年の友人です。撮影後すぐに、画像データを届けてくれました。それがコレです。今、1点づつ見ながら、おぉ!と思い出し中。5分間のショート撮影でしたが、本番前の気合が現れていますね。この後、ギターの喜多クンの手がつる、なんてことは、この時点では誰も予想していません~。

先日17日のブログで、kiyoriは彼らのプロデュースから離れたことを書きました。知らなかった人も多くて、多方面から反響ありました。実際離れることになったのは、4月中旬なんですが、それから約2ケ月は、悔しいような残念なような気持ちで、なんか自分自身の気持ちが前に進めなかったのです。悔しいというのは、彼らはきっとメジャーで売れる!と信じていたのに、その瞬間まで、自分自身が関われなかったということ。もっと上を目指して欲しい!一緒にクリエイトしていきたい!という気持ちとスピードが、彼らとは微妙にズレてしまったこと。kiyoriの方が林檎を掴みに行くのが早い、ということです(15日のブログ参照)。そうしているうちに、気持ちが浄化され?kiyoriには新たな仕事が舞い込み、それに時間が割かれ、ブログに書いたことで、あぁ彼らとホント離れたんだなぁ・・・と、kiyoriもやっと卒業したのかな、と思いました。

距離に慣れ始めた2ケ月の間に、彼らはなぜか、ロックンロール・サーカスな人たちになっていました(笑)。以前なら、猛烈に意見したと思います!でも今は、へぇ~そうなのォ!と、一歩外の輪にいる感じ。

まあでも、ワンマンが近づくにつれ、やっぱり気になってしまうのです。大丈夫かなぁ、って。結局、招待者呼び込みや、杉山さんにお願いして撮影入れたりと、余計なお世話をしてしまったのですが、ファンキーパンキー頑張って!という応援の気持ちです。全てが終わって泣く・・・とか、そういう感情はなかったです。それは4月で終わっているので。

招待媒体の中に、彼らが1年前所属していたエアリーミュージックの人も来てくれました。帰り際、「1年ぶりにファンキーパンキーのライブ見たけど、カッコよくなってて驚きました!」と言ってくれて、1年の早さを驚くと同時に、わかってくれる人がいる嬉しさも感じました。

kiyoriは、何かのプロジェクトを始める時、或いは目標を定めて、それに向けて頑張るとき、そのプロジェクトが完結したり、目標に到達した時、泣けるくらい感動できるように一生懸命やろう!と、いつも思っているんです。だって、泣けるくらいの仕事なんて、オトナになって経験ありますか?あまりないですよね。

ファンキーパンキーと仕事をする中で、そういう泣けるシーンに何度か出会えました。表参道ヒルズの限定CDが完売した瞬間。DVDのエンド曲がイメージどおりの書き下ろし曲で、それがkiyoriの想像してたエンドロール映像と重なったのを初めて見た瞬間、ホント感動して涙が出ました。大阪のライブにも、かなり通いました。最近のことなのに、それさえも懐かしい感じがします。

彼らが特典として配布したDVDには、最近撮影した「人間ピラミッド」や、いくつものバックステージ映像が使われていて、何度見ても、やっぱり笑ってしまいます。

楽しい時間をたくさん共有できました。意見が衝突したり、朝まで話し合ったり、銭湯に行ったり(?)、大笑いしたり、ムカついたり、部屋探ししたり、引越ししたり、ファンキーパンキーハウスで朝まで詞についてディスカッションしたり----険悪なミーティングもたくさんしたけど、それよりずっと笑いあってた時間の方が長かったです。会社とか業界とか、オトナな関係じゃなく、仲間として付き合ってきました。

好きな人とは食事をしよう!がkiyoriのモットーの1つなんですが、ファンキーパンキーとは、いろいろ食べました(笑)。お寿司、インド人がやってる中華(笑)、日本人好みの中華、和風居酒屋、パスタ、カフェ・・・食事しながら、たくさん語り合いました。

大きな流れが決定したとき、「よし!頑張ろう!」って全員が同じ方向を見れたときのすがすがしさ、外に出たら、もう朝だよォって、あくびしながら「またね」と別れた朝、ほんとに瞬間瞬間だけど、kiyoriは時々、気持ちが5人目のメンバーになってた時がありました。彼らのバンド人生の中でも、もっとも激しい、激動の1年間を、近い距離で過ごせたこと、一緒にいろんなシーンを乗り越えれたこと、忘れません。

たくさんの貴重な経験をさせてくれて、ありがとう☆

幸い彼らには、彼らを熱心に応援してくれるファンがたくさんついています。関西だけではなく、関東でも、ワンマンライブが成立するくらい!多くの声援に支えられて、夢をその手に掴んでください!

「厳しさに負けないで。常に最善を尽くすことを忘れないで。上を目指してくださいね!」

人生はメビウスの輪みたいなものだから、裏も表もひと続き。もう一度ファンキーパンキーに出会うところから始まる奇跡もあるかもしれない、よね。それもきっと楽しいし、アリだよね。お互いの未来に、期待しましょう。

じゃあ、またね。あの日、マクドナルドで朝まで話し合って、「今日はホントいいミーティングだった!」って言いながら、外にでた朝-----あの日みたいに、「じゃあ、またね」

2007年6月24日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

天使が舞い降りた♪

完成したデモ3曲が、朝ポストに届けられていた。

コーヒーを飲みながら、聴いてみた。1曲目は、高速歌唱テクを見せ付けるクールな楽曲。さらに歌いこんだら、これはかなりカッコいい曲になるでしょう。ライブでお客さんが驚くだろうな~。2曲目は、広大なアジアの平原が浮かぶような、大地をイメージしたサウンドに、ポエトリーリーディング+呪文、とでも言っておきましょうか?最初のこの曲をギター1本で聴いたときから、惹かれました。一目ぼれみたいな出会いです。そして3曲目を聴いているとき、天使が舞い降りました!!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

日頃、曲を聴いて、気持ちの深い部分で感動するって、実はそんなにないんです。。。プロデュースしているkiyori自身が励まされるような、キラキラした眩しい曲に仕上がっていました。

早く、皆さんの手に、この音たちが届けられることを祈ってマス!その日まで、全力疾走しようと思っています。

2007年6月24日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

音源製作スタート!

現在2つの別プロジェクトの音源製作がスタートしました♪

1つは、インベーダーのコラボレートCD企画。4年前に、スペースインベーダーと、ケンイシイさん、テイトウワさん、細野晴臣さんなどのコラボレートCDを企画プロデュースしました。「スペースインベーダー大作戦」です。この音源、インベーダーのゲーム音を使って、それぞれのアーティストが、インベーダーリスペスト!なサウンドを製作してくれた贅沢盤でして、今でも、よくTVのBGMで耳にします♪作ったkiyoriには、ほんのちょっと流れただけでも「お~☆」って、喜びなり。この前の「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」でも、流れてた♪

さて、再びkiyoriプロデュースで、インベーダーのコラボレート音源の製作がスタートします。ぜひぜひ参加して欲しいアーティストがたくさんいます。ヒットも狙ってみようかな、なんて、いろいろ構想中。お楽しみに。

そしてもう1つは、今月末からREC予定で、現在曲を詰めています。それぞれは忙しいので、作業はいつも深夜になってしまいます。

まあ、いいや。寝なくても!(いつもこれ・笑) 生きてるうちに(大袈裟)、1つでも多くの作品を残したいな、っていうか、世に問うような作品も残したいな~。・・・なんて野望もモチロンあります!

CDのプロデュースをする時、そのパッケージデザインや、そこから派生するPVなどの映像や、トータルのビジュアルも、すっごくこだわってしまいます。そして、そういうコトをアレコレ考えてる時やディスカッションしてる時が、ものすごく楽しいんですよ。また、そういう時間をエネルギーにして、別の現場にアイデアを持っていけたりするんですね~。

あと、発表したり、公言することで、一歩踏み出すことが出来る、ってありますよね。まだまだ公言できない準備中の案件もたくさんあるんですが、1つ1つ世に送り出していきたいな、と思います。「形にする」----そういうコトにもこだわっていきたいです。目に見える形にしていくこと、形で残すことは、「記憶に残す」こととは違う意味を持つので。

今、サクッと「意味を持つ」などと書いてしまいましたが、「意味がある、なし」にこだわる必要もない、ということを、別角度で考えている自分がいます。意味を求めてしまうんです。何をやるにも大抵(笑)。そして、意味のあることは、確かに重要なんです。でも、一方で、「意味?そんなのどうでもいいじゃん。楽しければ!」というもの真理なんじゃないかな、と思う自分もいて。結局は、楽しくて、ワクワクすれば、それが自分にとって意味のあることになってくるのかなぁ・・・なんて考えてみたり。

グルグル、考えてばかりですね(笑)。ま、それも良し、と。

あ~なんか、ワクワクしてきた!

★PS・・・先日、デイリーアクセス2,100を突破した日がありました!ビックリしましたよ!見に来てくれてる方たちに感謝します。毎日欠かさず更新しますね!

2007年6月20日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

それぞれのスタンス。

梅雨入りしたとかしないとか・・・毎日晴れてますね~。しかも日中外に出ると、肌がチリチリと痛いくらいの熱。ここまで暑いのは苦手です。。。

近所は自転車。ライトが付いてなくて、夜、2回くらい、おまわりさんに声掛けられたので、自転車屋さんに行ってライトを取り付けてもらいました。書店や文房具店は、日頃からよく通うけど、自転車屋さんとかって、数年に1度行くか行かないか、ですよね。だからキョロキョロ、ワクワクしてしまいました。

来週、ファンキーパンキーが、下北沢CLUB QUEで、上京後初めての東京でのワンマンライブを行うので、媒体の方々への招待メールを送りました。皆さん、成長した今の彼らを見てくださいね!新曲も聴いてくださいね!感想も聞かせてください。大勢の方にライブに遊びに来て欲しいです!

kiyoriは、去年の秋ごろから今年の4月中旬まで、正式な事務所というワケではありませんが、ファンキーパンキーのプロデューサーとして、マネージメント的な立場で、彼らを応援してきました。今まで一緒にCDやDVDの製作、レーベル探し、上京のお手伝いなどしてきましたが、活動する中で、お互いの目標への向かい方やそのスピードなど、スタンスの違いを感じ、4月以降はちょっと距離の離れた場所から、応援していくことにしました。

ファンキーパンキーは凄くいいバンドです。唯一のバンドです。kiyoriは一本気な性格なので(笑)、この間、彼ら以外のライブには行きませんでした。わき目もふらず、というくらい、ファンキーパンキーが上に行くことを願っていました。

だから、今後彼らと一緒にモノ作りをすることはないかもしれないなぁ・・・と思うと、悲しいような気持ちもあります。(4月のブログを読み返すと、葛藤が書かれてるなぁ)kiyoriは、彼らとクリエイトしていく現場、何かを企んでミーティングしている時間が好きでした。こんなことやろうよ!とワクワクするのが楽しかったです。いつも一生懸命やってきた自信があるので、マネージメント的な立場からは離れたけれど、今でもモチロン彼らは友達です。困っていたら、呼んでくれたら、すぐに駆けつける仲間です。

彼らがDVDを特典として作る、と聞けば、撮影協力をしたり、ワンマンをたくさんの方に見て欲しい、と聞けば、媒体呼び込みを手伝ったり、彼らの最近のテーマであるサーカスっぽい演出を提案してみたり。kiyoriの出来る範囲で協力は惜しみません。

彼らが今後、どういう目標に向かって進んでいくのか?どんな新曲を発表するのか?今回のワンマンでは、kiyoriもそれを知りたくて、足を運びます。

ファンキーパンキー、頑張って!

2007年6月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年6月 9日 (土)

SHIBUYA-fm

                                                   Radio06083Radio06085                                                                                     マークシティのサテライトスタジオを持つコミュニティFM「SHIBUYA-fm」とは、カレコレ8年来のお付き合いである。先週ぐらいから、ヤフードームとかCCレモンホール同様、スポンサーの名前の入ったニューバランス・スタジオに変身した。スタジオを外から見ると、ニューバランスのスニーカーがディスプレイされ、さながらSHOPみたい。

で、カレコレ8年くらい続いていた番組「10 DISKS」が6月末で終了することになった。今までSHIBUYA-fmで、いろんな番組を担当してきたが、「10 DISKS」はかなりの長寿番組だった。でも、今月末で終わる。。。

始まりがあれば、終わりはある。そして、終わるものがあれば、また新しく始まるものもある。

・・・というワケで、7月からは新番組を予定しています。ディレクターの江口さんが言いました。「松本きよりさんらしい番組を期待している」と。私らしさ? それって何なんだろう? kiyori自身より、周囲の人の方が、kiyoriらしさを知っているような気がします。

2007年6月 9日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月15日 (火)

ベルウッドレコード

★キングレコードのインディーズレーベル、ベルウッドレコードに打ち合わせで行ってきた。初めて行った。想像してたが地味だ。何か生まれるだろうか?

★自動車免許も、パスポートも、書き換えが同時期にやってきた。タイトーでも写真撮影がある・・・というワケで、ヘアサロンに行って髪を切った。あわわっ、切りすぎ。自分では大失敗と思っても、周囲にとっては他人の髪型など気にもならない(笑)。

★NYかロンドンにぶらりと行きたいな。ずっとこんなことばかり言ってますね、kiyori。丸2年、海外に行ってないと、禁断症状が表れるんでしょうか。ここ2年は長期休暇や、海外に行く時間がないほど、なんとなく忙しくしているんですね。でもきっと、なんとなく忙しいだけで、死ぬほど忙しいってワケじゃないんですよね。そんな自分がダサく感じる今日この頃。

★今、すごく好きなCMがある。サッポロビールのCMで、松田龍平が出ているやつ。色っぽくてカッコいいなぁ~って、思う。見たいCMというのは、なかなか見れない。

2007年5月15日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

音楽とは。

kiyoriの周りには、本当に音楽好きな人が多い。それも、「あぁ、この人、本当に音楽が好きなんだなぁ~」って、しみじみ納得してしまう程の音楽好きが多い。

そして、自分自身のことをふと見つめた時、kiyoriはたぶん、そこまでの音楽好きではないのかもしれないなぁ・・・と、思ったりしてしまうのです。モチロン!音楽は好きですよ。でも、例えば、朝起きたらCDをオン♪みたいなライフスタイルでもないし、原稿を書いている時や集中して何か考えていたり作業する時に、音楽を邪魔に感じることがあります。

好きなミュージシャンの話を熱心にしている人、打ち上げの席で、「◎◎って雑誌で△△がこう言ってたんだよ~!」なんて盛り上がってたりする姿を見ると、羨ましいような、でも自分にはそういう部分ないなぁ・・・っていう不思議な感情が芽生えます。

音楽がなくても、この世はなんとかなっていくのかもしれない。北極や海の中や宇宙・・・そういう極限に近い場所は、「無」ですよね。人間はそこへもiPodとかで、音楽を持って行ってしまうでしょ。それって、なんか不自然な気がするんです。傲慢な気もするんです。

街を歩いていると、音楽が聴こえない場所なんて、ほとんどないんですよ。SHOPのBGMが外まで流れてきます。SHOPやカフェで無音のところも、なかなかないですよね。駅で電車のドアが閉まる時も、メロディが流れます。携帯もメロディ。渋谷の交差点では、四方八方からジャンジャン音が溢れてる。

だからってワケではないけど、kiyoriは逆に「無」の方を求めてしまう。そっちの方が心地いいとさえ思ってしまう。

ふと周囲を見まわした時、本当に音楽が好きな人たちがたくさんいて、ギターへのこだわりや、好きなミュージシャンへのこだわり、良かったライブDVDについてとか、たぶん何時間でも楽しそうにしゃべっていられるんだろうなぁ~という姿を見るたびに、微笑ましく客観視してしまってる自分がいるんですね。

かといって、自分がそうなりたいワケでもない。

音楽って、何なんでしょうね。なくなっても困らないけど、あったらやっぱりスゴく幸せなもの。そしてkiyoriの仕事の1つでもある。

そんなことを考えてた、ある日の昼下がりでした。

2007年5月10日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

映像製作~甘い罠編~

寝ても覚めても、頭の中にグルグルと、突如沸き起こる映像のイメージ。メモとしてラフコンテを描いておいたものもあるけど、とにかく撮影したい!

・・・というワケで、甘い罠に集合してもらいました。先日、3本きりのライブを終えた2人は、「えっ?何?何?」と、不思議200%。いやいや、大丈夫!説明しよう。よくビデオをだらだらと何となく撮ってて、そういう日常の自然体の姿を、映像アップしている人(アーティスト)って、たくさんいるよね。偶然が生んだ面白映像、みたいなの。その真逆をやりたいんです! 自然体?それはみんなに任せたよ! ノーマルの真逆です・・・非日常を気軽に演出して、ムービーで甘い罠を表現して、ブログ並みのスピードでアップしてみたい。・・・そんな感じです。

「この人(kiyoriを指して)、何考えてるのか、全くわからない~(≧∇≦*) 頭の中をのぞいて見たい~!」とミッチー。「いや、のぞかない方がいいと思う」と上村クン。それ正解!

意味など求めなくていいんです。意味のあることが全てじゃないのだから。まず楽しいか?そっちの方が大事。無意味と思われる中に、大切なことや真実が隠されてることもあるんデス!・・・などと2人を煙にまく。はい、じゃあ、上村クン、向こうから走ってきてね!(*何もわからぬまま、何本も走らされる上村拓)

Amaiwana0502movie_1Amaiwana05024_1Amaiwana05025なんだかんだで数時間。頭の中にグルグルと渦巻いていたイメージの一部がシューティングできました。

非日常、not自然体。そんな中に「甘い罠」の真実を見つけるキーが隠されていますよ、きっと。なんかバカバカしい企画を、面白がってやれちゃう器の大きさ?っていうか、人間としての大きさ?が甘い罠にはあるね。いや、お世辞だけど(笑)。画像はムービーから切り出した、いわば予告編です。

そんなワケで、本日から、myspaceで順次公開中!

甘い罠myspace

左上のアー写下の「videos」をクリック!

2007年5月 3日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

朝帰り@代官山UNIT

空が東のほうから明るくなり始めているam4時半過ぎ、代官山UNITから朝帰り。

SHIBUYA-fmが11周年を迎え、そのアニバーサリー・クラブイベントが、日本屈指のDJを集めて、UNITで行われた。kiyoriはカレコレSHIBUYA-fmと8年くらいの付き合いになる。きっかけは、まあ飛び込みで企画を持って行ったのが最初。その時の企画は、「SHIVUYA TRIBE」というサーフ&スノーボード&スケート&BMXなどのXsportsと呼ばれるプロをゲストに迎えて、1時間フリートークするという、なんともアバウトな番組で、kiyoriが毎回プロライダーのブッキングとパーソナリティを担当していた。

そして現在、毎週日曜日の15時~16時にオンエアーしている「SHIBUYA 10 DISKS」という番組のパーソナリティを担当している。しっかりSHIBUYA-fmに参加しているのだ。

だから、11周年を迎えたことが、素直に嬉しい☆ 皆でお祝いする場に、番組を制作するサイドのメンバーとして参加できていることが嬉しい。喜びと感謝の気持ちを分かち合えることが素晴らしい!

そんなワケで、代官山UNITへ行ってきました。KYOTO JAZZ MASSIVEU.F.Oを見たくて!11周年ということもあって、今夜は有りえないレベルのDJがUNITに集合していました。持ち時間が短い中で、それぞれが個性を発揮して、フロアを踊らすことに集中してる中でも、1番笑ったのは、大貫憲章氏。セレクトが、なるほどね・・・と。最後がブルーハーツでしたから(笑)。

男気溢れるDJスタイルはU.F.Oの矢部さん。いい音出してました。素敵♪大音量で音に支配されて、気持ちよくなってきました。夜中の1時にピークを向かえ、UNITを後にしました。

東京ナイトクラビングを終えて、帰り道は旧山手通りのモンスーン・カフェでお茶してからの帰宅。たまにはいいね、こんな朝帰り♪

2007年4月29日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (7)

2007年4月22日 (日)

甘い罠 ライブ@福岡ビブレホール

福岡2日目は、いよいよライブ! が、その前に、スポニチ編集局へご挨拶。なんと!甘い罠が新聞に取り上げてもらったのだ。ハンカチ王子とウイリアム王子と同じページに、上村拓王子が・・・!?

Fukuoka23_2Fukuoka22_1Fukuoka26_2Fukuoka28Fukuoka24_1Fukuoka210Fukuoka211Fukuoka212Fukuoka215Fukuoka218Fukuoka221Fukuoka225

ライブ前、福岡のアコーステックの歴史名所「照和」を巡礼してきた。今は、昼間は喫茶店だ。ここから長渕剛、チューリップなど、数々のミュージシャンが旅立ち、その歴史のスクラップブックの中には、ミッチーがやっていたSWEETSの切り抜きも残されていた!・・・ということに驚く上村クン。なんせ、スポニチ九州版にも出てしまうくらいですから。

ちなみに、スポニチ編集局を訪れ、甘い罠の目指す先は、フランス・パリ!という話で盛り上がる(笑)。そんなワケでヨーロッパな感じムンムンのセルジュ・ゲンズブールで、この日のSEは決まり! 楽屋でもついつい歌ったちゃったりして、ホント楽しんでますね、2人。

3本しかやらないライブの2本が終わりました。

打ち上げは鉄鍋ぎょうざのお店で、アットホームに。。。

2007年4月22日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

甘い罠 福岡キャンペーン

週末、福岡にエアーでヒューンと行ってきました。甘い罠のキャンペーンとライブの2日間は、スケジュールが濃密なだけでなく、気持ちの上でも充実した時間を過ごすことができました。多くの人に感謝☆

Fukuoka1_1Fukuoka4Fukuoka5Fukuoka6Fukuoka10Fukuoka13Fukuoka19Fukuoka21Fukuoka23Fukuoka25Fukuoka24Fukuoka26          想像していた以上に、甘い罠への期待感や好感触がダイレクトな言葉や目に見える形での支援(新聞への記事掲載、TV出演など)につながっていて、こちらの気持ちも引き締まりました!

1日目は福岡に到着後すぐに、FBS(日テレ系)の音楽番組「FBSミュージックボックス」の収録。ランチの後は、リハーサルスタジオで翌日のライブの最終確認。セットリストも決定、上村クンのギターもイルカ模様がポイントのnewな奴で、いい音出してます。夕食は、ミッチーおススメの店「ふとっぱら」。安くて早くておいしい!という、素晴らしさ!夕食後、カフェでまったりおしゃべり。明日は楽しいライブになりそうだ!

2007年4月21日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

甘い罠 初ライブ!

期間限定プロジェクト「甘い罠」の初ライブが、大阪・心斎橋クラブジャングルで行われました。kiyoriはプロデューサーとしての参加なんですが、久々に緊張感を味わいました。それも心地いい緊張感。

結成から丸3ケ月内にオリジナル楽曲でCD「甘い罠」を製作し、発売し、大阪~福岡~東京でライブを3本行い、解散するユニット甘い罠。CDと一緒に、甘い罠のガイドブック「甘い罠読本」も製作しました。短い期間のユニットなので、一気に、このユニットのことを深いところまで知ってもらうためには、攻略本だ!と。

結果から言ってしまうと、演奏などまだまだ課題は残り、表現しきれなかった部分も多いのですが、「甘い罠」ってこういうコトやりたかったんだよね、という心意気だけはストレートに伝わったのではないか、と思います。だからOK。

用意して行った「甘い罠読本」がビュンビュン売れて・・・3ケ所目の会場・東京まで在庫がもつのか・・・かなりの不安、というか嬉しい悲鳴。

終わりが決まっているからではないけど、潔さが美しさでもあると思います。ヴォーカル上村クンには、FPの時のように、声を張らなくてもいいから、いやむしろ張らないでいきましょう、と結成当初からMTGしてきました。他にも、FPのときとは明らかに異なる曲&歌詞作りの手法を取り入れたり、実験的なトライアルの連続でした。

東京までにブラッシュアップして、さらに驚きと感動を与えるような、熱いライブを・・・頑張ってもらいましょう!!

2007年4月12日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

SHIBUYA 10 DISKS 4/8on-air

SHIBUYA-fm「SHIBUYA 10 DISKS」。4月8日(日)オンエアーのレコメンド10を紹介します!今週の1曲目は、甘い罠の「BLACK JACK」です!(*ディレクターの江口さんが「BLACK JACK」を推薦!)

(アーティスト名/曲タイトル/アルバム名)

●甘い罠/BLACK JACK

●Talc/オール・アット・シー/シットダウン・シンク

●シーフ/セルフ・ポートレイト/サン・チャイルド

●ホセ・ゴンザレス/ラブ・ステイン/ヴェニヤ

●ヒューバ/メリー/ヒューバ

●ジャザノバ/グロー&グレア/ベルエ・フォー

●ランディ・ワトソン・エクスペリエンス/Can't hyde love/Earth Wind&Fire「インタープリテイションズ

●ベン・ウエストビーチ/ゲット・クローサー/Welcome to the Bestyears of your life

●タックvsアキラ/GO BACK/The Future Sound of TOKYO

●マシュー・ハーバート/Cafe de Flow/スコアー

2007年4月 6日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

甘い罠読本

期間限定のユニット「甘い罠」をプロデュースしていることは、ここで何度も触れてきたが、期間限定なので、情報も出し惜しみせずに、どんどん公開していくつもり。

「甘い罠」のmyspaceは見てもらえたかな?オープンからまだ1週間も経っていないのに、フレンド数1,000を軽く超えました~!! 期間限定だから、とにかく少しでも多くの人に聴いて欲しい。そして、気に入った人には、ぜひライブに足を運んで欲しい。

P1819 さて、本日紹介するのは「甘い罠読本」。一体コレ、何でしょうね。はい、それは「甘い罠」をもっと知るためのガイドブックです。20pの小冊子デス。「甘い罠」のCDリリースと同時に、限定冊数販売します。

例えばこんなページ☆

他にも「歌詞カードとライナー」、「miniインタビュー」、「対談と重要ワード解説」など内容盛りだくさん!

対談は7pに渡る、ディープな音楽談義。少数部数しか作ってないので、甘い罠のライブ開場で真っ先に手にしてみてください。

2007年4月 1日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月31日 (土)

ターバン野口

20070331164108 巷で話題のターバン野口を作ってみました!

作り方はココ

それにしても、kiyoriの下手っぴですね~。ターバンって言うより、お風呂上りですね。なんかターバンもズレてるし。。。はぁ、センスないわ、私。

都内は満開の桜。昨夜、車でドライブしながら夜桜見ました。この美しさは刹那ですね。このはかなさは、現実世界のものじゃないかもしれないからですね。ぼんやり光に浮かんだ桜は、たぶんこの世の美しさではありません。風が吹いたら、消えてしまう幻でしょ?

2007年3月31日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

ロック★オペラ「TOMMY」(日生劇場)

日生劇場でロック★オペラ「TOMMY」を観てきた。

うん、面白い。前半が特に。でも、去年観た「メタルマクベス」の方がずっと面白かった。うう~む、ロック×舞台・・・奥が深いですね。だって、出演者の歌唱力とか、かなりレベル高いんですもの。そしてkiyoriは主演の中川晃教、大注目!去年、「モーツァルト」観て、新鮮な驚きを感じたのデス。ミュージカルって言えば、なんか大袈裟な、宝塚みたいなイメージを持っている人もいるかもしれないけど、彼の場合、やっぱりソロ・ボーカリストなんだなぁ・・・と、ミュージシャンとしてのたたずまいがカッコ良かったから。そして今回も、良かったデス。

さて、ロック★オペラ「TOMMY」は、1969年に、イギリスの人気バンドTHE WHOが発表したアルバムである、と。75年には映画化されたそうです。観てみなきゃ!

幼い頃、両親による殺人現場を見てしまったトラウマで、見えない、聞こえない、話せない、の障害を持つようになってしまったTOMMYが、自由を掴むまでのストーリー。それにしても、TOMMY・・・あまりにも救いがない。叔父やいとこに、身体をもてあそばれ、虐待され・・・身体をもてあそばれ・・・あ、2回も言ってしまいました(笑)。しかも、エロ虐待も・・・。

演出は劇団☆新感線いのうえひでのり。前半の展開の早さと、映像とのミクスチャーによるシーン転換の素晴らしさは圧巻。

そして、今回、座席がものすごく良かったんですよォ。2時間の公演が短い!と思うほど、あっと言う間に終わってしまいました。

舞台に立っている役者たちが、カーテンコールに応えて何度もステージに呼び戻される姿は、どの顔も輝いていて、本当に充実した表情をしていました。楽しんでいるんだろうな。手ごたえを実感できているんだろうな。・・・なんか羨ましかったです。

夕方、久々に高円寺の4丁目カフェに行って、ほうれん草のオムレツを注文。夜は、ライターのボブ・ライダーとside bミーティング。バナナヨーグルトドリンクを飲みました。シェイクとか、フルーツ系ジュースだったら、バナナ、マンゴー、イチゴが3大好きフルーツです。

<告知>

4月13日の「明日、君がいない」試写+トークイベントへの申し込みハガキ、たくさん編集部に届いています。31日消印のハガキまでOKです。side bに封入されてるハガキか、市販の官製はがきで、送ってください。

官製はがきの方は、以下の住所宛てに送ってください。

102-8648

東京都千代田区平河町2-5-3  

株式会社タイトー 広報チーム

「side b」試写会参加希望係宛て

2007年3月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

レコーディング

Rec4_4Rec5 深夜に行われたレコーディング。「ここのコード何だっけ?」「ハープ、どっちが吹く?」「じゃあ、いってみよう!」「ハモの音確認、と♪」・・・と、こんな雰囲気の中で、歌入れは進んでいきます。

Rec9Rec11Rec12_3

たった2人で、収録されてる全ての音を出しています。アコーステックギター、ヒューマンボイス、ハープ。全て人の息遣いや気持ちがそのまま音に出てしまう楽器。難しいけど、操れたときはオモシロい!

ギミックはなしでいこう!--最初に確認したこと。エレキ入れたり、打ち込み入れたり、そういうのいっさいやめとこう、と。勢いをストレートに出していこう!

CD「甘い罠」の収録曲は4曲。ちょっとビックリするような、刺激的な音に上がっています。

2007年3月13日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

「甘い罠」アートワーク

Photo_7女性ギタリストmitchyと、ファンキーパンキーのヴォーカル上村拓による期間限定ユニット「甘い罠」のジャケットが上がってきました。

デザイナーはエリカさん。「side b」で映画レビューとイラストを担当しています。今回は、ロゴのアートワークについて、みんなで集まってミーティングするところからスタート。こういう時間の中で、それぞれがイメージをふくらませていきます。

キーワードはレトロモダン、淫靡、妖艶、スマート、などでしょうか。昔の江戸川乱歩の本の装丁や文字の使い方なんかも参考にしながら、それを現代風にスタイリッシュにアレンジしていくか、がポイント。

何度かやり取りを繰り返し、エリカさんから届いた完成ロゴは、上村クンが「俺のイメージ通り!」というワケで、ジャケットが完成しました。こっ・・・怖いですね~(笑)。

収録曲は①甘い罠、②フロイトの夢、③記憶を消して、④BLACK JACKの4曲。昨夜遅く、都内某所スタジオで、ヴォーカル・レコーディングが終了しました。かなりバラエティに富んだ楽曲です。さあ、あとはエンジニアMさんの手によって、どんな音に仕上がるのでしょうか? 楽しみです。

2007年3月11日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

「甘い罠」プロジェクト

甘い罠」の活動が、公式に発表された。「甘い罠」・・・ファンキーパンキーのボーカル、上村クンの期間限定ソロ・プロジェクト第一弾。ここでのkiyoriはプロデューサー。ギタリストのmitchyを迎えて、アコーステック・ロックの新しいスタイルを追求しています。女性のギター?・・・なんて、ちょっと油断してたら驚きますよ♪ ロックで!男前で♪ kiyoriは、女性のアコーステックギターでmitchyくらい上手くてカッコいいギタリストは見たことないですねぇ。

甘い罠」というちょっと秘密めいた、エロティックなユニット名から、どんな音楽になるのか、CD発売までいろいろ想像してもらいたいな、と。そう、CD作っちゃうんですね。甘い罠はオリジナル楽曲だからね。不思議なのは、楽曲は上村クンが作っているから、やっぱり上村クンのメロディなんだけど、ファンキーパンキーと甘い罠は、聴こえ方が全く違う。歌い方も違う。甘い罠の緩急の中で、全編2人がハモってるスピーディな曲、切ないバラード・・・現在レコーディング中! 

そして、甘い罠は期間限定プロジェクトのため、3本しかライブをやらないので、このライブは必見なのだ!すっごくカッコいいこと間違いナシ、なのだ。衝撃的なロックのアコーステック・デュオ!なのだ。今まで知らなかったコト(快楽)を知ってしまうかもしれない・・・のだ。それが甘い罠、なのだ♪

4月12日(木) 大阪クラブジャングル

4月21日(土) 福岡ビブレホール

4月26日(木) 東京下北沢440

2007年3月 4日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

CDの収納

夜、空を見上げたら、月が丸かった。そして、東京では珍しく、オリオン座がキレイに見えました。空気が澄んでいるんだなぁ。冬の夜空、スキです。

このブログの右上のイラストが新しくなりました! 「side b」vol.26の表紙のイラストです。女の子がメロンパンを嬉しそうに食べるところ☆ いつものようにCoCoちゃんが描いてくれました。今回はズバリ!イメージどおりだったので、一発でOK。

3月10日の発行日には、このイラストの表紙を探してくださいね♪

大阪に行って、早朝7時の新幹線でサクッと戻ってきました。

今日は、CDを収納する棚を発注!CDが、たぶん1500~1800枚くらいあるんですよ。このCDを壁一面に全部並べよう!と思っています。いえ、並べようかどうか、しばらく悩んでいました。見せる収納でいこうか、隠す収納でいこうか? 考えた末、見せる方でいこう!と決めて、棚の発注。ヨコ約140センチ。高さ約200センチ。デカいですよ~!壁一面です!棚が届いたら、整頓好きのkiyoriは、アーティスト名のA~順に並べていくか、音楽ジャンルでコーナー分けするか、洋楽邦楽は分けるよね、やっぱり・・・など、これまた悩みどころ。時間かけて整理します!

2007年3月 3日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

東京→名古屋→東京→岡山→東京

丸2日、48時間以内の出来事。厳密には44時間。改めて新幹線ステキ!と思いましたよ。新幹線がなかったら、こんなムチャなスケジュール組めませんもの。

タイトーでのMTGを終え、初めて「side b」主催で開催する「明日、君がいない」の試写会の告知方向などをサクサクッと打ち合わせしつつ、夕方東京駅から新幹線で名古屋へ。はい、もう完全に名古屋はkiyoriの中では日帰り圏内です。新幹線を使ってしまえばあっという間なので、車で横浜に行くくらいの感覚に近いですね。

あ、車といえば、マイカー購入2年と3ケ月。やっと7000キロ走行突破しました~!!少なッ!

名古屋ではライブハウスell.FITS.ALLにて、ファンキーパンキーのライブを観る、と。このライブハウス・・・去年から行くの3回目だったかな。到着したら、道路沿いに200人は軽く超える女の子たちの列!黒っぽい格好で、ひと目でヴィジュアル系バンドのファンであることがわかります。待っているのは「D」というバンド。kiyoriが聴いたことのないバンドでも、ものすごく人を集めるバンドはたくさんいて、それこそ無数にいて、1つのバンドに関わっていると、そういう世の中の当たり前を見落としがちになるのがイケナイなぁ・・・と思ったり。

例えば、バンドのスタッフは、そのバンドの活動スケジュールがその人のスケジュールになっているので、自分たちのことしか見えなくなってしまうんですよね。自分って結構忙しい!なんて勘違いしがちなんです。だってほとんどのバンドが同じコトやってるんですもの。ライブが月に6~10本ペースで入っていたら、もうTVとかも遠のいていきますよ。どんなドラマが今流行っているのか?とか、話題の映画やニュースなど・・・どんどん遠のいてしまいます。ライブ会場に入り、物販やチラシの折込みなど作業~リハーサル~本番~打ち上げ、そしてまた移動・・・結構忙しいけど、ものすごく狭い世界。そこに集まる人も、演奏する人も、ほんの一握りの世界。今日ここでライブをやっているバンドのことなんか、世の中のほとんどの人は知らない。TVの歌番組に出ているアーティストのことは知っていても、ね。

だからライブが終わって、ライブハウスの外に一歩出た瞬間、それまでとは別空間に瞬間ワープしたみたいに、気持ちも切り替わり、現実社会に戻るような感じがします。・・・と、考えると、さっきまでのライブハウス内での出来事は、やっぱり夢の世界なのかもしれない。。。なんて思ってみたり。そのドアを開けた瞬間から、再びドアの外に出るまでの、夢の時間なのかもしれないな。だからこそ、夢の中だけに逃げ込んでいては、現実を見失ってしまう、という恐怖があるのかも。

さて、数時間の夢の時間を過ごし、新幹線でその日のうちに東京に戻り、夜中は「side b」の原稿を書いたり、デザイナーとのやりとり。松本市のタウン情報誌「シティボックスまつもと」の映画コラムも書き送って、ひと段落。

翌日、再びタイトーでのMTGに参加して、夕方再び東京駅から新幹線で、岡山へ。何気に初めての岡山。新幹線で大阪より先に行くのは初めて。時刻表を調べたら、どう考えても日帰りは厳しいので(片道3時間半)、駅隣接のホテルを予約して、到着後荷物を置いて、ライブハウスへ。ファンキーパンキーは4日連続ライブのツアー中。その2日目。彼らの演奏時間ギリギリに到着。ファンキーパンキーと片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティを観て、ライブハウスを出ると、外は雨・・・。いろいろ思うことがあった。それくらい片山ブレイカーズが素晴らしかった♪素晴らしいと感じるって、なんだろう?と、いろいろ考えてみる。こんなことばっかり考えているんだな、私って(苦笑)。

早朝7時にはチェックアウトして、新幹線に乗って東京へ!お昼からは通常の仕事。昨夜の雨のせいか・・・治りかけてた風邪をぶり返したみたい。

夜、完全防備でSHIBUYA-fmへ。熱があるみたいで、車の運転も出来そうにないくらいフラフラだったので、タクシーで行って、番組収録して、高円寺のリハスタへ。ミッチーが1人でスタジオに入ってるので、顔出して、曲の速さとか話したりしながら、頑張ってね~と励まして、スタジオOUT。自宅に戻り、原稿書いたり、デザインチェックしたり。

やりたいことが多すぎて、それを全部やってみよう!と思ってるから、近年経験したことのない忙しさ。逆を言えば、充実した日々、ということですね。

2007年2月23日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

たむらぱん

渋谷HMVで待ち合わせて、公園通りをNHKの方へのぼり、途中でアップルストアでMAC周辺機器をチラ見して、エッグマンへ。BMG音楽出版の中村さんから招待してもらって「たむらぱん」のライブを初めて観ました。エッグマンにもホント久しぶりに行きました。雰囲気いいハコだな、と改めて思ってみたり。

さて、たむらぱん。小さいのにパワフル!声もスキなタイプ。「回転木馬」って曲だったかな、ラストに鍵盤弾き語りで歌った曲が良かったな。なんかいろいろ新しいイメージがわきました。

中村さんが教えてくれた「myspace」が面白そうなので、近く情報交換でMTG予定。

ライブ後、食事して、最近買った本の話をいろいろ。本・・・そういえば最近読んでなかったなぁ。kiyoriは本屋さん好きなので、ちょくちょく本屋さんに寄り、気になる本は購入してしまう・・・が、なかなか手をつけれすに過ぎてしまう事も多くて、引越しをきっかけに書籍の整理もしたので、また読みたい本を探しに行こうかな♪

Cid_01070217144313_____d902idocomo_1 深夜、自宅への訪問者はミッチー。買ったばかりのMACのプロツールスに先日リハスタジオで録音した音を入れてもらう。わぁ~!我が家に文明がぁぁ!!(大袈裟)

文明といえば、仕事スペースにDJセットを新設してしまいました!まだスピーカー購入していないので、とりあえず間に合わせでコンポのを使用してますが。DJセット、面白すぎです。今は部屋でCD聴くのも、全てこのCDJ800使ってます。DJセットの向こうに、カリモク60のソファーがあって、その奥にあるのが、40インチのTV。買ってしまいました。

以上、快適仕事スペースの一部を初公開しました☆

2007年2月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月26日 (金)

SHIBUYA 10 DISKS 1/28on-air

SHIBUYA-fm「SHIBUYA 10 DISKS」。1月28日(日)オンエアーのレコメンド10を紹介します!今週の1曲目は、タワーレコード限定発売のコレクターズ・トリビュートアルバム「NO COLLECTORS,NO LIFE」からのkiyoriセレクト!ファンキーパンキーの「グレートアメリカ」です!

(アーティスト名/曲タイトル/アルバム名)

●ファンキーパンキー/グレートアメリカ/NO COLLECTORS,NO LIFE

●ラリー・ハード/1357/シーナ・リーズ・ノット・ソングス

●アズワン/トリンファント/インウィズゼア・アープス&ムーグス&ジャズ&シングス

●トゥーローン・スウォーズメン/ブルー、ジャック&フローレンス/スイミング・ノット・スキミング

(*上記3曲はスパイラルレコードのエレクトリック・ソウル・クラシックスシリーズ)

●ビクター・フィールズ/What's going on/Thinking of you(3/2)

●ビクター・フィールズ/Night & Day/ビクター(3/2)

●ミサ・マローン/You are my Heaven/シェイズ・オブ・ブルー(3/2)

(*上記3曲はP-vineレコーズのスムース・ラウンジシリーズ)

●ザ・ジュジュ・オーケストラ/ディスイズ・ノット・ア・タンゴ/ボサノバ・イズ・ノット・ア・クライム(2/12)

●俺はこんなもんじゃない/7拍子牛の祭り/2(2/10)

●フランク・マッコム/ゴールデン・レディ/ザ・トゥルースvol.2(3/7)

======================

そして、最新映画コーナーでは、デンゼル・ワシントン主演の「デジャヴ」(3月17日公開)の紹介をしています。

2007年1月26日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

レコーディング♪

東芝EMIのGreat Huntingでは、様々なオーディションが行われています。現在行われているオーディション「Track Back Audition Cooperated by冨田恵一」は、キリンジ、MISIA、平井堅、中島美嘉など数多くのアーティストのプロデュースを手がける冨田恵一さんのオリジナル楽曲をダウンロードして、そこに独自の歌詞をつけて、自ら歌って応募する、という画期的な企画!

Rec10Rec12_1  オーディションの締め切りは3月末なんですが、応募者に向けての模範演技というか、サンプル音源を作る上で、加茂さんから「やってみない?」と、ファンキーパンキー上村クンに依頼がきました♪

そんなワケでお正月返上で詞を用意してもらい、東京でレコーディングすることに。かつて細野晴臣さんが作ったという由緒あるスタジオLD&Kスタジオでレコーディングは行われました。外のドアを開けると、いきなりスタジオ全体が見渡せるコンパクトな作り。レコーディングの雰囲気は、もちろん緊張感があるんだけど、それぞれがやることをわかってて、テキパキと限られた時間の中で作品を完成させていくという作業。このクリエイティヴな空間にいるだけで楽しい時間です。そして、言うまでもなく楽しい時間は通常の3倍速並のスピードで過ぎてゆき、ハモリもつけてあっという間に無事完成。上村クンの作品は広がりがあって心地いい感じです。こういう息抜きや刺激的な経験が、きっとバンドに生かされてくるでしょう。

近々、podcastとmF247で聴けると思いますので、お楽しみに!あ、是非オーディションにも参加してみて!

2007年1月15日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

備忘録

週末、いろいろありすぎました。

★11日(木)

新横浜でライブを観た後、新幹線で東京まで。ちょっと贅沢だなぁ、と思いつつ、時間には代えられません。急いで自宅に戻って、翌日午前中の会議用資料作り。

ガレージに駐車してたマイカーの右後ろのタイヤがパンクしてぺっちゃんこになってることが判明!フォルクスワーゲンのエマージェンシーコールを呼んでみる。そしたら30分後に到着して、20分以内で直して、サッ~と帰って行きました。もちろんタダ!正規ディーラーで買った新車だけあるにゃ~と、ひたすら感心。走行中に金属片を踏んでしまったのが原因。グッサリめり込んでました。

★12日(金)

前日の資料を持って、午前中から会議。午前中にMTGがある日は、1日が恐ろしく長く感じるんですよね。張り切ってブランディング会議に参加。kiyoriはプレゼンとか、大好きなんです!自分の企画や考えを聞いてもらえるのが嬉しくて♪

会議後、バレリーナ弓削さんとランチMTG。会議の延長の第二ラウンドはもう始まっていて、kiyoriが企画のたたき台を次回までに作ることになったので、頭の中に浮かんでるアイディアを彼女にぶつけて、ディスカッション。話しているうちに、思いつきが次第に形になっていく感じ!

移動して新宿のカフェコムサ。ケーキは別腹なり。

そして新宿ロフトへ。ファンキーパンキーのリハに間に合う。新曲もいい感じ。セットリストもいい感じ。雰囲気も心地よい緊張感もいい感じ。あ、今日はイケるな☆と、安心感。この日は東芝EMIの加茂さん企画のイベントで、音楽と笑いの融合を目的とした試み・・・果たして・・・(笑)。あ、楽屋には猫ひろし!普段写メで自分を含む記念写真とか恥ずかしくてほとんど撮らないのに、「にゃ~!」ってやりたくて、一緒に撮影してもらう。が!撮った画像を見たら、あまりにも嬉しそうなkiyori。恥ずかしいので、やはりブログでアップできません(≧∇≦) 水やバナナを買いに行って、バタバタしてるうちにライブ開始。ギターのトラブルはあったし、細かい課題は残るものの、新曲がすごく良かったので満足。そして打ち上げからMTGが白熱して、終わったのが朝5時。眠い・・・けど、気持ちは充実。

★13日(土)

昼前に不動産屋のミッチーと待ち合わせて、「秘密基地を探せ!」デス。もう目が肥えてきました。納得のいく、最高の物件目指して、今年も猛スパートです。2~3月は学生の引越しピークなので、その前に、なんとか素敵な部屋に出会いたい!そして訪れた物件は・・・帰り道「良かったなぁ~」って何度もつぶやいてしまうほど気に入ってしまいました。家で原稿書くモチベーションがガーンと上がりそうデス!もう他のコトを考えられなくなっちゃって、道路にあったポールに激突したり(汗)、ボーッ・・・状態デス。ひと目ぼれかも。

ランチしながらも、アレしかないよね!って話で盛り上がり、申し込みの準備を!つ・・・ついに引越しの時なのか!? 2007年、「変化」と「チャレンジ」を恐れずに前へ突き進もう!と思っているので、住環境を変えることは、重要ポイントです。これを機会に、増えすぎた荷物(精神的にも、実際にも)を、一度そぎ落としたいと思っていたので、いったん身軽な状態にして、そこからまた必要なモノを集めていこう!と。

夜、高円寺のUFO CLUBでファンキーパンキーと合流して、コレクターズの加藤さんとコータローさんが出演するイベントを見学。環七と青梅街道の交差点に位置するライブハウスは、店内のサイケな雰囲気が「ラ・ミ・トゥナイ」っぽくて、ちょっと秘密めいた空間。ビルの外では、まさかそんな場所にライブハウスがあるとは思えないような静けさ。なのに、一歩店内に足を踏み入れると、タバコの煙とサイケな壁のイラストと、ギュウギュウの人たち。そのギャップが、海外のクラブっぽくて、なかなかカッコいいのです。

ライブを観た後、ラーメン屋へ。みそラーメン、プリーズ☆ この夜は、都内はものすごく冷えました。メンバーと別れ、深夜、カフェ「ハティフナット」で、ミッチーとおしゃべり。夜はしんしんと更けていきます。。。

2007年1月14日 音楽 | | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年1月 5日 (金)

SHIBUYA 10 DISKS 1/7on-air

突然ですが、皆さん、「お年玉」って貰ってますか? はい、まさか!ですよね。いい大人になって、ねぇ? が!実はkiyori、今年も両親からお年玉を貰ってしまったのデス。kiyori周辺で、お年玉貰ってる人は、ほぼ皆無です。そりゃそうでしょう。社会人だもの!逆にお年玉くれ!って言われるよ~と言う声も聞きます。それもわかります。

でね、いつだったか、父に「もう、いいよォ」と、言ったことがあるのです。そしたら、父が言いました。「そんなこと言わず受け取っておきなさい。ずっと、娘にお年玉を渡せる父親でいたいのだから」と。それ以来、両親から貰うお年玉には手を付けずに貯金しています。自分が働くようになって、お金の大切さ、お金を稼ぐことの大変さを知るほどに、毎年両親がくれるお年玉に、胸がキュンとなります。

さて、今年も始まりました。SHIBUYA-fm「SHIBUYA 10 DISKS」。1月7日(日)オンエアーのレコメンド10です!新年1曲目は、kiyoriセレクトの片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ

(アーティスト名/曲タイトル/アルバム名)

●片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ/ぬまぬまぬ/ヌマヌマヌー

●スピーチ・ディフェクト/カム・フォー・ダ・ファネラル・ステイ・フォー・ダ・フード(1/17リリース)

●UDR/オリジアデ・トラべコ/スパンク・スキャット・アンド・ポリティックス

●ザ・カリブ・ロックス fea.チャッピー/Oh! Ohh!/ルーディーズ

●バー・サンバ/カーマ/ボッサ・ハウスン・ブレイクスvol.7(1/24)

●アーマンド・バンヘルデン/マイマイマイ アシュレービードルremix/ニンフォremixes(1/24)

●トニー・レミー&ブルーウィ/ファースト・プロトコル(2/21)

●マップ・オブ・アメリカ/マップ・オブ・アメリカ

●アサザキイクエ&ヨシダダイキチ/千鳥浜/ハマサキ(1/24)

======================

そして、最新映画コーナーでは、玉山鉄二主演の「フリージア」(2月3日公開)の紹介をしています。

2007年1月 5日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

メタル開眼元年!?

12月はホントあっという間に終わってしまいました。

本日仕事納め。タイトーで来年の活動内容についてザクッと打ち合わせ。kiyoriみたいな仕事って、周囲の協力や、会社のTOPの方々の理解があってこそ。しかも、理解あるTOPの方々は「もっとやれ!」と一緒に楽しんでくださってる。。。来年は、もっと驚かせたいし、喜ばせたいなぁ!!マジで。え~そんなコトやっちゃうんだ!?ぐらい意外性のあるコトも見せたい。kiyori、必要とされたコトに対して200%で応える自信というか、やる気はありますからねッ (≧∇≦) 好奇心と勢いとアイディアと行動力は負けないと思う!・・・って誰に?(笑)いや、世の中に、ですよ! 誰かが敷いたレールじゃなくて、自分でレール敷いていくゾ!ぐらいの気合デス。

夕方から新幹線で名古屋へ。ファンキーパンキーの今年最後のライブなので。と言っても、前夜までは全然予定してなくて、「明日頑張ってね」なんて言ってたのに、キングVというギターを弾く(メガデスのモデルとか言っていたような・・・?)とか、オジーオズボーンやジューダスプリーストのカヴァーを演るって聞いたら・・・やっぱり行っとくでしょ、と。誤解のないように言っておくと、決してkiyoriはへヴィメタルのファンではありません!(断固)・・・が、2006年はちょこっとメタル開眼元年でした(笑)。コトは映画「メタル・へッドバンガーズ・ジャーニー」の試写から始まり、小さい歌の上手いおじさんDIOを知り(笑)、ファンキーパンキーは完全にメタルカミングアウトをし、メロイックサインが当たり前になり、TYPHOON24とのライブの打ち上げでメタル談義で盛り上がり・・・、ついに今回のライブに繋がっているんですね~。きっと誰でも洗脳されてたと思いますよ。つまり、私が決してメタル好きになったワケじゃない!と、ものすごく言い訳したい気分なんですが、説得力無し。だって、メタルの様式美(?)が、ものすごくオモシロいの!?そのこだわりが可笑しいくらい!

20061227174406 ライブ前に、土地勘のない名古屋でメタルファッションアイテムをショッピング中・・・スタッズ付きのベルトやリストバンド、或いはネルシャツを見つける度に、それはジューダスプリースト的には有りとか無しとか、真剣に討議してる男子たち・・・(笑)。キミたち?? 

画像は、街に残っていたクリスマスのイルミネーション。

ライブ後、最終1本前の新幹線に飛び乗って、速攻日帰り。

2006年12月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月16日 (土)

ダンディズムナイト

今年は、kiyoriの人生の中で1番、大阪に行った回数が多い年だと思います。それまでほとんど行ったことのない土地だったのに、今年後半から10回以上も行くことになるなんて、ちょっと自分に驚いています。しかも、それが大変なコトという感覚は、もはやなく、サクッと行ける感覚になっています。昨日も、上村クンのソロの弾き語りライブに行ってきました。「ダンディズムナイト」です(笑)。彼の演奏する姿を見ている間に、いろいろなことがkiyoriの頭の中でイメージとして浮かんできて、想像枠からあふれくらい(笑)たくさんの刺激を貰いました。

日々、自分自身の気持ちが変化していることは自覚しています。そして、今kiyoriがやろうと思ってる未来のいろいろな計画・・・それは「迷わず進め!」だと、背中を押されたような気持ちになりました。

生活の中で、誰でも煮詰まること、停滞することって、ありますよね。kiyoriもよくあります。その場で足踏みしながらイライラしていることが。世の中には、遅々として進まないプランや、自分だけの思いではどうにもならないことっていっぱいありますから。自分のテンポは自分にとっての正解でも、周囲の人たちにとってのベストではないかもしれない。タイミングもね。なんとか調整しよう、と試みながら、思い通りにならなくて凹んだりしますよね。

でも、「いや、違う!こんなの自分らしくない」って、ココロの中で自分にダメ出ししてるもう一人のkiyoriがいて、調整や全員一致を目指すことは、今のkiyoriの個性を壊してしまう!と。う~ん、書きながら思うけど、これは、ちょっと偏った意見かもしれません。でも、いいんです。万人に支持されなくても。それを承知で、自分のセンスを信じて突破していこう!もっとワガママにやってみよう!と思ったのですから。

今、自分がやりたいと思うことがあるということ!それが1番大事なんだって、気づいたんです。自分のやりたいことがわかってるなら、迷わず、すぐに進め!って。調整とか、シミュレーションしてリスクを最小限にするとか、バカバカしいなって。そんなの後回しでいいじゃん。頭の中でいくら完璧に答えを出しても、リアルがその通りに行くかなんてわからない。だったらまず、やってみよう!足を前へ踏み出す勇気をなくしちゃダメだ!・・・って。

だから、2007年は飛ばして行こう!もっと自分勝手でいいじゃん!と。・・・そう思ってるとき、上村クンのソロがkiyoriにパワーをくれました。彼が自分自身に課してる課題はとても多く、理想も果てしなく遠い先にあるのだろうけど、でも、今出来る1歩を踏み出そうと、自分の道を自分で切り開こうとする姿勢。正面から向き合って、超えていこうとする姿に、とにかくゴー・ストレートだ!って素直に思えました。

ライブはダンディズムナイトというタイトルがついていましたが、その場で上映されたダンディをテーマにした映像からも、いろんなヒントを貰いました。8-otto-は、今最もライブを見てみたいバンドの1つになりました。物販のTシャツの、絶妙な色使いの素晴らしさにも、彼らのセンスの良さが垣間見れました。

東京に戻り、インドエステで疲れた身体をリフレッシュ!さっそく来年やりたいことの作戦会議を始めました。

2006年12月16日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 9日 (土)

SHIBUYA 10 DISKS 12/10 on-air

20061202214450 今回のネイルが不評なり(クスン)。「パールが気持ち悪い」とか。「水色のベース色が可愛くない」とか。「雪の結晶のアートがショボイ」・・・とかとかとか!もうっ!(逆ギレ!)アハハ!もう、いいもん!次回リベンジするから!

ラジオの収録の前、タイトーに車で寄って、インベーダーグッズを搬出。SHIBUYA-fm江口さんに、今度kiyoriのリニューアルする仕事場にDJコーナーを作ろうと思ってることを話し、パイオニアのCDJを押さえとこう、と。機材が揃ったらいろいろ教えてもらう約束♪ 周囲にDJの人がたくさんいる環境にいながら、勉強しないのはもったいないしね。実は先日、他にもいろいろ機材の下見に行ってるんだッ! 新しいコトを始める前のこのワクワク感が大スキです。ホント、kiyoriの頭の中には、やりたいことがどんどん溢れてきて、それは初めてやることだったり、とりあえずトライしてみたいことだったり、音楽、映像、活字、コラボ・・・ちょっと説明できないくらいいろいろで、12月の残りの時間は、全て2007年のスタート準備にあてるゾ!と決めた今日この頃。

夜、ミッチーとアンドンカフェでミントミルクでおしゃべり。プロツールを使った音作りや、必要機材なんかについておしゃべり。あとは、秘密基地の物件情報の吟味。

それでは、SHIBUYA-fm12月10日(日)オンエアーの新譜レコメンド10枚です!

(アーティスト名/曲タイトル/アルバム名)

●サマーオブセッション/WHERE YOU BELONG/君のいる場所

●バーバラ・タッカー/モスト・プレシャス・ラブ/ラブ・バイブレーションズ

●ジョセリン・ブラウン/ONE/サークルズ(12/20リリース)

●クエンティン・ハリス/LOVE HAS FOUND AWAY/ノー・ポリティクス

●ピーベン・エベレット/THIS JUST IN/ラバーズ・ホリデー2(12/22)

●ブラックゴールド・マッシブ/JUST MAKE a MOVE/STORIES(1/19)

●ドル・ドラムス/シリーゲームス/ラウンジ・レゲエ・コレクションズ(1/24)

●DJ KAWASAKI/ブライト・ライク・ライトfea.RENA FUJII/BEAUTIFUL TOO(1/1)

●シューヤ・オキノ/シャイン/ユナイテッド・レジェンズ

●4 heros/SUPER WOMAN/PLAY with THE CHANGES

+++++++++++++++++++

そして、番組内で、上村クンが紹介する最新映画リポートのラインナップをお知らせしましょう!

★12月3日放送「サンタクローズ3」 / ★12月10日放送「NANA2」/ ★12月17日放送予定「バブルでGO!」 / ★1月7日放送予定「フリージア」 

質問、リクエストなどは「SHIBUYA 10 DISKS」宛へ

shibuya@shibuya-fm.co.jp  FAX 03-5456-4978

2006年12月 9日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 7日 (木)

DJ KAORI ♪

SHIBUYA-fmで、久し振りにDJ KAORIに会った。番組収録を終え、スタジオを出たら、DJ KAORIがミーティング中。日本の女性DJでは1番有名な彼女と、去年仕事でコラボしたんです。うわぁ~久し振り!彼女の番組が今度始まるんだって!しかも私の番組のオンエアー枠、日曜15~16時のすぐ後枠で!久し振り~!また何か一緒にやろうね!と、その前に彼女の番組もエアチェックしなくちゃ!

B000ij7kre01 DJ KAORI’S INMIXII

最近CDをリリースしたばかりですよね。あまり時間がなかったので、軽く立ち話して、また~、と。今後もスタジオで会うだろうし、ね♪

彼女に去年、kiyoriの企画で、ポストペットのモモちゃんのイメージソングを作ってもらったんですよ!通常のモモちゃんじゃなくて、ストリート系のブラックのモモちゃんが、ゲームセンターのクレーンゲーム機の中に入っていたの、覚えてる人いるかな? ブラックモモちゃんのイメージトラック+リリックをDJ KAORIに作ってもらったんですよ。すごくカッコいいのにキュートで、良かったんですよ♪ 出来上がりを聴いたとき、大喜びでしたことを覚えています。DJ KAORIはシャキシャキしてて、話が早い!って感じなんですよ!トントン、と進む感じ。再会したら、また一緒に仕事したくなったのでした。

2006年12月 7日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月 1日 (水)

DVD「ファンキーパンキー LIVE2006 ~WONDERFUL DAYS~」

音楽DVDをプロデュースしました。

ここしばらくブログで書いていた映像の製作は、ファンキーパンキーの2006年のライブをDVDにまとめる作業でした。何日も徹夜して、休日には編集スタジオにも行って、ようやく映像が完成し、昨日のライブでバンドが情報公開したので、kiyoriも解禁。

Dvd_jacket 撮影したのは10月4日の高円寺CLUB LINERなんだけど、彼らのライブはその前も後も、ずっと続いていて、そんな中のある日、という感じが、良かったと思います。あまりにも特別過ぎない「いつものライブの1日」が、すごく良かったと思います。ステージに出る直前の楽屋から、ライブが終わってからの丸1日。こんな風な日々を積み重ねて、彼らのWONDERFUL DAYSは続いていく・・・。

製作サイドとして、個人的に思い入れのあるシーンは、本編のエンドロールと、特典映像の「2006 FUNKYPUNKY'S DAYS」です。いや、特典映像は全てレア映像満載で、オモシロいと思いますよ。2006年のライブダイジェストは、ホント1年間お疲れさま!という気分になりました。えっ!?早い?・・・いやもう、そんな感じデス。

本編を最後まで見たら、「さっ、もう1回最初から見よっと!」って思ってもらえたら、嬉しいなぁ。

映像製作やデザインは、kiyoriの親しいグラスプに依頼しました。グラスプはですね・・・正式にはグラスプアットジエアーという、言いにくい名前です(笑)。皆さんのわかる例で言うと・・・NHKの「10代シャベリ場」のロゴは彼らのデザイン。SMAPの去年夏のコンサートツアーのライブステージで流れる映像製作も。ロンブーのTV番組ロゴタイトルも多数作ってます。椿屋四重奏のPVも。・・・そんなグラスプのデザインは、特にDVDがスタートしたメニュー画面のデザインの細部に渡るまで、カッコ良く仕上がってマス!お楽しみに。

発売は、12月3日です★

2006年11月 1日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月22日 (日)

白鳥マイカ♪

パジャマや部屋着や下着類は、「PJ」の通販で購入しています。ショッピングする時間がなくても、カタログを見てオーダーしておけば、自宅に届くから♪ 今日は、冬用のパジャマが届きました~!チェリー柄のパジャマ、今日から着よう、っと。

kiyoriは太っ腹ですが、浪費家ではありません!(キッパリ)必要なモノへはケチケチしないけど、無駄遣いはいっさいしません。1日の仕事が終わって帰宅したら、財布から領収書を出して、お小遣い帳にその日の収支を書き込みます。そして、財布の中の小銭を全部出して、10円以下は大きな貯金箱へ。500円玉も500円貯金箱へ。昨日、たまった小銭貯金箱を開けて、銀行に持って行き、キャッシュディスペンサーの小銭のところに数回に渡って入金したら、1万8000円分もありました!ラッキー♪そのあと、洋服のリサイクルSHOPに預けていた服の精算に行くと、3900円♪

モヘアの帽子(2900円)とリンゴを3コ買って帰りました。

さて、今日の本題。ドラマ「タイヨウのうた」で主演した沢尻エリカが、役名そのままで歌った同名タイトル曲が大ヒットしましたよね。あの楽曲を作詞・作曲してるアーティストは白鳥マイカ。実はkiyoriが前からかなり好きなアーティストです。過去のブログ(2005年5月3日)でも書いたんだけど、こんな大ヒット出すなんて、正直驚きデス。

++++++++++++++++++++

★2005.5.3のブログより

先週、鎌倉に行ってきた余韻が、い~い感じで残ってて
なんか浮遊感っていうんでしょうか・・・海の香りと波の音がまだ
耳に残ってて、あ~また近いうちに行きたいな、と思う。

で、鎌倉の余韻を楽しみたくて、映画『ラヴァーズキス』を観た。
長谷駅、極楽寺、由比ガ浜、江ノ電・・・
そして気づいたのです!
私がこの映画をいいなと思ったのは、音楽だったんだ!!と。
そうだそうだ、思い出した。

映画の中には、いろんなアーティストの楽曲が使用されていたんだけど、
ダントツで白鳥マイカの楽曲が響いた♪
この映画で白鳥マイカの大ファンになりました。
映画で使用された「Shelter」、「Red Clover」が、耳に心地よく残って、
すぐに彼女のCDを買いました。
そしたらアルバム丸ごと全部良かった!
それ以来、白鳥マイカのCDは全部買ってるんだけど、
まだ一度もガッカリさせられたことがないし、
考えてみれば、聴きたい曲はレンタルCDをMDに落としちゃえば済むので
最近はもっぱらそうしていたのに、
ちゃんと自分でCDを買って聴こう!と思ったアーティストは久しぶり。

そういえば、妻夫木聡も白鳥マイカのCDが好きって、どこかの雑誌で見た。

声もギターも、もちろんメロディもいい♪
着メロも、彼女の楽曲「Someday」をダウンロードしたんだよなぁ。
で、一度カラオケでトライしたんだけど、kiyoriはヘタクソだった(笑)

・・・という感じで、よ~く思い返すと、結構ファンじゃん!(笑)
でもまだLIVEには行ったことない。
今年は行ってみよう!!と。

++++++++++++++++++

・・・なんてことを書いてました。LIVEには・・・行ってません(>ロ<) が、秘かに好きなアーティストが、こんなに大ヒットを出してしまうなんて、やっぱりkiyoriの耳は間違ってないじゃん!と、妙な自信になったり(笑)。気になった方は、白鳥マイカのアルバム「花園」、「遠幻郷」を聴いてみてください。

2006年10月22日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月17日 (火)

SWEETSとの再会

7年ほど前、SWEETSという福岡出身の女のコ2人組のプロデュースを担当していました。kiyoriがソニーミュージック・アソシエイテッドレコードと業務委託契約していた頃の話です。福岡ではストリートライブでファンを増やしていった2人、カズとミッチー。大学を卒業し、上京してきた2人のプライベートにも深く関わり、正式に事務所という形体はとっていなかったけれど、マネージャー的な立場で、リハーサルから曲作り、ライブの立ちあいなど、全てのSWEETSのスケジュールを共有していました。

福岡キャンペーン、名古屋キャンペーン、CD SHOPでのインストアイベント、ロンドンでのOFFとストリートライブ、原宿駅前ストリートライブ、リハスタ、レコーディング、ラジオ番組出演など・・・約1年弱の活動の全てを映像に収録していました。昨晩、制作中のDVDの参考にと、SWEETSのビデオを見返してみました。当時の楽しかったいろいろな思い出が甦ってきました。SWEETSは解散し、その直後にも容赦なくkiyoriはカメラを回し続けました。とにかく「今」から目をそらさずに、記録していこうと思っていたからデス。

落ち込んでるシーンも撮影していたので、当時はウザいと思ったりもしたけれど、いつか何かの形になるんじゃないか?後で見たとき、全ていい思い出になっているのではないか?と信じて撮影していました。記憶はいつか曖昧になるけれど、映像は事実を色あせずに映し出してくれるから。

解散後、撮りためたSWEETSの記録を、超アナログ編集(自宅のビデオデッキでダビングを重ねて)して、作品としてまとめて販売しました。

いろいろあって、2人とはそれ以降、会うこともなくなりました。どうしているのかな?元気でやっているのかな?と、気になっていました。

今日、どういう運命のタイミングなのか?・・・偶然SWEETSのミッチーと某所でバッタリ会いました。年月とかタイミングって何なんでしょう?? 本当に久々に会ったのに、スンナリ会話をしていました。その間のタイムラグも全くといっていいほど感じませんでした。「ずっと会いたかった」と言われ、ちょっと泣きそうになりましたが、頑張りました(≧∇≦)

夏、やはり10年来音信不通になっていたセヌーからの突然の電話で、何事もなかったかのように親しかった友人関係の復活。ミッチーもそうです。たぶん、過去に一緒に過ごしていた時間に築いた信頼関係が本物だったんだと思うんです。相手に対する信頼が全く代わっていない、というか。だから、kiyoriはスンナリ入っていけちゃう。

再会できて嬉しいです。

こんな風に劇的な再会が1年の間につづき、kiyoriひょっとして、早死にしてしまうのではないか・・・?と思ってしまいます。

そういえば今日お会いしたBMG音楽出版のNさんに、「自分のためにどれだけのリスクを負ってくれるか、どれだけの時間を費やしてくれるか? そういう人が自分にとって大切だよ」と言われ、なるほどその通りだなぁと思うのでした。kiyoriにとって、それは誰なのか?そういうこともちゃんと考えていかなくちゃいけないんですね、きっと。

出会いや再会、タイミングや運・・・こういった「説明付加」の偶然が起こすマジックに今年は翻弄されているみたいです。

2006年10月17日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

ミナミホイール2006

大阪のミナミで行われた音楽イベントに行って来ました。15ヶ所のライブハウスを使って、3日間で約240組ものアーティストが参加。いつから続いているのか?またそのイベントの存在自体も、今年の頭くらいまでは全く知りませんでした。ファンキーパンキーが誇らしげに、「去年ミナホに出たんです!」と言っているのを初めて聞いた頃も、そういう音楽イベントで大阪は盛り上がっているんだぁ・・・ふぅ~ん、と、やはり東京にいるとピンとこないままのkiyori・・・。が、彼らから何度も「ミナミホイール」という言葉を聞く度に、だんだんkiyoriも参加意識が芽生えてくるというか、今年も出られるといいなぁ、と願っていました。

2年連続の出演が決まった!と連絡を貰ったときは、心から「よかったね!」と喜び、絶対見に行こう!と決めていました☆

先日ブログにも書いた「メタルな打ち上げ@高円寺クラブライナー」で、それぞれのバンドのメンバーが帰っていくとき、まるで合言葉のように自然に「じゃ、ミナホで会いましょう!」と言って別れている姿を見ながら、いい光景だなぁ・・・なんて思ったり。

リアルなことを言い出したらキリがないよね。自分のバンド、自分自身のこと、追い求める音楽・・・それぞれに皆、自分自身と真摯に向き合い、今歩んでいる道が正しいんだ、と信じて進むしかない厳しい世界。でも、ミナホは楽しもうよ!このお祭りで、めいっぱいハジケようよ!・・・みたいな、出演バンドが皆、このイベントを楽しみたい!という気持ちが伝わってきて、学祭前夜みたいな心地いい高揚感を漂わせていました。

イベント期間中の3日間は、首からパスをぶら下げた音楽好きたちがミナミに集結しているようです。kiyoriにはあまり大阪の土地勘がないので、わからないんだけど、下北沢×渋谷ミクスチャーみたいな街の雰囲気かな。出演バンドの中には、顔見知りのレコード会社や音楽事務所の人たちが押してるアーティストもいくつかあって、そういう業界関係者も、こぞってミナミホイールに集結しているみたい。「現地で会いましょう!」なんて、前日まで電話で話したりしていました。

今回kiyoriがちゃんと見たのはファンキーパンキーと、あとチラッと見たのはワールプールだけ。参加したのも真ん中の1日だけなので、イベントの雰囲気を楽しんだだけだったのかもしれないけど、やっぱり学祭みたいなエネルギーを感じました。ショウケース的な位置づけのイベントなのかな。

プログラムを見ながら、見てみたかったにゃ~と思うのは・・・SEAMO、RADWINPS、ジン、韻シスト、THE RODEO CARBURETTOR、ZiLcoNIA、8otto、ELECTRIC EEL SHOCK、そして吉井和哉。ELECTRIC EEL SHOCKは公式サイトを見ると、11月からのツアーがUKなんだもん♪UK好きのkiyoriにはドキドキの活動っぷりですよゥ。うわぁ、ロンドンで見てみたいなぁ。UKはライブのチケット安いんだよね。うっ、またUKに逃避したくなってきた。

ファンキーパンキーのライブは入場規制もかかり、メンバーが気持ちよく雰囲気を楽しんでるのも伝わり、ホント楽しい時間はあっという間に終わり、幸せ感いっぱいに満たされました。終演後ステージの下まで行ってみたら、すっごくステージが高くてビックリ!前の方のお客さん、ものすごい急角度から見てたのね。

打ち上げは、寒空の中、堀江公園で大学生の学祭後とか?花見?って感じで、缶ビールで乾杯♪今日はめいいっぱい幸せな余韻に浸って、また明日目覚めたら新しい一歩を歩き出さなくちゃいけない。音楽とかアートとか、ゴールのない世界に生きる人たちは、大変だよね。でも、今回のミナホみたいな、一瞬の快感が、とてつもない幸福感を味あわせてくれるから、またそういう気持ちを味わいたくて、前に進んでいくんだよね。

ゴー・ストレート!

2006年10月 8日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

年内の予定~メタル打ち上げ。

もう、それがいつの出来事だったのか?わからなくなることって、ありませんか?

年内残り丸3ヶ月。その間にkiyoriがやるべきこと、予定していること、形にするモノ、結構あります。

まず12月末までに、フリーペーパーは「side b」の10月10日号(もうすぐ発行!)と、12月10日号の2冊!「side b」は隔月発行で、12月号はvol.25なので、カレコレ丸4年間、ちゃんと発行してきたんだなぁ~と、なかなか感慨深いものもあります。4年間、1つのことを続けるって、意外に大変じゃないですか? 1冊として手抜きしてないので、あっという間という感じもしますが、継続は確実に力になっていますから。4年目にして、こうしてココセレブとしてブログをスタートさせることも出来たしね

それからゲームPR誌「TiLT」も1冊発行します!11月末号の巻頭特集は「『ダイノキングバトル』新キャラも続々!もっと知りたい恐竜おもしろ大特集!! PART2(仮)」です!現在ライターのボブ・ライダーとMTG中~。

10月~11月に行われる大学祭での「side b」の配布や、スペースインベーダーのコラボレート商品の物品協賛などの手配なども進行中です!早い大学では、今週末に大学祭がスタートします。東京工科大学(10/8~9)。コチラの学祭で、「side b」を目にする人もいるかもしれません♪

12月はクリスマス!その時期、またまたスペースインベーダーのワクワクするコラボレート・イベントを企画しています。現在、急ピッチで製作している商品もあるので、お楽しみに~!!

さらに、新雑誌へのライターとしての参加、DVD製作など、進行中のことはいろいろ。1つ1つ丁寧にやりたいな。自分自身が読みたくなるもの、繰り返し見たくなるものを作りたいですね。

---そんな中、大阪、名古屋にもサクサク行ってきました。そして4日は、自宅から徒歩で行ける高円寺クラブライナー!ファンキーパンキーのライブを見て、ツアーの打ち上げまで参加。そこで思ったこと。いつからこんなにへヴィメタルは市民権を得ようとしているのだ!?(おぉ!勇気を出して、アンチ発言・笑)・・・と思うくらい、男子たち(ファンキーパンキー、TYPHOON 24、キャプテンズのヒザシ君)はメタル専門誌の編集部?ってくらい、各自が自分のメタル体験を語り、フェイバリットアルバムやミュージシャン、メタルたる者の曲の作り方やオマージュがどうしたとか・・・とにかく見たこともないような楽しそうな表情でイキイキ語り合っているんですよ!24時回ってるのに!(笑) 

kiyori、メタルは正直通過してこなかったのですが、今夏「メタル・ヘッドバンガード・ジャーニー」という映画の試写を観て以来、メタル界のサブちゃんと言われているらしいDIOの歌のうまさに興味を持って、聴いてみたら、あら!結構いいじゃん!(笑)うっかりメタルFANになりかけてたので、楽しそうに話してる姿が正直羨ましいような・・・いやいや、メタルなんてっっ!!詳しくなくてもいいもん!!とか。そのうちファンキーパンキーのメンバーが、普段着でメタルオマージュのTシャツを着てたらどうしよう?黒のピタピタのパンツはいてたら何て言おう?それより、バンドTシャツがメタルっぽいデザインになってたら・・・それは、OKかな(笑)あはは!

夜もふけ、メンバーが大阪で旅立つのを見送って、トコトコ歩いて帰宅。

2006年10月 6日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月30日 (土)

体調管理。

「side b」校了。あとは10日の発行日を待つだけ♪

今号は、表紙もスペシャルにカワイイし、内容も充実しているので、配布後の反響がまたまた楽しみデス。最近、バックナンバー購入希望者が増えています。仕事の合間をぬって、発送作業をしています。中でも人気の号はフィンランドのヘルシンキへ単身取材に行った「アアルトと北欧デザイン」の特集号は大人気!「パン屋さんのパン」、「オシャレ家電」、「LOVE COFFEE」も在庫は残すことわずか。最近になって「side b」と初めて出会って、バックナンバーを読みたい!と思われた方が多いみたいですね。

先日、疲れがたまってたのか、ダウン寸前までいきました。久し振りで、自分自身にビックリしました。kiyoriの場合、一歩外に出たら、体調が悪い日でも、会う人に絶対気づかれたくない、とか気を使わせたくない、と弱音をはかない性格(?)なので、我慢して、自宅に帰りついた瞬間にバタリ・・・なんてことも。体調が悪いというサインも出さないので、イキナリ限界にきてパタリ・・・と。以前、気を失って1度だけ、救急車で運ばれたことがあります。友達はビックリしたと思います。ねぇ?セヌー。クロス病院という初台あたりの病院に搬送されて、点滴を受けたっけ。自分で自分の限界がわからないというか・・・・。日頃から具合いの悪さを隠さない人が羨ましいです。性格上、kiyoriはできないので。でも、もう二度と救急車は繰り返したくないので、親しい人にだけ、「ちょっと今日は体調悪いなり~」と、甘えれるようになったのはホント最近のことです。(≧∇≦)

昨日、ファンダンゴで何度かめまいがして、その度、大きなエアコンのある下(フロア後方)に行って、涼んで頑張りました。ライブハウスの外に出たとき、「空気が新鮮!」で復活しました(笑)。

先日、新宿ロフトで行われた、東芝EMI加茂さん企画のライブイベントに誘われて、行ってきました。次世代型の注目アーティストが出演するということもあって、業界関係者も多かったと思います。加茂さんから届いた招待メールに書いてあったアーティスト紹介文はこんな感じ。↓

サマソニ・オーディションの優勝バンド、チョモランマ・トマト
今、最も見るべきロック・バンド9ミリ・パラベラム・バレット
大阪の爆裂ガール、後藤まり子率いるミドリ
元ミッシェルガンエレファントのアベフトシが終に自身のバンドで始動、
CARRIE.

スケジュールの関係で、チョモランマ・トマト9ミリ・パラベラム・バレットの2バンドしか見れなかったけど、チョモランマ・トマトは前評判を裏切らない衝撃度でした。音楽を始めて、やりたいことがきっといろいろあって、自分たちがカッコいいと思うことを何でも自分達のフィルターを通して音にしてみる、という感じ。衝動的で、むき出しの音や言葉がゴツゴツと角を持ったままあって、釘付けになりました。あぁこれが、「今」なんだなぁ・・・って。彼らが今後どう変化するのか?どこまで広範囲の人たちに支持されるバンドになるのか?それは未知数。

音楽を好きになるとき、その曲の背景となるルーツミュージックに興味を持つ、というケースがあると思いますが、kiyoriの場合は雑食なので(笑)、ルーツから楽曲に魅かれた、というのはあまりないですね。kiyoriの場合は、その楽曲を作ってる「人」に興味を持てるか?が大きいかもしれないです。どういうことを考えて、こういう言葉が生まれたのか?とか、メロディを生むアーティスト自身にシンパシィを感じたり、もっと知りたい、と気になることから、楽曲を聴いていく、という感じかな。

以前9月6日のブログでも紹介しましたが音楽配信サイト「mF247」で、今年の夏、表参道ヒルズで期間限定スペースインベーダーSHOPで限定販売した(即完売!)ファンキーパンキー中野シロウさんとのコラボレート企画CD「SAYONARA DISCO STAR」を無料でダウンロード出来るようになりました~!!わぁ!リアルタイム総合ランキングで初登場!只今37位。ロック部門では12位初登場ですよ~!!ベスト10入りもすぐかも!ロックコーナーのトピックスも見て欲しいにゃあ!

あ、このCD企画、kiyoriはプロデューサーという関わり方なんですが、CDは発売され、オーディエンスの手に渡ったら、もう、作り手の最初の想いとか関係なく、楽曲として独り歩きしていくと思うんです。だけど、kiyoriにとって、いつまでも大事な楽曲。限定CDだったけど、こうして多くの人に聴いてもらえることが、楽曲にとって幸せなことだと思うので、嬉しいデス!もっともっと大勢の人の元に、「SAYONARA DISCO STAR」が独り歩きして届きますように! あ~なんか気分上々♪

2006年9月30日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

曽我部恵一インタビュー

Dsc_0144_1

下北沢特集を組むなら曽我部恵一さんに話を聞きにいかなくては!なぜか当然のことのように取材依頼をしていた。オープンしてまだ間もない、彼経営のレコード店&バー「City Country City」でのインタビュー。下北沢にSHOPとオフィスを構え、下北沢で呑み、下北沢のライブハウスに出演する・・・憧れのライフスタイルについてお話をうかがった。

●曽我部さんと下北沢の歴史殻教えてください。

曽我部>歴史ねぇ!大学から上京して、学生の頃から下北沢に遊びに来ていたって感じですね。当時は明大前に住んでいました。よく下北沢には呑みに来ていましたね。それから、明大前の家を引き払って、下北沢に引っ越したんです。呑みに行くのも、ライブもシモキタでやっていたから、友達と集まるのも「シモキタに何時ね!」みたいな感じだったから、引越した方が早いかなって。

●下北沢の魅力は?

曽我部>やっぱり「ゆるさ」?(笑)このゆるさでずっといってほしいですね。下北バブルみたいにはならないで欲しいですね。今住んでる商店街が面白くなった、という延長線上にシモキタはあると思うから。知り合いも大勢住んでて、「あ~どうも!」「元気?」みたいに、歩いてると必ず知り合いに会うのもいいなぁと思いますね。

●曽我部さんと言えば下北沢、という風に言われるようになったのはいつからですか?

曽我部>なんでかなぁ~(笑)。僕は自分からそういうのを打ち出したつもりはないんですけどね、言われるんですよ。あれぇ?僕いつから「シモキタといえば曽我部さんに取材に行きましょう!」ってなったんだ!?(笑)まず、「シモキタによくいるよね」って言われたんだよね。子供を連れて買い物もしてたし住んでるから。意外とミュージシャンで少し名前が売れちゃうと、中目黒あたりに引越しちゃうんですよね(笑)。それがあるのかな。僕の場合は仕事場もシモキタだからね。だから、「シモキタと言えばオレ」みたいなのは僕自身は全くないですよ!(笑)

●最近の下北沢の変化で感じてることは?

曽我部>ここ何年かで、人が多くなってますよね。こんなにギュウギュウじゃなかったし、もう少しアンダーグラウンドな街でしたから。SHOPの人たちにしても、すっごくお金が儲かる街じゃないと思うんですよ。だから皆、好きでやってるんじゃないかな。そういう感じが僕は好きですけどね。ただね、夜メシを食える所が少ない!王将ばっかり!夜中の3時でも満席っすよ。絶対知ってる人がいる(笑)。シモキタは遊びに来てる人が作って街だと思うから、今は遊びやすい街になってるんじゃないですかね。道路問題は僕は反対です。現状が楽しくていいと思ってるから、でっかい道路が出来て車がバンバン入ってくるようになると、変わっちゃうかな、と。

●下北沢のライブハウスについて。

曽我部>屋根裏は学生に頃オーディションで落とされて、それ以来ずっと出ていなかったんだけど、この前で出ました!緊張しました(笑)。オーディションで「もうちょっと頑張ってさぁ、やってきてよ」みたいに言われたことがバネになってるはずだから、それはそれでありがたいとは思うんですけどね。下北沢ではクラブQue、屋根裏、シェルター、251、440に出たことがあります。Queやシェルターには学祭当日の空気っていうのがありますよね。自分で荷物運びながら、俺らフェス目指そうぜ!みたいな(笑)そういうのがいいと思いますね。

●レーベル(ローズレコーズ)を自分で始めようと思ったきっかけは?

曽我部>小さいレコード会社も、大きいメジャーのレコード会社でもやらせてもらって、次に何をやりたいか?って考えたとき、自分のレーベル作って、自分のやり方で音楽を届けていくのが夢だったから、今やらないとなぁ、今がタイミングかなと思ったんですね。誰かが作ったシステムに乗るんじゃなくて、自分の音楽は自分なりのやり方があると思って。自宅スタジオにたまたま薔薇の花があったから、スタジオローズと呼んでいて、それがレーベル名になっただけなんです。もう40枚くらいリリースしてます。ライブ見て好きになったり、デモテープからも・・・基本は自分が気に入ったアーティストをやる、と。

●そして、このSHOPも始められて!

曽我部>はい、昨日も床塗ってました。夜は呑み屋になります。今度からランチも始めるんですよ。自分たちが聴いて好きな音楽、お勧めできる音楽をできるだけ安く売りたいな。5年後くらいにすっごいことになってる予定です(笑)。仲間がいて、場所があって、街があって・・・というのが僕の全てだから。

2006年9月28日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月26日 (火)

サザンオールスターズ

人間の素晴らしいところは「忘れる」ことが出来ることだ。

---かつて、そんなコトを聞いた覚えがあります。どんなに辛いことがあっても、傷ついても、忘れることが出来るから、そこから立ち直って、また歩き始めることが出来るのだ、と。失恋して、「もう誰も好きにならない!」なんて誓っても、時間が心を癒してくれ、また新しい出会いにつながっていく。つまり、今を一生懸命生きていると、過去のある日に立ち止まるコトさえ忘れてしまうのではないでしょうか? 

あぁ、ここ最近のkiyoriときたら、毎日いっぱい②の生活をしてるので、そんなコトを考えたのでしょうか?いや、それだけじゃないんです・・・。

先日、原稿を書きながら、つけっぱなしにしていたTV「ミュージックステーション」にサザンオールスターズが出ていました。「YaYa」を演奏し始めたので、ボリュームを上げて、なんか見入ってしまいました。やっぱりいい曲は、時代を超えていい曲なんだなぁ~なんて、しみじみ思いながら聴き、番組が終わった後も、久々サザンのCDでも聴いてみようかな、なんて思いました。ところが、ほとんど持ってないんです。あれ?何度かCDを整理した際、処分しちゃったのかなぁ??

翌日、「YaYa」が収録されてる「バラッド'77~'82」を買っていました。オリジナル・アルバムじゃないから、邪道かなぁ・・・なんて、少々弱気になりつつ、でもハズシ無しってことで、一緒に「バラッド3」も!(笑)。「side b」の原稿を書きながら、バラードばかり聴いていたら、楽しい曲、ノリのいい曲も聴きたくなってきました。

さっそく、お勧めアルバム3枚を教えてもらい、そのうち1枚は既に持っていたので、2枚(「ステレオ太陽族」と「NUDE MAN」)を買いに、翌日再びCDショップへ!帰宅後、片付けなどしながら大音量でCDをかけていて気づきました♪ あれ?私、このアルバムに入ってる曲、全部口ずさめる!

曲名などから推測すると、サザンの9枚目のアルバムあたりまでは、ちゃんと全曲聴いていたみたいなんです。たぶん「稲村ジェーン」あたりで離れたっぽいです(≧∇≦)

自分のことなのに、サザンを結構好きだったことさえも、忘れていました。愕然。。。なぜ忘れていたのかな? 今はサザンよりも好きな音楽があるから?? う~ん、不思議です。でも、久々に聴くサザンは、懐かしいような切ないような、チクチクするような感じを、とても心地よく思い出させてくれました。ちょっとした現実逃避感覚ですね。

仕事で、過去の自慢話、過去の自分の栄光ばかりを繰り返し話す人っていますよね。あぁ、その話もう何度も聞いた、って感じで。kiyoriが思うに・・・そういう人は、今よりも、その過去の自分の方がイケテたんでしょうね。今まさに誇れる事がある人は、過去に自分がやってきたことは、全て通過点となっているでしょうから、今の自分のことを語りたいと思うんです。kiyoriも、いつでも「今」の話を1番楽しくできる自分でありたいな、と思っています。

そして時々、何かのきっかけで、以前の自分を優しい気持ちで懐かしく思い出せるっていうのは、忙しくても今が充実していて、幸せなのかもしれませんね。

雨降りの昼下がり。本日外出予定ナシ。終日部屋で「side b」の原稿書き・・・。部屋着のコンセプトはLAのハリウッドセレブ(爆)。「2B FREE」のピンクのジャージに、C&Cの長袖カットソーは、サーフ系セレブカジュアルのパクリ!(笑)ええ、パクリです。真似っコです。だから、この格好で外出はNGです・・・が、近所のカフェに遊びに、いや、ランチに行ってしまいました。

「・・・部屋着のまんま来ちゃったよォ」と言うkiyoriに、店長の優しい言葉。「いいじゃない。部屋着で来れるくらい身近にカフェがあるって!」・・・ですね!デザートまでしっかり食べて、再び仕事に戻り、サザンを聴きながら、原稿の続きを書くことにしました。

2006年9月26日 音楽 | | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

ライブ。さいたま~横浜

車でさいたままでドライブ。ファンキーパンキーのライブを観てきました。さいたま・・・近いようで遠い場所。これはkiyoriの主観ですが(さいたまの方々すいません)東京都内に住んでいて、横浜(神奈川県)に用事などで行くのはアリって感覚なんですよ。横浜だったら、都内にない雰囲気とか、オシャレ感があるから。でも、都内からさいたま・・・行く理由がないっていうか・・・(≧∇≦)。演劇(さいたま芸術劇場)とか、コンサート(さいたまアリーナ)ぐらいですよ。しかも、終演後、ものすご~く凹むんですよ。食事して帰ろうよ♪って場所でもないので。やっぱり映画や演劇、コンサートの後、食事やお茶して、オシャベリするのもセット、というか「込み」でしょ。さいたまはそれが無理な場所なんですよね~などと、さいたま批判 ( ̄ロ ̄lll) も、これくらいにしましょ。

環七から17号をひたすら北上して、たどりついたライブハウスで見たものはッ!驚愕の光景!?お客さんたったの4人でした!うち3人がファンキーパンキーのファン。出演バンドは全部で4つ。(1つはソロ)ファンキーパンキーは4番目の出演。ファンキーパンキーの演奏直前まで、お客さん1人ですから。ある意味「逆ワンマン」(笑)。バンドが1人のお客さんに向けて歌う贅沢三昧。・・・それにしても、栃木のバンドと、福岡のバンドと、大阪のバンドですよ。お~い!地元のバンドはいないのですかぁ~!!まっ、多くのバンドが当たり前のように経験しているライブのアウェイ体験(笑)。この日のライブが後に伝説になり、そのライブを観たことが話題になる日が楽しみだなぁ。

それにしても、だ。ファンキーパンキーは逆境に強い人たちですね。驚かされました。なんか自由にのびのびと、でもここ最近見てきた彼らのライブの中で、ダントツにいい表情、いいパフォーマンス、そしてこの状況にバンドが手を抜かない気迫!気持ちのいいライブでした。

1日おいて、横浜。蒸し暑い残暑厳しい新横浜。中華街もラーメン博物館もナシ。Bellsにはたくさんのお客さん。ライブって不思議ですよね。当たり前のことなんだけど、全く同じセットリストで演奏しても、同じ盛り上がりになるワケでもないし、ライブハウスの雰囲気でも印象は変化するし・・・ホント生もの。だからこそ、CDとは違う感動や刺激もある。音楽で生きていこう!と、心が決まっている人たちを目の当たりにするたびに、いくつも逃げ道がある自分の覚悟のなさがキライになりそうです。自分の心が決まってる人は本当に強いから、kiyoriのヘナチョコ具合にイラッとなります。もっと自分自身を追い詰めていかなきゃダメだなぁ・・・って、思いマス。そうして、そぎ落としていかないと、純粋な部分で勝負している人たちには勝てない。日々反省。

本日、代官山から大久保まで、オシャレな街からマニアックな街へ、仕事と探し物。

2006年9月11日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

mF247

前から気になっていたネットによる無料音楽ダウンロードサイト「mF247」に遊びに行ってきました。代官山と中目黒の間くらいの、いい環境にオフィスがあって、それだけでなんかもう、ちょっと羨ましいゾ!って感じです。代官山方面の代官山の交番前から歩いて行ったんだけど、街路樹の遊歩道みたいな涼しい道がいい感じ♪

mF247は、元エピックソニーの社長で、その後プレステも成功させた丸山社長が設立した会社です。kiyoriはソニーミュージックで働いた後、しばらくフリーで働き、その後1年間ソニーミュージック・アソシエイテッドレコードでもプロデューサー契約していたので、丸山さんとは近くて遠い感じだったのですが、今回、ちゃんとご挨拶して、隣のイスを勧められてチョコンと座って、談笑なんかしちゃったりして・・・あわわ!ですよ(笑)。

うわぁ!一緒に働きたい!って、思いましたもの。

mF247は、新しいメディアですよね。未知の可能性をものすごくたくさん秘めているなぁ、と思いました。以前から、配信型のラジオや、映像配信に、ものすごく興味を持っていたので、今回mF247のビジネスモデルやポリシー、仕組み、未来像など、いろいろお話をうかがえて、ものすごく楽しい気分になってきました。mF247音楽業界に蔓延している「全てが有料」みたいな考えを1回リセットして、キモチで音楽を届ける、という本来そうあるべき姿に取り組んでいるようです。それは、なかなかハードルの高いトライアルであると思います。でも、最近会った多くの音楽関係者から、「mF247に期待している」「応援している」という言葉を聞いていたので、これはもう、直接お話をうかがいに行かなくちゃ!と思っていたのデス。

何が一緒に出来るかな。うん、何か一緒にやりたいな。

人と会って話をすることって、まだそれほど親しくない人との場合、お互いのやってきた仕事の話なんかから入ったり、共通点を探したり、自分自身のことも知ってもらいたいし、集中力もいるし、結構体力いるんですよね。でも、オフィスを訪ねて良かった~!と、帰り道は足取りが軽くなっていました。

2006年9月 6日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月21日 (月)

週末~週明け。

_ssf0181Dsc_0287

先週末。

大阪でファンキーパンキーのライブを見て、日曜日の昼には東京に戻って、そのまま「side b」次号の特集企画の打ち合わせをライターfooとしました! fooと会うなり、のどが渇いてて(!?)バナナヨーグルトドリンクを一気飲みしたkiyoriでした(≧∇≦)

Dsc01972_1昨晩は、ライブで購入した片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティーのDVD「新宿紅布」を何回も観てしまいました!ライブ版のDVDって、このくらい荒い映像でも、かえって臨場感があっていいのかもしれないなぁ~。でもせっかくのDVDだから、オマケ映像とか特典が欲しかったな。

ライターfooとのMTGで、次号の特集は「下北沢」に決定~!詳細は随時アップします。

そして本日。

ランチは新媒体のMTGを兼ねてセクシーSさんと神谷町で。ここのオフィスがものすごく景色よくって、仕事のモチベーションがぐ~んと上がります。ランチはケーキ&チョコレートSHOPの奥にあるカフェで、キッシュを食べました。おいしかったぁ!

急の電話で、表参道に呼び出され、ペット誌の編集をしてるセヌーと合流。カフェでペパーミントのハーブティ飲みつつMTG。

その後、表参道ヒルズのイデアフレイムスで展開している期間限定スペースインベーダーSHOP に顔を出しました。売れてるかなぁ。あと10日間で終わっちゃうんですよね。ショーケースをのぞいたら、ファンキーパンキーのメンバーが完売御礼で寄ったときに書いたサイン色紙が、ディスプレイされてました!おぉ~!レターセットとミラーとクリアファイルを自分用に購入して、帰宅。

そこへ中野シロウさんからTEL♪にゃんと!24日から横浜そごう隣にSHOPをオープンするんですって!一緒に何かやりましょうよ!と。いいですね、いいですね~☆

今から、松本市のタウン情報誌「シティボックスまつもと」で連載中のコラム「きよりin試写室」の原稿を書かなくちゃ!

あ、ファンキーパンキーの画像は、杉山節夫カメラマン撮影です。

2006年8月21日 音楽 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

ライブweek

Dsc01971 コンビニの雑誌コーナーに並んでいる「CDでーた」を手に取り、パラッとめくるとすぐの目次ページ下段に、ファンキーパンキーの広告が掲載されました。いやホント、目立つ目立つ!思わず「うわぁ!」って声が出ましたinサンクス高円寺純情商店街店(笑)。もうCDは完売してますが、1ケ月前、この広告の校正をしてるときには、「早く発売したいなぁ!」なんて、まだまだ先のことのように思っていたっけ・・・なんて、ちょっと感傷的なのは、そろそろ夏も終わろうとしているのを感じるから。夏の終わりはせつないデスね。特に今年は、いろいろあったので、kiyoriの中で、記憶に残る夏になることは間違いない分、終わって欲しくないような、もう少しこのままでいさせて欲しいなぁ、って、微妙に揺れ動くキモチの日々がいとおしいですね。

さて、ココログのセレブの仲間入りをして数日・・・気づいてましたか?このページの左フレームに、「プレゼント」コーナーのバナーが出てるのを!!しかも、スペースインベーダー期間限定SHOP@表参道ヒルズの完全限定アイテム「カシオ・データバンク」を提供しちゃってマス!シリアルナンバーつきの貴重なヤツです。ちなみにkiyoriの持っている白のデータバンクは180番ジャストでした。・・・ってワケで、皆さん、ふるってご応募くださいませ!

Dsc01960_1スペースインベーダーSHOPでは現在、中野シロウさんの描いたモダンペットとインベーダーのコラボ原画を元に商品展開した「レターセット」や「ポストカード」「ノート」「2ツ折りミラー」など、ガールズ魂に火をつけるカワイイアイテム目白押し!価格もリーズナブル設定なので、kiyoriもミラーは友達の分などオトナ買い♪

今週は、ライブweekでした。15日に横浜、17日に下北沢でファンキーパンキーのライブが行われ、今日はこれから大阪に行く予定です。ライブではインベーダーとのコラボCD「SAYONARA DISCO STAR」を披露。しかと聴きました!(笑)上村クンがレスポールを弾くんですが、前からエレキギター絶対似合うと思ってたので、やっぱり!とsmile。キタ君、たくさん歌ってましたね~っていうか、「SAYONARA~」はメンバーフル参加で歌わざるを得ない運命の曲なので、完成したときに、今までの彼らのレパートリーとは違う波動を放ってる曲になるんですね!うん、新鮮!

ライブの日が続くと、TVを見る時間がなかったり、ライブハウスにいる時間と外で仕事してる時間って、流れる時間の速度が違うように感じるから、結局他の事は何も出来ずに1日終わった・・・という感じになって、これが続くと完璧世間からズレていってしまうのではないか・・・!と、ちょっとした不安を感じ始めます(笑)。世の中で起こっている事件からも、遠ざかった、割と閉鎖された空間のみで成立しているような気がしちゃいます。だって、ライブハウスに人が集まり、盛り上がっているのに、一歩外に出れば、街を行き交う人は全くそんなことは知らないし、興味もないでしょ。その両方の世界をkiyoriは行き来しながら、自分の中のバランスを保とうとしている。そんな感じデス。

2006年8月19日 音楽 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

MTV japanサンキュー♪

にゃんと! 

8月13日のam4~4:30の「MTVjapan」で、ファンキーパンキーのPV「SAYONARA DISCO STAR」がオンエアーされたそうです!・・・その情報を昨晩、聞きまし。あぁ・・・リアルタイムで見ることができなかった(泣き笑い)

ココセレブに仲間入りしたばかりなので、ファンキーパンキー?who?・・・って方もたくさんいますよね。関西で活躍しているバンドです。4人組。彼らとkiyoriの出会いは昨年12月。

今夏kiyoriは、表参道ヒルズで期間限定のスペースインベーダーSHOPをオープンしたんですが、そこで販売する限定アイテムの中の1つに、やはり音楽が必要よね!しかもロックよね!・・・というワケで、彼らに音楽を依頼して、出来たのがこのCD!「SAYONARA DISCO STAR」なのです。ボーカルの上村クンは、「side b」で映画レビューを書いています。ミュージシャンならではの鋭い評論が、編集長kiyoriをうならせています。このページの左に、上村クンのブログへのリンクバナーを張りましたので、彼のブログも、ぜひ読んでみてください。

そんなこんなで(笑)、「SAYONARA DISCO STAR」のPV(プロモーションビデオ)もプロデュースすることになったkiyori。ノートにボールペンでさらさら~と、こんなイメージで♪と、描いたものが、クリエイターの力で素晴らしい作品になり、ついにMTVjapanでオンエアーされた、と。

ふぅ~長い説明でした(汗)。

CDもPVも、その他作ったたくさんのインベーダー・コラボ商品も・・・出来上がりをイメージしてクリエイターに伝え、サンプルがあがり、それをチェックして、最終的に完成するまでのクローズド状態のときはkiyoriの管轄下なんだけど、発売し、世に中に発信されてからは、kiyoriの手を完全に離れ、そこからはそれを手にとってくださった人たちのモノになり、一人歩きしていくんです。CDは完売し、PVはMTVjapanでオンエアー。この作品は、もう完全に一人歩きを始めていますね。どんどん成長していって欲しいな、と。

★ファンキーパンキーは明日、下北沢Queでライブがあります!気になった人はぜひ見て欲しいなぁ。もちろんkiyoriも行きますよ!彼らの出演は21時予定デス。

さて、どうやらお盆休みも終わったようで・・・、さっきマイカーを見たら、これでもかってくらいにネコの足跡がボンネットに・・・も~う!!今から、渋谷で映画を観る予定です。珍しく試写じゃなく、映画館で観てきます。それくらい見たい映画。詳細はまた~。

2006年8月16日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

CD「SAYONARA DISCO STAR」発売!@表参道ヒルズ

昨日は、これからもずっと、2006年夏の思い出としてkiyoriの記憶に残る1日だったと思います。。。。いろんな意味で(笑)。

イベントに関しては、プロデューサーとしてkiyoriが仕切らなくてはいけないので、楽しむよりも無事に終わってホッとしたというのが正直な感想だったり、なんと言っても昨日のあまりの天気の良さに、体力が激しく奪われ(kiyori以上にメンバーが)、
渋谷交差点に、街頭ビジョンを見るために到着した頃には気力のみ、という感じでした。

どんなイベントでも、当日になってみないとどんな事が起こるか、どれだけの人が集まってくれるのかはわからないので、楽しみな反面、ちょっと緊張もしつつ、でもまあ、なんとかなるでしょ!と開き直った気分で参加しました。
<strong>ファンキーパンキー</strong>のメンバーと、CD発売時間前に<strong>表参道ヒルズ</strong>に到着し、<strong>イデアフレイムス</strong>の人と挨拶。既に店内にはCD発売を待っている大勢の人たちがいました。なんかキュン☆ときましたね。嬉しくて。イベントの準備や打ち合わせ、当日取材に来ていただく媒体の方たちの確認、質問内容の確認・・・など、本番前にやること山積みで、それぞれの担当スタッフと打ち合わせをしながら、時間はあっという間に14時。

当日活躍したマイクとスピーカーは、タイトーの家庭用カラオケ機「歌丸くん」(笑)。名前がカッコ悪いので(爆)見るまでは心配だったんですが・・・歌丸クンは立派に使命を果たしてくれました!(名前で判断してゴメン)。

せっかくイベントに集まってくれたお客さんに、何かその日だけのサプライズを用意したくて、ずっと考えていました。そして、「メンバーとポラロイド撮影」に決めたのが数日前。世界でたった1枚のポラロイドを、表参道ヒルズの記念に持って帰ってもらおう!と手配。取材にはWEB媒体が6社、来てくれことになり、もうあとは、当日の現場処理だな~と。(汗) 
→*WEB媒体へは月曜日までに掲載されると思います。後ほどアクセク先をお知らせします!

さて本番。たくさんの人がSHOPに集まってくださいました。しかも、スペースインベーダーグッズを購入してくれてる方多数!kiyoriが企画して商品化したグッズを、購入してくれる人がいて、ホント素直に嬉しかったです!Dsc01909でもね、モンスターの小さい携帯ストラップの人形あるでしょ!アレ、kiyoriの中では最高にカワイイ奴なんですが、どうも男性陣からの理解を得られないんですよォ。「え~、どこが?」と言われ続けて数ヶ月(笑)。ファンキーパンキーのメンバーにも、kiyoriがあのコの可愛さを一生懸命説明するも、バカにされ(特にヒネ君・笑)。。。。が!当日、あの小さいモンスターをお買い上げの女性が多数!!ほうらぁ!この可愛さは女性にしかわからないんだよぅ!!と、威張るkiyoriでした。

イベント後、メンバーとSHOPへの挨拶まわりと、MTVjapan訪問♪・・・この辺、kiyoriも記憶が飛びそうになるくらい、疲れのピーク。そして、夕方、渋谷交差点で、Qフロントの巨大ビジョンに映し出される30秒スポットを見て・・・「わぁ!!」と、なるだろう予想してたけど・・・あれ?自分でも意外なほど、クールでした。コレって生意気な言い方かもしれないけど、自分自身がQフロントで映像を流すことを、夢みたいに捉えているうちは「わぁ!」なんですよ。でもね、なんか今回は、ファンキーパンキーのメンバーとここ数ヶ月、一緒に仕事しながら、この日をひとつの通過点の目標としてやってきて、既に「わぁ!」って夢を見てるのではなく、現実として、ちゃんと超えてきている、という実感があったんです。だから、Qフロントでスポットが流れる!って決まった時は確かに「わぁ!!」だったんだけど、昨日はもう、そこから先を見てる(考えている)自分がいて、次の「わぁ!」に向けて新しいスタートを切っている、というか・・・なかなかうまく言えないんだけど、もっと先を見てる自分がもういる、ということをkiyori自身が自覚した日、というのでしょうか。

素敵な仲間、楽しい会話、おいしい食事とお酒・・・昨日はそんな夜でした。メンバーは大阪へ帰り、長かった1日のこと、いろいろ考えました。ファンキーパンキーの皆さん、スペースインベーダーとのコラボレート、本当にありがとう!

今日もこれから、SHOPと渋谷に行ってみます。

昨日は、これからもずっと、2006年夏の思い出としてkiyoriの記憶に残る1日だったと思います。。。。いろんな意味で(笑)。

イベントに関しては、プロデューサーとしてkiyoriが仕切らなくてはいけないので、楽しむよりも無事に終わってホッとしたというのが正直な感想だったり、なんと言っても昨日のあまりの天気の良さに、体力が激しく奪われ(kiyori以上にメンバーが)、
渋谷交差点に、街頭ビジョンを見るために到着した頃には気力のみ、という感じでした。

どんなイベントでも、当日になってみないとどんな事が起こるか、どれだけの人が集まってくれるのかはわからないので、楽しみな反面、ちょっと緊張もしつつ、でもまあ、なんとかなるでしょ!と開き直った気分で参加しました。
<strong>ファンキーパンキー</strong>のメンバーと、CD発売時間前に<strong>表参道ヒルズ</strong>に到着し、<strong>イデアフレイムス</strong>の人と挨拶。既に店内にはCD発売を待っている大勢の人たちがいました。なんかキュン☆ときましたね。嬉しくて。イベントの準備や打ち合わせ、当日取材に来ていただく媒体の方たちの確認、質問内容の確認・・・など、本番前にやること山積みで、それぞれの担当スタッフと打ち合わせをしながら、時間はあっという間に14時。

当日活躍したマイクとスピーカーは、タイトーの家庭用カラオケ機「歌丸くん」(笑)。名前がカッコ悪いので(爆)見るまでは心配だったんですが・・・歌丸クンは立派に使命を果たしてくれました!(名前で判断してゴメン)。

せっかくイベントに集まってくれたお客さんに、何かその日だけのサプライズを用意したくて、ずっと考えていました。そして、「メンバーとポラロイド撮影」に決めたのが数日前。世界でたった1枚のポラロイドを、表参道ヒルズの記念に持って帰ってもらおう!と手配。取材にはWEB媒体が6社、来てくれことになり、もうあとは、当日の現場処理だな~と。(汗) 
→*WEB媒体へは月曜日までに掲載されると思います。後ほどアクセク先をお知らせします!

さて本番。たくさんの人がSHOPに集まってくださいました。しかも、スペースインベーダーグッズを購入してくれてる方多数!kiyoriが企画して商品化したグッズを、購入してくれる人がいて、ホント素直に嬉しかったです!でもね、モンスターの小さい携帯ストラップの人形あるでしょ!アレ、kiyoriの中では最高にカワイイ奴なんですが、どうも男性陣からの理解を得られないんですよォ。「え~、どこが?」と言われ続けて数ヶ月(笑)。ファンキーパンキーのメンバーにも、kiyoriがあのコの可愛さを一生懸命説明するも、バカにされ(特にヒネ君・笑)。。。。が!当日、あの小さいモンスターをお買い上げの女性が多数!!ほうらぁ!この可愛さは女性にしかわからないんだよぅ!!と、威張るkiyoriでした。

イベント後、メンバーとSHOPへの挨拶まわりと、MTVjapan訪問♪・・・この辺、kiyoriも記憶が飛びそうになるくらい、疲れのピーク。そして、夕方、渋谷交差点で、Qフロントの巨大ビジョンに映し出される30秒スポットを見て・・・「わぁ!!」と、なるだろう予想してたけど・・・あれ?自分でも意外なほど、クールでした。コレって生意気な言い方かもしれないけど、自分自身がQフロントで映像を流すことを、夢みたいに捉えているうちは「わぁ!」なんですよ。でもね、なんか今回は、ファンキーパンキーのメンバーとここ数ヶ月、一緒に仕事しながら、この日をひとつの通過点の目標としてやってきて、既に「わぁ!」って夢を見てるのではなく、現実として、ちゃんと超えてきている、という実感があったんです。だから、Qフロントでスポットが流れる!って決まった時は確かに「わぁ!!」だったんだけど、昨日はもう、そこから先を見てる(考えている)自分がいて、次の「わぁ!」に向けて新しいスタートを切っている、というか・・・なかなかうまく言えないんだけど、もっと先を見てる自分がもういる、ということをkiyori自身が自覚した日、というのでしょうか。

素敵な仲間、楽しい会話、おいしい食事とお酒・・・昨日はそんな夜でした。メンバーは大阪へ帰り、長かった1日のこと、いろいろ考えました。ファンキーパンキーの皆さん、スペースインベーダーとのコラボレート、本当にありがとう!

今日もこれから、SHOPと渋谷に行ってみます。

2006年8月 5日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

MTV japan★☆

あ~明日は・・・正確には寝て起きて数時間後には、表参道ヒルズの期間限定スペースインベーダーSHOPで、ファンキーパンキーのCD「SAYONARA DISCO STAR」が発売になります。今年の音楽コラボはROCKだ♪と思い、ファンキーパンキーにコラボを依頼し、製作に関わった作品なので、ドキドキしますね。 そして今頃、当のメンバーは車で大阪から東京へ向かっている途中かな。上村クン以外のメンバーは「初!表参道ヒルズ」ですからね~。ギターのキタ君が挙動不審にならないか心配ですが・・・(≧∇≦) SHOPのオープンは11時。CD販売は12時から。購入者にはもれなくステッカーがプレゼント!喜んでもらえるといいなぁ。そして14時からはトークイベント。司会はkiyoriが担当します。あ!台本作らなきゃ(汗)。製作現場を見て来たkiyoriだからこそ聞けるような内容を、と。今からタイムテーブルとトークショーの台本の準備しなくちゃ! WEB媒体から、3~5社の取材が入ります。いつもありがとうございマス! 明日は17時~20時の間、渋谷駅前Qフロントの巨大ビジョンで、ファンキーパンキーのPVスポットが流れます!(6回)。全部見てやろう!と思ってマス(笑)。楽しみだなぁ。19時過ぎあたりの、少し暗くなってからの方が、映像が映えるんですよね。ナレーションは上村クンが担当しました。横断歩道を渡る人が、見上げて見てくれたら嬉しいですね~。明日は特別な1日になりそうな予感☆ 今日は、女性だけのブレストを開催しました。日頃、kiyoriから見て、仕事できるな~!って思ってるコたちに声かけて、お互いの仕事の壁とか取っ払って、ディスカッション! いい時間を過ごせました~。なんかすごく刺激を受けたし、やる気になりました。こういう時間も、これからもっと必要だなぁ~、と。でもね、テーブルを囲んで話してるとき、テーブルの上に置いてあるそれぞれのケータイが、み~んなデコ系(苦笑)。スワロでキラキラ:.,;*・:.,;*ネイルもカルジェル♪・・・って、そういう仲間なんです(*^▽^*) 夕方から六本木のMTV japanへ。なんだかんだで2時間近く、いろいろオシャベリ+情報交換!?(笑)そして、本日の大ニュースは、ファンキーパンキーのPVが、来週月曜日からMTV japanで流れる~!!ということです!やったぁ!!!でもリアルタイムで見れるかなぁ・・・ドキドキ。 MTV japanの帰り道・・・六本木の交差点でふと、今日1日何も食べていないことに気づく。急におなかがすいて、ふと見ると、交差点を渡った向こうにファーストキッチン発見。エビカツバーガー食べたい!・・・と急に頭の中がファーストキッチンモードにシフトチェンジしたので、迷わず行って、食べました。おいしかったぁ。

2006年8月 4日 音楽 | | コメント (0) | トラックバック (0)